更新日:2020-07-31

アイフルは収入証明書を提出しなくていいって本当? 条件はある?

アイフルで今すぐお金を借りたいけど、収入証明書は絶対に必要なの?
収入証明書はいらないって聞いたけど本当?

アイフルで借り入れを申し込む際には収入証明書が必要なのか、なくても審査に通るのか、気になる人も多いかもしれません。

収入証明書は、借入希望額が50万円以上の場合や、アイフルや他社からの借り入れの総額が100万円以上だと、審査の際に必要になります。

この記事では、アイフルで申し込みをするときに必要となる書類について解説し、収入証明書の提出方法や提出することのメリットなどを紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!必要な資金が、すぐに手に入る可能性が高い
  • Webからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

アイフルに申し込む際に必要な書類は?

アイフルに申し込むときに必要な書類について、まずは確認しておきましょう。
提出する書類には、「本人確認書類」「収入証明書類」の2つがあります。このうち、本人確認書類の提出は必須です。

本人確認書類

本人確認書類として有効な書類は以下になります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード など

また、書類の記載住所が現在の住所と異なる場合、現住所が確認できる以下の書類のうちいずれか2点の提出が必要になります。

【公共料金領収書】

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • NHK
  • 固定電話
  • 国税・地方税の領収書または納税証明書

収入証明書類

収入証明書類として有効な書類は以下になります。

【収入証明書類】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書※
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 年金証書、年金通知書(年金以外におもとなる定期的な収入がある人のみ有効) など

※給与明細書を提出するのであれば、直近2ヶ月分が必要です。

収入証明書類は、最新分(例えば源泉徴収票なら前年度分)のみ有効となります。

書類の提出方法

収入証明書類の提出方法は、アイフルの利用申込方法によって変わります。

申込方法別のおもな提出方法

店頭窓口 電話 無人契約ルーム インターネット
提出方法 その場で担当者に直接渡す
  • FAX
  • メール
  • 郵送
設置されているスキャナーを利用する 写真またはプリンターなどでスキャンし、書類提出サービスを利用する

収入証明書類の提出が不要な場合もある! その条件は?

収入証明書類については、提出が必要な場合とそうでない場合があります。
その違いを見ていきましょう。

アイフルでの利用限度額が50万円以下

アイフルでの利用限度額が50万円を超えなければ、収入証明書類の提出は必要ありません
とはいえ、利用限度額が決まるのは審査後ですので、借入希望額が50万円以上の場合は収入証明書類を準備しておきましょう。

アイフルや他社からの借り入れの総額が100万円以下

アイフルの借入希望額が50万円以下で他社からの借り入れがない場合や、アイフルと他社からの借入額を合算して100万円以下であれば、収入証明書類の提出は必要ありません。

他社との比較

アイフルと他の金融機関で、収入証明書類が必要となる条件を比べてみましょう。

収入証明書が必要な条件

収入証明書類が必要な条件
アイフル
  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れ合計額が100万円を超える場合
  • 提出済み収入証明書が3年以上経過している場合
プロミス
  • プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
  • プロミスの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れ合計額が100万円を超える場合
  • 提出済み収入証明書類の発行日から、3年以上経過している場合
アコム
  • アコムの利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れ合計額が100万円を超える場合
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合
SMBCモビット
  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • SMBCモビットでの契約額と他の貸金業者から借り入れ合計額が100万円を超える場合

※上記に当てはまらない場合でも収入証明書の提出が必要な場合があります。

バンクイック
  • バンクイックの利用限度額が50万円を超える場合
みずほ銀行
  • みずほ銀行の利用限度額が50万円を超える場合

このように多くの金融会社では、以下の条件にあてはまるのであれば収入証明書類の提出は必要ないでしょう。

【収入証明書が不要な条件】

  • 利用限度額が50万円以下
  • 申し込む金融会社と他社からの借入総額が100万円以下

※記に当てはまらない場合でも収入証明書の提出が必要な場合があります。

収入証明書が必要な条件

それでは次に、収入証明書類が必要な条件について見ていきましょう。
以下の5つが挙げられます。上の2つについては先述しましたが、その他の条件についても押さえておいてください。

【収入証明書が必要な条件】

  1. 限度額を超える場合
  2. 他社からの借入額との総額が100万円を超える場合
  3. 増額申込をした場合
  4. 以前の提出から年数がたっていて、就業状況を確認する場合
  5. 審査の過程で提出を求められた場合

限度額を超える場合

アイフルでの借入限度額が50万円を超える場合には、収入証明書が必要です
これは、貸金業法の「総量規制」と関わりがあります。

総量規制とは、過度な借り入れから消費者を守るために作られた制度で、原則として年収などの3分の1を超える貸金業者からの貸し付けを禁止してします。
また、貸付金額が50万円を超える場合、貸金業者は収入を証明する書類の提出を求めるように定められています。

これによりアイフルに限らず、貸金業者は50万円を超えた融資を希望する人に対して、収入証明書類を提出するように求めることになっているのです。

他社からの借入額と合計した総額が100万円を超える場合

他社での借入額(利用残高)とアイフルでの利用限度額の合計が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要です。

総量規制における貸付金額とは「貸金業者から借り入れている合計額」を指します。

例えば、年収600万円のAさんは、年収の3分の1である200万円まで借り入れが可能です。 すでにA社から50万円、B社から20万円借り入れしていた場合、アイフルからは130万円まで借り入れが可能です。
そしてアイフルで30万円以上借り入れるのであれば、他社の借入額と合わせて100万円を超えますので収入証明書類の提出を求められます。

増額申込をした場合

アイフルでは、増額専用ダイヤルまたはインターネットの会員メニューで限度額の増額を申し込むことができます。
このとき、借入額が総量規制で定められた額以上になる場合は、収入証明書の提出が必要となります。

以前の提出から年数がたっていて、就業状況を確認する場合

アイフルに収入証明書類を提出してから3年以上経過すると、再提出を求められます
これは現在の就業状況の確認、総量規制を超えていないか、返済する能力はあるかなどを確かめるためです。

審査の過程で提出を求められた場合

カードローンの審査では申込者の返済能力を確認する目的があります。そのため、希望限度額が年収の3分の1を超えておらず、他社からも借り入れしていなくても、念のため収入証明書類の提出を求められることがあります。

収入証明書が必要な理由と提出することのメリットと注意点

収入証明書類の提出が必要な場合についてここまで見てきましたが、なぜ収入証明書類の提出が必要なのでしょうか。提出することで得られるメリットと注意点もあわせて紹介します。

収入証明書が必要な理由

貸金業者が収入証明書類の提出を求める場合については、貸金業法によって定められています。
アイフルなどの貸金業者は、契約時に申込者の年収などを正しく確認し、総量規制に抵触しないようにしなければなりません。

これは、過度な借り入れから消費者を守るためである一方で、アイフル側が申込者の返済能力をよく調査し、貸し倒れのリスクを減らす目的もあります。

提出することのメリット

収入証明書類を準備するのは面倒だと感じる人もいるかもしれません。
しかし収入証明書類を提出すれば、その人の勤務先や年収などを証明できるため、短い時間で審査が終わる場合が多いです。

また提出することで、限度額50万円以上の借り入れも可能になります。

提出しなかった場合

法令順守のため、収入証明書類の確認はアイフルにとって大切な手続きだといえます。
必要であるのに収入証明書類を期限までに提出しなかった場合は、審査に通らないことが考えられます。

また、すでに利用している人でも、提出を求められたにもかかわらず無視をして提出しなかった場合、収入証明書類が提出されるまでカードローンの使用を一時的に停止されたり、利用限度額が減額されたりする場合があります。

この記事のまとめ

今回紹介した収入証明書類の提出は、アイフルだけで実施されているわけではありません。
これは貸金業法に基づいて実施されているので、他社でも提出が必要な場合があります。

利用限度額が50万円を超える場合や増額を求めるときなどは、事前に収入証明書類を準備し、スムーズに手続きできるようにしておきましょう。

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

大学院在学中に2級FP技能士(AFP)を取得。現在、心理学分野の大学講師として活躍するとともに、マネー関連記事のライティングを行う

保有資格

2級FP技能士(AFP)

関連記事

アコムの申し込みから利用中まで、親にも会社にもバレない方法まとめ

「今すぐお金が欲しいけど、アコムを利用したら家族にバレないかな?」

更新日:2020-10-13

プロミスはどんなカードローン? 申し込み、審査、返済方法の流れを…

「プロミスのCMをよく見るけど、どんな特徴があるの?」「

更新日:2020-10-13

SMBCモビットの審査時間は長い? 即日融資も可能な最短で借り入れす…

「今すぐお金を借りたいけど、審査時間はどのくらいかかるの?」「…

更新日:2020-10-08

プロミスの即日融資のリミット時間は? 確実に即日借り入れをする方法

「プロミスでは今日中に融資を受けられる?」「

更新日:2020-10-05

プロミスの契約の流れを詳しく解説! 3つの注意点を押さえてスムー…

「プロミスの契約ってどうやってやるの? 何に気をつければいい?」

更新日:2020-10-05