冷蔵庫の整理整頓で、食費の節約をしよう!

冷蔵庫の整理整頓で、食費の節約をしよう!

reina-1

突然ですが、冷蔵庫が常にキレイなお宅は食費の節約も上手なのはご存知ですか?

今回は冷蔵庫の使い方で日々の食費がガラッと変える「冷蔵庫の収納」と「食費の節約」についてのお話をしていきます。

冷蔵庫がキレイなお宅が節約上手なワケ

冷蔵庫はその家の生活が分かる鏡とも言えるくらいに、ご家庭によって食材や収納方法が異なります。
閉鎖的な空間なので、いつもキレイにしようと心掛けていないとすぐに雑然としてしまう場所でもありますね。

キレイな冷蔵庫は必ず収納ルールがしっかりしており、個々の食材毎に「定位置」が決まっています。

収納ルールが決まっていると、調理の際に冷蔵庫内を探すことなく無意識にサッと手が出るので扉の開閉時間が減り電気代の節約、時間のロスも無くなります。
常に食材を見渡せる整頓された状況であれば賞味期限切れの食材も把握しやすく、食材をムダにすることも少なくなります。

また、管理した状態であれば食材や調味料の減り方が分かるので、自分の料理のクセやよく使うものがわかりやすくなります。

逆に購入はしたものの、あまり使わない調味料などを理解することができます。
そのため、日々の食材の買い出しの際にも、無駄な買い物が減り節約に一歩踏み込んだ買い物の仕方ができます。

冷蔵庫の整理収納ポイント

ではさっそく冷蔵庫の整理収納ポイントをご紹介して行きます。

冷蔵庫の『整理』ポイント

冷蔵庫を美しく整える為には、庫内の食材を出来る限り少なく保つことが重要。

冷蔵庫は冷蔵効率を考え、まずは現在の食材を冷蔵庫の7割以下を目標に食材を減らしましょう。
とはいえ毎日の食材を収納している訳ですからやみくもに捨てるわけには行きません。

そこで、『食材の処分や使い切りが苦手!』という方にちょっとしたコツをお教えします。

 

① 100均などで売っているトレー等を用意し、「使い切りたい」と考えている食材を入れて冷蔵庫の手前など、目立つ部分に置いて使います。

【100均アイテム活用法 トレー、バスケット】

冷蔵庫で使う収納容器は中身が確認出来るので出来る限り透明のものをおすすめします。
この後にご紹介する部分でもトレーやバスケットを使いますが、種類や色を揃えることで見た目にも統一感が生まれ、スッキリとした印象の冷蔵庫になりますよ♪

 

②先ほどひとまとめにした食材を入れたトレーを「使い切りトレー」と位置づけ、調理の都度なるべく使う様心掛けます。

簡単な方法なのですが、この方法を実践してみると“食材を使い切る大変さ”が理解でき、ムダ買いを減らすことにも繋がります。

使い切りトレーを週に1度、曜日を決めて見直すことで“どうしても使えないモノ”を自然と処分出来る様になります。

「使い切りトレー」の使用例として、よく総菜についている袋入り調味料(刺身醤油)などはまず先に使う様に心掛けましょう。

今、使えないものはこの先使うことの方が少ないからです。

冷蔵庫の『収納』ポイント

冷蔵庫内がスッキリしてきたら収納方法を見直していきます。

ここからは3つのゾーンに分けて整理収納を考えていきましょう。

 

まず冷蔵庫に入れないもの 

常温保存可能な封を切っていない調味料、缶詰などは、節電の為にも入っていないか確認しましょう。

 

最上段の使い方

賞味期限が長いモノのストックなどを置いておく段にします。

 

中段の使い方

普段使うものを置いておくスペースとします。
ご家庭により、日々食べるものは異なるとは思いますが、トレーやバスケットを用意し、食材毎の定位置を先に決めておくとキレイな状態を保てます。

使う時にはトレーごと出せるので使い勝手も良くなりますよ♪

食材グループ分けの例
①調味料(味噌)、小瓶の食材など
②バター、ヨーグルトなど
③肉、魚などの生鮮品(チルドルーム)
④豆腐、納豆など
⑤その他の買ってきた食材
⑥使い切りトレー(使い切りたい食材)

週末にまとめ買いするタイプの家庭の場合、上の様な例になります。

reina-1

突然ですが、冷蔵庫が常にキレイなお宅は食費の節約も上手なのはご存知ですか?

今回は冷蔵庫の使い方で日々の食費がガラッと変える「冷蔵庫の収納」と「食費の節約」についてのお話をしていきます。

冷蔵庫がキレイなお宅が節約上手なワケ

冷蔵庫はその家の生活が分かる鏡とも言えるくらいに、ご家庭によって食材や収納方法が異なります。
閉鎖的な空間なので、いつもキレイにしようと心掛けていないとすぐに雑然としてしまう場所でもありますね。

キレイな冷蔵庫は必ず収納ルールがしっかりしており、個々の食材毎に「定位置」が決まっています。

収納ルールが決まっていると、調理の際に冷蔵庫内を探すことなく無意識にサッと手が出るので扉の開閉時間が減り電気代の節約、時間のロスも無くなります。
常に食材を見渡せる整頓された状況であれば賞味期限切れの食材も把握しやすく、食材をムダにすることも少なくなります。

また、管理した状態であれば食材や調味料の減り方が分かるので、自分の料理のクセやよく使うものがわかりやすくなります。

逆に購入はしたものの、あまり使わない調味料などを理解することができます。
そのため、日々の食材の買い出しの際にも、無駄な買い物が減り節約に一歩踏み込んだ買い物の仕方ができます。

冷蔵庫の整理収納ポイント

ではさっそく冷蔵庫の整理収納ポイントをご紹介して行きます。

冷蔵庫の『整理』ポイント

冷蔵庫を美しく整える為には、庫内の食材を出来る限り少なく保つことが重要。

冷蔵庫は冷蔵効率を考え、まずは現在の食材を冷蔵庫の7割以下を目標に食材を減らしましょう。
とはいえ毎日の食材を収納している訳ですからやみくもに捨てるわけには行きません。

そこで、『食材の処分や使い切りが苦手!』という方にちょっとしたコツをお教えします。

 

① 100均などで売っているトレー等を用意し、「使い切りたい」と考えている食材を入れて冷蔵庫の手前など、目立つ部分に置いて使います。

【100均アイテム活用法 トレー、バスケット】

冷蔵庫で使う収納容器は中身が確認出来るので出来る限り透明のものをおすすめします。
この後にご紹介する部分でもトレーやバスケットを使いますが、種類や色を揃えることで見た目にも統一感が生まれ、スッキリとした印象の冷蔵庫になりますよ♪

 

②先ほどひとまとめにした食材を入れたトレーを「使い切りトレー」と位置づけ、調理の都度なるべく使う様心掛けます。

簡単な方法なのですが、この方法を実践してみると“食材を使い切る大変さ”が理解でき、ムダ買いを減らすことにも繋がります。

使い切りトレーを週に1度、曜日を決めて見直すことで“どうしても使えないモノ”を自然と処分出来る様になります。

「使い切りトレー」の使用例として、よく総菜についている袋入り調味料(刺身醤油)などはまず先に使う様に心掛けましょう。

今、使えないものはこの先使うことの方が少ないからです。

冷蔵庫の『収納』ポイント

冷蔵庫内がスッキリしてきたら収納方法を見直していきます。

ここからは3つのゾーンに分けて整理収納を考えていきましょう。

 

まず冷蔵庫に入れないもの 

常温保存可能な封を切っていない調味料、缶詰などは、節電の為にも入っていないか確認しましょう。

 

最上段の使い方

賞味期限が長いモノのストックなどを置いておく段にします。

 

中段の使い方

普段使うものを置いておくスペースとします。
ご家庭により、日々食べるものは異なるとは思いますが、トレーやバスケットを用意し、食材毎の定位置を先に決めておくとキレイな状態を保てます。

使う時にはトレーごと出せるので使い勝手も良くなりますよ♪

食材グループ分けの例
①調味料(味噌)、小瓶の食材など
②バター、ヨーグルトなど
③肉、魚などの生鮮品(チルドルーム)
④豆腐、納豆など
⑤その他の買ってきた食材
⑥使い切りトレー(使い切りたい食材)

週末にまとめ買いするタイプの家庭の場合、上の様な例になります。
毎日買い物をする食材の回転率の高い家庭でしたら④~⑤までをひとまとめにしても良いですね。

この様に、定位置を決めることで迷うこと無く購入した食材を収納し、使うことが出来る様になります。

また、出来る限り冷凍保存を心掛けると冷蔵庫がスッキリ整います。

庫内中央には仮置きのスペースを大きめに残しておきます。
先ほどお話しした、トレーやバスケットは積み重ねタイプを利用することでスペースをより有効活用でき、仮置きスペースを確保しやすくなります。
下ごしらえ、残り物、常備菜など、急に冷蔵スペースを必要としたとき重宝しますよ!

 

ドアポケットの使い方

飲料や調味料等、使用頻度の高いもの、または温度変化にも強いものを入れておくと良いでしょう。
利き手も加味して収納場所を決めておくと使い勝手の良い冷蔵庫になります。

ドアポケットも上段にはストックや、冷蔵保存しておかなければならない医療品など、使用頻度の低いものの定位置としておくと良いでしょう。

我が家では飲み終わった紙パックを切り、仕切りボックスとして使っています。
チューブ入り調味料立てにし、マヨネーズやケチャップ、ソース等ももこの中に立てていれます。
市販のものでも良いのですが、紙パック製だと汚れたら新しいものに取り替えるだけで良いので洗う手間も掛かりません。

冷蔵庫の使い方を見直して節約上手に!

毎日使う冷蔵庫だからこそ、キレイに整理収納しておくことで使い勝手や家事への意欲も違ってくることでしょう。

庫内をしっかりと整理しておくことで食材を腐らせることも無くなり、上手に食材を回せるようになります。
また食材の状況が見やすくなりことにより、買い物の仕方が変わり食費を抑えることが可能です。

消費税の増税、食品の値上げで食費が高くついて大変な現代。

日々の食事の質を下げることを考える前に、まず冷蔵庫の整理をしてみるのはいかがでしょうか?

毎日買い物をする食材の回転率の高い家庭でしたら④~⑤までをひとまとめにしても良いですね。

この様に、定位置を決めることで迷うこと無く購入した食材を収納し、使うことが出来る様になります。

また、出来る限り冷凍保存を心掛けると冷蔵庫がスッキリ整います。

庫内中央には仮置きのスペースを大きめに残しておきます。
先ほどお話しした、トレーやバスケットは積み重ねタイプを利用することでスペースをより有効活用でき、仮置きスペースを確保しやすくなります。
下ごしらえ、残り物、常備菜など、急に冷蔵スペースを必要としたとき重宝しますよ!

 

ドアポケットの使い方

飲料や調味料等、使用頻度の高いもの、または温度変化にも強いものを入れておくと良いでしょう。
利き手も加味して収納場所を決めておくと使い勝手の良い冷蔵庫になります。

ドアポケットも上段にはストックや、冷蔵保存しておかなければならない医療品など、使用頻度の低いものの定位置としておくと良いでしょう。

我が家では飲み終わった紙パックを切り、仕切りボックスとして使っています。
チューブ入り調味料立てにし、マヨネーズやケチャップ、ソース等ももこの中に立てていれます。
市販のものでも良いのですが、紙パック製だと汚れたら新しいものに取り替えるだけで良いので洗う手間も掛かりません。

[/spb_text_block]

冷蔵庫の使い方を見直して節約上手に!

毎日使う冷蔵庫だからこそ、キレイに整理収納しておくことで使い勝手や家事への意欲も違ってくることでしょう。

庫内をしっかりと整理しておくことで食材を腐らせることも無くなり、上手に食材を回せるようになります。
また食材の状況が見やすくなりことにより、買い物の仕方が変わり食費を抑えることが可能です。

消費税の増税、食品の値上げで食費が高くついて大変な現代。

日々の食事の質を下げることを考える前に、まず冷蔵庫の整理をしてみるのはいかがでしょうか?

運営