更新日:2020-06-30

延滞中に追加でお金を借りたい!延滞した場合の対処法を解説

返済期日が迫っているけど、お金がなくて延滞になりそう!
延滞中だけど、生活費がピンチ!追加で借りることはできるのかな?
延滞してしまった分だけでも、どこかで借りて返済してしまいたい

延滞を起こしたなら、1日でも早く返済するべき。しかし、延滞は返せるお金がないから起こしてしまうもの。延滞を解消するには新たな借入が必要だ、というのが本音ではないでしょうか。

しかし、延滞中は、カードローンの追加借入はできません。別のカードローンを新規で利用するにも、審査に通るかが心配。そこで今回は、カードローンの延滞中にお金を借りる場合、審査などでどういった点に気をつければよいかを解説していきます。

この記事で伝えたいこと

  • カードローンの返済を延滞すると、利用しているカードローンの追加借入ができなくなる
  • 延滞日数に応じて遅延損害金が発生する
  • 延滞記録は信用情報に記録される。延滞期間が長いほど審査が厳しくなる
  • 遅延が61日以上になると、どんな審査にも通らなくなる

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

プロミス

  • 原則24時間振込も可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので、家族などに知られることなく、借り入れが可能です。

カードローンを延滞すると遅延損害金が発生!追加借入ができなくなる

カードローンには、約定返済という「指定された期間内に、指定された額の返済を行わないといけない」というルールが設けられています。そして、約定返済で決められた返済日を過ぎても返済できなかった場合、延滞と見なされます

返済を延滞した場合、まずは以下の2つのことが発生します。

  1. 返済を延滞してしまったカードローンの追加借入ができなくなる
  2. 遅延損害金が発生する

「約束を守れずに返済できなかったけど、追加でお金を貸して」というのは、無理な相談。これはカードローンも同じです。追加でお金を借りたいならば、まずは延滞している分を返済する必要があります。返済するまでは、カードローンは利用停止となり、追加借入ができません。

遅延損害金とは、返済が遅れたことに対するペナルティーのこと。金融機関によって異なりますが、おおよそ返済残金に対して金利年20.0%程度に相当する金額が、遅延日数分だけ上乗せになります。延滞分の返済時に、もともと返済額に遅延損害金を上乗せした金額を支払わなければなりません

遅延損害金は、以下の計算式で求められます。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金=借入残金×遅延損害金年率÷365日(※)×遅延日数

※うるう年は366日

例えば、借入残高が30万円、遅延損害金の利率が年20.0%、延滞に遅れてしまった日数が5日間だった場合で、遅延損害金がいくらになるか計算してみました。
この条件を計算式に当てはめると、

遅延損害金=30万×0.200÷365×5≒822

となり、遅延損害金は822円になる、とわかります。

借入残金にもよりますが、数日程度なら少額で済んでも、遅延日数が増えればその分、遅延損害金もどんどん増えていきます。遅延に気が付いたら1日でも早く返済を行いましょう。

延滞中は新規のカードローン審査に通りにくくなる可能性がある

前述した通り、カードローンを延滞したら、遅延損害金を加えて返済しないと追加借入は行えません。そのため、「遅れているカードローンの返済をするため、ほかのカードローンを新規で契約できないか?」と考える人もいると思います。
しかし、延滞中に新規のカードローンを申し込んでも審査に通りにくいので注意が必要です。

カードローンの利用状況は、信用情報によって金融機関の間で共有されています
信用情報とは、クレジットやローンに関する取引を登録した個人情報のこと。カードローンの借入残高や毎月の返済実績も記録されているので、カードローンで延滞をすれば、その事実も信用情報に登録される、ということです。

信用情報は、カードローンの審査で必ず確認されます。延滞実績が数日程度なら審査に大きな影響はありませんが、延滞を何度も繰り返したり、延滞が長期化したりすると、審査への影響はどんどん大きくなります。
また、延滞中のまま返済が済んでいなければ「この人は、他社のカードローンの返済が行えないほどお金に困っている」と判断され、審査に通過する可能性は下がります。

信用情報の返済実績が更新されるのは、原則月に1回とされています。「更新前に、ほかのカードローンに新規申込を行えれば、審査に影響がない?」と思う人もいるかもしれませんが、原則月に1回とされる更新タイミングがいつかは明かにされていません。

いずれにしても、カードローンに新規申込をするなら、延滞日数ができるだけ少ないうちに行う方がよいと考えられます。審査結果が出るのが早い、大手消費者金融のカードローンから検討してみるとよいでしょう。

延滞日数が61日以上で信用情報がブラックに!

延滞日数が61日以上になってしまうと、信用情報に、長期延滞をしてしまった事実が登録されます。これが、いわゆる「ブラックリストに載る」という状況。こうなると、カードローンをはじめ、住宅ローンや教育ローンなど、あらゆるローンの審査に通らなくなってしまいます。

長期延滞をしてしまったことは、延滞分の返済が完了してから5年間程度消えません

延滞日数が61日未満であれば、信用情報に延滞履歴は記録されますが、支払いが終わっていれば長期延滞としては登録されません。審査に影響は出るでしょうが「どこに申し込んでも落ちてしまう」ということにはなりません。延滞を起こしたなら、60日は一つのライン。この間に、延滞を解消するようにしましょう。

闇金は絶対にNG!公的機関からの融資を検討しよう

信用情報に長期延滞したことが登録されると、銀行や消費者金融にかかわらず、カードローンの審査には通りません。返済が滞ったカードローンはもちろん、ほかに利用しているカードローンも利用停止になってしまいます。

それでも、どうしてもお金を借りたいという人は、「ブラックOK」などをうたう金融機関の広告を目にするかもしれません。しかし、この広告は違法金融業者の可能性が高く、絶対に利用してはいけません

違法金融業者は「低利」「無担保」「誰でも」などとハードルを下げたうたい文句で集客しますが、一度でも利用してしまうと、法外な金利を請求されるばかりか、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。違法金融業者と完全に縁を切るには、司法書士や弁護士の力を借りる必要も出てきます。

どのカードローンの審査にも通らない。それでもお金を借りないといけない」そんな人は、違法金融業者ではなく公的機関が運営している「生活福祉資金貸付制度」の利用を検討しましょう。

生活福祉資金貸付制度とは、「低所得者世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」などを対象に、厚生労働省が行っている貸付制度のことです。原則、連帯保証人が必要になりますが、無利息でお金を借りることができます。連帯保証人がどうしても立てられない場合は、年1.5%の利息がかかりますが、借入自体は行うことができます。
生活福祉資金貸付制度は、最寄りの都道府県、市区町村の社会福祉協議会で受付を行っていますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

  • 返済遅延があるとカードローンの新規申込は通りにくい
  • 延滞期間が長いほど新規の借入申込は厳しくなる
  • 支払い延滞が61日を超えるとブラックになり、5年程度金融機関を利用できなくなる
  • 「ブラックOK」などとうたう闇金には絶対に手を出してはいけない
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

関連記事

派遣社員・バイトがお金を借りるなら?カードローンがおすすめな理由

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」…

更新日:2020-09-07

信用金庫からお金を借りることはできる?銀行との違いやローンを解説

「信用金庫からお金を借りることって、個人でもできるの?」 「銀行との違いは?ローンにはど…

更新日:2020-08-20

生活費が不安な年金受給者の人必見!お金を借りる方法2選

「年金しか収入がなくても、お金を借りることってできるの?」 …

更新日:2020-08-20

クレジットカードでお金を借りるとは?キャッシング枠を利用するメ…

「クレジットカードでお金を借りるってどういうこと?」

更新日:2020-08-20

60歳以上でもカードローンの審査に通るの?

「もうすぐ60歳で、定年だけどカードローンに申し込んでも大丈夫かな…」 …

更新日:2020-08-19