貸します詐欺には要注意!悪徳業者を見分ける方法はコレ!

よく聞く「貸します詐欺」って?

度重なるメールや郵送チラシでしつこく勧誘してくる金融会社に嫌気がさしているという人も多いかと思います。求めてもいないのにこういったメールを送ってくる金融会社には悪質なものが多いと言われています。

基本的に大手消費者金融や銀行などは、新規顧客勧誘の際にこういった手段を用いることはありません。

ですから、こういった勧誘を行っているのは中小の消費者金融か、闇金と呼ばれる違法業者という括りとなってきます。

そして闇金などの違法業者と並んで、通常のところでは借り入れができない人をターゲットにして「お金貸します」といった内容の勧誘を行い、詐欺を働く「貸します詐欺」が多く発生しています。

貸します詐欺は融資保証金詐欺とも呼ばれ、実際の融資を行わないのにも関わらず、融資が可能である趣旨の勧誘をメールやチラシ、電話など様々なもので行います。

そして、融資を申し込んできた人に対して「保証金」と称した現金を振り込ませてだまし取るものです。その保証金を振り込むと、その後は連絡がつかなくなるので、融資を受けることもできません。

通常は多くても4,5万円程度の少額の被害額ではありますが、中には数十万以上の高額な保証金を要求される場合もあり、甚大な被害を受けた人も少なくないのです。

見分けがつかない貸します詐欺

『貸します詐欺』を行う金融業者は、詐欺行為を働く悪質業者が多いのですが、最近では大手消費者金融や金融機関を詐称して勧誘を行っているケースが多く目立ちます。

ですから、勧誘を受けた人も安心してしまうところが大きく、お金に窮しているという状況も後押し、ちゃんと調べることなく申し込んでしまうのです。しかし、これら詐称した悪徳業者でもちゃんと理解しておけば詐欺に遭うことを防げるポイントは存在します。

①消費者金融など貸金業者は総量規制に縛られている

多重債務者など多くの借金がある人の場合、健全な消費者金融の場合は貸したくてもかせない事情があるのです。貸金業者は貸金業法という法律を遵守した経営をいとなまければなりません。

そこで注目してもらいたいのが総量規制という貸金業法に定められた法律です。

これは貸金業者に年収の3分の1を超える貸出を禁じた法律です。

ですから、多くの多重債務者が一般的に知られている消費者金融で融資が受けられないのも、この点がクリアできない事情が大きく関係しているのです。

よって、他が貸してくれないのに「貸出OK」といった誘い文句の勧誘があった場合は、とりあえず現在の総借入金額がいくらなのかを計算して、この総量規制に引っかかっていないかを確認してみましょう。

その結果、ダメだったにも関わらず貸出OKと言われた場合は、その業者が闇金などの違法業者であるか、貸します詐欺を行う詐欺師であるかのどちらかであると判断できるというわけです。

②保証金と称した前払金は発生しない

一番簡単に判断できるのが『保証金』と称した前払金を請求してくるかどうかという点です。

通常、国へ登録している正規の金融業者の場合、融資前に保証金などの前払金を請求してくることはありません。

この点は、不思議に思って確認する人もいるようですが、「今回はブラックであることが前提なために」とか「返済能力が本当にあるのかを確認するため」などともっともな理由をつけて丸め込まれるケースが多いようです。

しかし、ここで考えなければならにのは、持ちかけてきたところが総量規制適用外の銀行でもない限り、ブラックであることを前提に貸出をしてくれる正規の貸金業者は存在しないという点です。

ですから、最終的に融資が受けられたとしても、この時点で相手が違法な金融業者であることは確定されるのです。この事実を踏まえた上で、「前払金請求=貸します詐欺」だという図式が成立することを理解するようにしましょう。

③登録業者番号を確認しよう

銀行にしても貸金業にしても正式に国の許可を得て営業する場合には、登録業者番号が発行されます。

ですから、怪しいと思ったときには登録者番号が表記されているかを確認しましょう。表記されている場合でも、それが本当の番号であるかどうかを確認するようにしましょう。

闇金などの違法業者の中には正式に登録番号を発行しているところも出てきていますが、こと詐欺の場合には登録番号を偽るのが精一杯です。また、相手が大手金融機関を名乗った上で今回のような勧誘を行ってきた場合には、直接電話で銀行なり貸金業者なりに確認するようにしましょう。

知らない名前の業者の場合は確認しても確証を取ることはできませんが、大手金融機関の場合には、勧誘されている内容の融資が本当に行われているかどうか確証を取ることができます。

この記事のまとめ

以上のように、貸します詐欺と疑われる勧誘では、詐欺でなかったとしても、相手が闇金などの違法業者であるケースとなってくるというわけです。

詐欺でなくても、闇金からの借入は法定外の高い金利を課せられることになりますから、決して原状回復することにはならないのでおススメできるものではありません。

ですから、以上の注意点をよく理解した上で、こういった類の勧誘には絶対に乗らないよう心がけるようにしましょう。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

みずほ銀行

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

どうしても審査が不安なら

関連記事

街金なら審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない5つの理由

「お金借りたいけど、キャッシングの審査には通らないだろうな...。」

個人間融資※『お金貸します』掲示板には要注意!闇金が潜む危険性。

「個人間融資って実際どうなんだろう?」「お金借りた…

「車金融」乗りながら融資の危険性!借りてはいけない理由とは

「キャッシングや銀行のカードローンの審査に落ちた…」 「

自動車担保ローンの仕組みとは?悪徳業者には注意!

自動車を担保にしてお金を借りることができる自動車担保ローン。質屋に車を預けるようなイメージが近い…

闇金の見分け方!3つのチェックポイントでしっかり見極めよう!

目次闇金にはこんな特徴が!これさえ知っていれば大丈夫!闇金の見分け方 闇金にはこんな特徴が! 違法な金融業者と聞けば、多くの人が思い浮かべるのは闇金ではないでしょうか。 映画やドラマの役柄でよく登場し ...