600兆円稼いでいる世界の大富豪の2014年最新の投資傾向「株で成功するための心得4ポイント」

600兆円稼いでいる世界の大富豪の2014年最新の投資傾向「株で成功するための心得4ポイント」

  1. 世界の株式市場の動向/2014年もチャンス継続
  2. 株に投資するメリット
  3. 株に投資するリスク/必ず儲かるわけではない
  4. こんな株が狙い目!/45度に要チェック

世界大富豪は600兆円稼いでいる!株式市場で2014年もチャンス!

世界の株式市場のこれからの動きは、株を持っている人も、そうでない人も気になります。

なぜなら、世界の株式市場の動向に、日本の経済も左右されるからです。

「WorldsRichPeople」という、世界のお金持ちについてのサイトの記事を書いているStephone Loke氏によると、世界の株式市場は、概して、いい方向に向かっているとのこと。

その理由は、次に挙げる事実が根拠です。

1.世界で一番お金持ち、トップ100の投資法

ほとんどの富豪は世界中の様々な会社の株を持っている。

つまり、世界のお金持ちの人たちは、一定の会社だけでなく、世界中の様々な会社に投資をしているのです。この事は、世界中の様々な会社が資本を得ていて、ビジネスを拡大することができることを意味します。

世界のお金持ちのお蔭で、投資をしてもらっている会社も繁栄の方向に向かっていると考えることができます。

解説:世界分散といっても個人として世界分散して株を持つことは難しい部分でもあるので、世界分散型の株式投資信託などが現実的ですね。

2.2008年の株の暴落から、今までの間、株価は確実に上がっている

実際に、株に投資をしている、世界のお金持ちたちは、2008年以降、株で、総計600兆円儲けていると言われています。

解説:下がった時ほど大きなリターンがありますが、そこに食らいつくには一定以上のリスク管理と知識が必要です。しかし今は伸びている状況なので大きなリターンは無いでしょうが、悪い状況ではないようですね。

なぜ、株に投資したらいいのか?

株をすることで、莫大な利益を得ることができます。でも、株は、お金儲けすることだけが、目的ではありません。株に投資することは、社会にもプラスになっているのです!

株への投資が、社会にプラスになっていることは、主に3つあります。

1.会社が新しいビジネスを立ち上げるのをサポートしている

会社が新しいビジネスを立ち上げる時には、莫大な資本が必要な時が多いです。

株に投資することは、投資する株会社のビジネスの拡大を援助していることなのです。

2.投資会社のビジネスの成功に関わることができる

株会社は、投資家に、お金だけを求めているのではありません。投資家に、会社をいい方向に向かわせるためのアドバイスも求めているのです。

現在のウォールストリートのお金持ちは、カール・アイカーンさんという投資家ですが、彼は、自分が投資した会社に、口をつっこむことでよく知られています。

彼がお金だけでなく、投資会社に口をつっこむのは、投資会社に、莫大に儲けて欲しいから。

株会社の成功は、投資家にもかかっているのです。会社に投資すれば、多かれ、少なかれ、投資会社に物言うことができます。

3.雇用を増やすことができる

株で資本を得ることができた会社は、ビジネスを広げていくことができますが、これにより、雇用を増やすことができるのです。

世界一のお金持ち、ビル・ゲイツは、なんとマイクロソフトの株を3億あまり持っていますが、マイクロソフトは、世界中に雇用を持たらしています。数にして、およそ12万人

自分のお金儲けのために、株を始めるかもしれませんが、実は、株に投資することは、社会にとってプラスになっているんです。

解説:1日だけの売買(デイトレード)というよりは長期で保有することで会社の成長を一緒に楽しめ、応援することができます。

ですので、この会社は大好きで応援したいというスタンスも重要です。

○○食品がおいしいから好き!▽▼ゲームが面白いから好き!などですね。市場は流行りものが好きなので自分の得意分野でこれはいいな!と実感できた会社というのは実はまだ株式市場が知っていない可能性が高いので、自分の得意分野や身近な分野にチャンスが眠っているかもしれません!

まわりを見回してみては?

株にはリスクがつきもの…

株に投資することは、いいことばかりではありません。投資会社の経営が、必ずしも上向きとは限らないからです。

株によって、百万長者が億万長者になることができますが、億万長者が信用取引を行い、株の暴落によって破産することもあり得るのです。

株に投資する際には、ただお金を会社に払うだけではいけません。絶えず、投資した会社の動向を把握し、必要であれば、投資会社の売り上げが下がる前に、株を売却する必要もあります。

解説:保有している会社のサービスの直近の動向や利用者数、利用者のレビューなどを良くチェックする地道な努力は必要ですね。

こんな株が狙い目!

お金に余裕があっても、なかなか株に手が出せない人も多いでしょう。その理由の1つは、どの株に投資したらいいのかが分からないから。

株で成功するためには、売上が上がる会社の株を買う必要があります。

初心者のために、どんな株か狙い目か、世界のお金持ちのことについてのサイト「WorldsRichPeople」の記事を書いているStephone Loke氏のアドバイスをお伝えしましょう。

Stephone Loke氏:「株の動向について、先が分かっている株の専門家が存在する。」

「彼らに、高いお金を払えば、どの株を買ったらいいのかを教えてもらえるが、そのお金は、莫大で、普通の人には手が届くものではない。少しのお金で、アドバイスをしてくれるファイナンシャルアドバイザーもいるが、彼らのレベルではアドバイスが確実なものとは言えない。レベル不足の彼らに頼りっきりにならないで、自分でどの株について買うべきか売るべきかの判断できるよう、知識と経験を積んでいくべきだ。」

Stephone Loke氏が言うように、株をする際には、自ら株に関する知識と経験を積んでいくことが必要です。

初心者の株式投資「3つのアドバイス」

株の初心者の方は、株に関する知識と経験が少ないので、Stephone Loke氏さんの3つのアドバイスを参考にしてみましょう。

1.株で、100%確実なことはない

株をする時には、絶対に確かなことはないと認識しておく必要があります。自分の予想も、はずれることがあるのです。

株では、自分の予想が当たるのは、高くても7割と思っておくといいでしょう。

2.株式チャートの形

株を買う前に、必ず株価チャートを確認する。株価が横ばい、または下がっている株は、買わない。

株価の動向を示した、「株価チャート」というものが存在します。株価チャートは、インターネットなどでも、簡単にみることができます。

株を買う前には、必ず、この株価チャートを確認しましょう。株価チャートを見て、株価が、横ばい、または下がっている株は、損をする可能性が高いので、買うのは控えたほうがいいです。

3.株価チャートで株価の変化を表す線が45度のものを買う

株価チャートで、株価の変化を表す線が、45度のラインの株は狙い目ということは、Stephone Loke氏さんだけでなく、一般的に言われていることでもあります。

株価の変化を表す線が、右上がりに、45度の傾斜で上がっている株を買うと、儲かることが多い、少なくとも損をすることはないと言われているのです。

2014年 海外投資のまとめ

すこしでもお金の貯蓄を考えられる状況であれば、金利のほぼない銀行に預金として預けるよりは、お金に働いてもらえるように知恵を絞るのも一つの資産防衛の一つとして考えるべきです。

すべての資産を投資にまわすのはリスキーですが、余剰資金で投資をして、ご自身の資産を増やす努力をすることも考えてみましょう。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

みずほ銀行

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

どうしても審査が不安なら

関連記事

保険で資産運用をする時のポイント!メリットとデメリットのまとめ

保険商品での資産運用の考え方 キーワードは分散投資 分散投資の実践で資産運用を成功させる! 投資方法のハイリスク、ローリスク、期間的メリット、デメリットを考え 分散投資の一部として保険への投資を考えて ...

貯蓄の考え方※近い将来、老後用、緊急用の貯金など分けて考えよう!

目次貯蓄の目標を一緒に!!1.将来使うための貯蓄と、万が一のための貯蓄を分けて考えよう!2.近い将来のお金は低リスクで運用しよう3.遠い将来のためのお金はリスク分散投資でお金にお金を生ませよう!分散投 ...

貯金のコツ!夫婦間の不公平をなくす平等な貯金の方法

目次夫婦間の不公平をなくす平等な貯金の方法学資保険ですべての学費を準備するのは審査が通らない場合も住宅費用の貯蓄について老後資金の貯蓄は夫婦ともに平等に!短期で高金利商品が◎ 夫婦間の不公平をなくす平 ...

共働き世帯の教育費/習い事費用や大学の学費貯金のすすめ

目次共働き世帯の教育費問題教育費が月の手取り収入の5%を超えたら継続困難の要注意大学進学を考えて貯金しておくと良い3つの理由どのくらい大学の学費はかかるのかの目安 共働き世帯の教育費問題 金銭的に余裕 ...

次の投資先は※※?!アジア経済発展はあの国の資源!その輸出額は15…

次のアジア関連の投資先を考える 次の投資先は※※?!アジア経済発展はあの国の資源!その輸出額は15倍の伸び 1.アジアで今、経済的に最も影響力のある国はあの国! アジアで今、経済的に最も影響力のある国 ...