「金利が安い=お得」ではないってホント!?賢くお金を借りる方法

お金を借りる金利安い

とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」

消費者金融と銀行のカードローンを比べると、やはり金利が安いのは銀行のカードローンです。

しかし、「金利が低い=支払う利息が少ない」とは限らないってご存知でしたか? 金利だけにとらわれず、

  • 借りたい額
  • 返済期間

をもとに選ぶことで、ご自身に合ったカードローンでお得にお金を借りることができます。

消費者金融は、

  1. 1カ月以内に完済可能な額を借りたい方
  2. 今すぐ現金が必要な方

銀行のカードローンは、

  1. 10万円以上のまとまった額を借りたい方
  2. 長期的に借入を行っていく方

におすすめです。

おすすめの消費者金融のカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
    • 初回に限り、30日間利息ゼロ
    • web、コンビニなら返済手数料無料!
    • 入力項目が少なく最短3分で申込完了
    • 最短1時間融資が可能なのはプロミスだけ

おすすめ度

アコム

アコムバナー
    • 利用者数は業界no.1の1,000万人超
    • 初めての利用であれば30日間無利息
    • うっかり忘れもメールでサポート
    • パートやアルバイトの方もOK
おすすめの金利が低い銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • ATM利用手数料無料
  • 返済期日をメールでお知らせサービスがあるので支払忘れの心配なし
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員の方はここで決まり!
  • 今使っている口座に振り込み可能
  • コンビニ手数料無料
  • 返済は月々2,000円からOK

重要!銀行と消費者金融のカードローン金利比較

一般的に、銀行カードローンの方が消費者金融のカードローンと比べて金利が低いといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。 カードローンで金利を比較してみました。

カードローン別金利比較

アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
東京スター銀行 年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
イオン銀行 年3.8%~13.5%

金利の下限と上限どちらを比較してみても、一般的にいわれているように銀行のカードローンの方が低いというのは間違いありません。

しかし、これだけで判断してはいけません!この金利は借りる限度額によって変動します。 最低金利が適用されるのは一般的に500~800万円など最高限度額近くまで借りる方のみ!

借りたい額に対する利率がどれくらいになるのか調べることが重要です。

それでは実際、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンを利用した場合、どのくらいの差が出てしまうのでしょうか。

30万円を1年間借りたとしたら?

金利 利息
消費者金融カードローン 18.0% 54,000円
銀行のカードローン 14.5% 43,500円
クレジットカードのキャッシング枠 18.0% 54,000円

差額は、54,000円 - 43,500円 = 10,500円となります。

金利が違うだけで支払い額が大きく変わります

少額であればたいして問題ありませんが、借りる額が大きければ大きいほど金利が高いと利息の差が広がっていくことがわかります。

クレジットカードのキャッシング枠は、借入金額に関わらず一律で18.0%の利率が一般的です。 高額借りたからといって得をするわけではないので、カードローンが選ばれているわけです。

「金利が低い」だけで借入先を選ぶと損をする可能性大!

お金を借りるには、以下のように数多くの方法が世の中には存在しています。

  • 国金
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 住宅や医療、子供の教育など利用目的の決まったローン
  • ろうきん
  • 信用金庫
  • 生命保険の契約者貸付
  • 奨学金
  • 両親にお金を借りる

中でも、おすすめなのがカードローン。なぜなら、利用目的を縛られることもない上、様々な特徴を持ったカードローンが豊富にある為、自分にあった借り方ができるからです。

そこで、注目されがちな金利ですが、実は金利が安いだけでは、お得とは限りません

というのも金利に着目した場合、下記のようなことがいえます。

  • 金利は借入額によって変動する
  • 金利が低くても返済方法によっては損をすることもある
  • 金利は消費者金融よりも銀行の方が低い傾向にある

金利に加えて見るべき条件は、借りたい額と返済期間です。これを踏まえてどこに借りるべきか見ていきましょう。

賢くお金を借りるポイントは借入先の使い分け

消費者金融はどういった場面で使う?

消費者金融はこんな方におすすめ

  • 1カ月程度で返済できる見込みがある方
  • 今すぐに現金が必要な方

消費者金融の多くは、初回に限り30日間は利息0円サービスを行っています。

たしかに、消費者金融の金利は、銀行のカードローンよりやや高いです。しかし、30日間無利息のサービスを利用して借入をした場合、 最初の数か月間は銀行のカードローンで借りるよりも利息を含めた返済額が安くなる場合があります。

ですから、借りた額を計画的に返済できる見込みがある方は、消費者金融のカードローンを利用した方が結果的にお得になります。

まとまった額を借りたいなら銀行のカードローン

銀行のカードローンはこんな方におすすめ

  • 長期的に借入を行う予定の方
  • 10万円以上のまとまった額を借入したい方

実際に計算して比較してみた通り、高額で融資を受けたい場合は金利の違いが響いてしまうため、消費者金融より銀行カードローンの方がおすすめです。 より低い金利で借り入れる為、利息を抑えることができます。

金利は借入額100万円を超えると変更される傾向にあるので、100万円を超えるお金を借りたい場合は銀行のカードローンを活用してみましょう。

消費者金融のカードローンの意外な落とし穴

消費者金融のカードローンのデメリットは、やはり基本的に利率が銀行のカードローンよりも高くなってしまうことです。

即日融資という観点では長けていますが、長期的に借入をする場合や、少額の借入の場合は最大金利が適用されますので利率の差が大きくなり利息がかさんでしまいます。

銀行のカードローンの意外な落とし穴

金利面で比較的有利な銀行のカードローンですがデメリットになる部分もあります。

基本的に即日融資ができないということです。口座の開設が必要な場合もあるためです。

大切なのは、実際に返済計画を立ててみること。

とはいえ、「自分でいちいち計算してみるのってめんどくさい。。」そんなときは下記の返済見積もり機能を利用してみてください。 1分もあれば借りたい額に対して月々いくら返済していくのか算出してくれますよ。

おすすめの消費者金融のカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
    • 初回に限り、30日間利息ゼロ
    • web、コンビニなら返済手数料無料!
    • 入力項目が少なく最短3分で申込完了
    • 最短1時間融資が可能なのはプロミスだけ

おすすめ度

アコム

アコムバナー
    • 利用者数は業界no.1の1,000万人超
    • 初めての利用であれば30日間無利息
    • うっかり忘れもメールでサポート
    • パートやアルバイトの方もOK
おすすめの金利が低い銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • ATM利用手数料無料
  • 返済期日をメールでお知らせサービスがあるので支払忘れの心配なし
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員の方はここで決まり!
  • 今使っている口座に振り込み可能
  • コンビニ手数料無料
  • 返済は月々2,000円からOK

お金を借りる場合金利に目が行きがちですが、そこまで大きく金利は変わらないため、ほかにどういった付加価値があるか、自分が何を重視したいかを意識して検討すると 自分に合ったカードローンを見つけやすくなります

少しでもお得に!損をしない為にできる2つの盲点

お金を借りるにあたって少しでも損をしない為にできる事をご紹介しますね。

忘れやすい手数料に注意

見落としがちな返済手数料にも必ず気を付けましょう。ひと月数百円でも積み重なれば痛い出費になりますからね。

返済方法はいくつもありますが、返済手数料が無料になる方法は限られています。手数料が無料で返済できる方法をまとめてたので参考にしてください。

返済方法別手数料一覧
プロミス アコム アイフル
インターネット返済 無料 無料 有料
専用ATM 無料 無料 無料
提携ATM 有料 有料 有料
店頭窓口 無料 無料 無料
コンビニ 無料 有料 有料
自動引き落とし 無料 有料 有料

※プロミスは三井住友銀行提携ATMなら手数料がいつでも無料です。

一括返済、繰上返済をしよう

早期一括返済、繰上返済のメリットは、何と言っても利息を軽減できること

お金が多く入った月はいつもより多めの返済、または完済をおすすめします。

おすすめの消費者金融のカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
    • 初回に限り、30日間利息ゼロ
    • web、コンビニなら返済手数料無料!
    • 入力項目が少なく最短3分で申込完了
    • 最短1時間融資が可能なのはプロミスだけ

おすすめ度

アコム

アコムバナー
    • 利用者数は業界no.1の1,000万人超
    • 初めての利用であれば30日間無利息
    • うっかり忘れもメールでサポート
    • パートやアルバイトの方もOK
おすすめの金利が低い銀行のカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • ATM利用手数料無料
  • 返済期日をメールでお知らせサービスがあるので支払忘れの心配なし
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員の方はここで決まり!
  • 今使っている口座に振り込み可能
  • コンビニ手数料無料
  • 返済は月々2,000円からOK

この記事のまとめ

金利がお得なカードローンでも結果的に多くの金額を支払ってしまうことなどデメリットもあります。 金利がお得=支払う利息も少ないと考えるのは危険

カードローン会社の返済計画通り返済していると損をする場合もあります。繰り上げ返済を使用したり、無利息期間を利用したりして積極的に返済を実行すればお得に借りられます。

金利だけにとらわれず、返済計画はどうなっているか、比較したうえで決めるようにしましょう。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

今日中に5万円借りたいなら絶対NG!カードローン審査3つのタブー

「支払いの期日が迫ってるけど、どうしても5万円ほどお金が足りない...」…

1万・2万・3万円借りたい!最短で借りる方法2選と知るべきリスク

「断れない飲み会が突然…手持ちが…。1万円借りたい…」 「

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

キャッシングのための必要な書類は2つだけ!書類提出時の3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

土日にお金を借りるならWEB申込みが最短|即日融資の3つのポイント

「急ぎでお金が必要!土日でも今すぐ…