クレジットカードでお金を借りるには|損せず借りる方法2つ

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるメリットデメリット

「クレジットカードでお金って借りられるの…?」

「申し込み方法ってどうやるの…?金利って高い…?」

クレジットカードではキャッシング枠を利用することで、お金を借りることができます。

  • キャッシング枠がある場合:普段ATMを使用するのと同じ要領でキャッシングが可能
  • キャッシング枠がない場合:キャッシング枠の申し込みもWEBや郵送で可能

しかし、クレジットカードでお金を借りると金利が年間約18.0%と高いです。

お得に借りたい人は、無利息期間のある消費者金融や、金利が安い銀行のカードローンがオススメです。

クレジットカードよりお得に借りる方法2つ

高い金利で損したくないなら無利息期間のある消費者金融や、金利が安い銀行のカードローンがオススメです。

返済予定別 損しないオススメの方法2つ

  • 数か月で完済予定:消費者金融のカードローンがオススメ
  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ

おすすめ度

アコム

  • 利用者数は業界No.1の1,000万人超
  • 初めての利用であれば30日間無利息
  • 「Web申込+むじんくんでカード発行」なら最短即日で借入れ可能

おすすめ度

レイクALSA

  • 初めての利用で選べる2種類の無利息期間
  • 借入全額30日間無利息/借入額5万円まで180日間無利息
  • 最短即日融資可能!

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK!"今の自分の口座"に振込できます
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天カードを持っている方は特に手続き簡単

クレジットカードでお金借りられる?失敗せず借りる方法を解説

「クレジットカードでお金借りられるの?」

クレジットカードのキャッシング機能を使うことで、ATMなどでお金を借りることができます。

クレジットカードの機能2つ

  • 「ショッピング機能」:買い物時の代金をカードで支払える機能
  • 「キャッシング機能」:ATMなどでお金を借りられる機能

それぞれに、使える金額の上限を、「ショッピング枠」、「キャッシング枠」といいます。

私のクレジットカードでお金借りられる?キャッシング枠確認方法

自分のクレジットカードのキャッシング枠は、以下の2つの方法で確認できます。

  • クレジットカード会社のWEBサイトにログインしチェックする
  • コールセンターに電話して確認する

以上の方法で自分のキャッシング枠を知ることができますが、キャッシング枠はショッピング枠に含まれるので注意が必要です。

例えば、ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合、利用額に応じて使用可能額は以下のように変動します。

ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合

ショッピング利用額 キャッシング利用額 ショッピング枠残り キャッシング枠残り
10万円 0万円 40万円 20万円
10万円 10万円 30万円 10万円
10万円 20万円 20万円 0万円

クレジットカードは申請時にショッピング枠が「〇〇万円」と設けられていますが、キャッシング枠は0円の場合もあります。

キャッシング枠が0円の場合は、クレジットカードでお金を借りることはできません。

キャッシング枠は以下の手順で申請できます。

キャッシング枠を増やしてお金を借りたい!申し込み方法を解説

「キャッシング枠が0円だからお金借りられない…」

「キャッシング枠あるけど、もう少し額を増やしたい…」

キャッシング枠を増やすためには、以下の方法での申し込みが必要です。

キャッシング枠の申し込み方法2つ

  • クレジットカード会社のWEBサイトにログインし申し込む
  • コールセンターへ連絡し必要書類を郵送して申し込む

必要書類は、現時点でのキャッシング借入総額に応じて、以下のものが必要となります。

ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合

借入総額 必要書類
100万円以下 なし(年収額の申告のみでOK)
100万円以上 年収証明書類(源泉徴収票、給与明細など)

また、申し込んでからの流れは以下の通りです。

申し込み ⇒ 審査 ⇒キャッシング枠の付与(審査通過の場合)

キャッシングの審査は一般的に、申し込みから結果が出るまでにおおよそ7営業日程度かかります。

審査に時間がかかる理由は、年収に基づいた返済能力だけでなく他社の借り入れ状況や信用情報など沢山の情報を加味するためです。

キャッシング枠が付与されたら、クレジットカードでお金を借りることができます。

実際にお金を借りる流れや借りる時の注意点をチェックしましょう。

クレジットカードでお金借りる方法を知りたい!借り入れから返済までを解説

クレジットカードでお金借りる方法は大きく2つあります。

クレジットカードでお金借りる方法2つ

  • 口座に振り込み
  • ATMから引き出し

口座振込の場合は、以下の流れでお金を借りることができます。

クレジットカード会社のWEBサイトにログインし申し込む
or
コールセンターから申し込む

指定した口座へ、お金が振り込まれる

また、ATMを利用してクレジットカードでお金借りる時の流れは以下の通りです。

ATMからの画面上で「お引き出し」を選択

「クレジットカード」を差込口から投入

「暗証番号」を入力

「お借り入れ」を選択

返済方法が選べる場合は、「1回払い」か「リボ払い」から選択
(「1回払い」だけの場合もあり)

「お借り入れ金額」を入力

クレジットカード、ご利用明細、現金を受け取る

借入金額はカード会社により1000円単位の場合と1万円単位で分かれます。

クレジットカードで借りたお金の返済には、カード会社によって以下の2通りの場合があります。

クレジットカードで借りたお金の返済方法2つ

  • 「一括払い」のみの場合
  • 「一括払い」と「リボ払い」のどちらかを選べる場合

また、クレジットカードでお金を借りる場合、一括払いで返済したとしても利息がかかってしまうので注意が必要です。

クレジットカードで借りたお金を返済する方法は、ショッピング利用時と同じく、口座引き落としで返済する方法が一般的です。

よって、ATMを使ってお金を借りられても、ATMを使っての返済が出来ないカードも多くあります。

ATMでの返済が可能なクレジットカード一覧をチェックする

返済方法が口座引き落としの場合、金利が日割り計算となるため損をする場合があります。 以下で詳しい内容をチェックしましょう。

クレジットカードでお金借りたら金利が高い|損せず借りるには

前述したように、クレジットカードでお金を借りる場合、一括払いでも金利分の返済が必要となります。

よって、クレジットカードで損せずお金を借りるにはATMでの返済が可能なカードの利用をおすすめします。

ATMで返済可能なクレジットカードと金利一覧

サービス名 金利 返済方法
楽天カード 18.00% ATM、口座引き落とし
イオンカード 7.8%~18.0% ATM、口座引き落とし
JCBカード 15.0%~18.0% ATM、口座引き落とし
ACマスターカード 3.0%~18.0% ATM、口座引き落とし、店頭窓口、WEB返済

なぜなら、返済金額は借入した金額に利息が日割りで追加されるため、返済方法が口座引き落としのみ場合は損をすることがあるからです。

締め日(カードの請求額が決定される日)以降の利用は、翌月の締め日に請求金額が確定します。

例えば締め日が毎月15日、支払日が毎月10日のクレジットカードなら、15日までの利用額を翌月の10日に支払います。

金利年18.0%で20万円借りた場合の利息は以下の通りとなります。

金利年18.0%で20万円借りた場合の利息

借り入れ日 支払日 利息の適用日数 利息額
9/15 10/10 25日 2464円
9/16 11/10 55日 5424円

※締め日:毎月20日、支払日:毎月10日

返済日が1日異なるだけで利息を倍近く払う必要があるのですね。

クレジットカードで損せずお金を借りたい場合は、ATMでの返済が可能なカードの利用をおすすめしますが、クレジットカードよりもカードローンの方がもっとおススメです。

損せず借りたい…クレジットカードがカードローンより損する4つの理由

実はクレジットカードより、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる方がおすすめなんです。

クレジットカードがカードローンより損する4つの理由

  • 金利が高い
  • 審査が遅い
  • 返済方法が限られる
  • 借り入れ限度額が低い

そもそも、銀行や消費者金融のカードローンというのは、銀行や消費者金融が行なうキャッシングサービスです。

銀行や消費者金融のカードローン概要

銀行 消費者金融
融資までの時間 最短翌日 最短即日
金利の目安(年利) 約2.0%〜14.5% 約3.0%~18.0%
申し込み方法 WEB、電話、郵送、店頭窓口など
返済方法 コンビニや銀行ATM、店頭窓口、インターネット返済など

消費者金融や銀行のカードローンがオススメな理由を詳しく解説します。

銀行のカードローンは金利が安くてお得|クレカの金利・返済額と比較

銀行のカードローンはクレジットカードより金利が安いので、返済額も少なく済むんです。

銀行のカードローンとクレジットカードの金利比較

銀行のカードローン 金利
三菱UFJ銀行 年1.8%~14.6%
楽天銀行 年1.9%~14.5%
みずほ銀行 年2.0%~14.0%
イオン銀行 年3.8%~13.5%
クレジットカード 金利
楽天カード 年18.00%
イオンカード 年7.8%~18.0%
JCBカード 年15.0%~18.0%
ACマスターカード 年3.0%~18.0%

それでは実際、クレジットカードのキャッシングと銀行のカードローンを利用した場合、どのくらいの差が出てしまうのでしょうか。

10万円、30万円、50万円を1年間借りる場合の利息を比較してみました。

1年間借りる時の利息の比較表

借入金額 クレジットカード
年18.00%
銀行のカードローン
年14.50%
差額
10万円 10,011円 8,020円 1,991円
30万円 30,044円 24,076円 5,968円
50万円 50,074円 40,128円 9,946円

10万円より、50万円と借りる額が大きいほど、金利のインパクトも大きくなるのですね。

クレジットカードで50万円借りる場合は、銀行で借りるのに比べて1万円近く損してしまいます。

銀行で借りると金利の面で有利な一方、消費者金融のカードローンは融資までの日数が早くて便利なんです。

消費者金融のカードローンはすぐに借りられる|融資までの日数比較

消費者金融のカードローンは最短即日で借りられるので、融資までのスピードが早くて便利なんです。

1年間借りる時の利息の比較表

消費者金融のカードローン クレジットカード
各サービス 融資までの日数 各サービス 融資までの日数
アコム 最短即日 楽天カード 約1週間
プロミス 最短1時間 イオンカード 約1~2週間
アイフル 最短即日 JCBカード 通常1~2週間

ちなみに銀行系カードローンは、融資までの日数が最短翌日です。

また、カードローンは返済方法も充実しています。

カードローンは返済方法が多様|繰上げ返済もできてお得

返済方法の比較表

銀行 消費者金融 クレジットカード
返済方法 コンビニや銀行ATM、店頭窓口、インターネット返済、口座振替など 主に口座振替

前述したとおり、クレジットカードでお金を借りる場合は口座振替が主であるため、締め日の関係で損をすることがあります。

一方、返済方法が充実しているカードローンなら締め日等に左右されず好きなタイミングで返済が可能なため、おススメです。

また、銀行のカードローンなら、限度額にも余裕があるのでおススメですよ。

銀行カードローンは限度額に余裕があるので安心|クレカの限度額と比較

銀行のカードローンでは、これだけのお金を借りることができるので、急な出費が重なったときに便利です。

銀行のカードローンとクレジットカードの限度額比較

銀行のカードローン クレジットカード
各サービス 上限融資額 各サービス 上限融資額
楽天銀行スーパーローン 800万 楽天カード 300万円
三菱UFJ銀行カードローン 500万 イオンカード 200万円
みずほ銀行カードローン 800万 JCBカード 100万円

カードローンと消費者金融の良さが分かったところで、実際どちらを選べばよいのでしょうか、確認してみましょう。

カードローンで損せず借りたい…銀行と消費者金融のお得な選び方

「消費者金融や銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合、実際どっちを選んだらお得なの…?

損せずに借りるなら、以下の基準で借りるとよいです。

返済予定別 損しないオススメの方法2つ

  • 数か月で完済予定:消費者金融のカードローンがオススメ
  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ

消費者金融のキャッシングは銀行のカードローンより金利が安くありません。

しかし数か月で完済予定の人は、消費者金融のカードローンを使用することがお得です。

数か月で完済予定の人には消費者金融のカードローンがおススメ

数カ月で完済予定な人へ消費者金融のカードローンがオススメな理由は、無利息期間(初回利用に限る)があるからです。

各消費者金融のカードローンの利用期間

サービス名 無利息期間
アコム 30日間
プロミス 30日間
アイフル 30日間
レイクALSA 180日間(5万円まで)もしくは30日間(金額制限なし)

この無利息期間があるので、銀行よりお得に借りることができます。

これらの中でも特に、アコムとレイクALSAがおススメです。

初めての消費者金融から借りるならアコムがおすすめ|銀行系傘下なので安心

「消費者金融から借りるのってなんだか不安…」

初めて消費者金融を利用するなら、アコムがオススメです。

なぜなら、アコムは三菱UFJグループの傘下であり、CMなどで認知度が高いからです。

現在までに、1000万人以上の人に利用されており、その信頼性や人気の高さがうかがえます。

初めて消費者金融を利用するなら、アコムを利用するとよいでしょう。

アコム

  • 利用者数は業界No.1の1,000万人超
  • 初めての利用であれば30日間無利息
  • 「Web申込+むじんくんでカード発行」なら最短即日で借入れ可能

長く、お得に借りたいなら、レイクALSAがオススメ

「無利息期間終わってしまったら、金利が心配だな…」

金利が心配な人には、レイクALSAがオススメです。

消費者金融の中で唯一「180日間無利息」(初回利用、5万円まで)を設けいます。

他のサービスよりも6倍も長い期間無利息でいられるので、金利の心配をせずに済みます。

長く、お得に借りたいなら、レイクALSAを利用するとよいでしょう。

レイクALSA

  • 初めての利用で選べる2種類の無利息期間
  • 借入全額30日間無利息/借入額5万円まで180日間無利息
  • 最短即日融資可能!

長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ

銀行のカードローンは消費者金融より金利が安いため、長期的に借り入れ予定なら銀行カードローンがオススメです。

これらの中でも特に、みずほ銀行と楽天銀行のカードローンがおススメです。

一番お得に借りたいなら、みずほ銀行カードローンがオススメ

銀行カードローンの中でも特におすすめなのが、みずほ銀行カードローンです。

なぜなら、金利以外の面でもお得に借りられるからです。

例えば、コンビニでもATM時間外手数料が無料や、みずほの住宅ローンとの併用で金利を年0.5%引き下げられることができます。

お得に借りたい方には絶対みずほ銀行がオススメです。

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる

楽天会員なら、楽天銀行スーパーローンが絶対オススメ

楽天会員の人には、楽天銀行スーパーローンが絶対オススメです。

なぜなら、入会するだけで1000ポイントもらえるからです。

また、楽天銀行の口座には24時間いつでも即時に振り込むことが可能です。

楽天会員の人が銀行カードローンを選ぶなら、迷わず楽天を選ぶとよいでしょう。

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK!"今の自分の口座"に振込できます
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天カードを持っている方は特に手続き簡単

クレジットカードよりお得にお金を借りる方法2つ

高い金利で損したくないなら無利息期間のある消費者金融や、金利が安い銀行のカードローンがオススメです。

返済予定別 損しないオススメの方法2つ

  • 数か月で完済予定:消費者金融のカードローンがオススメ
  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

銀行からお金を借りる方法4つ|金利が高いカードローンにすべき理由

「お金を借りるならやっぱり銀行かな……」 「

お金借りる時に「金利が安い=お得」ではない!損せず借りる方法2つ

「とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」 金利を安く借…

年金受給者がお金を借りる方法2パターン~65歳以上OKの融資も!

「年金をもらって生活しているけど、お金を借りることってできるの...?…

質屋でお金を借りると損!消費者金融や銀行を選ぶのが賢い選択

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …

審査に通らない理由が丸わかり!お金借りるための3つの解決策

「審査に通らない…お金を借りたいのに」「お金借りる…