ドコモ支払い遅れ=2ヶ月で強制解約|料金滞納の危険なリスクと対処法

ハガキとか督促状届いたけど…どうしたらいい?

近年ドコモは滞納に対しとても厳しく延長はできません。支払い遅れを放置しておくと強制解約になり、恐ろしい結果が待っているんです…!!

この記事では、支払い遅れ~強制解約の流れや料金滞納のリスクを2018年最新版でお伝えします。

《料金滞納のリスク》

  • 支払い遅れから約1ヶ月で利用停止・約2ヶ月で同一名義や家族の携帯も強制解約
  • 再契約や他の携帯会社との新規契約が難しく携帯が持てない
  • 信用情報に傷がつき、車や住宅購入のローンが組めない
  • 支払いを放置すると裁判に発展

※重要※

つまり支払い遅れが問題なのではなく、たった1回の滞納が今後の人生に大きく影響することが問題なんです。一刻も早くお金を工面し、支払ってしまいましょう。

今すぐお金が準備できる方は【支払い方法へ→】

【今すぐ支払うのが難しい方はみずほ銀行カードローンを利用しよう】

ドコモユーザーの方におすすめはみずほ銀行カードローンです。スマホから簡単に申込ができて入力も5分程度で完了します。

ドコモ口座にみずほ銀行の口座を登録するだけで、即時入金&決済できる点も人気のポイントですよ。

みずほ銀行カードローン

最大限度額800万円

キャッシュカードで借りられる

《強制解約を免れるためのおすすめカードローン》

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • 福士蒼汰くんのCMでお馴染み!24時間いつでもWeb申込可能
  • ドコモ口座にみずほ銀行の口座を登録するだけで、即時入金&決済できる
  • みずほ銀行のキャッシュカードがそのまま利用できます

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 楽天銀行の口座がなくてもOK
  • 24時間いつでも口座振込できるのですぐに滞納代が払えます

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • はじめての方は借入れ日から30日間無利息
  • Web申込なら最短1時間借りられるのでその日に払って強制解約されるのを防げます(※督促状が届いた方はこの1択)
  • 郵送物なしで夫や家族にバレない

目次

ドコモで支払いが遅れた場合約3ヶ月で強制解約に|滞納~利用停止~強制解約までの流れ

ドコモ料金の滞納~利用停止~強制解約までの流れ

ドコモの携帯料金を未払いのまま延滞し続けていると、支払日から約3ヶ月で強制解約になってしまいます。

もう少し具体的にいうと、ドコモで強制解約されるのは支払い期限から1ヶ月半後に届く最終通告書を無視した人です。

では、7月分(8月末日払い)を例に、いつ何が届くのか見てみましょう。

状況 日付の例
(おおよそ)
料金締め日 7月30日
料金支払日 8月31日
支払い遅れから
約1週間
料金支払通知書 9月7日
支払期限の
翌月15日
※ゆうちょ銀行は20日
再振替 9月15日
支払い遅れから
20日前後
利用停止予告の通知
(請求書付き)
9月20日
支払い遅れから
30日前後
回線利用停止 9月30日
支払い遅れから
約45日前後
契約解除予告兼契約解除通知
(請求書付き)
10月15日
支払い遅れから
約90日前後
強制解約 10月31日

延滞が続いた場合、三度に渡って通知が来ます。支払い通知は絶対に放置しないようにしましょう。

では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

【支払い遅れから約1週間】料金支払通知書が届く

支払期限を過ぎると、約1週間後にメールやハガキで料金支払通知書が届きます。

金額や支払方法は個人によって異なり、送られてくる料金支払通知書に詳細が書かれるので、そのときに確認しましょう。

場合によっては、通知手数料等を払わなければなりません。

【支払期限の翌月15日】再振替の引き落とし

ドコモの1ヶ月間の利用料金は、その翌月末が支払い期限になっています。 そこで支払いを確認できなかった場合は、翌月の15日頃(ゆうちょ銀行の場合は20日頃)に再振替が行われます。

再振替日に引き落としができないと、利用料金以外のお金(延滞利息や遅延損害金)が発生してしまうので、1日も早く支払いを済ませ負担を軽くしましょう。

【支払い遅れから20日前後】利用停止予告の通知(請求書付き)が届く

15日の再振替ができなかった場合、その5日後くらいに利用を停止する旨が書かれた「利用停止予告」が届きます。

利用停止予告書には請求額と支払期限が記載されているので、利用停止されるまでに必ず支払いを済ませましょう。 ここで支払わなければ、回線が止まってしまいます。

【支払い遅れから25日前後】サービスの利用停止になる

引き続き支払いができなかった場合は、再振替月の20日~月末までの間に回線停止になります。

もし再振替日にのときに料金未納のままでも、この約5日の間に滞納料金を支払えば携帯電話の利用停止にはなりません。

【支払い遅れから約45日前後】契約解除予告兼契約解除通知が郵送で届く

回線停止のまま放置すると、支払い遅れから約1ヶ月半ごろに「利用停止中の催告書」が郵送で届きます。 要するに、契約解除予告兼契約解除通知です。

この時点で支払えば回線再開は可能ですが、催告状は最後通告のようなものです。

再三にわたって支払いをお願いしたのに、連絡もないしどうなっているのか? という内容の文面が届きます。いよいよ契約解除の一歩手前です。

【支払い遅れから約50日前後】最終通告書が届く

催告状を放置した場合、ドコモから再振替月の翌月15日ごろに契約解除予告と契約解除について書かれた通知書が郵送で届きます。

さらに放置すると同月22日ごろ、最終通告書が届きます

この頃には、すでに次の利用料金の請求分が再振替されているので、今回分だけ払っても回線は再開されません。

【支払い遅れから約60日前後】強制解約になる

最終通告書が届いてもなお放置した場合は、最終通告書が届いた翌月に入って強制解約になります。 期間でいうと最初の支払い期限から約2ヶ月後になります。

ここまでで利用停止~強制解約までの流れがわかったかと思います。

支払い遅れを放置せず、一刻も早く料金を支払いましょう。

みずほ銀行カードローン

最大限度額800万円

キャッシュカードで借りられる

また、強制解約になるとどんなリスクが発生するのでしょうか。

ドコモの支払い遅れで強制解約されたら裁判に発展?料金滞納の7つのリスク

強制解約後のリスク

もし強制解約になっても、「他の携帯会社にすればいいや」と気楽に思っていませんか?

実は、強制解約は想像の何倍もリスクを抱えることになるのです。1つずつ見ていきましょう。

(1)携帯が利用停止になる

まず携帯料金の支払い遅れによって携帯が使えなくなってしまいます。 ドコモキャリアの利用停止で使えなくなる機能は以下の通りです。

  • 電話の発着信
  • メールの送受信
  • ショートメールの送受信
  • インターネット
  • LINEなどのネットを通じたアプリの利用

支払い遅れで利用停止になると使えなくなる機能がたくさんあります。

一応、利用停止中でもWi-Fiがある環境を利用すればインターネットやアプリに接続することができます

ただし、Wi-Fiがあれば使えるからといってそのままにしていると大変危険です。

(2)同一名義や一括請求の携帯全てが利用停止になる

携帯回線が利用停止

もし同一名義で2台契約や、一括請求で子回線も支払っていると、これらも利用停止になります

自分だけではなく、旦那さんや家族にも迷惑をかけることになるので、回線が止まるまでに支払ってしましましょう。

(3)延滞利息/遅延損害金/解約金の3つが発生

ドコモで強制解約されてしまうと、滞納金に加えて3つの料金が発生してしまいます。 それぞれご紹介します。

                           
項目 概要年率/金額
延滞利息 支払い予定日~支払う前日までの滞納金額で発生する利息のこと
年率14.5%
遅延
損害金
支払い予定日~支払う日までの滞納金額で発生する利息のこと
年率6%
解約金 契約更新月以外に解約すると発生する違約金のこと
金額10,260円

10.000円を60日間延滞し、強制解約された場合で計算しました。

  • 【延滞金】10,000円×0.145×60÷365=238円
  • 【遅延損害金】10,000円×0.06×60÷365=98円
  • 【解約金】10,260円
  • 【総額】10,596円

この場合、滞納金に追加で10,596円無駄に支払うことになります。

さらに、延滞金や遅延損害金を含めた滞納金は一括払いしかできません…

滞納金を完済するまでは回線停止が解除されないので、電話やメール・ネットの利用はもちろん不可。

延滞すればするほど払う金額が多くなってしまい、信用情報に傷がついてしまうので、早めに支払いましょう。

(4)強制解約後復活はできない!ドコモの再契約や他社での新規契約が難しくなる

強制解約後は、同じ番号で再契約することは不可能です。また新しい番号での契約もかなり難しいです。

さらにドコモはもちろん、auやソフトバンク、格安SIMなどの他社と新規契約する際も、審査通過は難しいと思ってください。

会社 契約の難易度
ドコモ とても高い
au
ソフトバンク
ワイモバイル

他社との新規契約時も、過去の延滞履歴などを見られ、断られる可能性があるのです。

信用情報は他キャリアにも共有されています。 よって、他社契約すれば解決されるわけではないのです。

強制解約後に確実に契約するためには、滞納金や延滞金をすべて支払うことが重要です。

(5)信用情報に傷がつきブラックリストに?クレジットカードやローンの審査に通らなくなる

支払い遅れが続いて強制解約になると、信用情報に記録が残り傷がついてしまいます。

信用情報とはJICCやCICといわれる信用情報機関が保有するデータのことです。

  • 家賃
  • クレジットカード
  • カードローンやキャッシング
  • 携帯料金

これらの情報を一括で管理しています。

もし滞納が多く信用情報に傷が増えると、いわゆる「クレジットカードの滞納」と同じでブラックリスト(長期滞納)に登録されてしまうのです。

期間 状況
支払い期日から2ヶ月 ブラックリスト(長期滞納)に記録
支払い期日から
2ヶ月~5年2ヶ月
ローンの審査に落ちる
可能性大

ブラックリストになると、最低5年間はクレジットカードや住宅・車のローンに申込をしても、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

(6)機種変更や新規契約で、端末の分割払いができなくなる

携帯料金を未払いのままにしてしまうと、支払い遅れから3ヶ月は携帯端末の分割払い(割賦払い)ができなくなってしまうのです。

理由は、過去の携帯料金の支払い実績が不足しているから

携帯電話会社と契約を交わす際は、機種変更でも新規契約でも絶対に指定信用情報機関による審査を通過しなければなりません。

その審査でチェックされるポイントが支払い実績というわけです。

また3ヶ月経ったあとでも携帯料金の滞納履歴は審査に影響すると思ってください。

機種変更や新規契約で新しい携帯端末にしても、分割払いができなければ携帯本体の端末代を一括払いしなければなりません

一括で支払うのは大変なので、機種変更や新規契約を考えている人は絶対に支払い遅れのないようにしましょう。

携帯料金の支払い遅れがある状態での契約は100%できない

もちろん、携帯料金の支払い遅れがある状態では、分割払い以前に新規契約や機種変更ができません。 一刻も早く滞納代を支払ってしまいましょう。

(7)強制解約後も支払いを放置すると裁判に発展

強制解約後も携帯料金を未納のままでいると、ドコモが簡易裁判所に訴える可能性があります。

裁判所は「支払督促」を送ってきます。 支払督促状を受け取ったら2週間以内に異議申し立てをすることができます。

ここで言う異議申し立てとは、「料金未払いは認めるので分割払いで料金を支払いたい」という主張のことです。 異議申し立てをすると、次は通常訴訟に進みます。

通常訴訟でドコモと和解しなければなりません。和解をすると、滞納料金の支払いのプランが決定します。

異議申し立てをしない場合は、ドコモが契約者の預金や給与などの財産を差し押さえ可能な状態になってしまいます。

【結論】ドコモの支払いが遅れたら滞納金を今すぐ払うしかない

ドコモの料金を延滞し続けると、大きなリスクが出てくることがわかったと思います。

これらのリスクを回避するための対処法は、今すぐお金を準備して滞納した携帯料金を支払う以外ありません。

滞納金はもちろん解約金は分割できないので、とにかく払ってしまうことが大切なのです。 でも、いきなりお金を準備するなんて無理!という方も多いのではないでしょうか。

もしお金が準備できないようであれば、カードローンを利用しましょう。

お金を工面する方法 難易度 スピード
友人や家族に借りる
給与の前借り
カードローン

上の表でお金の工面方法を比較しましたが、カードローンは申込が簡単で融資までの時間が当日~1週間ととても短いんです。

他にも、家族にバレない「郵送物なし」や「WEB完結」できるので、非常におすすめです。 携帯代の額だと利息も数百円なので、負担になりすぎず返済できますよ。

《滞納金は今すぐ支払うしかない》

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • ドコモ口座にみずほ銀行の口座を登録するだけで、即時入金&決済できる
  • 24時間いつでもWeb申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがそのまま利用できます

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 楽天銀行の口座がなくてもOK
  • 24時間いつでも口座振込できます

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • はじめての方は借入れ日から30日間無利息
  • Web申込なら最短1時間借りれるのでその日に払って強制解約されるのを防げます(※督促状が届いた方はこの1択)
  • 郵送物なしで夫や家族にバレない

ドコモで滞納した場合の支払い方法6つ|ドコモショップでの支払いがおすすめ

ドコモでは6つの支払い方法が用意されています。※2018年3月調査

支払い方法は請求書の有無によって異なることが多いですが、1番おすすめなのは、請求書の有無が関係のないドコモショップでの支払いです。

状況 支払い方法 おすすめ度
請求書あり・なし共通 ドコモ
ショップ
請求書あり コンビニ
ゆうちょ銀行
ゆうちょ
銀行以外の銀行
請求書なし クレジットカード
インターネット
(Pay-easy)

ドコモショップが1番おすすめな理由を、3つの判断軸で説明します。

支払い方法を3つの軸で比較してみた

支払い方法 手数料 電話連絡の必要 回線復旧スピード
ドコモ
ショップ
なし なし
コンビニ コンビニによって
異なる
なし 5~10分
ゆうちょ銀行 なし なし
※支払い期日に
遅れた場合はあり
10分以上
ゆうちょ銀行
以外の金融機関
金融機関によって
異なる
あり
クレジットカード なし なし
インターネット(Pay-eas
y)
あり

上記の表で記載したように手数料の有無・電話連絡の必要・回線復旧のスピードの3点で比較すると圧倒的にドコモショップでの支払いがおすすめです。

支払い時には本人確認書類が必要なので、必ず持参してくださいね。

この他に注意が必要な支払い方法のみ詳細を説明します。

(注意1)ゆうちょ銀行での支払いの場合

ゆうちょ銀行では、請求書に記載された支払い期日後でも支払いはできます。 しかし、支払い後にドコモに支払い済の連絡をしなければならないので要注意です。

携帯の回線が止まっている方は、連絡後に復旧作業が始まるので、10分以上待つ可能性が高いと思っておいてくださいね。

(注意2)ゆうちょ銀行以外の金融機関での支払いの場合

ゆうちょ銀行以外の金融機関で支払う場合、対応している機関としていない機関があるため、事前に銀行に確認しましょう

また、支払い完了後はドコモに電話連絡し「支払い完了」の旨を伝えてください。 そうすると、回線復旧作業をはじめてもらえます。

(注意3)インターネット(Pay-easy)での支払いの場合

インターネット(Pay-easy)での支払いの場合、注意点は2つあります。

  1. 支払い条件を満たしていること
  2. 支払い可能な回線は自回線のみ

1つずつ説明します。

(1)支払い条件を満たしていること

以下2つの条件を満たしていないと利用できません。

    《インターネット(Pay-easy)の支払い条件》

  1. 毎月のドコモの料金を請求書で支払っている
  2. 取扱金融機関のインターネットバンキングを利用している

《代表的な取扱金融機関》

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

(2)支払い可能な回線は自回線のみ

次に支払い可能な料金は自回線のみです。家族等で一括請求にしている方は、代表回線からのみ支払い可能なので気を付けてくださいね。

Pay-easyの利用は、NTTファイナンスの「Webビリング」からできます。

滞納料金を支払えない人にカードローンをおすすめする3つの理由

ドコモの料金支払いの延滞を続けていると、信用を失ってしまって、ブラックリストに登録されてしまうかもしれません。

その前に、滞納料金をカードローンやキャッシングを使ってまとめて支払いましょう

カードローンやキャッシングは怖いイメージもありますが、近年は法律も厳しくなり、法律に準ずるところしかカードローンやキャッシングの営業ができなくなました。

そのため、安心してキャッシングできるカードローンが増えてきました。 カードローンのメリットは何があるのでしょうか?

(1)分割払いができる

ドコモの滞納金は、基本的には一括払いしか認めていません。 一方でキャッシングサービスでは、どのカードローンも分割の返済ができます。

そのため、毎月一定の支払いだけをすることで返済できるため、月々のお金のプランを設計しやすくなります。

(2)30日間無利息期間がある

やといったカードローンを初めて使うなら、最大30日間の無利息期間があります。 この最大30日間の無利息期間を使えば、利息を1円も払わないでドコモの支払いができます。

1ヶ月間返済を待ってもらえるので、1ヶ月以内にまとまったお金が入って返済できるという人は、使わない手はないでしょう。

(3)何度でもキャッシングできる

1度カードローンのカードを作ってしまえば、何回もキャッシングをできます。

キャッシングが何度もできるので、 「毎月の給料日前にお金が足りなくなってしまう…」 「給料日の手前にドコモの支払いがあって足りなくなる…」 という人におすすめです。

ドコモの支払いが遅れた人におすすめのカードローン

ここで紹介するカードローンは、申し込んでからお金を借りるまでの期間が比較的短いため、早くドコモの料金の滞納を解消したい方におすすめです。

《支払いの目処が立たないならこちら》

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • ドコモ口座にみずほ銀行の口座を登録するだけで、即時入金&決済できる
  • 24時間いつでもWeb申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがそのまま利用できます

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 楽天銀行の口座がなくてもOK
  • 24時間いつでも口座振込できるのですぐに滞納代が払えます

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • はじめての方は借入れ日から30日間無利息
  • Web申込なら最短1時間借りれるのでその日に払って強制解約されるのを防げます(※督促状が届いた方はこの1択)
  • 郵送物なしで夫や家族にバレない

申込が簡単なみずほ銀行カードローン

  • キャッシュカードがそのまま使える
  • 24時間いつでもWEB完結申込可能!
  • 年利 年2.0~14.0%

みずほ銀行のカードローンは金利が年2.0~14.0%で最大ご利用限度額が800万円と銀行ならではのスペックです。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる
おすすめポイント

最短1時間融資が可能なプロミス

  • 審査時間 最短30分
  • 融資時間 最短1時間
  • 年利 年4.5%~18.0%

CMでおなじみのアコムは、素早い対応をしてくれることで有名です。WEBで申し込んでから、最短1 時間でお金が借りられます。 督促状が届き、今すぐにでも強制解約されそうな方はプロミス1択です。

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない
おすすめポイント

【まとめ】ドコモの支払い遅れで強制解約されるのを免れるためには今すぐ延滞金を払おう

たかが携帯の強制解約といっても、実は後々クレジットカードや車・住宅といったローンの審査に影響してしまいます。支払いの滞納は最悪、裁判になることもあり得ます。

お金に関する信用を無くさないためにも、絶対に強制解約されないようにしましょう。 強制解約になる前に、カードローンやキャッシングを利用して解決するべきです。

カードローンだと、計画的に利用すれば自分のペースでお金を返していけるので安心できますよ。

ドコモの支払い遅れで強制解約されるのを免れるためには今すぐ延滞金を払おう

  • 支払い日から約2ヶ月延滞すると強制解約されてしまう
  • 強制解約になるとブラックリストとして扱われてしまう
  • ブラックリスになるとクレジットカードやローンの審査に通りにくくなる
  • 最悪裁判で訴えられる可能性もある
  • 強制解約を免れるためにはカードローンでお金を借りるのが1番

安心の大手銀行で借りたいなら!

三菱UFJ銀行カードローン

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

楽天会員ランクに応じて審査優遇!楽天ユーザーはこちら!

楽天銀行スーパーローン

限度額最大800万円

楽天カードがあれば申込カンタン

関連記事

入院費が払えないと退院後裁判に?生活保護の場合は?解決法4つ紹介

「えっ入院費ってこんなに高いの?」 「こんな高額…

家賃が払えない時どうすればいい?対策を「社会福祉協議会」に聞いて…

家賃が払えない時の対処方法について、どうすればよいのか「社会福祉協議会」に相談してみました。そのインタビュー内容を下記にまとめていきます。 主に退職検討中、現在離職中の方向けのページになります。 それ ...

【税金の延滞金払いたくない】時効や免除のリスクと正しい計算方法

「延滞金くらい払わなくていいでしょ」 最初は誰しも油断してしまいます…

自動車税滞納は2ヶ月超えると危険|差し押さえまでの期間と支払い方法

「うっかり納付期限忘れてた!!」 「どうなる?差し…

au支払い遅れは15日で利用停止|料金滞納の危険すぎるリスクと対処法

「うっかり滞納しちゃったから支払い方法が知りたい」「