高校からお金の授業!「パーソナルファイナンス」とは?

「パーソナルファイナンス」という言葉を聞いたことがありますか?

「パーソナルファイナンス」について知ると、お金を今以上に賢く管理することができるんです。

1.「パーソナルファイナンスとは?」

パーソナルファイナンスは、一人ひとりにあったお金の管理方法を設計していくことを指します。

内容は、所得や貯蓄、投資、クレジット、ローン、金利、自動車ローンなどについてです。

これらの内容についてはお馴染のものばかりですが、詳しい知識を持たないままに自分流のやり方でお金の管理をしている人は結構いるのではないでしょうか?

もちろんアメリカと日本で、パーソナルファイナンスの内容が若干変わってきますが、ここで紹介したファイナンスの分野での私たちの傾向を知っていると事前に無駄遣いを防いだり、ローンの返済の効果的な計画を立てることができるのです。

つまりパーソナルファイナンスについて知っていると、私たちが効果的にお金を役に使うのに役に立つのです。

2.パーソナルファイナンスについて知るメリット

パーソナルファイナンスについて学問的に学ばなくても、社会人としてお金の管理を自分でする時には、それぞれに必要な情報を得てなんとかやってはいけます。

しかし、パーソナルファイナンスでを学ぶことで、ファイナンスでよく起こる問題や、私たちのファイナンスに関する傾向を知ることができ、より上手にお金のやりくりができます。

またパーソナルファイナンスでは、「投資」についても学びますが、投資についてよく知らないから投資はしないという人は多いのではないでしょうか?

実際、「economy watch」というサイトによると、去年の日本の投資の割合は、21.204%でした。

これは、世界平均の22.2%よりも若干低い数値です。先進国なのにもかかわらず世界平均よりも低いということは、金融についての知識不足という面も考えられます。

アジアの国の中で投資の割合が高かった国には、中国(47.052%)が挙げられます。スピードは加速しているものの、まだまだ経済成長が著しい中国。

その原動力の1つに投資が挙げられると言えます。

もちろん投資は損をする時もありますが、投資によって得たお金が経済の活性化につながっていると言えます。

誰も投資をしなくなると資本主義経済がまったく回らなくる事を考えると投資に積極的かどうか?ということも重要だといえるでしょう。

さらに、例えば、幾らの家を買うのか、家を買う際にはローンを組むのか、返済は月に幾らくらい払うのかということについては、収入の額などに基づいて自分に一番あったプランを選ぶように、ファイナンスに関する選択肢はたくさんあります。

たくさんの選択肢からそれぞれにとって最適のものを選ぶ必要があるのです。それぞれが最適な方法を選ぶために、パーソナルファイナンスの知識が役に立つのです。

3.どうやってパーソナルファイナンスについて知ったらいいの?

パーソナルファイナンスについて高校で学べる国もあります。

その1つがアメリカです。

アメリカでは経済の授業を履修しないと高校を卒業できないシステムになっています。最近では、例えばアリゾナ州では、経済の中でもパーソナルファイナンスを教えることを必修とする法律を制定しました。

日本ではパーソナルファイナンスについて高校や大学で教える重要さについての認識がまだ薄く、高校でパーソナルファイナンスにういて学べる学校は少ないのが現状です。

もしパーソナルファイナンスについてよく知らなければ、自分で学ぶ必要があります。

幸い、パーソナルファイナンスについての本やサイトがあるので、目を通し、必要情報を得て、あなたの今のお金の管理の仕方が最適なのか検討してみて下さい。

そして改善できることがあれば、実行してみて下さい。パーソナルファイナンスについて知ることは、お金をさらに上手にやりくりするために必ず役に立ちます。

【参考URL】

http://www.azcentral.com/community/peoria/articles/20130703arizona-class-standards-symbolic.html

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

保険で資産運用をする時のポイント!メリットとデメリットのまとめ

保険商品での資産運用の考え方 キーワードは分散投資 分散投資の実践で資産運用を成功させる! 投資方法のハイリスク、ローリスク、期間的メリット、デメリットを考え 分散投資の一部として保険への投資を考えて ...

貯蓄の考え方※近い将来、老後用、緊急用の貯金など分けて考えよう!

目次貯蓄の目標を一緒に!!1.将来使うための貯蓄と、万が一のための貯蓄を分けて考えよう!2.近い将来のお金は低リスクで運用しよう3.遠い将来のためのお金はリスク分散投資でお金にお金を生ませよう!分散投 ...

貯金のコツ!夫婦間の不公平をなくす平等な貯金の方法

目次夫婦間の不公平をなくす平等な貯金の方法学資保険ですべての学費を準備するのは審査が通らない場合も住宅費用の貯蓄について老後資金の貯蓄は夫婦ともに平等に!短期で高金利商品が◎ 夫婦間の不公平をなくす平 ...

共働き世帯の教育費/習い事費用や大学の学費貯金のすすめ

目次共働き世帯の教育費問題教育費が月の手取り収入の5%を超えたら継続困難の要注意大学進学を考えて貯金しておくと良い3つの理由どのくらい大学の学費はかかるのかの目安 共働き世帯の教育費問題 金銭的に余裕 ...

次の投資先は※※?!アジア経済発展はあの国の資源!その輸出額は15…

次のアジア関連の投資先を考える 次の投資先は※※?!アジア経済発展はあの国の資源!その輸出額は15倍の伸び 1.アジアで今、経済的に最も影響力のある国はあの国! アジアで今、経済的に最も影響力のある国 ...