銀行からお金を借りる4つの方法と絶対に見落とせない審査条件4つ

銀行からお金を借りる

銀行からお金を借りたいけど、どうやって借りたらいいのかな…
銀行からお金を借りるのに、何か条件はあるのだろうか…?」

銀行や消費者金融など、お金の借入先は色々ありますが、まず検討したいのは「銀行」ですよね。

この記事では「銀行からお金を借りたい人」向けに、銀行からお金を借りる方法4つと必ず押さえるべき審査条件4つをお伝えします。

《銀行からお金を借りる方法4つ》

  1. 自動車・教育・リフォームローンなど目的が決まっている人は「目的ローン
  2. 多少手間や不便を感じてでも金利を抑えたい人には「フリーローン
  3. 必要な時にすぐ借りたい人や、自分のペースで返済したい人は「カードローン
  4. 事業のために自由な使い道でお金を使いたい人は「事業ローン
《カードローンなら利用目的を問わず、困ったときは何回でも利用できます》

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー
  • 入会でもれなく1.000ポイント進呈
  • 面倒な書類記入は一切なし!スマホだけで申込完結
  • 今の自分の口座に振込可能なので余計な口座が増えません

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 入会金・年会費無料
  • 借入れは1,000円単位でできるので少額希望の人におすすめ>
  • 近くのATM・コンビニで利用できる

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • WEB申込だけで完結できる
  • 借入れの使い道自由&最高融資額800万
  •      
  • みずほ銀行のキャッシュカードがある方はすぐに利用できます

銀行からお金を借りる4つの方法と主要ローンの特徴6つ

銀行からお金を借りる方法は、目的別に4種類あります。

  1. 目的ローン
  2. フリーローン
  3. カードローン
  4. 事業ローン

これらを詳しく細分化すると6種類となります。以下で特徴を見てみましょう。

ローンの種類 金利の目安
(実質年率)
特徴
カードローン 1.9%~14.6% お金の出し入れ・使い道・返済額は自由
住宅ローン 0.28%~2.9% [本人が住む住宅の購入]のみに使用可
マイカーローン 1.5%~3.8% 車の購入や自動車保険等に使用可
教育ローン 1.12%~10% 学校に支払う費用(授業料など)のみ使用可 ※例外あり
事業ローン 3.0%~18% 事業資金なら使い道自由
フリーローン 1.5%~13.5% 使い道自由なお金を一括で借りられるが、追加融資不可

※上表のうち、住宅ローン・マイカーローン・教育ローンは目的ローンであるため、お金の使い道に制限があります。

目的ローンは、何か1つの目的のために銀行がお金を貸し出すローンで、家や車を購入するなど200万円以上など高額な借り入れが可能です。

以下の解説で各ローンの特徴をつかみ、自分にあったローンを見つけましょう。

使い道自由!自分のペースで借りたいならカードローン

フリーローンと同じように事業資金以外であれば自由に利用できるローン商品です。

銀行の審査により利用限度額が設定され、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れることができます。

銀行側で利用限度額を決めるため、利用まで、1週間あるいは1ヶ月ほど時間がかかる可能性のある目的ローンと比べると、スピーディーにお金を借りることができます。

利用限度額内なら、必要なときに利用したい分を借りられるので、わりと少額の借り入れになることも多い冠婚葬祭費や一時的な生活費の利用にもおすすめです。

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK!"今の自分の口座"に振込できます
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天カードを持っている方は特に手続き簡単

カードローンの利点について詳しく知りたい方はコチラ

家を買うなら住宅ローン!年収の何倍も借りられる

住宅ローンとは、購入する住宅を担保にして、申込者の年収や勤務年数を参考に契約が結ばれるローンのことです。

年収の約5倍~7倍まで借り入れ可能*なのが特徴です。

家を購入する資金が欲しい人は、住宅ローンが最適です。

*出典:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査 2017年度 https://www.jhf.go.jp/files/400346718.pdf

実は車を買う時だけじゃない!?車検にも使えるマイカーローン

マイカーローンは無担保ではじめから車の所有権が持てることが特徴のローンです。 また車の所有だけでなく、車検や自動車保険などの維持費にも使用できます。

マイカーローンは、車を販売するカーディーラーと金融機関の2つが提供しており、それぞれで特徴が異なります。

一般的に、金利の低さはディーラーより金融機関が有利です。

一方、審査の通りやすさや手続きの簡単さでは、ディーラーのローンの方が有利であると言われています。

申し込む場合は、金利や手続きの簡単さをチェックして、自分に合ったマイカーローンを選びましょう。

ネットDEマイカーローン

  • 中古車・新車、借り換えもOK
  • 事前審査結果は最短即日回答!本審査結果は最短翌営業日に連絡
  • 保証料不要

使い道が意外と厳しい!?使途が限られてしまう教育ローン

教育ローンは、子供が学校に行くために必要となるお金を保護者が借りられるサービスです。

一般的には、入学料や授業料など学校に納付するお金のみが対象となります。

ただし、提供している機関によってお金を使用できる範囲が異なるため、 中には部活動費や在学中の生活費に充てることのできる教育ローンもあります。

事業のためなら使い道自由な事業ローン

事業ローンは、借りたお金を事業資金の範囲内なら自由に使えるのがポイントです。例えば設備投資費や人件費などに使用することができ、企業を運営する上で幅広い用途で使えます。

ただし、審査には決算書が必要となるため、起業資金としては借りられないのが一般的です。

事業を法人で行っている場合は、代表者が連帯保証人になることが必要であることが多いです。一方で個人事業主の場合は、保証人や担保無しで借りられる事業ローンもあります。

ビジネクスト

    • 原則無担保・無保証
    • 融資額1万円~1,000万円
※新規取引は上限500万円
  • 事業資金の範囲内で使途自由

使い道自由だけど意外と不便?なフリーローン

フリーローンはお金の使い道が自由なので、旅行資金などに充てることができます。

そんなフリーローンですが、借り入れ時に金額を指定する必要があるので、借り入れ途中に増額することが出来ません

また、繰り上げて一括で返済出来ないのもフリーローンの特徴です。

しかし、カードローンと比較して借り入れ後に金額を追加することができない分、金利はお得です。

お金の使い道を限定されたくない人に|フリーローンとカードローンを徹底比較

銀行からお金を借りたいときのカードローンとフリーローン比較

銀行のローンの中でも、使い道が自由なのはフリーローンとカードローンです。 それぞれに特徴があるので、自分の要望に応じてどちらが適しているか考えましょう。

以下で、フリーローンとカードローンの違いを徹底比較しました。

項目 フリーローン カードローン
金利 1.5%~13.5% 1.9%~14.6%
追加融資可能か 不可 可能 ※契約した限度額の範囲内であれば
使用目的の申告 必要 不要
最低借入金額 30万円~ 1,000円
返済方法 口座からの引き落とし 複数の返済方法あり

多少の手間や不便を感じても、金利を抑えたい人にはフリーローンが向いています。

一方、必要な時にすぐ借りたい人や、自分のペースで返済したい人はカードローンがオススメです。

フリーローンとカードローンで迷っている方は各項目の違いをよく見て、あなたにとって条件が良いほうを選びましょう。

【フリーローンは不便】カードローンでお金を借りる2つのメリット

必要な時にすぐ借りたい人や、自分のペースで返済したい人はカードローンがオススメです。

また、カードローンには下記の2つのメリットがあります。

《カードローンの2つのメリット》

  1. 保証人を立てる必要がない
  2. 限度額を上限に何度も借りられる

それではメリットを一つずつ説明していきます。

(1)保証人を立てる必要がない

カードローンの利用では保証人を立てる必要がありません

保証人になると、契約者が借入額を支払えなくなったときに、契約者の代わりに支払いの義務が発生してしまいます。また、自己破産などの法的対処がとられた場合、保証人に迷惑が及んでしまいます。

そのため、保証人になることをお願いしづらいと感じる人は少なくありません。

そんな不安がある人は、保証人なしで借りられるカードローンを利用しましょう。

(2)限度額を上限に何度も借りられる

借り入れが1回きりと確証があれば問題ないですが、日々生活する中で冠婚葬祭など思わぬ出費があることも珍しくありません。

このような急な出費の際、貯金があればよいですが、思うように貯まっていないこともあります。

そんなときに支払いの方法が1つでも多いと安心ですね。

フリーローンと違い限度額を上限に何回でもお金を借りられるため、日常の不安を緩和することができます。

借入上限額が500万円や800万円としている銀行も多く審査に通れば高額の限度額内での借り入れができます。

各サービス 上限融資額
楽天銀行スーパーローン 800万
三菱UFJ銀行カードローン 500万
みずほ銀行カードローン 800万
オリックス銀行カードローン 800万
じぶん銀行カードローン 800万

これだけのお金を使用目的が限定せず使えるので、急な出費が重なったときに便利です。

消費者金融は怖くない|最短で借りたいなら銀行より消費者金融

フリーローンと比べてメリットが沢山あるカードローンですが、カードローンを組めるのは銀行だけではありません。

アコムやSMBCモビットなど、消費者金融でもカードローンを利用できます。

「消費者金融って、なんだか銀行より怪しそう。」 と消費者金融に怪しいイメージを持つ人も多いですが、実はとっても安心して利用できるんです。

なぜなら、消費者金融は貸金業法に基づいているので、厳しい取り立ては一切無く安心して借りられるからです。

またアコムやSMBCモビットなど、ほとんどの大手キャッシングが大手銀行の傘下にあるため、 不安なくお金を借りることが出来ます。

また消費者金融のカードローンは、銀行のカードローンより融資スピードが速くて便利です。

銀行と消費者金融のカードローンを一挙に比較してみました。

項目 消費者金融の
カードローン
銀行の
カードローン
上限金利の目安 約18.0% 約14.6%
融資までの日数 最短即日 翌日以降

消費者金融は銀行のカードローンと比べて融資スピードが早いので、今すぐ借りたい人には消費者金融のカードローンがオススメです。

すぐ借りられておすすめな消費者金融はこちら

アコム

申し込みは こちら

【審査に通るか不安】銀行からお金を借りる場合の4つの審査条件

カードローンの良さに関しては理解できたと思いますが、銀行からお金を借りる際に気になるのが「審査」ですよね。経済状況が不安定な人であっても、銀行からお金を借りることができるのでしょうか?

細かい審査の基準は銀行によって異なりますが、ここでは一般的にどこの銀行でも設けられる基本的な審査条件4つを紹介します。

  1. 収入が安定している
  2. 多重に借金していない
  3. 20歳以上であること
  4. 保証会社の審査基準に到達している

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK!"今の自分の口座"に振込できます
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天カードを持っている方は特に手続き簡単

では、一つずつ具体的に見ていきましょう。

(1)収入が安定している

まず重要なのが、安定した収入が定期的にあるかどうかです。月によって大きな格差がなく、生活に困らない程度の収入が毎月あれば安定していると言えます。

収入さえ安定していれば、勤務形態はそれほど重要でなく、パートをしている主婦やアルバイトをしている学生でも銀行カードローンを利用できる可能性はあります。

一方、安定した収入のない日雇いの人や無職の人が審査に通ることは難しいです。

(2)多重に借金していない

銀行カードローン申し込み時に必ずといっていいほど問われるのが、他社などで借金をしていないかということです。

カードローンの申し込みの場合、他社からの借り入れに該当するのは、カードローンと同様に目的が決まっていない保証人不要のローンで、高額な住宅ローンやマイカーローンは審査における多重債務の対象にはなりません。

なお、どこでどれくらいの借金をしているかは、審査時に信用情報機関で情報を照らし合わせればすぐにわかるため過少に申告しないようにしましょう。

(3)20歳以上であること

一般的に、カードローン申込の年齢条件は20歳以上65歳未満であり、未成年者は銀行でお金を借りることはできません。

(※銀行によって上限年齢に差があります。)

なぜなら、民法で「未成年者(19歳以下)への貸付は、保護者の承諾がない場合、契約を無効にできる」と定められているためです。

ですので、学生でも20歳以上なら申し込むことはできますし、反対に社会人でも未成年なら申し込めません。 「18歳でも借りられる」と謳う業者は、違法業者ですので注意しましょう。

(4)保証会社の審査基準に達している

銀行系に限らず、カードローンなどのお金の貸し付けは、審査の段階で申込者の契約内容をスコアリングして基準に達しているか確認しています。

銀行系のカードローンは、銀行自体で審査を実施することは少なく、その手の内容に得意な消費者金融系などの保証会社が審査をすることが多いです。

また、カードローンの場合は保証人を立てないので、代わりに審査をする保証会社が、支払いが難しくなった際の弁済を銀行へ行ないます。そのため、保証会社の審査基準に達していることが必要です。

銀行のカードローン審査に必要な物は本人確認用書類と収入証明書

さて、銀行からお金を借りる際の審査条件は理解したところで、実際に借入れの申し込みをしたいと思った時に気になるのが、申し込みに必要な書類のことですよね。

書類を集めるのには、時間と手間がかかりそうなイメージがある人も多いかと思います。しかし、銀行からお金を借りる場合必要なものは本人確認用書類収入証明書の大きく2つです。

具体的に何を用意すればよいか解説します。

本人確認用書類の種類

ローンの契約をする場合、本人が契約したことを証明するために本人確認用書類が必要となります。

《本人確認書類として認められるもの》

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 運転経歴証明書(個人番号部分は隠して提出)
  • マイナンバーカード

本人確認用書類として認められるのは上記の公的な書類です。社員証などの公的でない書類は本人確認用書類としては認められません。

ちなみに、銀行からお金を借りる場合、できるだけ顔がわかるような書類を求められることが多いです。

なお、どうしても顔がわかるような書類がない場合、銀行によっても対応が異なりますが、健康保険証や住民票など他の公的書類を複数提出するよう求められることがあります。

収入証明書とは

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書のような年収を証明するための書類です。

10万円など借入額が少ない場合は提出が必要ないこともありますが、借り入れの金額が大きいと提出を求められることがほとんどです。50万円以上の借入を希望する場合は原則必須だと考えておきましょう。

会社員の場合に必要なのが源泉徴収票です。

源泉徴収票は年に1回会社が給与を支払っている従業員に発行する書類で、年収の他、勤務先などの審査に必要な情報が記載されています。

源泉徴収票をなくした場合は、数ヶ月分の給与明細で対応してもらえることもあります。

一方、フリーランスなど会社から給与を受けていない場合に提出しなければならないのが、確定申告書の写し。

確定申告書を普通に提出するだけでは写しがもらえないので、提出の際は必ず控え分に受付印を貰って保管しておくようにしましょう。

損したくないならこの銀行のカードローン|金利を主要6社で比較

銀行のカードローン|金利を主要6社で比較

銀行からお金を借りたいときに、気になるポイントが「金利」ですよね。

金利の見るべきポイントは、下限金利ではなく上限金利を見ることです。なぜなら各社金利には幅があり、実際に適用される金利は審査を受けないとわからないためです。

そこで上限金利を踏まえて6社比較してみました。

             
サービス名 下限金利 上限金利 オススメ度
みずほ銀行カードローン 2.0% 14.0%
楽天銀行スーパーローン 1.9% 14.5%
三井住友銀行カードローン 4.0% 14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8% 14.6%
じぶん銀行カードローン 2.2% 17.5%
オリックス銀行カードローン 1.7% 17.8%

金利を気にする方はみずほ銀行カードローン楽天銀行スーパーローン三井住友銀行カードローンの3社がオススメです

しかし、当サイトで総合的にオススメなのは楽天銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行です。理由はこれから説明していきます。

銀行からお金を借りるのに失敗したくないならカードローン3社

銀行からカードローンを利用してお金を借りる場合、実際どのように選べばよいのでしょうか。

おすすめの銀行カードローン3社(楽天銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行)の特徴とそれぞれの金利などを比較してみましょう。

カードローン 特徴 保証人 金利
楽天銀行スーパーローン ネット銀行 不要 年1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1,000円単位で借入可能 不要 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン ATM時間外手数料無料 不要 年2.0%~14.0%

それでは、1位から順に説明していきます。

(おすすめ1位)楽天銀行スーパーローン

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー
  • 年率:年1.9%~14.5%
  • 利用限度額:10万円~800万円
  • 保証人の有無:無し
  • 保証会社:株式会社セディナ
  • 更新時期:1年自動更新
  • 申込可能年齢:20歳~62歳

株式会社セディナが保証会社となっているため、保証人(連帯保証人)が必要ありません。利用限度額800万円と利用できる額もやや高めなのがポイント。

すでに楽天銀行の口座を持っている場合は24時間いつでも融資を受けることができます。

他行を指定して返済することも可能ですが、楽天銀行と一緒に利用するのがおすすめのカードローンです。

(おすすめ2位)三菱UFJ銀行カードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • 年率:年1.8%~14.6%
  • 利用限度額:10万円~500万円
  • 保証人の有無:無し
  • 保証会社:アコム株式会社
  • 更新時期:1年自動更新

アコム株式会社が保証会社となっており、保証人(連帯保証人)は必要ありません。消費者金融系のカードローンの自動契約機のような、テレビ窓口を利用すれば審査次第でその場でのカードの受け取りが可能です。

テレビ窓口のある場所限定になりますが、スピーディーなカードの発行を希望している場合に便利。

借入額にもよりますが、返済も1,000円からと少額から返せるのもポイントです。

(おすすめ3位)みずほ銀行カードローン

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • 年率:年2.0%~14.0%
  • 利用限度額:10万円~800万円
  • 保証人の有無:無し
  • 保証会社:株式会社オリエントコーポレーション
  • 更新時期:1年自動更新

株式会社オリエントコーポレーションが保証会社となっており、こちらも保証人(連帯保証人)をつける必要がありません。

希望すれば手持ちのキャッシュカードでカードローンの利用もできるので、周囲の目を気にして利用する必要もありません。周囲へバレる可能性が低いのもポイント。

また、みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合、金利の優遇を受けることができます。

すでにみずほ銀行で住宅ローンを使っている場合これから検討する場合に活用したいカードローンです。

利子に関しては銀行カードローンの間で大きな違いはないものの、サービス内容や利用限度額はそれぞれ異なります。自分の経済状況や必要な金額に合ったサービスのカードローンを検討してみましょう。

《銀行からお金を借りる方法4つ》

  1. 自動車・教育・リフォームローンなど目的が決まっている人は「目的ローン
  2. 多少手間や不便を感じてでも金利を抑えたい人には「フリーローン
  3. 必要な時にすぐ借りたい人や、自分のペースで返済したい人は「カードローン
  4. 事業のために自由な使い道でお金を使いたい人は「事業ローン

カードローンでも銀行によって利子やサービスが異なります。 選択したカードローンで返済総額やATMの手数料などが変わってくるので、借り入れ前にしっかり内容を比較してから選ぶようにしましょう。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

今日中に5万円借りたいなら絶対NG!カードローン審査3つのタブー

「支払いの期日が迫ってるけど、急に出費の予定が...」 「

みずほ銀行カードローンの審査時間が待てない人が試すべき1つの方法

「みずほ銀行の審査時間ってどのくらいかかるの…?」「

1万・2万・3万円借りたい!最短で借りる方法2選と知るべきリスク

「断れない飲み会が突然…手持ちが…。1万円借りたい…」 「

今すぐ10万円借りたい…即日キャッシングで間違えやすい3つのポイント

「クレジットカード使いすぎて引き落とし額が高い…」 「

横浜銀行カードローン審査は甘い?審査時間や土日申し込みについて

「横浜銀行カードローンの審査時間ってどれくらいかかるものなの…?」「

絶対NG|即日キャッシングの注意点3つと即日融資可のおすすめ3社

「1秒でも早く現金を手に入れないと本当にまずい…」 「