お金借りる|金利安い借入方法と金利以外でも絶対損しない2つのコツ

お金借りる|金利安い借入方法と金利以外でも絶対損しない2つのコツ

金利を安く借りるにはどこが良い?

一番金利を安く借りる方法は銀行の目的ローンです。

方法 金利の目安
銀行の目的ローン ~10.0%
キャッシング ~18.0%
銀行のカードローン ~14.6%

目的ローン(住宅ローンやマイカーローンなど)は安い金利で借りられる反面お金の使いみちに制限があり、生活費や娯楽には使えません

自由にお金を使いたい人には、キャッシングやカードローンがおすすめです。

また更に返済額を減らすコツとして、返済手数料0円にすることや繰り上げ返済があります。

この記事は特にお金を安く借りる方法3つと、更に利息を減らすためのコツを解説します。

お得にお金を借りる方法3つ

  • 借りる目的が明確な人:銀行の目的ローンがオススメ
  • 住宅ローンやマイカーローンなど、お金の使途に制限が有りますが一番金利が安いです。
  • すぐ借りて短期で返す予定の人:大手キャッシングがオススメ
  • 初回の利用時に一定期間金利0円のサービスがあり、即日融資も可能です。
  • 長期的に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ
  • 自由な使いみちで長期間お金を借りたい人には、金利の安い銀行のカードローンがおすすめです。
お金丸

金利以外で返済額を安くするには下記のコツ2つを守ろう!

  • 返済手数料0円のサービスを選ぶ
  • 繰り上げ返済を行う

詳しく知りたい方はこちら→

おすすめの大手キャッシング

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 初回に限り、30日間利息ゼロ
  • web、コンビニなら返済手数料無料
  • 初回なら5万円借りても3か月で利息1,114円
おすすめの銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • コンビニATM利用手数料無料
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 5万円借りても3か月で利息1,221円

お金借りる方法3つを比較|金利が安いところなら数万円節約も可能

お金を借りるおすすめの方法は以下の3つですが、一番金利が安いのは目的ローンです。

お金を借りる方法3つ

  • 銀行の目的ローンを利用
  • 消費者金融のキャッシングを利用
  • 銀行のカードローンを利用

これらの方法の金利を比較してみましょう。

目的ローン・キャッシング・カードローンの金利比較

銀行の目的ローン 金利
住宅ローン 年0.28%~2.9%
マイカーローン 年1.5%~3.8%
キャッシング 金利
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
銀行のカードローン 金利
三菱UFJ銀行 年1.8%~14.6%
楽天銀行 年1.9%~14.5%

金利では数%の差でも、借入額になおすと数万円の差になることもあります。

実際に、キャッシングと銀行で50万円を5年かけて返済する場合を比べました。

50万円借りた時の利息の比較表

返済期間 キャッシング
年18.0%
銀行
年14.5%
差額
3年 150,721円 119,563円 31,158円
5年 261,781円 205,810円 55,971円

50万円を5年かけて返済する場合だと、キャッシングより銀行の方が55,971円もお得になるのです。

やはり、金利が安いと長期間の借入ではお得になりやすいのですね。

ですので、借りたお金の使いみちが明確な人には一番金利が安い目的ローンがおすすめです。

使い道が明確な人には目的ローン|安い金利でお得に借りられる

お金の使い道が明確なら、一番金利を安く済ませることのできる目的ローンがおすすめです。

ただし、目的ローンではそれぞれの目的に沿った使い道を遵守する必要があり、利用に際して領収書などの提出を求められることが多いです。

主な目的ローンには以下のものがあります。

ローンの種類 金利の目安
(実質年率)
特徴
住宅ローン 0.28%~2.9% [本人が住む住宅の購入]のみに使用可
マイカーローン 1.5%~3.8% 車の購入や自動車保険等に使用可
教育ローン 1.12%~10% 学校に支払う費用(授業料など)のみ使用可 ※例外あり

住宅ローンとは、購入する住宅を担保にして、申込者の年収や勤務年数を参考に契約が結ばれるローンのことです。

年収の約5倍~7倍まで借り入れ可能なのが特徴です。

また、マイカーローンは無担保ではじめから車の所有権が持てることが特徴のローンです。

また車の所有だけでなく、車検や自動車保険などの維持費にも使用できます。

また、教育ローンは、子供が学校に行くために必要となるお金を保護者が借りられるサービスです。

一般的には、入学料や授業料など学校に納付するお金のみが対象となりますが、一部の教育ローンは部活動費や在学中の生活費に充てることができます。

あわせて読みたい

銀行からお金を借りる

銀行からお金を借りる方法4つ|金利が高いカードローンにすべき理由

お金を借りる方法

詳細を見る>

ただし、目的ローンでは使い道が限られるほか、住宅ローンなど、種類によっては融資までの期間が1か月近くかかるものもあります。

今すぐ借りたい人や生活費のためにお金を借りたい方は、キャッシングがおすすめです。

金利が高いのにお得?短期間の利用にキャッシングがおすすめな理由

キャッシングのメリットとデメリットは以下の通りです。

キャッシングのメリット・デメリット

メリット 初めてなら特定期間利息0円サービスがある
デメリット 銀行と比べて少し金利が高い

キャッシングの多くは、初回に限り一定の無利息期間を設けています。

30日間無利息のサービスを利用して借入をした場合、 最初の数か月間は銀行のカードローンで借りるよりも利息を含めた返済額が安くなることがあります。

金利が高いのは避けたい…無利息期間なら金利0円で一番お得に借りられる

無利息期間とは金融会社が定めた期間内であれば利息が0円となるサービスです。

例えば、借り入れから30日間無利息の場合と無利息期間がない場合で、60日間50万円借りたときの金利を比較しましょう。

50万円を2か月借りた場合の無利息期間(金利年18.0%)

無利息期間 利息
30日間 7,397円
無し 11,276円
差額 3,879円

無利息期間を利用するだけで約4000円もお得に借りられるんですね。

プロミス

申し込みは こちら

プロミスで無利息期間を利用してお得に借りましょう。

ただし、無利息期間の設定の仕方によっては気づかないうちに、無利息期間が終了している可能性があるんです。

気づかぬうちに無利息期間が終了?注意すべき点とオススメキャッシング

無利息期間は契約時から〇日と設定しているところが多く、1回も借りていないのに無利息期間のサービスが終了してしまうという場合が起こりえます。

各キャッシングの無利息サービスの設定期間に注意が必要です。

各キャッシングの無利息期間

キャッシング 無利息期間
アコム 契約翌日から30日間
アイフル 契約翌日から30日間
プロミス 初回借り入れの翌日から30日間

以上の中でおすすめなのが、プロミスです。

プロミスは大手キャッシングの中で唯一、初回の借り入れから30日間無利息であるため「1回も借りていないのに無利息期間のサービスが終了してしまった」ということを回避できます。

さらに3つの中で唯一最短1時間融資が可能なのでお得に早く借りたい方に絶対おすすめです。

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

プロミスの無利息期間で浮いたお金で、趣味や欲しいものを存分に買いましょう。

ただし、銀行のカードローンより利息が高いことが多いので、 返済期間が長期にわたる際は損をすることがあるので注意が必要です。

長期にわたって借り入れをしたい方は、キャッシングより、銀行のカードローンをおすすめします。

できるだけお得に借りたい…長期的な借り入れには銀行のカードローン

銀行のカードローンのメリット・デメリット

メリット キャッシングと比べて金利が安い
デメリット 即日融資に対応していない

以下の表でもわかる通り、お得に、長期的に借り入れを行いたい場合は、キャッシングより銀行のカードローンの方がおすすめです。

50万円借りた時の利息の比較表

返済期間 キャッシング
年18.0%
銀行
年14.5%
差額
1年 50,074円 40,128円 9,946円
3年 150,721円 119,563円 31,158円
5年 261,781円 205,810円 55,971円

50万円を5年かけて返済する場合だと、キャッシングより銀行の方が約5万6千円もお得になるのです。

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

長期の借り入れには三菱UFJ銀行カードローンを利用して、お得に借りましょう。

さて、実際にカードローンやキャッシングを利用してお金を借りるにはどのような流れが必要なのでしょうか?

カードローンでお金借りてから返済まで|申込みの4STEPと必要なもの2つ

銀行のカードローンやキャッシングでは、以下の4つの流れでお金を借りられます。

  1.  パソコンやスマホ・窓口で申し込む
  2.  審査結果を待つ
  3.  WEBまたは店舗・自動契約機で契約
  4.  ATMや振込でお金を借りる

またお金を借りる時の審査には、本人確認書類と収入証明書が必要です。

一般的なキャッシングやカードローンでの審査条件は以下の2点です。

キャッシングやカードローンでの審査条件

  • 安定した収入があること
  • 年齢が20~69歳であること

最後に、借りたお金の返済方法には、口座振替やATM振込があります。

まずは、お金を借りる時の流れをチェックしましょう。

カードローン利用の流れ|申込みから借り入れまで4ステップを網羅

申込4ステップ

カードローンでお金を借りる流れは以下の4つのステップです。

  1. パソコンやスマホ・窓口で申し込む
  2. スマホやパソコン、店頭窓口でカードローン利用を申し込みます。
  3. 審査結果を待つ
  4. カードローン会社が審査を行います。
  5. WEBまたは店舗で契約
  6. 審査に通れば、WEBもしくは店舗での契約に進みます。既に口座を持っている場合は口座のカードを利用可能であることもあります。 このときお金を借りるのに必要なカードを受け取ります。
  7. お金を借りる
  8. カードを使い、カードローン会社の店舗やコンビニATMなどでお金を借ります。ネットや電話から、銀行口座に振り込むこともできます。

さてお金を借りる流れが分かりましたが、実際に借りるためには何が必要なのでしょうか?

カードローンやキャッシングの審査には本人確認書類と収入証明書が必要

お金借りたいけど、何を用意すればいいの…?

カードローンやキャッシングでお金を借りる場合は本人確認書類と収入証明書が必要です。

ただし、借入希望額や他社との借入総額との兼ね合いに応じて収入証明書が不要な場合もあります。

まずは本人確認書類から詳しく見て行きましょう。

本人確認書類に社員証はNG!免許証などの公的な身分証が必須

まず、カードローンの契約をする場合、本人が契約したことを証明するために本人確認用書類が必要となります。

本人確認書類に社員証はNG!免許証などの公的な身分証が必須社員証などの公的でない書類は本人確認用書類としては認められません

《本人確認書類として認められるもの》

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード など

ちなみに、銀行からお金を借りる場合、できるだけ顔がわかるような書類を求められることが多いです。

なお、どうしても顔がわかるような書類がない場合、銀行によっても対応が異なりますが、健康保険証や住民票など他の公的書類を複数提出するよう求められることがあります。

さてもう一つの必要な書類である収入証明書に関してもチェックしましょう。

カードローンでお金借りるには収入証明書が必要※希望額によっては不要な会社も!

カードローンやキャッシングでお金を借りるには基本的に収入証明書が必要です。

ただし希望額に応じて収入証明書が不要となるカードローンもあります。

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書のような年収を証明するための書類です。

収入証明書について、10万円など借入額が少ない場合は提出が必要ないこともありますが、借り入れの金額が大きいと提出を求められることがほとんどです。50万円以上の借入を希望する場合は原則必須だと考えておきましょう。

《収入証明書として認められるもの》

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表 など

会社員の場合に必要なのが源泉徴収票です。

源泉徴収票は年に1回会社が給与を支払っている従業員に発行する書類で、年収の他、勤務先などの審査に必要な情報が記載されています。

一方、フリーランスなど会社から給与を受けていない場合に提出しなければならないのが、確定申告書の写しです。

確定申告書を普通に提出するだけでは写しがもらえないので、提出の際は必ず控え分に受付印を貰って保管しておくようにしましょう。

お金を借りるために必要なものは分かりましたが、借りたお金を返済する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

カードローンやキャッシングの返済方法4つ|手数料無料でさらにお得!

キャッシングやカードローンの返済方法は一般的に以下の4つです。

銀行のカードローンの返済方法

  • 口座引き落とし
  • 銀行振込
  • 専用ATMやコンビニATMでの振り込み
  • ネットバンクで振り込み

口座引き落としは、登録した口座から毎月決まった日に引き落とされる返済方法です。一般的なクレジットカードの支払い方法と同じで自動で引き落としてくれるので便利です。

銀行振込は、好きな日に銀行で振り込むことが出来ます。ただし、振り込み手数料がかかることが多いので注意が必要です。

一方、ATMでの振り込みなら手数料無料となることが多くあります。

また、ネットバンク対応の会社なら、WEB上でいつでもどこでも振り込み出来るので利便性に優れています。

また、銀行のカードローンの返済方式は月々の支払額が一定となる、いわゆるリボ払いといわれる方法が一般的です。

最低金額さえ支払えれば、延滞ということがなく安心ですね。

さて、カードローンでの申込みから返済までの方法や流れが分かったところで、金利以外で安く借りるためのコツをチェックしましょう。

少しでも借金を増やしたくない…金利以外で安く借りるためのコツ2選

金利が安かったらお得だし安心だな~

お金借りる時の金利だけ気にしていても、損をすることがあるんです。

ここではお金を借りる時に見落としがちで実は重要なコツを2つご紹介します。

実は重要なコツ2選

  • 返済の手数料がかからない方法を選ぶ
  • なるべく繰り上げ返済を行う

知らないうちに手数料で損?返済方法は無料のものを選ぼう

損したくないなら、見落としがちな返済手数料にも必ず気を付けましょう。ひと月数百円でも積み重なれば痛い出費になりますからね。

返済手数料が無料になる方法は専用ATMや店頭窓口など、限られています。手数料が無料で返済できる方法をまとめたので参考にしてください。

返済方法別手数料一覧

プロミス レイクALSA アイフル
専用ATM
店頭窓口
インターネット返済 ×
自動引き落とし ×
提携ATM × ×
コンビニ × ×

※上表において ○:手数料無料  ×:手数料有料

※プロミスは三井住友銀行提携ATMなら手数料がいつでも無料です。

プロミス

申し込みは こちら

手数料無料の返済方法が多いプロミスで、少しでも借金を減らしましょう。

また、返済手数料をかけないことも大事ですが、返済期間を短くすることも非常に有効なんです。

一括返済、繰上返済をしよう

早期一括返済、繰上返済のメリットは、何と言っても利息を軽減できることです。

50万円借りたときに、36か月(3年)かけて返せば10万円以上かかる利息も、半年で返せば約2万円で済ませられるんです。

返済期間別 50万円借りたときに支払う利息

返済期間 キャッシング
年18.0%
銀行
年14.5%
6か月 26,574円 21,354円
12か月 50,074円 40,128円
36か月 150,721円 119,563円

お金が多く入った月は、いつもより多めの返済・完済することで、節約しましょう。

大切なのは、実際に返済計画を立ててみることです。

とはいえ、「自分でいちいち計算してみるのってめんどくさい。。

そんなときは下記の返済見積もり機能を利用してみてください。

借りたい額に対して月々いくら返済していくのかたった1分で分かりますよ。

おすすめの大手キャッシング

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 初回に限り、30日間利息ゼロ
  • web、コンビニなら返済手数料無料
  • 初回なら5万円借りても3か月で利息1,114円
おすすめの銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • コンビニATM利用手数料無料
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 5万円借りても3か月で利息1,221円

さて、銀行より、もっと金利を安く借りる方法には親や公的機関の制度を利用することがあげられますが、実はデメリットが多いんです。

番外編|親や国から安い金利でお金を借りる方法とおすすめしない理由

お金を借りる時の金利が高いと返済が大変そう…

金利を安くお金を借りて楽に返済したい…

最も金利を安くお金を借りる方法は以下の2つです。

最も金利を安くお金を借りる方法

  • 国や地方の公的な貸し付け制度を利用
  • 親や友人など身近な人からお金を借りる

ただし、金利が安いだけで選ぶと不便な思いをすることもあります。

上記の2つの方法の金利の安さやデメリットを表で確認しましょう!

利用手段 金利の目安 デメリット
公的な
貸し付け制度
~年2.0% 借りられる対象がごく少数
身近な人から借りる ~年1.0% 人間関係が
崩れる可能性

実は[公的な貸付制度]と[身近な人から借りる]は、金利が低く済みますがデメリットが非常に大きいです。

例えば、公的な貸付制度だと審査に非常に通りにくかったり、通ってから融資まで1か月以上かかったりします。

また、身近な人から借りると、借りたお金が贈与税でとられてしまうこともあります。 

それぞれを詳しく説明していきます。

安い金利でお金を借りるなら公的な貸付制度?実はおすすめしない理由2つ

公的な貸付制度をオススメしない理由は以下の2つです。

公的な貸付制度をオススメしない理由

  • 融資の対象者が非常に限られていて審査に通りにくい
  • 申し込みから融資まで約1か月以上かかる

国や地方が行っている公的な貸付制度では、年2%前後というかなり安い金利でお金を借りることができます。

しかし貸付のための予算や対象者が限られており、「申し込んだのに、全然借りられない」という口コミもあるんです…。以下で確認してみましょう。

主な公的な貸付制度の金利及び対象者

制度名 金利 対象者
生活福祉資金貸付制度 無利子~年1.5% 低所得者・障害者・高齢者
勤労者融資制度 無利子~年2.0% 中小企業に勤めている者
国の教育ローン 年1.76% 世帯年収が一定以下の子持ち世帯

また、かなり安い金利で貸し付けを行っているので、その分審査のハードルが高いと言われています。

申し込んだけど、審査に落ちてしまった…」という口コミも見られます。

また、申し込んでから融資まで通常1か月程度かかることが多く、借りるまで時間がかかってしまいます。

次の手段として親から借りる方法も考えてみましょう。

身近な人からお金を借りるべきでない理由2つ

親とか身近な人から借りれば楽だしいいな…

実は身近な人からお金を借りるときに借用書を用意しないと、贈与税がかかってしまい損をしてしまいます。

親からお金を借りるべきでない理由は2つです。

身近な人からお金を借りるべきでない2つの理由

  • 借用書を準備する必要あり
  • 友人や家族とのトラブルの引き金になり、それまでの関係が崩れる

冒頭でもお伝えした通り、借用書を用意しないと「お金を貸したのではなく贈与した」とみなされ、贈与税がかかってしまいます。

借用書には、借りた額だけでなく、金利や返済日なども明記する必要があり非常に手間がかかります。

借用書の内容

借用書の項目 注意点
契約書の作成日時 受け渡し日と同じ日を記載
氏名・住所・印鑑 名前は手書きで記載
借入金額 漢数字で記載
金額の受け渡し日 年・月・日を記載
返済方法 「銀行振込」 などと記載
返済期日 年・月・日を記載
金利 年〇%と記載
遅延損害金 年〇%と記載

また、設定した金利は1%以上に設定する必要があるなど、細かいコツが必要となり面倒です。

また、2点目で述べたように、お金の貸し借りを個人間で行うとトラブルの引き金となることが非常に多いです。

親からお金を借りて、家族との仲が悪くなった」、「親が亡くなり、相続問題で兄弟とトラブルになった」という口コミも多く見受けられます。

あわせて読みたい

親にお金を借りるには?使える理由4つと絶対損しないための注意点

お金を借りる方法

詳細を見る>

親や公的機関からお金を借りるにはデメリットが多いため、銀行のカードローンやキャッシングの利用をおすすめします。

おすすめの大手キャッシング

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 初回に限り、30日間利息ゼロ
  • web、コンビニなら返済手数料無料
  • 初回なら5万円借りても3か月で利息1,114円
おすすめの銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • コンビニATM利用手数料無料
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 5万円借りても3か月で利息1,221円

自由な使いみちでお金をお得に借りる方法

  • 数か月で完済予定:大手キャッシングがオススメ

大手キャッシングは、初回の利用時に一定期間金利0円サービスがあるため、短期間の利用ならお得に借りられます。

また、銀行には無い即日融資のサービスもあるので、今すぐ借りたい方におすすめです。

  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ
プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

キャッシング審査落ちを絶対回避したいあなたが確認すべき注意点3つ

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

【要確認】キャッシングの必要書類は2つだけ!審査申込3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

土日にお金借りるなら【銀行NG】即日融資を最短で行うポイント3つ

「急ぎでお金が必要!土日でも今すぐ…

今日借りたいなら絶対NG|即日キャッシングできない3つの落とし穴

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「

お金を借りる|早い融資を望む人は最短30分審査可能な3つから選べ

「とにかく一刻でも早くお金を借りたい…!」「