葬儀社の互助会って本当にお得なの?

自宅や職場に「互助会に入りませんか?」という勧誘の人が来たことありませんか?

そもそも互助会とは何なのでしょうか? 互助会に加入していれば本当に葬儀費用が割安になるのでしょうか?

互助会は本当に必要?

現代、葬儀を行う人の4割が互助会システムを利用しているというアンケート調査結果を見たことがあります。

それほど日本人には馴染みの深い互助会システムですが、実際に互助会で葬儀を出すとどれほど安くなるのでしょうか?

そもそも互助会って何?

互助会というシステムの存在すら知らないという人もいると思いますので、簡単に説明しておきます。

この互助会とは、毎月一定の金額を積み立てておくことで、葬式や結婚式など多額の費用が発生する行事に備えることができる積立と相互扶助が組み合わさったシステムだと思ってください。

互助会の歴史は以外に古く、戦後まもなく発足しており、日本全国に広がりました。 すごく解りやすく説明すると、互助会に加入している人たちで葬儀や結婚式の会場費や設備費を出し合って購入していることになり、その分費用を抑えることができるシステムだと思ってください。

例えば葬儀に150万円掛かったとします。 しかし、互助会に加入していることで会員割引が利用でき、さらには積立金を充当することができるので、手出し費用は半額程度で済んでしまうという考え方です。 もっと身近なところで例えるならば、生協や農協の組合員と同じようなシステムだと思ってください。

互助会のイメージ

私の個人的な意見になってしまいますが、私は互助会にあまり良いイメージを持っていませんでした。 理由は強引な勧誘です。 自宅への電話勧誘、職場に営業マンが来ての勧誘が本当に強引だったし、こちらが質問しても知識が薄いのか、全然回答することさえ出来ない人が営業マンだったので、信用していなかったのです。

ネットで検索すれば、わかると思いますが互助会のトラブルはビックリするほど多いです。 勧誘に関わるトラブルもそうですが、葬儀費用や退会のトラブルなども目立ちます。

互助会というシステムそのものが悪い精度だとは思いませんが、実際にこれだけ価格競争が激しくなった現在に、はたして互助会が必要なのか? また、互助会で本当に割安な葬儀を出せるのか疑問を持っていないと言ったらウソになります。

実際に互助会に加入している人の多くが、 「互助会に入っていれば葬儀費用が安くなるんでしょ?」 とか 「互助会に入っているから葬儀費用が半額になるんだよね?」 くらいの知識で加入している人が多いのではないでしょうか?

実際にどの部分がどれほど安くなり、どの部分が互助会で賄えるのかをキチンと理解している人は少ないように思います。

その結果、実際に葬儀を出す段階になり、 「聞いていた話と違う」 だったり、 「自分が想像していたよりも費用が高かった」 という苦情やトラブルが発生するのだと思います。

互助会に加入しているけど・・・

これまで互助会の悪いイメージばかりを話してきましたが、実を言うと私の家族も仕事上の付き合いで互助会に加入しています。 ですので、昨夏に父親を亡くしたときは、その互助会に入った葬儀社で葬儀を出そうと思っていたのですが、近所の葬儀社やネットの格安葬儀社と比較したところ、なんと互助会の葬儀社が一番費用が高かったのです。

結局、一番近所にある葬儀社にお願いすることにしたのですが、同じ規模の葬儀で見積りを出してもらったところ、互助会に加入している葬儀社では124万円から割引があり、総額91万円ほどでした。 そして近所の葬儀社にも同じ規模の見積りを出してもらったのですが、こちらは総額72万です。

最終的には、多少の追加費用が発生してしまい、少し追加金が掛かったのですが、それでも互助会の葬儀社よりも安く葬儀を出すことができた上に、葬儀社の対応にも満足できました。

ネットなどで大々的に格安葬儀社が宣伝を始めていることもあり、最近は葬儀業界も価格競争の余波を受けています。 そのため互助会というシステム自体があまり魅力を感じなくなっているのは事実だと思います。

この記事のまとめ

互助会というシステムが昔ほど魅力を感じなくなったのは事実だと思います。

最近ではインターネットの普及により格安葬儀社を簡単に見つけることが出来るようになりましたし、イオンなどの大手会社も格安葬儀を参入している時代です。 信頼と低価格の両方を得ることができる葬儀社があるのですから、互助会というシステムに魅力を感じなくなるのは仕方ありません。


低価格の葬儀社よりも、さらに価格面で優遇されるのでしたら、互助会システムを利用する価値は十分にあると思いますが、費用面で魅力を感じることは私はありませんでした。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

お葬式の費用、相場はいくら?葬式費用は4種類に分けられる!

お葬式の費用というのは、実際に自分の身内が亡くならないと詳しく知る機会はないでしょう。 私…

【体験談】貯蓄がない家のお葬式

私は2014年の夏に父親を亡くしたのですが、正直蓄えもなく、葬儀代の心配がずっとありました。 …

ネットの格安葬儀は安いの?各葬儀社を比較!利用するメリットは?

「イオンのお葬式」や「小さなお葬式」など、ネットで検索すると格安葬儀が数多くヒットします。 …

葬儀後に「戻ってくるお金」と「出て行くお金」の話。葬儀後の手続…

2014年の夏に父親が他界したため、実際に葬儀を出した経験から、葬儀後の各種手続きやお金の話を少しし…

家族葬、一日葬とは?葬儀費用は、どれくらい抑えることができるの?

最近は核家族化が進んでおり、葬式の形態も昔と比べてずいぶんと変わってきているようです。 最近急増…