キャッシング枠とは?クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるメリットデメリット

「クレジットカードでお金が借りられるの?」

「クレジットカードのキャッシング枠ってなに?」

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠という2つの枠があるのを知っていますか?

買い物や食事をするとき、クレジットカードで支払いをすることがありますよね。このときに使うのがショッピング枠です。

しかし、クレジットカードには、現金を引き出すことのできるキャッシング枠も存在しているのです。

この記事では、このクレジットカードのキャッシング枠について紹介しています。

ただし、キャッシング枠がないクレジットカードの場合は、新たに申請をする必要があり、審査には時間がかかってしまいます。

すぐにお金が必要なら、最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンを検討してみるのも手ですよ。

クレジットカードのキャッシング枠の特徴

  1. クレジットカードにキャッシング枠があれば、すぐにお金を借りることができる
  2. クレジットカードを使ってATMから現金を引き出せる
  3. キャッシング枠がない場合は増額申請できるが、審査には時間がかかる
  4. キャッシング枠がなく、すぐにお金が必要なら、最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンを検討するのも手

クレジットカードでもお金を借りられる?キャッシング枠を利用する方法

まず、所有しているクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうかを、確認しましょう。

すでにキャッシング枠があるカードなら、近くのATMからすぐにでもお金を引き出すことができますよ。

キャッシング枠があるかどうかを確かめる方法は次の3つです。

  • クレジットカード会社に問い合わせる
  • 支払明細書などの書類を確認する
  • 公式サイトの会員ページで確認する

キャッシング枠がなければ、新たに申請すればつけてもらうことができます。カード会社の会員ページなどから簡単に申し込めますよ。

では、キャッシング枠を利用する方法を見ていきましょう。

キャッシング枠でお金を借りる方法

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

買い物でクレジットカードを使う場合、利用するのはショッピング枠です。現金を持っていなくても後払いで買い物できるのがショッピング枠で、こちらが私たちがよく知るクレジットカードの特徴ですね。

これに対して、キャッシング枠は、お金を借りることができます。キャッシング枠が設定されているクレジットカードを使えば、ATMから現金を引き出すことができるのですよ。

クレジットカードでお金を借りる手順は以下の通りです。

クレジットカードでお金を借りる手順

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択する
  2. クレジットカードを差し込み口に挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「お借り入れ」を選択する
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択する(1回払いのみの場合もあり)
  6. 「お借り入れ金額」を入力する
  7. 戻ってきたクレジットカードと一緒に、現金、利用明細を受け取る

引き出せる金額は1万円単位(一部金融機関では1,000円単位)です。近くのATMからお金を引き出せるのは、とても便利ですね。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうかを知る方法について、次に説明します。

キャッシング枠があるかどうか確認する方法

まずは、自分のクレジットカードにキャッシング枠があるかどうかを確かめてみましょう。クレジットカードの契約時に、キャッシング枠が設定されている可能性があります。

確かめる方法は以下の3つです。

  • クレジットカード会社に問い合わせる
  • 支払明細書などの書類を確認する
  • 公式サイトの会員ページで確認する

キャッシング枠の有無については、クレジットカード会社に問い合わせるとわかります。カードに書かれている問い合わせ番号に電話をしてみましょう。

毎月の利用明細などの書類から確かめる方法もあります。「ご利用枠」という欄があります。この「ご利用枠」に、キャッシング枠の金額が記載されていれば、お金を借りることができるというわけです。

また、公式サイトの会員ページにログインすれば、確認できるかもしれません。Web明細や契約内容を見てみましょう。

キャッシング枠を設定する方法【審査あり】

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がなかった場合、新たに設定することができます。

まずは、クレジットカード会社にキャッシング枠の増額申請をしましょう。

申請から追加までの手順は以下の通りです。

  1. クレジットカード会社に申請する
  2. 審査結果の通知が来る
  3. 手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が追加される

審査時間はクレジットカード会社によって異なりますが、だいたい数日~1週間程度かかると思っていていいでしょう。

キャッシング枠がない場合、クレジットカードですぐにお金を借りることはできません。

最短即日でお金を借りたいならカードローンを検討しよう

手元のクレジットカードにキャッシング枠が無い場合は、増額申請をしなければならないため、すぐにお金を借りることができません。

急ぎでお金を借りたい場合は、カードローンを検討してみるのもいいでしょう。

カードローンには「消費者金融のカードローン」と「銀行のカードローン」があります。このうち最短即日融資に対応しているのは「消費者金融のカードローン」です。

消費者金融のカードローンを検討する際には、以下の特徴も押さえておきましょう。

  • インターネットから申込が可能
  • 借入・返済が繰り返し可能
  • 担保・保証人が不要
  • 本人確認書類が必要

消費者金融のカードローンは、インターネット上で申込を完結できることも珍しくありません。

また、利用限度額の範囲内なら、ATMなどから繰り返し借入・返済ができます。これはクレジットカードのキャッシング枠も同様で、利用限度額の範囲内であれば、全額返済していなくても繰り返し借入が可能です。

カードローンの申込には、担保・保証人は不要です。こちらもクレジットカードの申込と同様です。

カードローンの申込には本人確認書類が必要なので準備しておきましょう。また、限度額50万円以上を申し込む場合は、たいていは収入証明書が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違い

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの大きな違いは、「金利」「限度額」「融資時間」にあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの特徴比較

おもなクレジットカードとカードローンについて、それぞれ「金利」「限度額」「融資時間」を比較してみました。

クレジットカードとカードローン比較

サービス名 金利 限度額 融資までの時間
クレジットカード
キャッシング枠
楽天カード 年18.0% 1万円~90万円 即日融資不可(※1)
エポスカード 年18.0% 1万円~50万円
ライフカード 年13.505%~年18.0% 10万円~200万円
消費者金融のカードローン プロミス 年4.5%~17.8% 500万円まで 最短1時間
アコム 年3.0%~18.0% 800万円まで 最短即日
アイフル 年3.0%~18.0% 800万円まで 最短1時間
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6% 10万円~500万円 即日融資不可
みずほ銀行カードローン(※2) 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 800万円まで

(※1)キャッシング枠がない場合

(※2)みずほ銀行で住宅ローンの契約がある人はカードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

表を比較してみると、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融のカードローンの金利(最大金利)は、銀行のカードローンに比べて高いことがわかりますね。特に、クレジットカードのキャッシング枠のうち2つは、金利が年18.0%に定められています。

最大限度額は、大手消費者金融と銀行のカードローンに対して、クレジットカードのキャッシング枠は低いことがわかります。ただし、いくらまで借りられるかは、審査結果によって異なります。

以上の比較内容をふまえ、クレジットカードのキャッシング枠、カードローンそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンのメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融と銀行のカードローン、それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。

それぞれのメリット・デメリット

メリット デメリット
クレジットカードのキャッシング枠
  • クレジットカードを持っていれば新たにカードを作る必要がない
  • 海外でも利用できる
  • クレジットカードを持っていない場合や、持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていない場合、審査に時間がかかる
  • 返済方法が限られる
  • キャッシング枠を利用すると、ショッピング枠の利用額に影響する
消費者金融のカードローン
  • 最短30分で審査が完了する場合もある
  • 最短即日での借入も可能
  • 無利息期間が適用される場合がある
  • 金利が高め
銀行のカードローン
  • 銀行ならではの金利
  • 即日融資に対応していない

詳しく確認していきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠のメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシング枠について、おもなメリットは以下の通りです。

【メリット】クレジットカードのキャッシング枠

  • クレジットカードを持っていれば、新たにカードを作る必要がない
  • 海外でもお金を借りることができる

まず、キャッシング枠は、手持ちのクレジットカードにつけることができます。よって、すでにクレジットカードを持っているなら、新たにカードを作る必要はありません。

また、クレジットカードを作る際、すでにキャッシング枠をつけていれば、すぐにお金を借りることができます。カード会社に電話をしたり、利用明細を見たりして、確認してみましょう。

クレジットカードによって、海外でお金を借りることができる点も魅力です。海外のATMに対応していれば、現地の通貨を引き出すことができますよ。

続いて、デメリットについてです。

【デメリット】クレジットカードのキャッシング枠

  • キャッシング枠がついていなければ、すぐに借入ができない
  • 返済方法が限られる
  • キャッシング枠を利用すると、ショッピング枠の利用額に影響する

まず、クレジットカードを持っていても、キャッシング枠がついていなければ借入できません。キャッシング枠の増額申請をしても、審査には時間がかかるので、すぐにお金が必要な人には向いていないと言えます。

キャッシング枠を使ってお金を借りた場合も、返済方法は「1回払い」か「リボ払い」に限られます。「リボ払い」はキャッシングした回数や金額にかかわらず毎月一定額を支払う方法で、「1回払い」よりも利息が高くなります。

また、キャッシング枠とショッピング枠は、互いの利用額が影響し合うので要注意です。なぜなら、クレジットカードには利用限度額があるからです。

利用限度額が50万円のクレジットカードなら、30万円の借入をした場合、ショッピング枠で買い物できる金額は20万円までとなってしまいます。

消費者金融と銀行のカードローンのメリット・デメリット

まずは、消費者金融のカードローンメリット・デメリットについて見ていきましょう。

【メリット】消費者金融のカードローン

  • 最短30分で審査が完了する場合もある
  • 最短即日での借入も可能
  • 無利息期間が適用される場合がある

消費者金融のカードローンは審査スピードが魅力です。最短30分で審査が完了する場合もあります。

そのため、申込時間や申込内容によっては、審査がスムーズ進み、最短即日で融資を受けられる可能性もあります。クレジットカードにキャッシング枠をつけるよりも、はやくお金を借りることができますね。

また、消費者金融のカードローンに新規で申し込む場合は、最大30日間の無利息期間を利用できるでしょう。無利息期間を上手に利用すれば、賢くお金を借りることができそうですね。

無利息期間がある消費者金融のカードローンは以下の通りです。

適用される無利息期間比較

消費者金融のカードローン 無利息期間
プロミス 初回借入の翌日から最大30日間※
アコム 初回利用なら契約翌日から最大30日間
アイフル 初回利用なら契約翌日から最大30日間

※ただし、メールアドレスとWEB明細の利用登録が必要。

無利息期間は、借入日(ATMからお金を引き出した日)の翌日からカウントする場合と、契約日の翌日からカウントする場合があります。

では、消費者金融のカードローンにおけるデメリットは何でしょうか。

【デメリット】消費者金融のカードローン

  • 金利が高め

大手消費者金融のカードローンは、金利が最大年17.8%~18.0%となっています。次に紹介する銀行のカードローンよりも高めの設定です。

では、銀行のカードローンのメリットについて見てみましょう。

【メリット】銀行のカードローン

  • 銀行ならではの金利

銀行のカードローンのメリットに、銀行ならではの金利設定があります。

クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融のカードローンと金利を比較してみましょう。

金利比較

サービス名 金利
クレジットカードキャッシング枠 楽天カード 年18.0%
エポスカード 年18.0%
ライフカード 年13.505%~年18.0%
消費者金融のカードローン プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%

銀行のカードローンは、他の2つと比べて低く設定されていることがわかります。

では、デメリットはあるのでしょうか。

【デメリット】銀行のカードローン

  • 最短即日融資ができない

消費者金融とは異なり、銀行のカードローンは最短即日融資を受けることができません。中には、融資までに2週間程度かかることもあります。

銀行のカードローンの審査に時間がかかる理由の一つとして、メリットであげた金利設定が考えられます。金利を低く設定する分、返済能力の有無をしっかりと審査しているのです。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンはどっちがおすすめ?

すぐにお金が必要になったとき、クレジットカードにキャッシング枠があれば、ATMから引き出すことができます。キャッシング枠がなければ、最短即日融資が可能な消費者金融のカードローンを検討するのもいいですね。

審査に時間がかかっても金利を抑えたいなら、銀行のカードローンに申し込むのも手です。はじめての借入であれば、最大30日間の無利息期間がある消費者金融のカードローンもいいですよ。

それぞれ、どのような人に向いているか、最後にまとめてみました。

クレジットカードのキャッシング枠 キャッシング枠がある人
消費者金融のカードローン 最短即日で借りたいけれど、キャッシング枠を持っていない人
銀行のカードローン 金利を抑えたい人

この記事を参考に、自分に合ったお金の借り方を選びましょう。

この記事のまとめ

  • クレジットカードのキャッシング枠があれば、すぐにお金が借りられる
  • キャッシング枠を利用するとショッピング枠に影響することがある
  • クレジットカードのキャッシング枠を持っていなければ、審査に時間がかかる
  • 消費者金融のカードローンなら最短即日の融資も可能
  • 銀行のカードローンは銀行ならではの金利で利用できる

関連記事

銀行は即日NG!学生がお金を借りるなら親にバレにくいカードローン

「今月遊びたいのにバイト代が少なくて金欠…」 「

主婦がお金借りるには?夫や家族にバレにくい方法と審査の3つのコツ

「夫には相談できないし、子供の貯金は崩せないからお金借りたい...」「

お金借りる人必見!早い借入が可能になる4つの条件で最短30分融資

「とにかく一刻でも早くお金を借りたい…!」「

学生ローンは親バレしない?バレずに済むサービスを各社比較してみた

「学生ローンって親にバレるのかな?」 「親にバレ…

即日キャッシングは難しい!最短で借りる為の条件3つと手続き5つ

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「