自動車税滞納は2ヶ月超えると危険|差し押さえまでの期間と支払い方法

うっかり納付期限忘れてた!!」 「どうなる?差し押さえされないかな?

自動車税の滞納で一番怖いのは、現金や財産の差し押さえが待っているということ。

しかも車検も受けられないのでデメリットが多いんです。

この記事では滞納による危険すぎるリスクと支払い方法などご紹介します。

※重要※

自動車税の滞納は、あなたの安泰な生活を危険なものにします。

  • 車検を受けられなくなり、受けないまま利用すると免許取り消し
  • 延滞金が取られる
  • 銀行口座が差し押さえられ収入が減る
  • 最終的には車や住宅が抑えられ不便な生活を送ることになる

つまり自動車税を滞納することより、滞納後のリスクが大きいことが問題なんです!!

カードローンでお金を工面し、一刻も早く支払ってしまいましょう。

《月々2.000円~返済もOK》

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • WEBだけで申込~借入までできて簡単
  • 近くのコンビニで引き出してすぐに滞納分を支払うことができる
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用可能

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • スマホで申込完結OK
  • 楽天口座をお持ちの方は面倒な手続き不要

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • はじめての方なら金利0円
  • 24時間いつでも申込可能でネット完結できる
  • 赤い封筒が届いた方はアコム一択!最短30分審査

目次

自動車税の滞納は督促状の段階で対処するべき

自動車税の滞納をして良いことは何もありません。 自動車税滞納によるリスクを知り、しっかり向き合って対処することが重要です。

  • 自動車税を滞納すると車検が受けられないなどの恐ろしいデメリットがいくつもある
  • 一刻も早く納付することが大切
  • 支払いが難しい場合は、一時的にカードローンを利用しよう

自動車税を滞納はいつまで許される?1年経つと?差し押さえまでの流れとその期間

自動車税滞納のリスクで、忘れてはいけないのが財産等の差し押さえを受ける可能性があるということです。滞納~差し押さえまでの流れと期間の例をご紹介します。

日付例 状況 支払い期日から 危険度
5月初旬 納税通知書が届く - -
5月31日 納付期限 0日 -
7月上旬 (1)督促状が届く 1ヶ月
9月中旬 (2)催促状が届く
(延滞金が発生するタイミング)
3月中旬
10月 (3)差し押さえの通知がくる 4ヶ月
10月以降 (4)銀行口座の差し押さえ 5ヶ月以降~ 手遅れ
10月以降 (5)家や車が差し押さえ 5ヶ月以降~ 手遅れ

順に説明していきます。

(1)督促状が届く

まず、5月31日の納期限を過ぎると、支払いを催促する「督促状」が送られてきます。督促状は納期限を過ぎてすぐに送られるのではなく、7月上旬を目安に送られてくることが多いです

(2)催告状が届く

度重なる督促状が届いてもなお滞納が続く場合は、延滞金付きで催告状が届くようになります。

催告状は督促状よりも厳しい文面で、差し押さえにおける最終の警告ととらえたほうがよいです。9月の中頃に届くケースが一般的です。

(3)差し押さえの通知がくる

催告状後も滞納が続くと届くのが「差し押さえの通知」です。この段階では、財産調査がすみ差し押さえの準備ができている段階だということ。実際の差し押さえ前に、警告と再度の支払いを促している状態です。

赤い封筒で届く場合も、危険度が高いためすぐに滞納金を支払いましょう。

滞納整理強化期間に注意!

各都道府県によって滞納整理強化期間というものがあります。

これは各自治体が財源の確保と税負担の公平性の確保のために、集中的に滞納代の徴収と差し押さえをする取り組みです。

勤務先の給与調査や財産調査を行い、支払える財産はないか徹底的に調べられます。

近年の滞納整理強化期間での実績は以下のとおりです。実に多くの件数を処分していますよね。

都道府県名 区分 給与照会件数 差押件数
香川県 平成28年度 1,000 1,768
千葉県 平成28年度 - 7,608
埼玉県 平成29年度 2,352(給与差押え件数) 13,227

(4)銀行口座が差し押さえられる

差し押さえ通知が来て期日が過ぎても滞納した状態だと、実際に差し押さえがはじまります。まず差し押さえが実行されるのが銀行口座。

生活もあるため全額が差し押さえられることはありませんが、給与の4分の1までの金額が銀行口座で差し押さえられます。差し押さえまでの期間は地方自治体にもよりますが、早くて納期限から5ヶ月ほどです。

(5)現金以外の財産(家・車等)が差し押さえられる

自動車税を滞納している人はそもそも現金が不足していることも多いです。銀行口座での差し押さえに失敗したら、現金以外の財産が差し押さえられることになります。

《現金以外に差し押さえられる財産》

  • 売掛金
  • 預貯金
  • 生命保険
  • 自動車・バイク
  • 家・不動産
  • 時計・宝石
  • 投資信託

差し押さえた財産は、公売(売却)するなどして県税等にあてられます。

滞納処分と罰則について

まだ差し押さえだけで済めばよいですが、滞納処分において財産を隠したり、壊したりするなどして地方自治体に不利益を与えた場合、罰則が適用されることがあります

内容は、3年以下の懲役または250万円以下の罰金。いかに自動車税の滞納が生活に悪影響を及ぼすかわかりますよね。

自動車税を滞納による延滞金…何円がいつからかかる?

自動車税を滞納すると、実際にどのくらいの延滞金がかかってくるのでしょうか。そもそも、延滞金は自動車税に上乗せされる形でかかるので、元々の自動車税額を確認してみましょう。

普通自動車の納税額

【1年間にかかる普通自動車の自動車税早見表】
排気量 自家用 営業用
1リットル以下 29,500円 7,500円
1リットル超1.5リットル以下 34,500円 8,500円
1.5リットル超2リットル以下 39,500円 9,500円
2リットル超2.5リットル以下 45,000円 13,800円
2.5リットル超3リットル以下 51,000円 15,700円
3リットル超3.5リットル以下 58,000円 17,900円
3.5リットル超4リットル以下 66,500円 20,500円
4リットル超4.5リットル以下 76,500円 23,600円
4.5リットル超6リットル以下 88,000円 27,200円
6リットル超 111,0000円 40,700円

こちらは普通自動車にかかる自動車税額です。あくまで普通自動車で軽自動車は市町村税となるため、別計算です。

トラックや貨客兼乗用車と比べると、自家用と営業用で大きな差が出ることがわかります。

なお、13年以上を経過した車については一定の割合が加算され、自動車税が少し高くなります。

軽自動車の納税額

自動車税の中に、軽自動車や原付バイク等が当てはまる軽自動車税とういものがあります。対象となる車の種類はおおよそ以下になります。

  • 原動機付自転車
  • 二輪車・小型特殊自動車
  • ミニカー
  • 軽自動車(三輪・四輪)
《二輪車》
車種区分 税率
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下) 3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円
《軽自動車》
車種区分 税率
三輪 3,900円
四輪以上 乗用 自家用 10,800円
営業用 6,900円
貨物用 自家用 5,000円
営業用 3,800円

上記は2018年4月時点での総務省発表のものなので、詳しくは各地方自治体の公式ホームページをご覧ください。

貨客兼用車の納税額

【1年間にかかる貨客兼用車の自動車税早見表】
重量 排気量 自家用 営業用
1トン以下 1リットル以下 13,200円 10,200円
1リットル超1.5リットル以下 14,300円 11,200円
1.5リットル超 16,000円 12,800円
1トン超2トン以下 1リットル以下 16,700円 12,700円
1リットル超1.5リットル以下 17,800円 13,700円
1.5リットル超 19,500円 15,300円
2トン超3トン以下 1リットル以下 21,200円 15,700円
1リットル超1.5リットル以下 22,300円 16,700円
1.5リットル超 24,000円 18,300円

貨客乗用車は、排気量だけでなく自動車の重量も自動車税に大きくかかわってきます

トラックの納税額

【1年間にかかるトラックの自動車税早見表】
排気量 自家用 営業用
1トン以下 8,000円 6,500円
1トン超2トン以下 11,500円 9,000円
2トン超3トン以下 16,000円 12,000円
2トン超3トン以下 16,000円 12,000円
3トン超4トン以下 20,500円 15,000円
4トン超5トン以下 25,500円 18,500円
けん引き車 小型 10,200円 7,500円
けん引き車 普通 20,600円 15,100円
被けん引き車 小型 5,300円 3,900円
普通自動車属 8トン以下 10,200円 7,500円
普通自動車属 8トン超9トン以下 15,300円 11,300円
普通自動車属 9トン超10トン以下 20,400円 15,100円
普通自動車属 10トン超11トン以下下 25,500円 18,900円

普通自動車の他、けん引きかどうかでも税額が変わってきます。他の自動車と異なるのは、排気量ではなく重量で自動車税が加算されていることです。

延滞税を実際に計算してみよう

自動車税の延滞税は、納期限翌日から2ヶ月を超えているかどうかで大きく異なります。

納付期限翌日からの日数 計算式
2ヶ月以内 特例基準割合+1%
2ヶ月を超 特例基準割合+7.3%

このように、2ヶ月を超えると加算割合が1%だったものが、7.3%に増えるため、遅れてもできる限り2ヶ月以内に支払いを済ませるのが良さそうです。

なお、特例基準割合は各都道府県によって異なり、財政状況にも左右されます。ちなみに東京都の平成29年度(1/1~12/31)の特例基準割合は1.7%でした。

延滞金の基本的な式をご紹介します。

延滞金={(税額×日数A×特例基準割合)÷365日}+{(税額×日数B×1.46%)÷365日}

次に、上記の式をもとに実際の計算例ご紹介します。

排気量3リットルの自家用普通自動車で納期限翌日から15日目に支払った場合(特例基準割合1.7%を利用)

ただし新車から13年は経過していないとする。

58,000×(1.7%+1%)×15/365日=643

延滞税:600円(100円未満切り捨て)

延滞金は644円でしたが、1,000未満の端数は切り捨てになるため、実際に発生する延滞税はありません。督促状が届くまで、先に送付された納付書で払えるのはこのように延滞金が少額すぎるためです。

排気量3リットルの自家用普通自動車で納期限翌日から120日目に支払った場合(特例基準割合1.7%を利用)

ただし新車から13年は経過していないとする。

58,000×(1.7%+1%)×60/365日=257

58,000×(1.7%+7.3%)×60/365日=858

1,000円未満切り捨てのため、延滞税は1,000円となります。

いつまでにどこで支払う?滞納した自動車税の支払い方法と支払い場所

自動車税を滞納してしまった場合、どのようにして支払えば良いのでしょうか。本来の納期限と納期限後の支払方法を紹介します。

自動車税の納付期限はいつ?

自動車税は、もともと毎年4月1日時点の車の所有者に課せられる税金のことです。

ほとんどの地方自治体では以下のような流れです。

納付書交付 納期限
5月初旬~中旬 5月31日

ただし、自動車税は地方税にあたるため、全国一律期限が同じわけではありません。 各都道府県の自動車税の納付時期に注意しましょう。

納付期限を過ぎても一定期間は支払える

自動車税の納付期限を過ぎてしまった場合でも、すぐに気づけばそこまで心配する必要はありません。

地方自治体から送付される自動車税納付書には、納期限とは別に支払期限が設けられているためです。

納付書の支払期限内であれば、納付期限を過ぎていても一定期間は送られてきた納付書を使って支払うことができます。

7月末までならゆうちょ銀行除く金融機関で支払い可能

納付期限を過ぎるとゆうちょ銀行での支払いができなくなりますが、ゆうちょ銀行以外であれば各金融機関での支払いが可能です。

近くに銀行がある場合はすぐに支払いを済ませてしまいましょう。なお、5月31日が納期限の場合、7月末までなら金融機関で支払うことができます

もし期限切れの間に督促状が送られてきたら、新しい納付書で支払いましょう。

コンビニでも支払いができる

場合によってはコンビニ支払いを受け付けてもらえないこともありますが、基本的に納付期限を過ぎても支払期限内であればコンビニ支払いが可能です。

忙しくてなかなか金融機関に立ち寄れない場合は、コンビニで自動車税の支払いを済ませましょう。

自動車税を滞納してしまっても、送られてきた納付書の支払期限以内であれば、同じ用紙を用いて支払うことができます。支払期限が過ぎていない場合は、速やかに金融機関あるいはコンビニで支払いましょう。

口座振替も可能な場合も

また、もしもの自動車税の滞納を防ぐために口座振替の制度もあります。引き落とし日に自動車税分が口座に入っている必要がありますが、納付書だとすぐ忘れてしまう場合は口座振替の制度をうまく利用しましょう。

なお、口座振替の場合、利用できる金融機関は各地方自治体によって異なるため、確認しておくことをおすすめします。

22都府県で可能!ペイジー(Pay-easy)の利用が簡単

ペイジーとは各金融機関のネットバンキングやATMを使って税金や料金の支払いができるシステムです。

手数料が無料でどんな場所からでも納付できることから近年人気のサービスです。

自動車税納付が利用可能な地方公共団体は2018年3月現在、以下のようになります。

都府県
東北 岩手県 宮城県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿 三重県 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 島根県 広島県
九州 佐賀県 鹿児島県

自宅に届く納付書にペイジーのマークが入っていれば

  • 収納期間番号
  • 納付番号
  • 確認番号
  • 納付区分

を入力して簡単に納付ができます。

ボーナス払いはできない

自動車税で支払い方法をボーナス払いにはできませんが、ボーナスで支払うことはできます。

夏のボーナスの支給日
一般企業 7月初旬
公務員 6月30日

自動車税の納付はだいたい5月30日。 なので、一般企業の方も公務員も延滞日数は30日~40日程度です。

延滞金は1,000円未満は切り捨てなので、この日数だと延滞金は発生しません。

ボーナス払いはできませんが、ボーナスで払うことは1つの手です。 ただし各自治体によっては、差し押さえのリスクがあるので注意してください。

自動車税滞納=差し押さえ?!危険すぎる5つのリスク

自動車税の支払い義務者のほとんどがしっかり支払いをしているものの、

  • まとまった額が用意できず自動車税を滞納してしまう人
  • 納税の期限を忘れて滞納してしまう人

という人がいます。

もし自動車税を滞納した場合どのようなデメリットが考えられるでしょうか。 自動車税滞納による5つのリスクを紹介します。

(1)車検に通らない

車を所有する場合、車検を受ける義務がありますが、自動車税を滞納すると車検を受けられなくなってしまいます。

車検時に自動車税の納付を証明する、自動車納税証明書の提出が必要となるためです。自動車税の納付を済ませていないため、自動車納税証明書を発行してもらうことができません

しかし、ただ車検を受けられないだけではそこまで大きなリスクにはならないはずです。問題は、車検を通さないまま車検の期限が過ぎて、そのまま乗り続けた場合。

もし車検の期限を過ぎても同じ車に乗り続けていることがわかれば、罰金が科せられる他、免許取り消しになることもあります。

数万円程度の自動車税のために、また一から免許の受け直しはあまりにもリスクが高いです。

(2)延滞金が発生する

自動車税を滞納すると、本来の自動車税に加算される形で延滞金が発生します。 延滞金が発生するのは納付期限の翌日から

まだ納期限を過ぎて1ヶ月以内に支払いを済ませれば延滞金の額も少なくて済みますが、納期限から2ヶ月目以降は一気に延滞金の利息が上がってしまいます。

本来発生するはずのない金額を負担しないとならないため、大きな痛手です。

(3)廃車しても納税義務は消えない

廃車や名義変更をすれば納税しなくても良いと思っているなら間違いです。

滞納後、いくら廃車などを行なっても自動車を保有していた間の納税義務が消えることはありません

支払わない限り、ずっと自動車税を滞納したままになるということです。 さらにずっと滞納し続けたままだと、廃車すらできないようになってしまいます

車の利用だけでなく、自動車税の滞納は車の処分にもかかわってくるのです。

(4)会社にバレる!預金口座・給与口座が差し押さえ

まず、預金口座の差し押さえがされます。 理由は預金があるのに支払いを滞っている人が多いからです。

次に給与口座の差し押さえです。 差し押さえ額は、給与の手取り額の4分の1です。

口座が押さえられてしまうと、急な出費の際何も対応できませんよね。 カードローンやキャッシングを利用せざる状況に陥ります。

(5)車や家が差し押さえ

税事務所職員や役所の人が自宅に来て、差し押さえられてしまいます。

車の場合、タイヤにロックをかけられ完全に使用できないようにされます。

せっかくお金を貯めて購入した車や家が差し押さえられては、今までの努力が無駄になってしまいます。 競売にかけられ一生手元に戻ってこない可能性もあるので、少し無理をしてでも滞納金を支払いましょう。

差し押さえは自動車までに及ぶ

給与など現金の差し押さえで十分な結果が得られなかった場合、差し押さえは保有している自動車にまで及びます。

自動車が差し押さえられたらタイヤロックや金属ワイヤーなどで固定されますが、このような器具を勝手に取り除くと器物破損の罪にあたる可能性があるので注意しましょう。なお、差し押さえられた物品は、競売にかけられて売却されていきます

《その他自動車以外にも差し押さえられる可能性の高いもの》
  • 生命保険
  • 株式
  • 投資信託
  • 土地・建物などの住宅
  • 時計・指輪などの贅沢品
  • 自営業を営んでいる場合は売掛金

ただし、差し押さえられるのはあくまで滞納した自動車税の分と延滞税の分のみです。差し押さえの通知があったからといって、財産すべてが差し押さえられるわけではありません。土地や住宅、自動車についてはよっぽど滞納がない限り無事である可能性も高いです。

また、差し押さえは生活の困窮を招くことを良しとはしていません。

あくまで食事や住む場所などの基本的な日常生活において必要な生活用品の差し押さえはありません。

自動車の廃車手続きや名義変更をしても納税義務は消えない

自動車税の納税は催促されている自動車の廃車をしたり、名義変更をしたからといって支払い義務が消えるわけではありません

自動車を手元に残す場合であっても、自動車税を滞納したままでは車検に出すこともできませんし、差し押さえで財産が足りなければそのまま持っていかれる可能性もあります。

ただし自動車税が未払いでも廃車にすることは可能

納税義務は消えませんが、自動車税が未払いでも所有者が本人名義の場合のみ、廃車にすることは可能です。

その場合、廃車手続き完了後、1~2ヶ月後に納税書が届きます。

使用してない自動車は納税期間が延びる前に一時抹消の手続きを

急な事情で長期間車を使わないこともあること思います。 しかし、その間も書類上は使用していることになっているので、納税義務は発生しているんです。

一時的に登録を削除しましょう。手続き方法を以下の表にまとめました。

車の種類 必要な手続き
普通自動車 一時登録抹消
軽自動車 自動検査証返納届

自動車の種類によって、手続き方法が違うので注意してくださいね。

自動車税滞納の時効は5年だが滞納の影響は大きい

自動車税の滞納は基本的に5年と言われています。 しかし、税金の未納がある=車検が受けられないことになります。

その他にもクレジットカードの信用情報に傷がつき(いわゆるブラックリスト)、住宅ローンがくめなかったり、車や家が差し押さえられたりと滞納の影響範囲はとても大きいため、一刻も早く支払うことをおすすめします。

差し押さえられる前に動くのが大事!滞納した時の対策4つ

実際に差し押さえが実行されてしまうと、手の施しようがありません。

黙って自分の財産が差し押さえられるのを見ているしかないでしょう...。

自動車税滞納による差し押さえという最悪の状況を防ぐには、実際に差し押さえられるまでに行動することが大切です。滞納した場合の対処法を4つ紹介します。

(1)督促状や催告状は放っておかない

督促状や催告状が届くということは、差し押さえに向けて少しずつ進んでいるということです。支払いが難しい場合は、そのまま放っておかずに、記載されている担当窓口に連絡しましょう。 連絡して状況を話すことで、差し押さえまでの猶予ができます。

(2)分割での支払いを打診する

自動車税の支払いは義務であり、免れることはできません。しかし、実際には支払いが難しい人も多いはずです。状況を話したうえで、分割払いができないか相談してみましょう

都道府県によって対応が違うため、相談しても分割払いにできない可能性もありますが、支払いについて柔軟に対応してもらえることがあります。また、支払いの意思を伝えることにもなり、悪い印象は与えないでしょう。

(3)債務整理を行う

借金苦で自動車税の支払いができない場合は、専門家に依頼して債務整理をする方法があります。自動車税の支払い義務は債務整理でもなくなりませんが、借金の返済に充てるはずだった分を自動車税の支払いに回すことが可能となります。

債務整理の方法によっては、ローンが利用できなくなったり、クレジットカードが当分作成できなくなったりするので、債務整理するほどの借金がある場合に検討してみましょう。

(4)カードローンなどで借り入れる

一旦、カードローンなどを利用してお金を用意し、滞納分を支払う方法もあります。月々の返済はありますが、数千円より返済可能なので安心してくださいね。

《おすすめの銀行カードローン》

おすすめ度

★★★★★

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • WEBだけで申込~借入までできて簡単
  • 近くのコンビニで引き出してすぐに滞納分を支払うことができる
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用可能

おすすめ度

★★★★☆

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • スマホで申込完結OK
  • 楽天口座をお持ちの方は面倒な手続き不要

おすすめ度

★★★☆☆

アコム

アコムバナー
  • はじめての方なら金利0円
  • 24時間いつでも申込可能でネット完結できる
  • 借入れ可能か事前に診断できます

まとめ

自動車税の滞納は、思ったよりも深刻です。

車検を受けられないだけでなく、差し押さえによって財産の一部を失ってしまうリスクがあります。

もし状況的に支払えず、自動車税を滞納してしまったら、支払いの催促に対して無視するようなことはしないようにしましょう。しっかり向き合って、支払いの意思を伝えること、支払うために相談することが大切です。

安心の大手銀行で借りたいなら!

三菱UFJ銀行カードローン

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

楽天会員ランクに応じて審査優遇!楽天ユーザーはこちら!

楽天銀行スーパーローン

限度額最大800万円

楽天カードがあれば申込カンタン

関連記事

入院費が払えないと退院後裁判に?生活保護の場合は?解決法4つ紹介

「えっ入院費ってこんなに高いの?」 「こんな高額…

家賃が払えない時どうすればいい?対策を「社会福祉協議会」に聞いて…

家賃が払えない時の対処方法について、どうすればよいのか「社会福祉協議会」に相談してみました。そのインタビュー内容を下記にまとめていきます。 主に退職検討中、現在離職中の方向けのページになります。 それ ...

【税金の延滞金払いたくない】時効や免除のリスクと正しい計算方法

「延滞金くらい払わなくていいでしょ」 最初は誰しも油断してしまいます…

au支払い遅れは15日で利用停止|料金滞納の危険すぎるリスクと対処法

「うっかり滞納しちゃったから支払い方法が知りたい」「

ドコモ支払い遅れ=2ヶ月で強制解約|料金滞納の危険なリスクと対処法

「ハガキとか督促状届いたけど…どうしたらいい?」 近年ドコモは…