【※危険】ワイモバイルで支払いが遅れると15日で携帯も利用停止?!

残高足りなくて口座引き落としできてなかった...」「今月お金ないよどうしよう

携帯料金の支払いが遅れると、回線停止や強制解約などの思わぬ結果を招くことになります。

この記事ではワイモバイルの支払い延滞による利用停止から強制解約までの流れや、支払い方法をお伝えします。

【支払い遅れの危険なリスク】

  1. 支払い日から約15日後に携帯回線が停止
  2. 約3ヵ月で同一名義や家族の携帯も強制解約に
  3. 強制解約になると携帯電話を二度と契約できないことも
  4. 信用情報に傷がつき、車や住宅ローンの審査に通らない

ワイモバイルの支払いが遅れることで、強制解約になり今後不便な生活を送らなければならない可能性があるのです!!一刻も早く滞納金を支払いましょう。

今すぐお金が準備できる方は【支払い方法へ→】

《一時的な借入におすすめのカードローン》

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • 24時間PCから申込OK!
  • みずほ銀行のキャッシュカードを持っている人はすぐにカードローンが利用できる
  • コンビニATMで借入・返済ができて簡単便利

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので「家族にバレにくい」
  • 少ない入力項目で申し込みの手間が省ける

ワイモバイルの支払いに遅れると大変

  • 支払いが遅れると回線停止や強制解約の可能性がある
  • 延滞金や手数料などの金銭的な負担もアップ
  • 長期滞納は裁判になることもある

ワイモバイルの支払い遅れでいつ止まる?利用停止~強制解約までの流れ

ワイモバイルで支払いが遅れた場合、いつ止まってしまうのでしょうか。 強制解約までどのような流れで実行されるのか、カスタマーサービスに問い合わせました。※2018年当編集部調べ

以下が、大まかな強制解約までの流れです。

  1. 翌10日前後を目安に請求書での通知
  2. 翌15日前後で回線停止になる
  3. 強制解約になる

(1)翌月10日前後を目安に請求書での通知がある

ワイモバイルの場合、毎月の支払いは、1日から末日までが計算の対象になります。

支払い日は毎月26日なので、例えば1月1日から1月31日までの通信費は原則2月26日(26日が土日祝なら次の平日)に支払う必要があります。

もし26日の支払いが確認できなかった場合は、メールによる通知、支払い月の翌10日前後(2月26日なら3月10日前後)には請求書で通知するようになっています。

うっかり口座残高が不足していた場合などでも、メールや文書での通知によって滞納している事実に多くの場合は気が付くでしょう。

(2)翌月15日前後に回線停止になる

回線停止が実行されるのは通知が届いてから間もなくです。 問い合わせによると、支払い月の翌月13~15日前後ということでした。(2月26日が支払い日なら3月13~15日前後には回線が停止。)

支払い日から1ヶ月も経たないうちに回線がストップするということです。 回線停止は土日祝日関係なく実施されます。

ただし回線が停止しても支払いをすれば数時間のうちには使えるようになるとのこと。 また、請求書をなくした場合でも、カスタマーセンターに電話をすれば、コンビニに設置してあるマルチメディア端末で支払えるようにしてもらえます。

請求書をなくしたからといって放置するのではなく、回線停止を回避するためには、一刻も早くカスタマーセンターに連絡をすることが大切です。

(3)強制解約になる

督促があっても支払いが行われない場合、契約解除予告を経て強制解約になります。 ただし、すぐに解約になる訳ではなく滞納から3ヶ月以上経っている場合が対象になるとの回答でした。

ワイモバイルの支払い遅れで延滞金発生

ワイモバイルの支払い遅れによって未払いの状態が続くと回線停止や強制解約の可能性がありますが、デメリットはそれだけではありません。 延滞による延滞金も発生します。

ワイモバイルの場合、延滞金の利息は年14.5%です。 合わせて、請求書発行手数料の200円と払込処理手数料の200円が上乗せされて請求されます。

(例)1万円を1ヶ月(30日)滞納した場合

1万円×14.5%÷365日×30日=119円

119円(延滞金)+200円(請求書発行手数料)+200円(払込処理手数料)+1万円(延滞している額)=10,519円

1万円を30日間滞納した場合、本来1万円の支払いに519円上乗せされます。

519円といったら金融機関の振込手数料よりも高い金額です。

ちなみに回線停止から復活させるには延滞金などを含めた料金の全額を支払うしかありません。

未払い分はどうやって払う?支払い方法はこの4つ

滞納した料金の支払いには、主に大きく4つの方法があります。

  1. My Y!mobile(クレジットカード支払い、コンビニ支払い、Pay-easy(ネットバンキング・ATM)支払い)
  2. ワイモバイルショップ(窓口)
  3. コンビニ(請求書)
  4. 銀行(請求書)※ゆうちょ除く

基本的に、手数料はどの支払い方法でも発生します。

支払い方法によって大きく変わるのが利用停止回復までの時間です。

回復までに最も時間がかかるのが、銀行振り込みによる支払いです。

とにかく早く利用停止を解除したいなら、My Y!mobileやワイモバイルショップなどで支払うのがよいでしょう。 また、決まった時間を過ぎると翌日扱いになってさらに回復までの時間がかかってしまうので注意が必要です。

ワイモバイルの滞納を放置すると裁判や強制解約に

ワイモバイルの料金を短期間滞納しただけであれば、回線停止程度で済みます。 しかし、長期間支払いが遅れた場合は回線停止だけでは済みません。

場合によっては、強制解約や裁判にまでもつれ込む可能性があります。

長期滞納で強制解約に

まず、長期滞納による強制解約の可能性について、カスタマーサービスへの問い合わせでは、3ヶ月以上の滞納で強制解約になる可能性があるという回答でした。

もし強制解約が実行された場合、携帯電話会社などが照会する信用情報機関に登録されるため、一定期間他社での契約も難しくなります。 強制解約になったワイモバイルだけでなく、他社で新たに契約する場合にも影響があるため注意しましょう。

さらに信用情報機関に登録されるデメリットは、携帯電話が契約できなくなるだけではありません。 クレジットカード会社やローン会社も審査の際、信用情報機関を利用するため、強制解約から5年は新たにクレジットカードやローンが申し込めないことがあります。

強制解約になるということは、同時にさまざまなデメリットが発生するのです。

ただ強制解約の段階であればまだ解決できる可能性があります。

ワイモバイルショップやカスタマーセンターに相談することで解約を一旦止められる場合もあるためです。

強制解約の通知が届いたら、早急に連絡をとり、なんとか強制解約を避けられないか掛け合ってみましょう。

続く滞納で裁判になる可能性

強制解約が実行されてもなお滞納が続くと、債券回収会社から支払督促が届き、裁判になることもあります。 裁判で怖いのは、何もしないまま督促を無視して、強制執行(差し押さえ)になることです。

そうなると、給与の一部や車などの財産が差し押さえられる可能性があります。 強制解約になったからと言って料金の支払いから逃れることはできないので、早めに支払うのが得策です。

どうしても支払えるお金がないなら…

実際に強制執行や裁判にまで発展するケースの多くは、支払えるお金が手元にないからではないでしょうか。 お金が準備できないなら、親に頼ったり、カードローンを利用したりするなどお金を借りる方向で考える必要があります。

まとめ

ワイモバイルの支払いが遅れ滞納したままだと、回線停止、強制解約、そして裁判にまで発展することがあります。 延滞金も膨らむ一方なので、滞納をしないに越したことはありません。

強制解約や裁判になってしまう前に支払いをすることが大切です。 どうしてもお金が用意できない場合は、カスタマーセンターに相談してみる、あるいはカードローンなどを利用してお金を借りて支払う方法も考えてみましょう。

この記事のまとめ

  1. 支払い日から約15日後に携帯回線が停止
  2. 約3ヵ月で同一名義や家族の携帯も強制解約に
  3. 強制解約になると携帯電話を二度と契約できないことも
  4. 信用情報に傷がつき、車や住宅ローンの審査に通らない
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

ドコモ支払い遅れ=30日で利用停止!料金滞納の危険なリスクと対処法

「ヤバイ、携帯代支払えなかった…」「遅れて…

今月の家賃払えない…2ヵ月目には解決すべき危険な理由と対処法3つ

「お金がなくてとうとう家賃滞納しちゃった…」 実は、

住宅ローン滞納後どうなる?差し押さえ・競売までの期間と4つの対策

「住宅ローンを滞納した…どうなる?」 「競…

債務整理中の引っ越し注意点!アパート賃貸契約の審査落ちする?

自己破産や任意整理など、債務整理をすると一定の期間クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローン…

自宅を手放さずに借金整理!個人民事再生と任意整理の2つの選択肢あり

マイホームを手放さずに債務整理する方法は大きく分けて2つあります。 「個人民事再生」という…