パート主婦と専業主婦は銀行カードローン/キャッシングどちらおすすめ?

実はたくさんの主婦が利用中のカードローン!

キャッシングやカードローンに申し込みたいけれど、定職に就いていないから申し込んでも無理だろうと思っている主婦の人はQ&Aの多さからも案外多いのではないでしょうか。

主婦といっても
・旦那様の収入のみの「専業主婦」
・パートなどの収入のある「主婦」
では全然ローン審査で関して変わってきます。

正社員でないとしてもパートやアルバイトで決まった収入を得ている場合は、カードローンやキャッシングの審査が寛容です。

利用規約でも、パートOKとしているカードローンがほとんどです。

審査の条件として収入額に関しても制限が設けられているわけではありませんから、何の心配もなく申し込んでもらって問題ありませんよ。

ですが消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンでは若干申し込みや利用条件にも差があります。

それでは上手に借り入れしてもらうためにも、今回はその点について詳しく説明していくことにしましょう。

「消費者金融」のキャッシングを主婦が利用する

消費者金融は貸金業者!

ですので消費者金融のキャッシングは総量規制という貸金業法を遵守した経営を遵守しなければなりません。

総量規制とは、貸金業者にたいして年収の3分の1以上の貸し付けを禁じた法律です。

収入の少ないパート主婦がキャッシングに申し込んだ場合、審査に通って利用できたとしても、その利用限度額はかなり低いものに設定されることが予測されます。

パートによる年収
年収50万円=16万6666円の借り入れ上限(法律上)

年収12万円=4万円の借り入れを超えることはできません。

利用限度額は年収だけでなく、その他の審査基準も影響してきます。

必ず年収の3分1の満額がローンの上限に設定されるとは限らないので、注意しないといけないですが、働いているというだけで専業主婦よりも審査の通過では問題がなくなりプラスの条件となりますので、一時的な生活費の補てんなどで主婦のキャッシング、主婦のカードローンというローン商品の利用している主婦の方は実は非常に多いんですよ!

「銀行」カードローンを主婦が利用する

消費者金融のキャッシングに対して、銀行のカードローンは総量規制の影響を受けません。

その理由は銀行が貸金業ではないために貸金業法である総量規制の範疇にないからです。

貸金業者としているのがクレジットカード会社と消費者金融です。

実は主婦の申込でお勧めなのが銀行カードローン

収入が少ないことが予測されるパート主婦はキャッシングよりも銀行のカードローンの方が良い条件で限度額設定が行われる可能性が高いと言えるでしょう。

それに銀行ならではの低金利で利用できるという点も見逃すことはできません。

また、銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用できるところもあります。

主婦にとってはキャッシングよりも銀行カードローンの方が申し込みや利用のおいて門戸が広く設定されていると考えられるのです。

利用条件もキャッシングよりも期待でき、かつ銀行という安心ブランドが利用できるのですから、収入の少ない主婦の人が申し込むのならば、銀行のカードローンの方がメリットが高い商品であることは疑う余地はないというわけですね。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

自営業・個人事業主がカードローンでお金を借りる時の2つの注意点

自営業を営む方が借入審査に通りづらいのは本当でしょうか。気になるポイントや注意点をお伝えします。…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

派遣がお金を借りるときのテクニックとおすすめのカードローン4選

「派遣社員でも金融機関からお金を借りられるのかな?」 「

キャッシングのための必要な書類は2つだけ!書類提出時の3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……