クレジットカードでお金を借りるとは?キャッシング枠を利用するメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるメリットデメリット

「クレジットカードでお金を借りるってどういうこと?」

「ショッピング枠とキャッシング枠の違いが分からない…」

普段の買い物などで利用することの多いクレジットカードですが、「キャッシング機能」という機能がついていればコンビニATMなどでお金を借りることができます。

この記事では、クレジットカードでお金を借りる仕組みや手順、またクレジットカードのキャッシング機能を利用する際の注意点を解説しています。

お金を借りる目的であればカードローンを検討しよう

  • キャッシング枠付きのクレジットカードがあればいつでもお金を借りることができる
  • クレジットカードのキャッシングは金利が高い場合がある
  • クレジットカードのキャッシング枠は借りられる金額が少ない
  • カードローンとはローン機能専用のカードのこと

クレジットカードでお金を借りるとはどういうことか?

「クレジットカードはネットショッピングでしか使ったことがない…」

「クレジットカードを持っているだけでお金を借りられちゃうの?」

今持っているクレジットカードで「お金を借りる」とは一体どういうことなのでしょうか?ショッピングでしかクレジットカードを利用したことのない人にとっては少し不安に感じるかもしれません。

ここでは、クレジットカードについている2つの機能やカードローンとの違いについて説明していきます。

ショッピング機能とキャッシング機能の違い

ショッピング利用枠とは
店舗やネットでの買い物に使える支払い機能の限度額のこと。1回払いであれば手数料は発生しない。
キャッシング利用枠とは
ATM等から現金を借りられる機能の限度額のこと。利用には必ず金利手数料が発生する。

クレジットカードには「ショッピング」と「キャッシング」という2つの機能があります。普段の買い物や飲食時の支払いで利用するのは「ショッピング機能」ですが、クレジットカードに付いている「キャッシング機能」を利用することでお金を借りることができます

ショッピング機能、キャッシング機能にそれぞれ利用限度額がついており、「ショッピング枠」「キャッシング枠」という呼び方をします。利用限度額はクレジットカードによって異なりますが、申し込み時などに契約者自身で上限額を設定することができます。

お金を借りると聞くと、消費者金融や銀行が提供しているカードローンのイメージがありますが、クレジットカードのキャッシングとカードローンはどう違うのでしょうか?

クレジットカードのキャッシングとカードローンとの違い

クレジットカードのキャッシングも、カードローンも、どちらもお金を借りるサービスです。しかし、どちらを利用しても全く一緒という訳ではありません。以下の表で、クレジットカードのキャッシングとカードローンの主な違いを見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング カードローン
定義 クレジットカードでローンを利用するサービスのこと ローン専用のカードのこと
金利 年18.0%
(楽天カードの場合)
年4.5%~17.8%
(プロミスの場合)
年1.9%~14.5%
(楽天銀行スーパーローンの場合)
利用限度額 低い
1万円~90万円
(楽天カードの場合)
高い
1万円~500万円
(プロミスの場合)

※具体的な会社ごとのクレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違いは後程詳しく解説します。

上記の表のとおり、同じお金を借りる機能といってもクレジットカードのキャッシング機能とカードローンでは金利や利用限度額に違いがあることが分かります。

消費者金融や銀行が提供しているカードローンは、お金を借りることを専門としたサービスであるため、クレジットカードのキャッシング機能に比べて金利面や利用限度額面では利用者に嬉しい設定になっているのが特徴です。

クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りようと考えていた人は、カードローンと比較した時に、その金利の高さに驚くかもしれません。

また、クレジットカードなら今すぐにお金を借りられるというイメージがありますが、ここで挙げたような大手のカードローンであれば最短1時間から融資を受けることも可能です。

では、高い金利を支払ってまでクレジットカードのキャッシング機能を利用するメリットはあるのでしょうか?

クレジットカードでお金を借りるメリット

金利が高いと言っても、手持ちのクレジットカードですぐにお金を借りることができるというメリットは大きいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるメリット

  • 既にキャッシング枠が付いていれば審査不要
  • コンビニATMなどで気軽に現金を借りることができる

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がある場合、改めて申し込み手続きをしたり審査を待ったりする必要がないのもクレジットカードのキャッシングのメリットです。

カードローンでも審査時間は最短1時間~即日となっており、申し込み手続き自体も簡単ですが、こういった手続きをする時間さえないほど緊急であるという人には向いています。

銀行や消費者金融の自社ATMには営業時間があるため、お金を借りたいときにATMの操作ができない可能性があります。

しかし、クレジットカードであれば、コンビニやスーパーに設置してある提携のATMで、気軽に現金を借りることができるのもメリットです。

※ATMが設置されていない地域もあります
※ATMの利用時間は店舗によって異なります

クレジットカードのキャッシングを利用するメリットを踏まえて、クレジットカードでお金を借りるという選択をとってもいいケースをまとめました。

クレジットカードのキャッシングが向いているケース

  • すぐに返済するお金の用意ができている
  • 深夜~早朝の時間帯にどうしてもお金が必要である
  • 少額の借り入れである
  • カードローンの申し込み手続きをする時間すらないほど緊急である

このように、多少金利が高くてもすぐに返済する目途が立っている場合であれば、クレジットカードのキャッシングを利用するのがもっとも早い方法かもしれません。

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りる場合には、まず、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているかどうかを確認しましょう。その後、ここで説明する手順に従って、ATMで借入を進めていきます。

キャッシング枠がいくらあるか確かめる

クレジットカードのキャッシング枠は、申し込み時に自分で上限金額を設定していることがほとんどです。しかし、ショッピング枠を利用しすぎてしまったり、元から上限金額を少なく設定している場合には欲しい金額が借りられないこともあるので、必ず確認しましょう。

キャッシング枠を確認する方法

  • 支払明細書などの書類を確認する
  • 公式サイトの会員ページで確認する
  • クレジットカード会社に問い合わせる

毎月の利用明細を保管している場合には「ご利用枠」という欄を確認しましょう。この「ご利用枠」に、キャッシング枠の金額が記載されていれば、お金を借りることができるというわけです。

また、書類を保管していなくても、公式サイトの会員ページにログインすれば、確認できるかもしれません。Web明細や契約内容を見てみましょう。

それでも分からない場合には、クレジットカードに書かれている問い合わせ番号に電話をしてみましょう。

キャッシング枠を設定・増額する

上記で説明した方法で確認した時に、キャッシング枠がない場合、クレジットカードですぐにお金を借りることはできません。

キャッシング枠が0円だった、または借りたい金額より少なかった場合には、クレジットカード会社にキャッシング枠の増額申請をしましょう。

申請から追加までの手順は以下の通りです。

  1. クレジットカード会社に申請する
  2. 審査結果の通知が来る
  3. 手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が追加される

Webの管理画面にログインすることができれば、インターネット上で増額申請ができるクレジットカード会社もあります。各社のホームページを見て確認しましょう。

審査時間はクレジットカード会社によって異なりますが、だいたい数日~1週間程度かかります

ATMでお金を借りる手順

クレジットカードにキャッシング枠があったら、または増額申請が通ったら、コンビニのATMなどでお金を借りることができます。引き出せる金額は1万円単位(一部金融機関では1,000円単位)です。クレジットカードを使って以下の手順で現金を引き出していきます。

クレジットカードでお金を借りる手順

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択する
  2. クレジットカードを差し込み口に挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 「お借り入れ」を選択する
  5. 返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択する(1回払いのみの場合もあり)
  6. 「お借り入れ金額」を入力する
  7. 戻ってきたクレジットカードと一緒に、現金、利用明細を受け取る

クレジットカードでお金を借りるデメリット・リスク

「クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い」を説明した際に、クレジットカードの金利が高いことや利用限度額が低いなどのデメリットに触れました。

ここではさらに詳しく、クレジットカードのキャッシング機能を利用することのデメリットやリスクを解説していきます。

クレジットカードのキャッシングのデメリットまとめ

  1. 金利が高い
  2. 利用限度額が低い
  3. キャッシング枠がない場合の設定に時間がかかる
  4. 借金と同様信用情報に履歴が残る
  5. 支払い遅れがあるとクレジットカード自体利用停止になる可能性がある

金利が高い

以下の表を見ると、お金を借りることを専用にしたサービスであるカードローンと比べて、クレジットカードのキャッシング枠の金利は高いことが分かります。

サービス名 金利
クレジットカードキャッシング枠 楽天カード 年18.0%
エポスカード 年18.0%
ライフカード 年13.505%~18.0%
消費者金融のカードローン プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%

(※)みずほ銀行で住宅ローンの契約がある人はカードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

特に銀行のカードローンは、銀行ならではの低い金利設定をされています。高い金利を払うのに抵抗がある人、初めてお金を借りる人は、クレジットカードのキャッシング機能を使うのはやめておいたほうがいいかもしれません。

利用限度額が低い

クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融系カードローン、銀行系カードローンでは、それぞれいくらまでお金を借りることができるのでしょうか?

サービス名 金利
クレジットカードキャッシング枠 楽天カード 1万円~90万円
エポスカード 1万円~50万円
ライフカード 10万円~200万円
消費者金融のカードローン プロミス 1万円~500万円
アコム 1万円~800万円
アイフル 1万円~800万円
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 1万円~800万円

クレジットカードのキャッシング枠の上限金額は、消費者金融や銀行のカードローンと比較すると低く設定されていることが分かります。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠でも十分な金額が借りられると思った人も多いかもしれません。実際に、数万円~数十万円程度の借入なら、クレジットカードのキャッシング機能で間に合うでしょう。

しかし、クレジットカードでは、キャッシング枠とショッピング枠は互いの利用額が影響し合うので要注意です。

仮に、クレジットカード自体の利用限度額が50万円の場合、既にショッピングで30万円利用してしまったら、キャッシング枠を使って借り入れできるのは残りの20万円までとなります。

キャッシング枠がない場合に設定に時間がかかる

クレジットカードでお金を借りたいけれどキャッシング枠がなかった場合、キャッシング枠の増額申請から実際に借り入れができるようになるまでには時間がかかります。

多くのクレジットカード会社で、キャッシング枠を新たに付与する場合には即日の融資は不可とされています。

サービス名 融資までの時間
クレジットカードキャッシング枠 楽天カード キャッシング枠がない場合即日融資不可
エポスカード
ライフカード
消費者金融のカードローン プロミス 最短1時間
アコム 最短即日
アイフル 最短1時間
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 翌日以降
みずほ銀行カードローン 2~3営業日
楽天銀行スーパーローン 翌日以降

上記の表の通り、消費者金融のカードローンであれば最短即日でお金を借りられる可能性があります。クレジットカードでキャッシング枠をつけるよりも早くお金を借りることができるので、キャッシング枠の増額を検討している人は消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。

借金と同様信用情報に履歴が残る

「普段利用しているクレジットカードでお金を借りるから何となく安心」

と思っていませんか?

信用取引履歴には、過去に利用したクレジットカードやキャッシングのすべての履歴が反映されます。

ここまで解説してきたように、クレジットカードのキャッシング機能を使うということは消費者金融を利用するのと同じように「借金」をする行為です。

借金をしているだけで信用情報に良くない情報が記録されてしまう、傷がつくという訳ではありませんが、支払いの遅延や滞納があった場合には信用情報に傷がついてしまう恐れがあるので利用には注意が必要です。

支払い遅れがあるとクレジットカード自体利用停止になる可能性がある

クレジットカードでのキャッシングに限らず、返済が長期間遅れている場合にはサービスの利用停止になる可能性が高くなります。 クレジットカードの場合にはショッピング機能もついているため、キャッシングの返済が遅れてしまった場合、同時にショッピング機能が利用できなくなるのは大変不便です。

お金を借りるだけが目的であればカードローンを検討しよう

ここまで、クレジットカードのキャッシングのメリットとデメリットを中心に解説していました。 クレジットカードのキャッシング枠を使っても問題ない場合をおさらいしましょう。

  • すぐに返済するお金の用意ができている
  • 少額の借り入れである
  • 深夜~早朝の時間帯にどうしてもお金が必要である
  • カードローンの申し込み手続きをする時間すらないほど緊急である

このように、クレジットカードのキャッシングのデメリットも理解した上で、それでも今すぐお金が必要という人は、手持ちのクレジットカードを使ってお金を借りるのが一番便利でしょう。

しかし、申込手続きをする余裕のある人、少しでも金利を抑えたい人は、消費者金融や銀行のカードローンを申し込むことを検討してみましょう

はじめての借入であれば、消費者金融のカードローンによっては最大30日間の無利息期間もあるので、利用するのも一つの方法でしょう。

初めてお金を借りるならこのカードローン

なるべく早くお金が必要という人のために、即日お金を借りられる可能性のあるカードローンや初めてでも安心のカードローンをピックアップしました。

クレジットカードのキャッシングを考えていたけど、カードローンを申し込む余裕のある人はぜひ検討してみてください。

とにかく早く借りたいなら最短1時間融資のプロミス

プロミスは数ある即日融資も可能なカードローンの中でも珍しい、最短1時間融資を誇っています。

振込融資も非常に優秀で、ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ジャパンネット銀行の5つが24時間365日振込対応を行っています。

なるべく早く借りたい人は、プロミスを検討してみてください。当日中に借りられる可能性が高まるかもしれません。※はじめての方に限り、最大30日間無利息

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

銀行ならではの金利で借りられる三菱UFJ銀行カードローン

業界最大手である三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」。銀行ならではの金利で借入できるカードローンです。

必要書類をWebアップロードで提出できたり、提携ATM利用手数料がいつでも無料といった利便性の高いサービスが特徴です。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

※収入証明書は、希望の借入限度額が50万円を超える場合に必要

この記事のまとめ

少額の借り入れで、多少金利が高くても問題ない人、カードローンの申し込み手続きをする時間すら惜しい人であればクレジットカードのキャッシングを利用しても問題ないでしょう。一方、「既に持っているクレジットカードだから何となく安心」という理由だけでキャッシングを検討している人は、一度カードローンと併せて比較検討することをおすすめします。

関連記事

お金を借りる時のOKな理由とNGな理由

「親にお金を借りたいけど、どんな理由を説明するのが一番いいのだろう…」

学生がお金を借りる方法は?親へのバレにくさや将来への影響を解説

「旅行や飲み会の予定があるのにお金がなくて参加できない…」

審査甘い借入先でお金を借りたい...カードローン審査3のコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…

主婦がお金を借りる方法と審査時に気を付けること

「家賃やローンの支払いで生活がカツカツ。夫の収入だけじゃ足りずパート収入を…

在籍確認なしでお金を借りる方法は?電話連絡なしのカードローン比較

「お金を借りたいけど勤務先に在籍確認の電話があるのは困る…」 …