今すぐ10万円借りたい!カードローン審査でしてはいけない行動4つ

クレジットカード使いすぎて引き落とし額が高い…
今月は支払いが重なってお金がない…とりあえず10万円くらい借りられないかな

急な出費で10万円が必要になったら、まず銀行から借りることを思い浮かべるかもしれません。しかし、銀行からは今日中に10万円は借りられません

おすすめは消費者金融などのキャッシングです。10万円であれば利息を入れても月々の返済額は以下の通りになります。

毎月5,000円ずつ返せば 返済終了まで24ヵ月
毎月1万円ずつ返せば 返済終了まで11ヵ月
毎月2万円ずつ返せば 返済終了まで6ヵ月
※上限金利17.8%の消費者金融のキャッシング利用例

この記事では、銀行以外から10万円を賢く借りる方法とおすすめの借入先を紹介します。

しかし今すぐ10万円を借りようとしても、以下の4つの行動をしてしまうと失敗する可能性があるのでおさえておきましょう。

今すぐ10万円借りたい人がしてはいけない4つの行動

  • 銀行のカードローンはNG!
  • 銀行のカードローンは即日融資ができないため
  • 複数の金融機関に同時に申し込むのはNG
  • 審査に落ちやすくなるため
  • 希望借入額を高くするのはNG
  • 希望借入額は必要最低限の10万円にしたほうが審査に有利なため
  • 申込時の記入ミスや嘘の情報を入力するのはNG
  • 連絡ができず審査が進まなかったり、嘘がバレて審査に落ちたりするため

今すぐ10万円借りたいなら消費者金融などのキャッシングに申し込みましょう。

中でもおすすめなのは最短1時間でも借りられるプロミスです。

《10万円借りたい人におすすめのカードローン》

おすすめ度

プロミス

  • 急いでいるならココ!Web申込すると最短1時間融資も可能
  • 「Web完結」なら郵送物なし&カードレス契約も可能なのでカードの郵送を待たずしてお金を借りられる
  • 月々の返済額は4,000円~!
  • はじめての人は30日間利息0円(メールアドレスの登録とWeb明細の利用が必要)

今すぐ10万円借りたい人が申込で失敗しがちな4つの行動

まずは今すぐ10万円借りたい人がしてはいけない4つの行動を詳しく紹介していきます。

今すぐ10万円借りたい人がしてはいけない4つの行動

  1. 今すぐ10万円借りたいなら銀行のカードローンはNG!
  2. 複数の金融機関に同時に申し込むのはNG!
  3. 希望借入額を高くするのはNG!
  4. 申込時の記入ミスや嘘の情報を入力するのはNG!

(1)すぐに10万円借りるなら銀行はNG?消費者金融と比較

消費者金融は聞きなれなくて抵抗がある…できれば銀行で借りたい

カードローンやキャッシングと聞くとなんとなく抵抗があるため、銀行のカードローンに申し込みたくなりますが、それはNGです。

銀行のカードローンのデメリット

  • 審査や手続きに時間がかかる
  • 即日融資ができない

銀行のカードローンは2018年1月より即日融資が不可になったため、今日申し込んでも最短で明日以降しか借りられないのです。

またなんとなく安心感のあるのは銀行ですが、アコムやプロミスなどのキャッシングは大手銀行の傘下にあり、もちろん国の許可を得て営業しているので心配する必要はありません。

銀行と消費者金融の違い
比較項目 銀行のカードローン 消費者金融
融資スピード 遅い(数日~2週間程度) 早い(最短即日)
金利 上限金利年14.0~15.0% 上限金利年18.0%
無利息期間の有無 原則なし あり※個社ごとの条件あり
保証人 不要 不要
審査条件 消費者金融より厳しい 銀行ほど厳しくない
職場への在籍確認 あり(電話が来る) あり(書類のみで可能な所あり)

緊急で現金が必要な場面であれば、保証人も不要な消費者金融の即日融資がありがたいですね。

(2)複数申込は審査に落ちやすい?1~2社に絞って申し込むこと

20代男性

何社かに同時に申し込んで、審査に通ったところから借りるのが一番手っ取り早いんじゃないの?

早く10万円借りたい場合、上記のように思うかもしれませんがこれは違います。

最大でも2社に絞って申し込みましょう。なぜなら、同時期に何社も申し込むとよほどお金に困っていると思われ審査に落ちやすくなるからです。

たしかに、カードローンやキャッシング業者によって審査基準が違うので、審査に通るところと落ちるところがでてくることはよくあります。

しかし、審査に重要なあなたの信用情報は信用情報機関というところに登録されており、これはカードローンの会社各社が問い合わせたら申込状況などがわかるようになっているのです。

このときに、同時に何社も申し込んでいる記録が出てくると、「この人はお金に相当困っている人だ、お金を貸しても期日通りに返してくれないかもしれない」と思われて審査に通りにくくなるのです。

(3)希望額を100万円にすると審査に落ちやすい?必要最低額にすべき理由

申込時の希望借入額は10万円必要なら10万円と入力しましょう。

カードローンに申し込む際の入力フォームに「借入希望額」や「希望限度額」を入力する欄があります。
そして入力欄の下にはだいたい「1万円~800万円(最大限度額)の範囲で希望される額を入力してください」と注意書きがあります。

ここで「800万円までいいんだ。もしものために多めの額にしておこう」と思って100万円や500万円など入力すると、審査に時間がかかったり落ちやすくなったりします。

「本当に100万円貸して返してくれるの?」と審査の基準は厳しくなるため、「10万円」と入力していれば審査に通っていたのに高額を希望したために落ちてしまうことがあるのです。

一旦審査に通ればあとから増額申請をすることもできるので、欲張らず確実に借り入れできる状況を作っていきましょう。

また借入限度額は総量規制によって限られてしまうので、自分の年収と照らし合わせて希望額を設定する必要があります。

総量規制とは
個人が貸金業者から借りられる金額は原則として年収の3分の1を超えることができないこと。

(4)1つの入力ミスで審査に落ちることも?正確かつ正直に入力するのが近道

申込時の入力欄に、誤った情報や嘘の情報を書くと審査に落ちます。

なぜなら実際の情報とは異なり、本人確認ができないためです。

よくあるのが電話番号の入力ミスです。電話番号を間違えて入力してしまうと電話がつながらず審査が進みません。

また嘘の情報を入力するのもNGです。

10万円借りたい男性

少しでも多く借りたいし、ちょっとくらい年収を多く書いてもバレないよね

いいえ、そんなことはありません。嘘の入力をしても信用情報機関からバレると思ってください。

落ち着いて正確に、正直に入力するのが近道です。

プロミスは入力項目をなるべく省きたい人におすすめの「カンタン入力」があります。

これは少ない入力項目で、あとは確認の電話が来ます。

入力に自信がない人や今すぐお金が欲しい人はプロミスに申し込みましょう。

《10万円借りたい人におすすめのカードローン》

おすすめ度

プロミス

  • Webなら最短1時間融資も可能
  • 「Web完結」なら郵送物なし&カードレス契約も可能なので周囲にバレずに借りられる
  • はじめての人は30日間利息0円(メールアドレスの登録とWeb明細の利用が必要)

カードローンで10万円を最短で借りる方法と2つの必要書類

では、実際にカードローンに申し込むときの流れや手続きはどのようなものなのでしょうか?

申込から借り入れまでの全体の流れは下記の通り、たったの4ステップで完了します。

10万円借りるまでの4ステップ

Webで必要事項を入力→自動契約機でカード発行

一番スピーディーにお金を借りられるのは、「Webで申し込んだ後に自動契約機(無人契約機)に行ってカードを発行する」方法です。

ちなみに一般的なカードローンやキャッシングの申込方法としては

  • スマホ・ケータイ、パソコンからの申込
  • 店頭窓口、自動契約機での申込
  • 電話
  • 郵送

などがありますが、最短融資を目指すための申し込み方法は

Web申込み→審査メール受信→無人契約機へ行きローンカード発行&受取り

こちらが最短です。スマホでもパソコンでも構いませんのでネット上でまず申込を行い、審査まで進みます。審査が完了したらそのまま近くの自動契約機まで行きましょう。

即日で借りたい場合、最優先事項は「家の近くに自動契約機がある消費者金融を選ぶ」こと。

基本的にカードローンという名前の通り、カードを発行してはじめてお金を借りられます。電話で申し込んだり、Webだけで申し込んだりすると、自宅にカードが郵送されてくるまでお金を借りられないこともあるのです。

しかし、プロミスは郵送物なし、カードレスの「Web完結」というサービスがあります。Webで申し込むと自分の口座に瞬時に振り込んでもらうことができます。

これならスマホやパソコンなどWebだけで申込から借り入れまで済ませられます。

また、裏技としてあるのが、「Webで申し込んだ後に電話して審査を早くしてもらえないか聞く」です。急いでいる旨を伝えたら優先して審査を開始してもらえるかもしれません。

主なカードローンの受付時間をまとめました。

カードローン電話受付時間

電話受付時間 詳細
プロミスバナー 9:00~22:00
アコムバナー 9:00~18:00
SMBCモビットバナー 9:00~21:00

必要書類は本人確認書と収入証明書の2つだけ

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明証」

各社により異なる場合がありますが審査において必要な書類は原則次の2つのみです。

  • 本人確認書類(運転免許証や個人番号カード)
  • 収入証明書

この時、現在住んでいる住所が記載されているかどうかはチェックしておいてください。
収入証明書(源泉徴収票や給与明細など)が必要かどうかは借入総額によって異なります。
多くの場合借入限度額が50万円を超えると必要になりますが、限度額10万円の融資であれば必要ないことがほとんどです。

10万円借りたいけど周囲にはバレたくない!カードローンごとのバレないサービス

在籍確認が怖い

10万円は今すぐに借りたいけど職場の人や周りの人にバレたくないですよね。カードローンを利用しているのが周りにバレるのは以下のようなタイミングでしょう。

  • お店に出入りしているのを知り合いに見られる
  • 審査のときに職場に在籍確認の電話がかかってくる
  • 財布に入れたローンカードを知り合いに見られる

しかし、カードローン会社も、お客さんの「バレたくない」という気持ちはちゃんとわかっています。そのため、各社周りにバレないためのサービスを展開しているのです。

カードローン利用がバレないためのサービス

カードローン Web完結 在籍確認 詳細
プロミスバナー あり
(カードレスのWeb完結も可)
書類提出でも可
アコムバナー なし 書類提出でも可
アイフルバナー なし 書類提出でも可
SMBCモビットバナー ゆうちょ銀行などの口座を持っていれば可 書類提出でも可

なかでもオススメなのはプロミスです。上の表には「カードレスのWeb完結も可」とかいていますが、これは読んで字のごとく「ローンカードをわざわざ発行しなくてもお金を借りられる」ということです。

通常カードローンやキャッシングは、ローンカード(銀行のキャッシュカードとは別)というものを発行してATMでお金を借ります。即日融資をしているカードローンでも、「即日振込OK!カードは後日郵送します」ということろが多く、申し込んで1~2週間たったころに自宅にカードが送られてきます。

家族と一緒に住んでいる場合、この郵送されてきたローンカードを見られてカードローンに申し込んでいることがバレるケースがあるのです。

振込融資を選択していれば、カードなんて必要ないので、うっかり郵送されてくることを忘れてしまいますよね。
しかしプロミスなら「カードを発行しない」ままお金を借りることもできるので、郵送物が見つかってバレる心配がないのです。

また、審査内容にもよりますが、勤務先に在籍確認の電話をしないようにできる可能性があります。銀行のカードローンは電話確認が必須なので電話を取り次いだ職場の人に気づかれる可能性がありますが、プロミスは在籍確認を電話ではなく書類で済ますこともできるのでバレる心配がありません。

プロミス

申し込みは こちら

10万円借りたいけど利息って実際いくら?金利と返済額を計算してみる

10万円借りたときの利息

※年利18.0%の場合

10万円借りたら利息はいくらになるのでしょうか?

金利の計算めんどくさい
どこも同じような金利じゃん

などと思うかもしれませんが、金利で損をすることもあるのできちんと計算しましょう。

カードローンの金利額は、「いつ返済できるか」で変わってくるのです。返済完了が遅くなればなるほど払わないといけない金利は高くなります。

分割返済とは言え、返済の全体像は借りる前に見ておきたいところ。消費者金融でお金を借りた場合、利息は年18.0%程度(仮に限度額10万円であれば最高金利での貸付になることがほとんど)です。

この金利を踏まえた上で具体的に毎月いくらを返済しなければならないのか、10万円借りたとして返済シミュレーションしてみましょう。

利息は借入残高×利率÷365日×利用日数で計算します。

10万円を年利14.6%で借りた場合と年利18.0%で借りた場合の利息の比較
元本10万円を何日で返済するか 年利14.6%での利息 年利18.0%での利息
1日あたりの利息額 40円/日
(100,000円×0.146÷365日)
49円/日
(100,000円×0.180÷365日)
30日で返済 1,200円 1,479円
60日で返済 2,400円 2,958円
90日で返済 3,600円 4,438円
120日で返済 4,800円 5,917円
150日で返済 6,000円 7,397円
180日で返済 7,200円 8,876円
365日(1年)で返済 14,600円 18,000円

※毎月返済の度に元本が減っていくので実際の利息、返済額も上下するため目安として参考にしてください。

実際に比較計算するとよくわかります。10万円借りて1ヵ月の利息は、

  • 金利14.6%で1,200円/月
  • 金利18.0%で1,479円/月

たかが月に200円300円程度の違い…と思うかもしれませんが、借りているモノ自体は同じ10万円。と、考えると純粋にもったいなくないですか?

ちりも積もればです。損せず借りるためにはぜひ金利をひとつの目安にしてみてください。

10万円なら最長1年で返すべき!返済計画の立て方のコツ

お金と時間

ではこの借りた10万円をどうやって返済するかを考えましょう。考え方は2通りです。

  • 返済期間(何ヵ月で返済するか)は最長でも1年
  • 返済金額(月にいくら返済するか)は毎月1万円がベスト

どんなに長くても、毎月1万円ずつ、1年以内で返すのがおすすめです。

それぞれ見ていきましょう。

返済期間は最長でも1年

「何がなんでも〇ヵ月できっちり返済を終わらせる、それ以上の期間ズルズルと返済を続けていきたくない」

そんな気持ちが強ければこちらの考え方があなたには合っています。

下記表で毎月の返済額がいくらくらいになるか、イメージしてみましょう。

返済期間 毎月の返済額 合計返済額
12ヵ月(1年) ¥9,167 ¥110,011
24ヵ月(2年) ¥4,992 ¥119,808
36ヵ月(3年) ¥3,615 ¥130,130

※アコムで10万円借りて金利18.0%の場合

見ての通り、2年、3年と返済期間が長くなればなるほど合計で払う利息は高くなります。最長でも1年以内に返すようにしましょう。

返済金額は毎月1万円がベスト

もしどうしても「月に9,167円ずつ返すのは難しいが、5,000円なら毎月必ず払えそう」という場合は以下のように返済計画を立てましょう。

毎月の返済額 返済期間 合計返済額
¥10,000 11ヵ月 ¥109,158
¥5,000 24ヵ月 ¥119,772
¥3,000 47ヵ月 ¥139,639

実際に申し込むときに軽く説明はされますが、元金均等返済にするのか元利均等返済にするのかなど、金利計算は非常に複雑です。

「毎月1,000円からでいいんだ」と思って少しずつ返していくと、いつまでたっても利息ばかり払っている状態になってしまいます。

上の表のように月に5,000円ずつ返していけば2年間で返し終わります。毎月1万円払うのが厳しい人はこちらでもよいでしょう。

補足「ゆっくり返済」の注意点

上記表のうち「毎月3,000円ずつ返済する場合→返済終了までに47ヵ月かかる」ゆっくり返済を選んだ場合、知っておくべきことがあります。

年間18,000円の金利に対して3,000円/月の返済で6ヵ月返済

=3,000円×6ヵ月分

=18,000円

=年間金利分

※わかりやすいよう簡易計算していますので実際の金額とは異なることがあります。

1年(12ヵ月)のうち半分は金利分しか払っていないことになります。

これは嫌ですよね。返済回数を増やすほど、少額返済にするほど、支払総額は増えます。10万円を超えたあたりからの「ゆっくり返済」の場合は金利が少しでも低い会社から借り入れしましょう。

プロミスは、返済シミュレーションができるので、まずは返済計画を立ててから申し込みましょう。

《10万円借りたい人におすすめのカードローン》

おすすめ度

プロミス

  • 急いでいるならココ!Web申込すると最短1時間融資も可能
  • 「Web完結」なら郵送物なし&カードレス契約も可能なのでカードの郵送を待たずしてお金を借りられる
  • はじめての人は30日間利息0円(メールアドレスの登録とWeb明細の利用が必要)

ブラックリストや無職でも10万円借りられる?気になるQ&A

お金丸

カードローンでの借入が今回初めてではなく、過去に何度もしていて「ブラックリスト」に載っている場合でも10万円借りられるのか?

軍師じいや

「ブラック」だと厳しいですね。。。でも自分がブラックかどうかまだわからないのであれば申し込んでみてもよいと思います。

お金丸

なるほど、、、、無職の場合はどうかな?

軍師じいや

無職の場合はそもそも申込ができないのでカードローンは諦めたほうがよいですね。知り合いや家族に頭を下げて貸してもらうのが一番です。

お金丸

厳しいのう、、、

軍師じいや

ただ、パートやアルバイトなどをしている主婦や学生は申し込めますし、審査に通ることもあるので、収入が少しでもあるなら申し込んでみるのもよいでしょう。

すぐに10万円借りたいなら気を付けよう

今すぐに10万円借りたいならWeb完結&最短1時間融資も可能なプロミスがおすすめです。金利も含めた返済金額を押さえ、してはいけない4つの行動に注意して申し込みましょう。

《今すぐ10万円借りたいならしてはいけない4つの行動》

  • 銀行のカードローンはNG
  • 複数の金融機関に同時に申し込むのはNG
  • 借入希望額を高くするのはNG
  • 申込時の記入ミスや嘘の情報を入力するのはNG

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

申し込みは こちら

関連記事

今日中に5万円借りたいなら絶対NG!カードローン審査3つのタブー

「支払いの期日が迫ってるけど、急に出費の予定が...」 「

1万・2万・3万円借りたい!カードローンで今日借りる2つの方法

「断れない飲み会が突然!手持ちが…1万円借りたい…」 「

土日にお金借りるなら【銀行NG】即日融資を最短で行うポイント3つ

「急ぎでお金が必要!土日でも今すぐ…

質屋でお金を借りると金利109.5%?5分の1に減らす唯一の方法

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …

【要確認】キャッシングの必要書類は2つだけ!審査申込3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

今日借りたいなら絶対NG|即日キャッシングできない3つの落とし穴

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「