ブラック企業に就職したエミが語る体験~訪問営業ブラック会社の実態と転職対策~

ブラック企業に就職したエミが語る体験~訪問営業ブラック会社の実態と転職対策~


最近ブラック企業、ブラックバイトと従業員の働き方への問題がニュースなどで取り上げられています。
そんな中、実際ブラック企業で働いた経験がある女性に話を聞くことができましたのでその仕事内容と転職の対策についてまとめていきます。
今後、転職や就職でブラック企業に入らないようにするための一つの知恵としてお役立てください。

インタビュー相手:現在は主婦のエミさん。元ブラック企業の社員

ブラック企業に転職したくないならリクナビNEXTがおすすめ

転職をする前に転職先がブラック企業なのかを判断するのは難しいと思います…せっかく転職したのにブラック企業ですぐに転職したくなった…なんてことにならないためにしっかりとした求人サイトにサイトに登録する必要があります。

リクナビNEXTは常時5,000件以上の求人があり、更に運営は大手のリクルートのグループ会社です。なので、ブラック企業の求人に当たる可能性は低いです。登録は無料でたったの5分で終わりますので、少しでも転職に興味があるなら登録してみてください。
リクナビNEXTボタン

▷ 元ブラック企業社員エミさん インタビュー

働いていた企業について教えてください

A:その会社へ入社した状況は、2010年でした。

仕事内容は、住宅設備で主に太陽光発電とかオール電化の設備のエコキュートなどの訪問販売ですね。
一戸建ての家に行って説明して、契約をとってくるという訪問営業でした。

電話で見込顧客へアポイントを取るアポインターがいて、営業担当者はアポインターがとった家にいって、太陽光はいいですよ!といって説明する感じでした。

当時勤めていたのが、横浜支店で新横浜だったんですけど、私は車を持ってなかったので、営業は横須賀などまで電車つかって行って資料みせて説明するような感じです。

もっと話し聞きたいと手応えがあれば、次に上司を連れて行って契約が済むと工事という流れになるお仕事でした。

仕事のノルマはありますか?

A:売上金額何百万は届かないといけない、という目標があって、「ノルマ」っていう表現はしないんですよ。
「約束数字」って言って、事務所にグラフ張り出していましたね。

元々私は営業職では全くないことから転職したので、まったく知らないまま体育会系のノリのところへいってしまい、最初は戸惑いました。
ノルマ(約束数字)達成しなくて、上司の人も協力はしてくれましたけど、達成しなかったんで、月の給料が21万が半額の10万円になりました。

翌月から売り上げがもどったので、給料は元に戻りましたが、社内の人も同じ思いをする人が多いので辛いよねーって話で、なんか普通に会話してました。

今考えると、求人票には成績で級量半減なんて書いてないし、こんなのひどいですよね。

売っている商品はどのくらいの単価なのですか?

A:100万円からですね。
太陽光発電になると300万から400万になります。

私は主に100万前後のオール電化の、IHのコンロとエコキュートていう給湯器のセットを販売するのが主な仕事でした。

▷ 営業の方法の変更でどんどんブラック化

A:初めは電話でのアポイントがあって、太陽光が気になるっていう家にいって営業をするっていうスタイルだったんです。
ところが電話アポイントもほいほい取れるものじゃないんですよ。
アポインターを雇うのもお金がかかるので、ある日飛び込み営業になったんですね。

住宅地図を渡されて、真夏の外が34、5度あるような暑い日に、住宅地に車で行って、一軒一軒ピンポン押して、「近くのY電気店(有名)でのキャンペーンです」っていって、そんな嘘を言って営業をしていました。

4、5ヶ月真夏の間やり、当然ですが全く成果がでなくて、その間こんな手法の営業に耐えられなくなりみんな辞めていきましたね。

私は転職したばかりだったので、転職を繰り返す人というレッテルが怖くて辞められなかったです。

その後は飛び込み営業の結果が会社全体でもでないので、今度はテレアポやることになりました。
テレアポのおばさん達を雇うより営業担当が自分達でかけたほうが、人件費が安いという理由です。

その間に、横浜支店から、大宮支店行くよう辞令がでて、大宮支店で働くことになりました。

川崎の自宅から大宮支店まで、8時集合なので、電車で京浜東北の始発乗って毎日大宮通って、テレアポ一日中やってという感じでしたね。
移動や拘束時間が長く、かなりきつかったですが、ちょうどその時期に結婚が決まったので理由ができて退職することができました。

働いていた人間関係はどうでしたか?

A:こんなブラックな仕事内容でしたが、会社の同僚や上司の方たちは営業の能力もあり、元気で明るいし、いい人達ばかりでした。

辛いよねと、いいながらでしたが、基本的に営業の人って明るいので気合とテンションでのりきっていますし、仲間もやっていることなので、先に辞めちゃいけないと思いながらズルズル働いていました。

でも男の人は朝の7時ぐらいから夜の10時ぐらいまで平気で仕事でしたし、拘束時間などは本当に劣悪でしたね。
当然、突然いなくなる人もいたので、入ったばっかりの人が来てなくても「あ~ ばっくれか!いないね~」くらいの感覚です。

今考えるとなんか恐ろしいですが、その状況になれてしまう自分がいました。

ブラック会社に入らないように転職する方へアドバイスはありますか?

A:転職サイトのリクナビとかエンジャパンに書いてあることって嘘書いてもペナルティーないんですかね?
求人広告の取り扱いがよくわかりませんが、私の場合求人サイトに書いてあることとは仕事内容が全然違いました。

例えば固定給いくらとか書いてありますけど、減給があるとか転勤させられるとか知らないことです。

求人サイトには、楽しそうな社員の写真載っていて和気あいあいな感じを出しています。
女の子達が、がんばるぞ!とやっている写真ですが、後で聞いてみればあれはモデルさん使っていただけでした。

ブラック企業かと見抜く方法を今考えると、会社の過去をちゃんと調べていくといいと思います。

太陽光なら一般的に知られている商品で地球環境のためにもなるし良い商品というイメージでした。

しかし、会社の過去で何十万する掃除機とか何十万する浄水器とか、物自体は業務用でしっかりしたものですが、一般の家庭に売ってくる時代があったみたいなので過去の取り扱い商品なども見たほうがよいかと思います。

 

あと会社名を大きく変えている会社って危ないと思うんですよね。
何らかの問題があって社名を変えないといけないことがあったのでは、と想像できます。

全部とはいいませんが、不動産とか訪問販売を行っているところは危険だと思います。

自分も無知でしたし、なんとなく営業やってみたいという思いから簡単に就職を決めてしまったのに問題があると思いますので、転職や就職を考えている方がいるのでしたら、良く調査してから応募してみてください。

 

あと面接時におかしいと思ったら、会社を選ぶ権利もこちらにありますので、内定の辞退をすることをお勧めします。

 

運営