更新日:2020-05-07

アイフルを一括返済すると利息はいくら安くなる? 一括返済のメリットを紹介

まとまったお金が入ったから、アイフルの返済に充てよう
一括返済で完済すれば、自動的に解約になるのかな?

アイフルを利用していて気になるのは、毎回支払う利息でしょう。なるべく早く借入残高を完済するには、まとまったお金が入ったときに一括返済をするのがおすすめです。

この記事では、アイフルの一括返済のメリットから具体的な返済方法まで、詳しく説明します。さらに、気になる解約についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!必要な資金が、すぐに手に入る可能性が高い
  • Webからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

アイフルの一括返済のメリット

アイフルのカードローンを利用するなかで、お金に余裕があったときは一括返済を選ぶことができます。一括返済は、今までの借入残高を完済するために利用できます。

では、一括返済することでどういったメリットがあるのでしょうか。

利息を節約できる

一括返済の大きなメリットのひとつは、利息を節約できることです。

利息は借入残高(元金)がなくならない限り、支払い続けなくてはなりません。

返済期間が長くなれば、その分利息の支払い分も増えていってしまいます。一括返済によって返済期間を短くすれば、利息を抑えられ、返済総額を減らすことができます

プラスの信用情報となる

カードローンを利用すると、自動的に名前などの個人情報や利用履歴が信用情報機関に登録されます。そして、その後の返済状況なども記録され、貸金業者の間で情報が共有されます。

信用情報機関と聞くと、延滞などのネガティブな情報が記録されるイメージがあるかもしれませんが、ポジティブな履歴も記録されています。

一括返済することで、返済能力があると示すことができるので、今後他のローン審査に通りやすくなったり、現在利用しているカードローンの借入限度額を増額できたりする可能性があります。

無利息期間中であれば利息はつかない

アイフルでは初めて利用する人に向けて、契約日から最大30日間利息0円サービスを実施しています。この期間の借り入れについては利息がつきません。

無利息期間中に借り入れを一括返済することで、利息を払うことなくカードローンを利用することができます

継続する場合は利用しやすくなる

カードローンの特徴のひとつが、限度額の範囲内であれば、何度でも自由に借り入れできるということです。

しかし、限度額近くまで借り入れしている状態だとそれ以上借りることができず、いざというときに必要な額を借り入れできなくなってしまいます。

一括返済をすることで限度額に余裕をもたせておけば、利用できる範囲が広がり、今後急な借り入れが必要になったときでも慌てずに済みます。

一括返済でどれくらい利息を節約できるかシミュレーションしてみよう

では一括返済をすると、普通に返済した場合と比べて、どのくらい利息を節約できるのでしょうか。

もともと返済期間を2年と設定していた人が、まとまったお金が入ったため、1年で一括返済した場合についてシミュレーションしてみましょう。

10万円(金利年18.0%)を借りた場合

10万円(金利年18.0%)を借りた場合の利息

返済期間 総返済額 利息
2年 11万9758円 1万9758円
1年 10万9157円 9157円

1年で一括返済したことによって、1万9758円-9157円=1万601円の利息を抑えることができました。

30万円(金利年18.0%)を借りた場合

30万円(金利年18.0%)を借りた場合の利息

返済期間 総返済額 利息
2年 35万9304円 5万9304円
1年 32万9522円 2万9522円

1年で一括返済したことによって、5万9304円-2万9522円=2万9782円の利息を抑えることができました。

100万円(金利年15.0%)を借りた場合

100万円(金利年15.0%)を借りた場合の利息

返済期間 総返済額 利息
2年 116万1648円 16万1648円
1年 108万2443円 8万2443円

1年で一括返済したことによって、16万1648円-8万2443円=7万9205円の利息を抑えることができました。

この結果をみると、借入額が大きく、また返済期間が長くなればなるほど、利息も増えていくことがわかります。なるべく早い時期に一括返済すれば、その分支払う利息額を抑えることができるので、お得にアイフルを利用できるようになります。

※シミュレーションは、アイフル公式の返済シミュレーションを利用しています。

アイフル一括返済の方法

一括返済することで、利息が節約できることがわかりました。

では、実際に一括返済するには、どういった手順で手続きすればいいのでしょうか。

返済予定日を決める

アイフルで一括返済をするには、まず返済予定日を決めます。
返済時期は早いほど利息がかからずに済むので、返済できそうであればなるべく早めの日に返済日を設定しておくとお得です。利息は日割り計算ですので、返済日が1日延びるだけでも、支払う金額が増えてしまいます。

毎月の返済を口座振替(自動引落)にしている人は、一括返済の日程により対応方法が異なります。事前に会員専用ダイヤル(0120-109-437)まで問い合わせし、一括返済したいことを伝えておきましょう。受付時間は平日9:00~21:00です。

最終返済額を確認する

返済予定日が決まれば、次に最終返済額の確認をします。

最終返済額は以下の式で算出されます。

借入残高+利息+その他費用=最終返済額

※その他費用とは、前回の入金以降に提携ATMで出金した場合などに発生します。

一括返済の利息額は1日ごとに変わってきますので、インターネットやアプリからアイフルの会員メニューにアクセスし、現在の返済金額を確認する、または会員専用ダイヤル(0120-109-437)に連絡し、正しい最終返済額を確認する必要があります。

会員専用ダイヤルの対応時間は、平日9:00~21:00となっていますので注意しましょう。

支払いをする

アイフルの一括返済は、以下の方法で行うことができます。

アイフルの一括返済方法

返済方法 手数料の有無
アイフル店舗 手数料なし
アイフルATM
振込 金融機関によって手数料がかかる
口座振替 手数料なし
※ただし、一括返済の日程により対応方法が異なるため会員専用ダイヤル(0120-109-437)まで問い合わせる必要がある
提携銀行ATM・コンビニATM 手数料あり
  • 1万円超:200円
  • 1万円以下:100円
コンビニマルチメディア端末

振込・提携銀行ATM・コンビニATM・コンビニマルチメディア端末で返済する場合は、手数料がかかってしまいます。少しでも節約したいなら、手数料が発生しないアイフル店舗・ATMを利用するのがおすすめです。

アイフルの一括返済の注意点

一括返済には、利息を減らすことができるメリットがありますが、注意しなくてはいけないポイントもあります。

支払い方法によって、一度に返済できる上限金額がある

一括返済しようと考えた場合は、返済する金額に注意しましょう。
支払い方法によっては一度に返済できる上限金額が設定されているため、せっかく一括返済しようとしても一度で完済できないことがあります。

提携ATMでは、不正利用防止策として、1日あたりの振込上限が設定されている場合があり、例えばセブン銀行ATMであれば200万円、ローソン銀行ATMであれば50万円が上限となっています。

ATMでは1円単位で返済できない

一括返済するとき、1000円未満の端数がある場合もあるでしょう。
しかし、この端数はATMでは返済できません。提携ATMやアイフルATMでは硬貨は使えず、1000円単位でしか取引できない仕様になっています。

こうした場合に対応するため、アイフルでは多めに返済し、あとから払いすぎた部分を返却してもらう「預り金」という方法があります

例えば、最終返済額が3万9500円のところ、アイフルATMで4万円を返済したとします。この場合、余分に支払った端数500円がアイフルの預り金となります。

この預り金は以下の3つの方法で返却してもらうことができます。

【預り金の返済方法】

  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 郵送

ATMで多めに返済した場合は、アイフルに連絡しておきましょう。上記の3つのうちから好きな返却方法を選び依頼すれば、対応してくれます。

支払い予定日がずれると返済金額が変動する

一括返済をするのなら、支払い予定日からずれないようにしましょう。

一括返済する最終返済額は、1日単位で変わっていきます。予定日からずれてしまうと、その分の利息が付くなどして、返済金額が変わってしまうことがあるのです。

もし返済の予定日が変わるのであれば、事前にアイフルに連絡し、改めて最終返済額を確認するようにしましょう。

一括返済を迫られるケースもある

自ら一括返済するのではなく、アイフル側から一括返済を求められることがあります。

アイフルの返済を延滞してしまったらどうなる?

アイフルの返済を遅延してしまった場合には、まず電話での連絡が入ります。

返済日の遅れがそれほど大きくなければ、返済日のお知らせといつまでに支払えるかの確認で終わります。

この電話では返済の意思を示し、きっちり対応すれば問題ありません。

催促しても返済がなければ一括返済催告状が届く

電話連絡を無視したり、新しく返済日を決めたのに返済しなかったりした場合は、契約時に記載した住所に督促状が届きます。

その後も返済しなければ、一括返済催告状と呼ばれる、現在の借入額の一括返済を求める書面が届くことがあります。

一括返済催告状を無視すると法的手続きに

電話も無視したうえに一括返済催告状も無視していると、最後には法的手続きがとられ、裁判により財産が差し押さえられる場合があります。

アイフルからの連絡は無視せず、支払いができないことがわかったら、なるべく早めに会員専用ダイヤル(0120-109-437)で相談するようにしましょう。

一括返済せずとも、追加返済・繰り上げ返済という選択肢も!

一括返済の他にも、少しでも借入残高を減らすには「追加返済」や「繰り上げ返済」という方法があります。

追加返済とは

追加返済とは、毎月の返済時に、返済額以上の金額を支払うことです。
これにはなにか手続きが必要なわけではなく、返済額以上を入金すると自動的に追加返済扱いとなります。

繰り上げ返済とは

繰り上げ返済とは、毎月の支払日より前に支払いをする方法です。このとき支払った分は借入残高の返済に充てられます。

注意点としては、決められた支払日がくるとそこでも返済が発生することです。まだ借入残高がある場合は、あらかじめ決められた支払日にも返済できるよう口座にお金を入れておきましょう。

追加返済・繰り上げ返済のメリット

追加返済や繰り上げ返済をすると借入残高を減らすことができるので、借入期間が短くなったり、毎月の返済額を抑えたりすることができます。 そのため決められた金額を支払日に払い続けて返済するよりも、利息総額を減らすことができます。

注意! 一括返済イコール解約ではない

最後に、一括返済した後に注意しておく必要があるポイントをお伝えします。

一括返済(完済)をしても、別途解約手続きをする必要がある

一括返済(完済)すれば、アイフルとの契約が終わると考える人もいるかもしれません。

ところが、解約するには別途手続きをする必要があります
解約するために一括返済したのなら、解約手続きも併せて行いましょう。

アイフルを解約する方法は以下の2つです。

【アイフルの解約方法】

  • 電話での解約
  • 店舗での解約

電話での解約

電話で解約するのであれば、会員専用ダイヤル(0120-109-437)に電話し、解約したいことを担当者に伝えましょう。口頭での本人確認が済めば解約できます。

店舗での解約

アイフルの店舗でも解約できます。
基本的な手順は変わりませんが、本人確認書類を見せる必要があるので忘れずに持っていきましょう。窓口の営業時間は平日10:00~18:00です。

利用予定があるなら解約する必要なし

完済したからといって、解約しなくてはいけないということではありません。

今後もアイフルを利用して借り入れする可能性があるのなら、解約しないほうがいいでしょう。もし解約したあとで再契約する場合、もう一度審査を受ける必要があります。

このとき、前回の契約時よりも収入が減っていたり、別の消費者金融などで借り入れしていたりすると、限度額が減らされたり、審査に通りづらくなったりすることがあります。

アイフルを解約したほうがいいケースもある

一方、アイフルを解約した方がいい場合もあります。それは以下のようなケースです。

【アイフルを解約した方がいいケース】

  • 住宅ローンや自動車ローンなどを契約したい場合
  • 多重債務に陥ってしまった場合

住宅ローンや自動車ローンなどを契約したい場合

アイフルで契約したままだと、他社でローンを組むとき審査にマイナスな影響を与えることがあります。

そのときはすでに借り入れしていなかったとしても、契約しているという情報は信用情報機関に登録されています。解約しても5年間は記録が残るので、住宅ローンや自動車ローンを組む予定があるのなら早めに解約しておきましょう。

多重債務に陥ってしまった場合

数社で借り入れしており、多重債務になっている場合も解約を検討しましょう。
借入先が多いと、自分がいくら借り入れしているかわからず、管理できなくなってしまうことがあります。
最悪の場合、返済できず債務整理をしなくてはならなくなる場合もありますので、一括返済を機に解約することをおすすめします。

解約すると契約書が返ってくる

解約すると契約書を返してもらうことができます。確実に契約を解除したことを確認し安心したい場合は、解約時に契約書の返却をお願いしましょう。

返却方法には「郵送で返却」「店頭窓口で返却」の2つがありますので、利用しやすい方を選んでください。

※インターネット契約(電子契約)の場合、返却する契約書はありません。

この記事のまとめ

アイフルを利用するとき、借入残高を減らす一括返済を行うとよりお得に利用できます。
早く返済できれば、利息の支払いも少なく済みますし、返済能力があることを示せるというメリットもあります。

しかし、無理に返済して生活がままならなくなっては元も子もありません。自分の生活スタイルと相談しながら、一括返済を検討してみましょう。

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

大学院在学中に2級FP技能士(AFP)を取得。現在、心理学分野の大学講師として活躍するとともに、マネー関連記事のライティングを行う

保有資格

2級FP技能士(AFP)

関連記事

アコムの申し込みから利用中まで、親にも会社にもバレない方法まとめ

「今すぐお金が欲しいけど、アコムを利用したら家族にバレないかな?」

更新日:2020-10-13

プロミスはどんなカードローン? 申し込み、審査、返済方法の流れを…

「プロミスのCMをよく見るけど、どんな特徴があるの?」「

更新日:2020-10-13

SMBCモビットの審査時間は長い? 即日融資も可能な最短で借り入れす…

「今すぐお金を借りたいけど、審査時間はどのくらいかかるの?」「…

更新日:2020-10-08

プロミスの即日融資のリミット時間は? 確実に即日借り入れをする方法

「プロミスでは今日中に融資を受けられる?」「

更新日:2020-10-05

プロミスの契約の流れを詳しく解説! 3つの注意点を押さえてスムー…

「プロミスの契約ってどうやってやるの? 何に気をつければいい?」

更新日:2020-10-05