更新日:2020-07-17

10万円借りるのにおすすめの方法は?

今月は支払いやイベントが重なったのでまとまったお金が借りられると助かる…」 「10万円借りると月々の返済額や利息はどれくらいになるの?

この記事では、今すぐ10万円が必要な人、できるだけ金利を抑えて10万円を借りて無理なく返済したいなどと考えている人に向けて、10万円を借りる際に検討して欲しいカードローンを紹介しています。

また、10万円単位のまとまった金額を借りるとなると、返済期間や利息金額についても気になるものです。

10万円借りた際にどれくらいの利息が発生するのかなども解説しているので、返済計画を立てる際の参考にしてみてください。

即日借りるなら消費者金融・金利を抑えるなら銀行のカードローン

  • 大手消費者金融のカードローンなら即日10万円借りられる可能性がある
  • 銀行のカードローンなら消費者金融よりも金利を抑えることができる
  • 10万円を借りた場合返済に1年前後かかることを想定しておく
  • 消費者金融のカードローンで10万円を1年で返済した時の利息は約1万円
  • 無職やブラックリストの人はカードローンを利用することはできない

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

《Web申込も可能なカードローン》

プロミス

  • Web申込すると最短1時間融資も可能
  • はじめての人は最大30日間利息0円(※1)
  • 月々の返済額は4,000円~(※2)

三菱UFJ銀行カードローン

  • 年1.8%~14.6%と、銀行ならではの金利
  • 月々の返済額は1,000円~(※2)
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能

※1)メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2)返済額は借入額によります。

即日10万円借りるなら大手消費者金融のカードローン

10万円単位でお金が必要なシーンでは、以下のような状況が考えられます。

10万円借りたい理由や状況

  • 給料日まで1週間以上あるが生活費が足りない
  • 冠婚葬祭や旅行などのイベントが重なった
  • 欲しいものがあるが今の給料では買うことができない
  • 今月分の家賃の支払いができない
  • できるだけ早くお金を借りたい
  • 家族や知人に頼める金額ではないので金融機関の利用を検討している
  • すぐに返済できる金額ではないので金利を抑えたい

このように、10万円単位のお金を借りるとなると、家族や知人に頼んで借りるにはそれなりの理由が必要です。

金融機関から借りるとしても、1,2か月で返済できるような金額ではないので支払い利息も気になるでしょう。

それでも、必要な支払いや日々の生活費などのためにはできるだけ早くお金を借りたい場合に、どこからお金を借りたらよいのでしょうか?

このように、即日10万円が必要な場合には、カードローンの中でも、大手消費者金融のカードローンを利用するとよいです。大手消費者金融のカードローンが10万円の借入に向いている理由は次のようになっています。

大手消費者金融のカードローンが10万円の借入に向いている理由

  • 即日融資が可能なので借入を急いでいる人に向いている
  • Web完結なら周囲にバレにくい
  • 無利息サービスを利用することで利息を抑えることができる

それぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

(1)即日融資が可能なので借入を急いでいる人に向いている

大手消費者金融のカードローンは、審査時間が短いのが特徴で、申込から融資が実行されるまで最短1時間で対応してもらえることがあります。

主な消費者金融のカードローンの審査、融資までの時間は以下のようになっています。

カードローンの審査・融資時間比較

カードローン 上の見出し 融資時間
プロミス 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある) 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
レイクALSA 最短15秒 最短60分

(2)Web完結なら周囲にバレにくい

大手消費者金融のカードローンでは、Webだけで申込に必要なすべての手続きが完結することがあります。このWeb完結で手続きを行えば、周囲にバレずに借入を進めることが可能です。

Web完結の特徴

  • Web上で申込手続きが完了する
  • 郵送物がない
  • カードレスで借入返済ができる(スマホアプリ等が使える)

通常、カードローンを契約すると、契約書類や利用明細、借入に必要なローンカードなどが自宅に郵送されてきます。

このような郵送物がきっかけで、同居している家族にカードローンの利用がバレてしまうことも少なくありません。

しかし、大手消費者金融のカードローンはWeb上で申込手続きが完了するだけでなく、郵送物なしで対応してもらえるところもあるのです。

また、借入や返済もWeb上でできたり、専用のスマホアプリを使ってATMで取引できるカードローンもあります。

また、Web完結申込なら審査時に必要な在籍確認の電話もなしにできる消費者金融もあります。(各カードローンについては後ほど紹介します。)

(3)無利息サービスを利用することで利息を抑えることができる

単発的な借入の場合には、余計な利息が膨らむ前にお金を返すようにしましょう。

その際に、消費者金融のカードローンの無利息サービスを賢く使うのがおすすめです。

無利息サービスとは

初めての契約の人に限り、一定期間の借入に対する利息が0円になるサービス。契約日または利用開始日から30日前後の無利息期間が設定されていることが多い。

この無利息サービスは、一度だけ10万円を借りるつもりで契約する人にはお得なサービスです。

しかし、無利息サービスは、初めて契約した人が一度だけ利用することができるものです。すぐには経済状況の改善の見通しが立たず、10万円の借入が単発的なものではなく継続的にお金を借りる可能性のある人にはあまりメリットがないかもしれません。

また、1万円~5万円程度の借入であれば無利息期間中に全額返済できるかもしれませんが、10万円となると、無利息期間中に全額を返済するのは少し無理があるでしょう。

  • 10万円を借りた後も追加の借入の可能性がある
  • 10万円借りた後は長期的に無理なく返済したい

このように考えている人は、借入時の金利そのものを抑えることをおすすめします。

※金利を抑えて借入をする方法は後ほど詳しく説明します。

金利を抑えてお金を借りる方法はこちら

10万円借りる際に利用したい消費者金融のカードローン

大手消費者金融のカードローンであればどれを選んでも問題はありませんが、その中でも特に10万円借りるのに向いているカードローンをピックアップしました。

とにかく急いでいるならプロミス

プロミスは、申込から融資まで最短1時間で実行される可能性があります。

さらに振込融資の場合には、ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ジャパンネット銀行の5つが24時間365日振込対応を行っているのが特徴です。

また、通常、借入にはローンカードが必要で、受け取りのために自動契約機へ行くか郵送での受取を選択します。

しかし、プロミスではこのローンカードがなくてもスマホアプリがあれば借入ができます。(カードレス)

とにかく急ぎでお金が必要で、少しでも早く借りられる可能性を期待したいという人はプロミスを選ぶとよいでしょう。

プロミスの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
最短30分 最短1時間 9:00~21:00 24時間(土・日・祝を含む)
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
原則あり 対応 年4.5%~17.8% 1万円~500万円

※審査時間:審査にかかる時間の目安
※融資時間:申込から融資が実行されるまでの時間の目安
※審査回答時間:プロミスから審査通過可否の回答がある時間帯
※振込融資時間:振込による融資対応時間

プロミス

  • 原則24時間振込も可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので、家族などに知られることなく、借り入れが可能です。

Web申込で電話連絡なしのSMBCモビット

SMBCモビットは、Web完結申込なら電話連絡なしで審査を進めることが可能です。

※ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行の口座のうちいずれか1つを持っていること、社会保険証または組合保険証のどちらかを持っていることの両方を満たすことが条件です。

また、アイフルと同様にWeb申込後にフリーダイヤルに電話することで優先的に審査を受けることができるのも特徴です。

勤務先への在籍確認の電話連絡を避けたい人はSMBCモビットを検討するとよいでしょう。

SMBCモビットの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある) 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある) 9:00~21:00 原則24時間
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
Web完結申込ならなし 対応 年3.0%~18.0% 1万円~800万円

SMBCモビット

  • 最短即日融資も可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能

無利息サービスで選ぶならレイクALSA

レイクALSAも、ここまで紹介した3つのカードローンと同様に最短60分融資が可能で、カードレスでの借入も可能な便利なカードローンです。

とにかく早くお金を借りたい人にも向いていますが、無利息サービスを利用して金利を抑えたいという人に特に向いているでしょう。

通常、無利息期間は30日間であることが多いですが、レイクALSAでは以下の2つのパターンから無利息期間を選ぶことができます。

レイクALSAの無利息期間について

(1)Webで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用
※契約額が1~200万円の人が対象です。
※Web経由で申し込んだ人が対象です

(2)借入額5万円まで180日間無利息期間適用
※契約額が1~200万円の人が対象です。

※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。

借りた10万円を数か月かけて返済する場合、無利息期間が少しでも長いほうがよいでしょう。

レイクALSAの基本情報

審査時間 融資時間 審査回答時間 振込融資時間
最短15秒 最短60分 8:10~21:50 (第3日曜日のみ8:10~19:00) 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了 (審査・必要書類の確認含む)
在籍確認の有無 カードレス 金利 借入限度額
原則あり 対応 年4.5%~18.0% 1万円~500万円

レイクALSA

  • 初めての契約ならうれしい特典あり
  • Webで申し込むと60日間特典
  • 借入額5万円までなら180日間特典

金利を抑えて10万円借りたいなら銀行のカードローン

先ほども少し触れましたが、以下のような場合には借入金利を抑えることも検討しましょう。

借入金利を抑えるとよいケース

  • 10万円を借りた後も追加の借入の可能性がある
  • 10万円借りた後は長期的に無理なく返済したい

例えば、

  • 毎月の給料日を待たずに必ずお金が足りなくなる
  • 高額な出費があり長期的にお金を補填する必要がある
  • 一時的に休職、休業している

このような事情がある場合には、継続的な借入と、長期的な返済が考えられます。

少しでも返済負担を減らすために、消費者金融のカードローンではなく銀行のカードローンを利用して金利を抑えるという方法もあります。

銀行のカードローンの金利

消費者金融のカードローンと比較して、金利が低く設定されているのが銀行のカードローンのメリットです。

カードローンの金利比較

銀行のカードローン 消費者金融のカードローン
年1.8%~14.6%
※三菱UFJ銀行カードローンの場合
年4.5%~17.8%
※プロミスの場合

継続的な借入が予想される場合には、この金利の差によって支払い負担も変わってくるでしょう。

10万円借りた場合の利息金額の差は後ほど詳しく解説します。

10万円借りた場合の利息は?

申込から融資実行までには時間がかかる

一方、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと比べて、申込から融資実行までには時間がかかるのが特徴です。

カードローンの融資時間比較

銀行のカードローン 消費者金融のカードローン
即日融資不可
(2日~2週間程度)
即日融資可能
(最短1時間で融資可能なところもある)

銀行の審査では、個人信用情報機関(JICC、CIC、KSC)が持っている信用情報の照会と警察庁の個人情報データベースへの照会の2つをクリアする必要があるため、銀行のカードローンでは即日融資ができません。

お金が必要な時期まで多少余裕があり、時間がかかっても問題ないから金利を抑えることを優先したい、という人は銀行のカードローンの申込を検討してみてください。

10万円借りる際に利用したい銀行のカードローン

続いて、金利を抑えてお金を借りたい場合に検討してほしい銀行のカードローンを2つ紹介します。

1,000円から返済可能な三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、月々の返済額が最低1,000円からでOKとなっているため、自分のペースで無理なく返済したいと考えている人に向いています。

また、通常借入や返済時にATM利用手数料が発生しますが、三菱UFJ銀行カードローンではATM利用手数料がいつでも0円なのも特徴です。何度も借入や返済をする可能性がある人には嬉しいサービスです。

三菱UFJ銀行カードローンの金利は以下のようになっています。

借入限度額と金利

利用限度額 借入利率
100万円以下 年13.6~14.6%
100~200万円 年13.6~10.6%
200~300万円 年10.6~7.6%
300~400万円 年7.6~6.1%
400~500万円 年6.1~1.8%

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

手持ちのキャッシュカードで借入できるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンなら、手持ちのキャッシュカードにそのままカードローン機能を付けることができます。既にみずほ銀行を利用している人は、契約完了後にキャッシュカードの送付を待たずに利用を開始することができます。

さらに、既にみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人は、設定されている金利からさらに年0.5%引き下げられた金利の中から金利が決まります。

みずほ銀行の口座を持っている人は、まず検討すべきカードローンと言えるでしょう。

借入限度額と金利

利用限度額 借入利率 引き下げ適用後
100万円以下 年14.0% 年13.5%
100~200万円 年12.0% 年11.5%
200~300万円 年9.0% 年8.5%
300~400万円 年7.0% 年6.5%
400~500万円 年6.0% 年5.5%

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

【返済シミュレーション】10万円借りた際の利息はいくら?

金利が違うと返済総額の差が大きくなることもあるのできちんと計算しましょう。

カードローンの利息は、そもそもの金利だけでなく、「いつまでに返済できるか」で変わってきます。返済完了が遅くなればなるほど、払わないといけない利息が高くなるのです。

消費者金融のカードローンで10万円借りた場合

10万円かりた場合の利息

消費者金融のカードローンでお金を借りた場合、上限金利は年18.0%程度になります。仮に限度額10万円であれば最高金利での貸付になることがほとんどだからです。

利息の金額は、上図の通りですが、返済にかかる日数によって大きく異なります。

消費者金融のカードローンの利息計算

年利18.0%での利息
1日あたりの利息額 49円/日
(100,000円×0.180÷365日)
30日(約1ヶ月)で返済 1,479円
90日(約3ヶ月)で返済 4,438円
180日(約6ヶ月)で返済 8,876円
365日(1年)で返済 18,000円

※毎月返済の度に元本が減っていくので実際の利息、返済額が上下します。目安として参考にしてください。

銀行のカードローンで10万円借りた場合

ここでは、三菱UFJ銀行カードローンの条件金利である年15.6%で10万円を借り入れた場合を想定していきます。

銀行のカードローンの利息計算

年利14.6%での利息
1日あたりの利息額 40円/日
(100,000円×0.146÷365日)
30日(約1ヶ月)で返済 1,200円
90日(約3ヶ月)で返済 3,600円
180日(約6ヶ月)で返済 7,200円
365日(1年)で返済 14,600円

消費者金融のカードローンの利息と比較した場合、1か月では数百円程度の利息差ですが、1年後には3,400円もの差が出てきます

借りている金額は同じ10万円であることを考えるともったいないと感じるでしょう。

10万円の月々の返済額・返済期間の目安

支出の中で返済が占める割合

借りた10万円をどうやって返済するかについて考えてみましょう。考え方は2通りです。

  • 返済期間(何ヶ月で返済するか)は最長でも1年
  • 返済金額(月にいくら返済するか)は毎月1万円がベスト

どんなに長くても、毎月1万円ずつ、1年以内で返すのがおすすめです。下記の表で毎月の返済額がいくらくらいになるか、イメージしてみましょう。

返済期間 毎月の返済額 合計返済額
12ヶ月(1年) 9,167円 110,011円
24ヶ月(2年) 4,992円 119,808円
36ヶ月(3年) 3,615円 130,130円

※アコムで10万円借りて金利年18.0%の場合

見ての通り、2年、3年と返済期間が長くなればなるほど合計で払う利息は高くなります。毎月の返済額は1万円を目安にし、最長でも1年以内に返すようにしましょう。

無職やブラックリストの人はカードローンを利用できるか?

無職でもカードローンの審査には通る?

ブラックリストに登録されているけどなんとか10万円借りる方法はないかな…

残念ながら、無職やブラックリストの人はカードローンでお金を借りることはできません。だからと言って「無職やブラックリストでも融資可能」と言って勧誘してくる業者などから借りるのはおすすめできません。

カードローンの審査に通らない人の特徴

そもそもカードローンには申込条件があり、以下の2つの条件を満たした人でないと申し込むことができないことになっています。

カードローンの申込条件

  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

安定収入とは、会社員やアルバイト、パートなどによる継続的な収入が見込める状態のことを指します。よって、無職で完全に無収入の状態だと、返済能力がないためカードローンを利用することができないのです。

さらに、次のような特徴に当てはまる人は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

カードローンの審査に落ちる人の特徴

  • ブラックリストに登録されている
  • 申込ブラック状態である
  • 他社借入が年収の3分の1以上ある
  • 生活保護受給中である

過去に長期滞納や債務整理などの金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関に事故情報が登録されています。カードローンなどの貸金業者は審査時に個人信用情報を照会するため、ほとんどの確率で審査に落ちてしまいます。

信用情報を見ればその他にも、短期間に複数件申込をしている人(申込ブラック)や、他社借入が多い人も分かるので審査に通らないことが多いです。

闇金などの違法業者から借りるのは危険

「無職やブラックでもOK」と言ってお金を貸してくる業者は、審査時に個人信用情報を参照しないばかりか、審査そのものを実施していません。このような業者のほとんどは闇金などの違法業者で、利用するのは大変危険です。

違法業者は高金利で貸付けを行っているため、一度借りたら完済できないと考えたほうがよいでしょう。さらに、返済できない場合には様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

カードローン以外で10万円借りる方法

事情があって正規の貸金業者の審査には通らないので、審査を実施しない違法業者でないと貸してもらえないという人でも、カードローン以外で10万円を借りる方法はあるのでしょうか。

次に紹介するような方法は、一定のリスクがあるため基本的にはあまりおすすめしません。利用する場合にはリスクを理解した上でお金を借りるようにしてください。

カードローン以外で10万円借りる方法

方法 デメリット
クレジットカードのキャッシング機能を利用する カードローンに比べて金利が高く設定されていることが多い
質屋から借りる 質屋営業法に基づいて上限金利が年109.5%と圧倒的に高く設定されていることがある
家族や知人から借りる 信頼関係が壊れるようなトラブルが発生しやすい

今すぐに10万円借りたいなら気を付けよう

今すぐに10万円が必要という人は、この記事で紹介した大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。ただし、消費者金融のカードローンで10万円を借りて1年で返済した場合には1万円弱の利息が発生します。それ以上返済期間が伸びる可能性のある人や、追加の借入が必要な人は、金利そのものを抑えるために銀行のカードローンを利用するとよいでしょう。

関連記事

今日中に5万円借りたい人は必見!カードローン申込3つの注意点

「急な出費でお金が足りない!あと5万円あったら乗り切れるのに…」 …

更新日:2020-06-22

1・2・3万円借りたい!カードローンで今日借りる2つの方法

「給料日まであと数日…1万円だけでいいから借りたい…」 「

更新日:2020-08-04

審査は21時まで⁉土日にお金を借りるための3つの条件と5つの手順

「急ぎでお金が必要!土日のうちに借…

更新日:2020-08-20

質屋でお金を借りるには?年利やシステムをカードローンと比較

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …

更新日:2020-04-15

【要確認】キャッシングの必要書類は2つ!審査申込3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

更新日:2020-02-21