更新日:2020-04-27

アコムの返済ができない! 債務整理するべき? 債務整理後はどうなる?

アコムからお金を借りて今までギリギリ返済してこれたけど、もう限界!
債務整理をしたら過払い金が返ってくるとか聞くけど、実際どうなの?

カードローンで借り入れたお金は、もちろんきちんと返すべきもの。ですが、何らかの理由で返済が難しくなることもあるかもしれません。そんなときに検討したいのが債務整理です。

この記事では、債務整理について解説します。さらにアコムに対して債務整理をした場合のメリット・デメリット、また債務整理後のことまでの具体的な流れについて紹介しますので、参考にしてください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

債務整理には4種類ある

アコムで借り入れをしていて、どうしても返済ができなくなってしまうことがあるかもしれません。こうした場合には、法的な手続きを利用し、借金を減額したり、支払いに猶予をもたせたりするなど、借金の整理をする必要があります。こうした整理のことを「債務整理」と呼びます。この債務整理には4つの種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

債務整理の種類と特徴

任意整理 個人再生 自己破産 特定調停
借金を免除 △(5分の1に減額)
裁判所の手続き不要
会社にバレない
ブラックリストに載らない

上記の表をふまえて、それぞれを詳しく見ていきましょう。

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さずに、消費者金融などの借入先と利用者の間で、借金の返済方法や減額の交渉をする手続きのことを指します。

任意整理は基本的に自分で借入先とやり取りをするのではなく、弁護士・司法書士などの専門家に依頼し、代理人となってもらい、やり取りを行ってもらいます。

専門家へ支払う報酬については、明確な基準はなく、事務所によって設定金額は違います。目安になりますが、一般的に2~5万円+減額報酬10%といわれています。

減額報酬とは、アコムなどの貸金業者が主張する債権額と実際に支払うことになった金額との差額によって、支払われる成功報酬のことを指します。

例)アコムからの請求額50万円、交渉後の金額30万円の場合
50万円-30万円×10%=2万円

ただし、任意整理を行うには、基本的に以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 毎月継続して返済できる安定した収入がある
  • 元本を3~5年で返済できる見込みがある

個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てを行い現在の借金が返済困難であることを認めてもらったうえで、借金を減額してもらう方法です。借金は減額されますが免除ではないため、任意整理と同じく、分割で3~5年かけて返済していくことになります。

個人再生では、任意整理よりも減額される金額が大きい(原則、返済額の5分の1に減額)といったメリットがありますが、継続して返済できる収入がないと手続きできない、新たに借り入れができるまで約5~10年間かかる、国の発行する機関紙である「官報」に住所や氏名が載ってしまうなどのデメリットがあります。

自己破産

自己破産は、財産がないために支払いができないなど、経済的にどうしようもなくなったことを裁判所に認めてもらい、法律上、借金返済の義務を免除してもらう方法です。

こちらは個人再生などと違い、破産手続きが完了すると借金を返済する義務はなくなります。ただし、家や車といった財産を処分しなくてはならないなどのデメリットがあります。

特定調停

特定調停とは、消費者金融などの借入先と利用者間に簡易裁判所が入り、返済額の減額などの交渉をする手続きになります。任意整理に裁判所が介入すると想像してもらえるとよいでしょう。

特定調停は弁護士などの専門家に依頼しなくても行うことができますが、その分、自分にとって不利な条件で合意されてしまう可能性もあるといったデメリットがあります。

どんな状況なら債務整理すべき?

では、どんな状況になった場合に債務整理を考える必要があるのでしょうか。

年収の3分の1以上の借り入れをしている

個人が借り入れできる総額は、原則年収の3分の1までという規制があります。この制度を「総量規制」と呼びます。これは、多額の借り入れによって返済に困ってしまうことや、消費者金融などの貸金業者が過剰な融資をすることを防ぐために設けられたものです。

借り入れが可能な総額が制限されているのなら、債務整理をしなくてはならない状況になるケースは少ないのではと思う人もいるかもしれませんが、総量規制の対象になるのは、貸金業者からの借り入れやクレジットカードでの借り入れなどと、範囲が決まっています。

住宅ローンや自動車ローン、銀行のカードローンなどは総量規制の対象ではなく、年収の3分の1を超えても借り入れすることができます。これらのローンでは、自分の返済能力以上に借り入れてしまい、借金が膨らんでしまうこともありえるでしょう。こうした場合は債務整理を行う必要が出てきます。

数年先まで完済のめどが立たない

借入総額は年収の3分の1を超えていなくても、失業や治療費の出費などの事情でお金を準備できないことがあるかもしれません。こうした事情から数年先まで完済できない場合にも、返済計画を見直すために、債務整理をする必要が出てきます。

ただし、任意整理は原則元金を3~5年で完済できることが条件となっており、現状支払える毎月の返済額が少なすぎるために5年後にも返済が終わらない場合は、自己破産を選ぶことになります。

すでに滞納をしている

すでに滞納しており返済が難しい状況になっているのなら、債務整理を考えましょう。

借入業者が複数あったり、借入額が多すぎたりすることで、自分では滞納分を管理できなくなったために滞納が長引いていることもありえます。しかし債務整理を行うことができれば、借金を減らすことや返済自体を免除してもらうこともできるかもしれません。自分で解決できないときは、債務整理について専門家に一度相談してみましょう。

アコムの借り入れを任意整理するメリット・デメリット

ここからは、アコムでの借り入れに関する任意整理について説明します。
まず、アコムの任意整理をすることにはどういったメリットがあるのでしょうか。以下が挙げられます。

  • 将来的に払う利息をカットできる
  • 分割払いで確実に返済できる
  • 過払い金が返金される可能性も

アコムで任意整理する3つのメリット

将来的に払う利息をカットできる

まず考えられるメリットは、将来に支払うべき利息がカットされる可能性があることです。

利息は原則、借りたお金を完済するまで支払わなければなりません。しかし任意整理をすることで、これらの利息を減らしたり、免除することができます。交渉が上手くいけば、元本を完済すれば支払いを終わらせることができるかもしれません。

分割払いで確実に返済できる

任意整理によって返済計画の見直しが行われると、月々の返済の負担を減らすことができます。

基本的に利息を免除してもらう方向で交渉されるため、元本だけを分割して支払えばよくなり、返済が楽になるでしょう。また、分割の期間についても原則3~5年以内 (分割回数36~60回)となるため、現状よりも無理なく返済できるようになります。

過払い金が返金される可能性も

CMなどでも聞いたことがあるかもしれませんが、任意整理を行うことによって過払い金が返金されることがあります。過払い金とは、支払い義務はないにもかかわらず、貸金業者に支払い過ぎたお金のことです。

任意整理を行う場合、取引開始までさかのぼって利息や金利の再計算を行います。その際、支払いすぎていた利息がある場合は、その金額が元本の返済に回されます。このとき、すでに元本を超えているにもかかわらず返済し続けていた場合は、返済しすぎたお金を過払い金として返還してもらうことを求めることができます。

ここで紹介した利息カットや分割期間については、アコムとの和解内容によって決まります。交渉の結果によっては、金利の一部を支払う必要が出てきたり、分割の期間が短くなったりすることもあることを覚えておいてください。

アコムで任意整理するデメリット

次に任意整理をするデメリットを見ていきましょう。以下の2点が挙げられます。

  • ブラックリストに登録される
  • 新たな借り入れができなくなる

・ブラックリストに登録される

ブラックリストとは、実際にリストがあるわけではなく、個人信用情報機関にネガティブな情報が記載されることなどを指します。

任意整理をした場合には、個人信用情報機関に「この人は任意整理をしました」という情報が登録されてしまうのです。
この情報は、約5年の間保持されるといわれています。

・ 新たな借り入れができなくなる

個人信用情報機関に任意整理をしたことが登録されると、カード会社の審査に通らなくなる場合があり、新たに借り入れできなくなってしまうことがあります。その他にも、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどについても、新規の契約ができなくなることがあるでしょう。

任意整理の流れ

では実際に、アコムで任意整理をする流れを見ていきましょう。

多くの場合は弁護士事務所に相談する

多くの場合、まずは専門家である弁護士や司法書士に相談します。そうすると、任意整理のメリット・デメリット、手続きにかかる費用やスケジュールなどについての説明を受けられます。

アコムへ任意整理したい旨を伝える

次に、アコムに対して、弁護士・司法書士などが受任通知や債権届出書・取引開示請求を送付します。
これらは、アコムに対してこれから任意整理することを伝え、現在の借入状況の照会がしたいということをお願いする書類と考えてください。

その後、開示された取引の明細を検討し、将来の利息カットや分割払いの方法について内容を固めていきます。この手続きには弁護士事務所などを通すため、アコムと直接やり取りをすることは基本的にありません。

任意整理の和解

今後の支払い方法が整理できたら、アコムとの和解交渉が始まります。

利息や遅延損害金のカット、毎月無理なく支払える範囲での返済金額の設定や、返済期間について話し合います。内容について互いに合意できれば、アコムとの和解交渉を締結し手続きは完了となります。

ただし、これまでの取引状況や契約時の状況、現在の家計状況によっては、和解内容が厳しくなることもあります。

返済開始

続いて、和解書に書かれている支払日から毎月分割で返済を行っていきます。

毎月決められた日までに支払いをしないと、カード会社から督促の連絡が入りますから、期日には遅れないように返済していきましょう。

他のカードローンも利用していたらどうなる?

アコム以外にも多数の会社から借り入れしており返済できなくなってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか。

おまとめローンを利用するという方法

まず、おまとめローンを利用する方法です。銀行やさまざまな消費者金融で商品として提供されているおまとめローンを利用すると、複数の業者から借金を借り換えることによって一本化してくれます。

おまとめローンは借入先をひとつにまとめることができるので、毎月の返済の管理がしやすくなり、多重債務から抜け出すことができます。また、低金利のおまとめローンに借り換えることで、利息を減らすことができるのも特徴です。

一方で、おまとめローンは審査が厳しいことや、提供している金融会社によっては金利があまり下がらないこと、月々の返済額が少ないと最終的に返済総額が増えてしまうことなどのデメリットがあります。

数社程度なら任意整理も可能

任意整理などの債務整理は、基本的に多重に借金を負ってしまった人も対象としていますので、借り入れしている業者がアコム以外にいくつかあった場合でも利用することができます。

おまとめローンでは、借入先や借入額が多かった場合は契約できないことがあり、利息のカットもできません。そのため、借入額が大きく自分で処理できない場合は専門家に依頼し、数社分をまとめて任意整理をすることを検討しましょう。

個人再生や自己破産を選択すべき場合もある

借金の総額が大きくなりすぎている場合には、任意整理によって返済を継続することも難しい場合があるでしょう。

複数の金融業者などから借金をしていると、「借金を返すために借金をする」といった自転車操業のようになってしまう人もいるかもしれません。そうなると、任意整理をしたとしても、毎月の返済額が多すぎるため結局は支払えなかったり、3~5年の期間では返済できなかったりすることもありえます。

このような場合は、任意整理をあきらめ、個人再生や自己破産を選ぶ必要が出てくるでしょう。個人再生であれば借金の総額を大きく減額できますし、最終手段として自己破産をすれば、複数の借金をほぼ免除してもらうことができます。

この記事のまとめ

今回は、アコムへの返済が困難になってしまったときの対処法のひとつとして債務整理を紹介しました。

債務整理の中でも特に、任意整理を利用する場合は、専門家に手続きをお願いし任意整理の交渉がうまく進めば、将来的に利息のカットや分割払いを利用できるので、完済のめどが見えてきます。

個人信用情報機関に任意整理の記録が登録されてしまいますが、なにもしないまま借金に苦しむよりは不安を減らすことができるでしょう。自分だけではどうにもならなくなったときは、任意整理について専門家に相談してみてください。

監修者画像:佐藤 栄晃

監修者

大学講師(専門:心理学)

佐藤 栄晃

さとう ひであき

大学院在学中に2級FP技能士(AFP)を取得。現在、心理学分野の大学講師として活躍するとともに、マネー関連記事のライティングを行う

保有資格

2級FP技能士(AFP)

関連記事

アイフルは収入証明書を提出しなくていいって本当? 条件はある?

「アイフルで今すぐお金を借りたいけど、収入証明書は絶対に必要なの?」…

更新日:2020-07-31

アコムの審査には電話確認がある?バレないためのポイントを解説

「今すぐお金を借りたいけど、家族や会社には絶対にバレたくない!」

更新日:2020-07-27

はじめての人がアコムでお金を借りる3つの理由

「お金を借りたいんだけど、CMでよく見かけるアコムってどうなのかな?」…

更新日:2020-07-20

SMBCモビットで借り入れまでをスムーズに! 申し込みからの流れ

「SMBCモビットってどんな借入方法があるんだろう?」 「

更新日:2020-07-16

SMBCモビットは学生でも利用できる?SMBCモビットの基本情報と注意点

「SMBCモビットは学生でも利用できるみたいだけど、返済は大変?」…

更新日:2020-07-16