更新日:2020-04-20

アコムの金利はいくら? 無利息キャンペーンを活用してお得に借りよう

アコムの金利って、実際にいくらかかるの?
10万円借りたら、いつまでに、いくら返せばいいの?

初めてカードローンを利用するときは、誰でも不安になるもの。金利の数字を見ても、実際にいくら金利を払う必要があるのかはイメージしにくいですよね。

この記事では、アコムの金利について詳しく解説します。お得に借りる方法や無利息キャンペーンの紹介もしているので、ぜひ参考にしてください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:矢野 翔一

監修者

有限会社アローフィールド代表取締役社長

矢野 翔一

やの しょういち

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

アコムの金利

アコムの公式ホームページによると、アコムの貸付利率(金利)は年3.0%~18.0% となっています。年3.0%~18.0%の中で、どの金利が適用されるかは、申込者の契約極度額によって異なるので注意が必要です。

契約極度額とは、借り入れできる限度額のことで、各契約極度額で適用される金利は以下のとおりです。

アコムの契約極度額別の適用金利

契約極度額 適用金利
501~800万円 年3.0~4.7%
301~500万円 年4.7~7.7%
100~300万円 年7.7~15.0%
1~99万円 年7.7~18.0%

契約極度額が高くなると適用金利が低くなるため、契約極度額を高くしたいと考える方も多いと思いますが、これは利用者が自由に決められるものではありません。カードローンの審査結果によって契約極度額が異なるということを覚えておきましょう。

アコムの金利をシミュレーションしてみよう

利息とは、借入を行ったアコムに対価として一定の割合で支払われる金銭です。金利とは、利息がどの程度の割合で支払われるのかを表したものです。

貸付金利をパーセンテージで表示されても、具体的に返済額がどのくらいになるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

アコムの利息は、以下の計算方法で算出できます。

利息=借入残高×借入利率(実質年利)÷365日×利用日数

一時的な金欠を補うためにお金を借りたものの、こんなに利息が付くとは知らなかったなど、トラブルになることを未然に防ぐためにも、どのくらい利息が付くのか知っておくことが重要です。どのくらいの利息を支払うのかシミュレーションを行ってみましょう。

10万円を1ヶ月借りた場合

10万円を借入利率年18.0%、1ヶ月で返済した場合における利息は1500円となっており、返済総額は10万1500円です。

借入利率年18.0%の最大返済回数は46回となっており、46回に分けて返済を行った場合の毎月の返済額は3025円です。利息だけで3万9132円、返済総額13万9132円と大幅に増えるので、なるべく少ない回数で返済した方がよいといえるでしょう。

30万円・50万円を1ヶ月借りた場合

30万円と50万円でも1ヶ月借りた場合のシミュレーションを行うと、返済総額の結果は以下のようになりました。

返済回数別の合計返済額

借入金額 1ヶ月返済(1回返済) 46回返済
30万円 30万4500円 41万7443円
50万円 50万7500円 69万5756円

どちらも1ヶ月返済であればそこまで利息が大きくなりませんが、返済期間が長くなると利息だけで10万円以上支払わなくてはなりません。このように、借りた金額が大きいと上乗せされる利息も増えるため、借り過ぎには十分に注意が必要です。

いくら借りた場合にいくらの返済額になるかわからずに不安を感じている人は、アコムの返済シミュレーションを利用してみましょう。

【アコム公式】ご返済シミュレーション

アコムの金利は他のカードローンより高い?安い?

消費者金融が提供するカードローンの金利は、住宅ローンやマイカーローンの金利よりも高く設定されています。アコムの金利は、その中でも他のカードローンと比べると安いのでしょうか、それとも高いのでしょうか。

返済総額を少しでも抑えたい場合は、少しでも金利が低いカードローンを申し込むことが重要です。代表的なカードローンであるプロミス、アイフルの金利と比較してみましょう。

カードローン別金利比較

カードローン 金利
アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%

プロミスとの比較

プロミスの借入利率は年4.5%~17.8%となっており、借入の条件に応じて、適用される借入利率は変動します。

最高利率はアコムより低く設定されていますが、最低利率はアコムの方が低く設定されています

プロミスの公式ホームページで公開されているシミュレーションを利用して、10万円を借入利率年17.8%、1ヶ月で返済した場合における利息を計算すると1463円となります。

そこまで大きな差ではありませんが、借入金額が大きくなる、返済期間が長くなった場合は利息の差が大きくなるため、どの程度の借入利率が適用されるか確認してから申し込みましょう。

アイフルとの比較

アイフルの利息の借入利率は年3.0%~18.0%となっており、借入の条件に応じて適用される借入利率は変動します。借入利率の範囲はアコムと全く同じです。

アイフルの公式ホームページで公開されているシミュレーションを利用して、10万円を借入利率年18.0%、1ヶ月で返済した場合の利息を計算すると2000円です。

金利はアコムと同じであるものの、シミュレーション結果では500円の差が生じました。アイフルは、支払期日ごとの返済金額が借入直後残高に応じて決定される借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用しており、その結果、500円の差が生じたと考えられます。なお、アコムは定率リボルビング方式、プロミスは残高スライド元利定額返済方式が採用されています。

同じ利率でも返済方式ごとに、返済総額が異なるケースもあるのでしっかり確認してから申し込みましょう。

利息を安くするためにできること

アコムで一時的にお金を借りる方の中には、何とか利息を安く抑えたいと考えている方が多いと思います。利息を安く抑えるための方法として以下の2つが挙げられます。

  • 一括返済
  • 繰り上げ返済

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

一括返済

一括返済とは、インターネット返済、店頭窓口や銀行口座への振り込み、提携先もしくはアコム専用ATMで返済残高全額を一括で返済する方法です。

利用日数を大幅に短縮できるため、その分の利息を減らすことが可能です。ただし、ATMを使った返済では、1000円単位の返済しかできないため、端数が生じる可能性があります。端数を生じさせないためには、他の手段を使った方がよいといえるでしょう。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、あらかじめ決められた返済額以上に返済することで返済残高(元金)を減らす方法です。

一括返済は残高によっては負担が大きくなりますが、繰り上げ返済は自分で追加の金額を決めることができます。利息を抑える効果は一括返済よりも小さいですが、無理なく返済に取り組めるでしょう。

無利息キャンペーンを上手に活用しよう

アコムの利用が初めての方の場合には、無利息キャンペーンを利用することで、利息を安く抑えることが可能です。

契約の翌日から最大30日間無利息なので、その間に返済が完了した場合には利息なしでお金を借りることができます。ただし、「お金を借りた翌日から最大30日」ではなく「契約の翌日から最大30日」という点に注意が必要です。

期間を超えた場合は、残高に対して通常の貸付利率が適用されるので注意しましょう。

アコムの返済サイクルについて

アコムでお金を借りた場合、どのようなペースで返済すればいいのか気になっている方も多いと思います。アコムの返済サイクルは以下の2つです。

  • 35日ごと
  • 毎月指定期日

それぞれの返済サイクルについて詳しく見ていきましょう。

35日ごと

35日ごとの返済を選択すると、最初の返済期日は借入日の翌日から35日後になります。2回目以降の返済期日は返済日の翌日から35日後です。

追加借入を行えば返済期日が延長されると考えた方もいるかもしれませんが、返済期日は延長されません。従来の返済期日に基づいて返済を行わなくてはならないので注意が必要です。

毎月指定期日

毎月指定期日の返済を選択すると、利用者が希望した毎月の指定日が返済期日になります。35日ごとの場合だと毎月返済日が変わるため忘れてしまいそうという方は、毎月指定期日を選んだ方が安心です。

ただし、毎月指定期日を選んだうえで返済期日より15日以上前に入金すると、前月の追加入金扱いになります。その場合は、再度入金しなければ返済が行われなかったことになるので注意が必要です。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

この記事のまとめ

一時的な金欠に陥った際には、カードローンを利用したいと考える方が多いと思いますが、どのくらいの利息が付くのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

アコムの金利は、プロミスやアイフルといった他のカードローンの金利と比べても大きな差はないため、安心して利用できます。

利用期間が長い、借入金額が大きくなると、利息が加算されて返済総額が増えるので注意が必要です。利用する際は計画的に利用する、またアコムでは最大30日間無利息キャンペーンを導入しているのでその期間内に返済するなど、上手に利息を抑えながら利用しましょう。

監修者画像:矢野 翔一

監修者

有限会社アローフィールド代表取締役社長

矢野 翔一

やの しょういち

関西学院大学法学部法律学科卒業。数々の保有資格を活かしながら、学習塾、不動産業務を手掛ける。また、暮らしやお金のアドバイザーとして、引越しや住宅ローンといった暮らしやお金の悩みに対してアドバイスを行う

保有資格

宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP)

関連記事

アイフルは収入証明書を提出しなくていいって本当? 条件はある?

「アイフルで今すぐお金を借りたいけど、収入証明書は絶対に必要なの?」…

更新日:2020-07-31

アコムの審査には電話確認がある?バレないためのポイントを解説

「今すぐお金を借りたいけど、家族や会社には絶対にバレたくない!」

更新日:2020-07-27

はじめての人がアコムでお金を借りる3つの理由

「お金を借りたいんだけど、CMでよく見かけるアコムってどうなのかな?」…

更新日:2020-07-20

SMBCモビットで借り入れまでをスムーズに! 申し込みからの流れ

「SMBCモビットってどんな借入方法があるんだろう?」 「

更新日:2020-07-16

SMBCモビットは学生でも利用できる?SMBCモビットの基本情報と注意点

「SMBCモビットは学生でも利用できるみたいだけど、返済は大変?」…

更新日:2020-07-16