【体験談】貯蓄がない家のお葬式

私は2014年の夏に父親を亡くしたのですが、正直蓄えもなく、葬儀代の心配がずっとありました。
私と同じように蓄えが少なく、両親の葬儀代などに不安を抱えている人も多いと思いますので、私の体験談が少しでも参考になればと思い、この記事を書くことにしました。

父親の葬儀を行い、私が感じたこと

父親の治療が長期渡り、数回の手術や入退院を繰り返したことで、貯蓄はほとんど底をついている状態であり、医者からは余命1ヶ月と告げられていたので、あらかじめ葬儀社などを数社回って話を聞いたり、ネットで話題の格安葬儀などにも電話をかけ、詳しく説明を受けたりもしました。

そして結果として、自分でも納得のいく形で父親を無事送ってあげることが出来たのではないかと思っています。

葬儀社で話を聞いた結果

まず第一に考えたのが、どれくらいの費用で葬儀を出すことが出来るのか?という不安でした。

医者からは持っても1ヶ月と言われていたので、父親の看病などと並行する形で葬儀の準備を始めることができたのは、今思えばすごく良かったと思っています。

交通事故などのように突発的な死であれば、このような形で葬儀の準備を始めることは出来なかったでしょう。

数件の葬儀社に相談をした結果、本当に金額はバラバラでしたね。
こちらとしては希望する内容は同じで、
「低予算、通夜と告別式は行いたい、お坊さんの菩提寺が無いので紹介して欲しい、参列者はおおよそ50名から60名くらい」
ということを伝えました。

私が住んでいる街に昔からある老舗の葬儀社に相談をした結果、見積り予算はおおよそ100万~120万ほど、一番近所にある比較的新しく出来た小規模の葬儀社に相談した結果、おおよその見積り額は80万弱だと言われました。

そして、ネットで格安葬儀を宣伝している「イオンのお葬式」と「小さなお葬式」にも電話の無料相談をしたのですが、やはり希望する斎場が利用不可という回答だったので、断念することにしました。

ちなみに希望する斎場が利用可能だった場合の費用としては、50名くらいの飲食費と寺院へのお布施を含めると70万~80万くらいだと言われました。

結果、近隣の小規模葬儀社へ依頼

私の父親は長年自営で飲食店をしていたのですが、数年前に店も辞めていたので、葬儀の参列者は父母方の親族、町内会の近隣住民、そして私の友人などを想定していました。
ざっと計算しても親族10名~15名、町内住民10名~20名、私の友人と会社関係者10名~20名くらいだと考えていましたので、最小で30名弱、最大でも60名弱です。

結果この計算はそう大きく間違ってはいなくて、参列者の合計は通夜と告別式をあわせて75名ほどでした。
多少増えた要因は、思っていたよりも近隣住民の方が参列してくれたことにあります。
実際にはほとんど付き合いがなかった近隣住民の方でも、やはりご年配の方などは同じ町内というだけで参列してくれる人が想定していたよりも多かったということです。

ですので、近隣住民の方が来てくれる通夜の参列者が58名、告別式が34名くらいでした。この中には親族など通夜と告別式両方出席してくれた人も含まれています。

つまり、このくらいの参列者を想定しているのであれば、地元密着の小規模葬儀社でも十分対応可能です。
その結果、自宅から徒歩圏内にある葬儀社に依頼することになったのですが、決め手は料金が明瞭だったこと、そして自宅から近いこともあり、近隣住民の方が徒歩で来ていただけることでした。

実際に掛かった葬儀費用

葬儀の総費用は私が想像していたよりも少しだけオーバーしてしまうことになったのですが、実際には想定してよりも手出し金は少なくて済みました。

理由は予想していたよりも多くの参列者に来ていただいたことで、香典が多く集ったからです。

実際に葬儀費用と御香典

色々な葬儀社に話を聞いて回ったので、葬儀本番前にはある程度の予算を自分なりに想定することができるまでになっていました。
私が葬儀前に想定していた予算は以下の通りです。

■予想していた葬儀費用の内訳
・葬儀費用・・・50万~60万円(霊柩車や斎場費など全て含んだプラン)
・飲食費用・・・5万~7万円
・お布施額・・・15万円
・香典額・・・50名参列で30万円程度
想定葬儀費用の合計・・・70万円~82万円(香典から差し引いた手出し想定金額40万~50万円)

■実際に掛かった葬儀費用の内訳

・葬儀費用・・・62万円
※55万円のコース+追加発注した会葬返礼品30個分、追加注文したお花代や灯篭代など
・飲食費用・・・8万円
※通夜は5,000円のお寿司4つ、3000円のオードブル4つ、ビール、ジュース代など、告別式当日の朝食と火葬場での昼食仕出しなど
・お布施額・・・17万円
※通夜、告別式の読経料+戒名料12万円、初七日2万、四十九日3万
・香典額・・・75名参列で63万、後日自宅へ来訪頂いた方6名で4万の合計67万円
実際の葬儀費用合計・・・87万円(香典から差し引いた手出し金額24万円)

実際に自分が葬儀を出して思ったこと

私が実際に父親の葬儀を出して思った正直な感想は、思ったよりも参列者が多かったこと、そしてご香典に包まれている額が予想以上に多かったことにビックリしました。
私は友人の親の葬儀などに参列しても3000円から5000円ほどしか包んだことがなかったのですが、友人の中には1万円包んでくれる人も多かったし、何よりも親戚からの香典額が多いことにビックリしました。

父方の親族はほぼ2万円以上、母方の親族も1万~2万包んでいてくれたので、参列してくれた親族は少なかったのですが、それでも費用面で大きく助けてもらうことができました。

さらにご近所の人が本当に多く参列してくれたことにも感謝しております。
私の家は10年ほど前に引っ越してきたので、そんなに古くからお付き合いがある人は近所にいなかったのですが、それでも多くの方に参列していただき、そして以前住んでいた地域の方も新聞のおくやみ欄を見て、わざわざご焼香を上げに来てくれました。

そして一番言いたいのが、寺院へのお布施についてです。
先ほどもいったように引っ越してきたので、菩提寺を持つこともなく今まで過ごしてきたのですが、葬儀社に紹介されたお寺に事前に相談しに行ったのが良かったのか、僧侶の方に事情を話すと「お布施は0円でも1万円でも構いません。自分の生活を苦しくしてまでお布施をする必要は無いんですよ」と言って頂けたので、それで気持ちが楽になったし、素直に「お布施は戒名代を含めても10万円ほどしかお支払いできませんがお願いできますか?」と伝えることができ、事前にそれでOKを貰えていました。

結局は、思っていたよりもご香典が多く集ったので、少しですが伝えていた金額よりも多くお布施を渡すことができましたし、初七日も四十九日も気持ちよくお経を上げていただくことができました。

~記事のまとめ~

私の家のように、事前に死期を告げられることがあるとは限りませんが、それでも葬儀の準備を日頃からしておくことが重要なのだと思いました。

もしものときに何処の葬儀社にお願いするのか?
お寺の手配をどうするのか?
お布施の額はいくらほど必要か?
だいたい何人くらいの参列者に来ていただけるのか?

それらを家族で話し合っておくことを強くおすすめします。

そうすることで、突発的なお葬式にも慌てずに対応できるのだと思います。

実際に数ヶ月前に葬儀を出したからこそ言えるのですが、お葬式を出すにあたり、一番重要なことは事前に何処まで準備をしておくことが出来るかだと思います。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

お葬式の費用、相場はいくら?葬式費用は4種類に分けられる!

お葬式の費用というのは、実際に自分の身内が亡くならないと詳しく知る機会はないでしょう。 私…

ネットの格安葬儀は安いの?各葬儀社を比較!利用するメリットは?

「イオンのお葬式」や「小さなお葬式」など、ネットで検索すると格安葬儀が数多くヒットします。 …

葬儀後に「戻ってくるお金」と「出て行くお金」の話。葬儀後の手続…

2014年の夏に父親が他界したため、実際に葬儀を出した経験から、葬儀後の各種手続きやお金の話を少しし…

葬儀社の互助会って本当にお得なの?

自宅や職場に「互助会に入りませんか?」という勧誘の人が来たことありませんか? そもそも互…

家族葬、一日葬とは?葬儀費用は、どれくらい抑えることができるの?

最近は核家族化が進んでおり、葬式の形態も昔と比べてずいぶんと変わってきているようです。 最近急増…