クレジットカードよりも利息を抑えてお金を借りる方法2つ

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるメリットデメリット

クレジットカードでお金って借りられるの?
金利はどれくらい?申し込み方法ってどうやるの?

クレジットカードではキャッシング枠を利用することで、お金を借りることができます。

  • キャッシング枠がある場合:普段ATMを使用するのと同じ要領でキャッシングが可能
  • キャッシング枠がない場合:キャッシング枠の申し込みもWEBや郵送で可能

しかし、クレジットカードでお金を借りると金利が年間約18.0%と高いのも事実。

無利息期間のある消費者金融や、クレジットカードに比べ低金利の銀行のカードローンなどを検討するのもいいでしょう。

クレジットカードより利息を抑えてお金を借りる方法2つ

利息を抑えてお金を借りたいなら、無利息期間のある消費者金融や、クレジットカードに比べて低金利の銀行のカードローンがオススメです。

返済予定別 おすすめの方法2つ

  • 数か月で完済予定:消費者金融のカードローンがおすすめ
  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがオススメ

おすすめ度

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

おすすめ度

レイクALSA

  • 初めての利用で選べる2種類の無利息期間
  • 借入全額30日間無利息/借入額5万円まで180日間無利息
  • 最短即日融資可能!

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

クレジットカードでお金借りる方法を解説

お金ってクレジットカードでも借りられるの?

クレジットカードのキャッシング機能を使うことで、ATMなどでお金を借りることができます。

クレジットカードの機能2つ

  • 「ショッピング機能」:買い物時の代金を支払う機能
  • 「キャッシング機能」:ATMなどでお金を借りる機能

それぞれに、使える金額の上限を、「ショッピング枠」、「キャッシング枠」といいます。

私のクレジットカードでお金借りられる?キャッシング枠確認方法

自分のクレジットカードのキャッシング枠は、以下の2つの方法で確認できます。

  • クレジットカード会社のWEBサイトにログインしチェックする
  • コールセンターに電話して確認する

以上の方法で自分のキャッシング枠を知ることができますが、キャッシング枠はショッピング枠に含まれるので注意が必要です。

例えば、ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合、利用額に応じて使用可能額は以下のように変動します。

ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合

ショッピング利用額 キャッシング利用額 ショッピング枠残り キャッシング枠残り
10万円 0万円 40万円 20万円
10万円 10万円 30万円 10万円
10万円 20万円 20万円 0万円

クレジットカードは申請時にショッピング枠が「〇〇万円」と設けられていますが、キャッシング枠は0円の場合もあります。

キャッシング枠が0円の場合、お金を借りるには新たに枠の追加申請を出さなければなりません。。

キャッシング枠は以下の手順で申請できます。

キャッシング枠を増やしてお金を借りたい!申し込み方法を解説

キャッシング枠が0円だからお金を借りられない…
キャッシング枠の額をもう少し増やしたい!

キャッシング枠の増設には、以下の方法での申請が必要です。

キャッシング枠の申請方法2つ

  • クレジットカード会社のWEBサイトにログインし申請
  • コールセンターへ連絡し必要書類を郵送して申請

必要書類は、現時点でのキャッシング借入総額に応じて、以下のものが必要となります。

ショッピング枠50万円 キャッシング枠20万円の場合

借入総額 必要書類
100万円以下 なし(年収額の申告のみでOK)
100万円以上 年収証明書類(源泉徴収票、給与明細など)

また、申し込んでからの流れは以下の通りです。

申し込み ⇒ 審査 ⇒キャッシング枠の付与(審査通過の場合)

キャッシングの審査は、一般的に申込から結果が出るまでにおおよそ7営業日程度かかります。

審査に時間がかかる理由は、年収に基づいた返済能力だけでなく、他社の借り入れ状況や信用情報など、たくさんの情報を加味するためです。

キャッシング枠が付与されたら、クレジットカードでお金を借りることができます。

実際にお金を借りる流れや借りる時の注意点をチェックしましょう。

クレジットカードでお金を借りる手段が知りたい!借入から返済まで解説

クレジットカードでお金を借りる手段は大きく2つあります。

クレジットカードでお金を借りる手段2つ

  • 口座に振り込み
  • ATMから引き出し

口座振込の場合は、以下の流れでお金を借りることができます。

クレジットカード会社のWEBサイトにログインし申し込む
or
コールセンターから申し込む

指定した口座へ、お金が振り込まれる

また、ATMを利用してクレジットカードでお金を借りる時の流れは以下の通りです。

ATMからの画面上で「お引き出し」を選択

「クレジットカード」を差込口から投入

「暗証番号」を入力

「お借り入れ」を選択

返済方法が選べる場合は、「1回払い」か「リボ払い」から選択
(「1回払い」だけの場合もあり)

「お借り入れ金額」を入力

クレジットカード、利用明細、現金を受け取る

借入金額はカード会社により1000円単位の場合と1万円単位で分かれます。

クレジットカードで借りたお金の返済には、カード会社によって以下の2通りの場合があります。

クレジットカードで借りたお金の返済方法2つ

  • 「一括払い」のみの場合
  • 「一括払い」と「リボ払い」のどちらかを選べる場合

また、クレジットカードでお金を借りる場合、一括払いで返済したとしても利息がかかってしまうので注意が必要です。

クレジットカードで借りたお金を返済する方法は、ショッピング利用時と同じく、口座引き落としで返済する方法が一般的です。

よって、ATMを使ってお金を借りられても、ATMを使っての返済が出来ないカードも多くあります。

返済方法が口座引き落としの場合、利息が日割り計算となるため損をする可能性もゼロではありません。 以下で詳しい内容をチェックしましょう。

クレジットカードでお金を借りるのは利息面で不利になることも

前述したように、クレジットカードでお金を借りる場合、一括払いでも借りた日数に応じた利息の返済が必要となります。

クレジットカードでお金を借りるときは、ATMでの返済が可能なカードをおすすめします。

返済金額は、借入金額に日割りで利息が追加されるため、返済方法が口座引き落としのみ場合に損をすることがあるためです。

ATMで返済可能なクレジットカードと金利一覧

サービス名 金利 返済方法
楽天カード 18.00% ATM、口座引き落とし
イオンカード 7.8%~18.0% ATM、口座引き落とし
JCBカード 15.0%~18.0% ATM、口座引き落とし
ACマスターカード 3.0%~18.0% ATM、口座引き落とし、店頭窓口、WEB返済

締め日(カードの請求額が決定される日)以降の利用は、翌月の締め日に請求金額が確定します。

例えば締め日が毎月15日、支払日が毎月10日のクレジットカードなら、15日までの利用額を翌月の10日に支払います。

金利年18.0%で20万円借りた場合の利息は以下の通りとなります。

金利年18.0%で20万円借りた場合の利息

借り入れ日 支払日 利息の適用日数 利息額
9/15 10/10 25日 2,464円
9/16 11/10 55日 5,424円

※締め日:毎月20日、支払日:毎月10日

借入日が1日異なるだけで利息を倍近く払う必要があるのですね。

クレジットカードで損せずお金を借りたい場合は、ATMでの返済が可能なカードの利用をおすすめします。

しかしクレジットカードでお金を借りるよりも、カードローンで借りる方がもっと利息を抑えて借りられる場合があるのです。

クレジットカードでお金を借りるとカードローンで借りるより損する4つの理由

実はクレジットカードより、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる方がおすすめなのです。

クレジットカードがカードローンより損する4つの理由

  • 金利が高い
  • 融資までに時間がかかる
  • 返済方法が限られる
  • 借り入れ限度額が低い

そもそも、銀行や消費者金融のカードローンというのは、銀行や消費者金融が行なうキャッシングサービスです。

銀行や消費者金融のカードローン概要

銀行 消費者金融
融資までの時間 最短翌日 最短即日
金利の目安(年利) 約2.0%〜14.5% 約3.0%~18.0%
申し込み方法 WEB、電話、郵送、店頭窓口など
返済方法 コンビニや銀行ATM、店頭窓口、インターネット返済など

消費者金融や銀行のカードローンがおすすめな理由を詳しく解説します。

銀行のカードローンはクレカと比べて低金利

銀行のカードローンはクレジットカードより低金利なので、利息も含めた総返済額を抑えることができます。

銀行のカードローンとクレジットカードの金利比較

銀行のカードローン 金利
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.5%
クレジットカード 金利
楽天カード 年18.00%
イオンカード 年7.8%~18.0%
JCBカード 年15.0%~18.0%
ACマスターカード 年3.0%~18.0%

※みずほ銀行カードローンでは、住宅ローンのご利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

それでは実際、クレジットカードのキャッシングと銀行のカードローンを利用した場合、どのくらいの差が出てしまうのでしょうか。

10万円、30万円、50万円を1年間借りる場合の利息を比較してみました。

1年間借りる時の利息の比較表

借入金額 クレジットカード
年18.00%
銀行のカードローン
年14.50%
差額
10万円 10,011円 8,020円 1,991円
30万円 30,044円 24,076円 5,968円
50万円 50,074円 40,128円 9,946円

クレジットカードで50万円借りる場合は、銀行のカードローンと比べて1万円近く損してしまうこともあります。

借りる額が大きいほど、金利のインパクトも大きくなるんですね。

では次に、消費者金融のカードローンとクレカを比較してみましょう。

消費者金融のカードローンは比較的早く借りることもできる

消費者金融のカードローンは、早ければ最短即日で借りることもできます。

1年間借りる時の利息の比較表

消費者金融のカードローン クレジットカード
各サービス 融資までの日数 各サービス 融資までの日数
アコム 最短即日 楽天カード 約1週間
プロミス 最短1時間 イオンカード 約1~2週間
アイフル 最短1時間 JCBカード 通常1~2週間

ちなみに、銀行のカードローンは、融資まで最短でも翌日です。急ぎでお金が必要な場合は、消費者金融のカードローンで借りることも検討してみるといいかもしれません。

また、カードローンは返済方法も充実しています。

カードローンは返済方法が多様!繰上げ返済もできる

返済方法の比較表

銀行 消費者金融 クレジットカード
返済方法 コンビニや銀行ATM、店頭窓口、インターネット返済、口座振替など 主に口座振替

前述したとおり、クレジットカードでお金を借りる場合は口座振替が主であるため、締め日の関係で損をしてしまうこともあります。

一方、返済方法が充実しているカードローンなら締め日等に左右されず好きなタイミングで返済が可能なため、おススメです。

銀行のカードローンとクレカキャッシングの限度額を比較

銀行のカードローンでは、これだけのお金を借りることもできます。(ただし表示しているのは上限の融資額です。すべての人が上限まで借りることができるとは限らないので注意が必要です。)

銀行のカードローンとクレジットカードの限度額比較

銀行のカードローン クレジットカード
各サービス 上限融資額 各サービス 上限融資額
楽天銀行スーパーローン 800万円 楽天カード 300万円
三菱UFJ銀行カードローン 500万円 イオンカード 200万円
みずほ銀行カードローン 800万円 JCBカード 100万円

ここまで読んで、「カードローンでお金を借りてみるのもいいかな…」と思った人もいるかもしれません。

次の章では、銀行と消費者金融、どちらのカードローンを選ぶといいか、その選び方について紹介します。

できるだけ損せず借りたい…カードローンの選び方

消費者金融や銀行のカードローンを利用してお金を借りたいなら、どっちを選べばいいの?

損せずに借りたいなら、以下の基準で借入先を検討してみましょう。

返済予定別 おすすめの方法2つ

  • 数か月で完済予定:消費者金融のカードローンがおすすめ
  • 長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがおすすめ

数か月で完済予定の人には消費者金融のカードローンがおすすめ

数カ月で完済予定な人へ消費者金融のカードローンがおすすめな理由は、無利息期間(初回利用に限る)があるからです。

各消費者金融のカードローンの利用期間

サービス名 無利息期間
アコム 最大30日間
プロミス 最大30日間
アイフル 最大30日間
レイクALSA 最大180日間(5万円まで)もしくは最大30日間(金額制限なし)

この無利息期間を利用すれば、銀行のカードローンよりお得に借りられる可能性もあります。

消費者金融のカードローンの中でも特におすすめなのは、アコムとレイクALSAです。

はじめての消費者金融から借りるならアコムがおすすめ

消費者金融なんて使ったことないし、なんだか不安…

はじめて消費者金融を利用するなら、アコムをおすすめします。

なぜなら、アコムは三菱UFJ銀行グループの傘下であり、CMなどでも高い認知度を誇っています。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

無利息期間を重視するならレイクALSAがオススメ

お金を借りるのはいいけど利息がかかるしな…

利息が心配な人には、レイクALSAがおすすめです。

レイクALSAは、消費者金融の中で唯一「180日間無利息(初回利用限定、5万円分に適用)」というサービスを展開しています。

5万円分については約半年間無利息なので、期間内は利息の心配をせずに済みます。

レイクALSA

  • 初めての利用で選べる2種類の無利息期間
  • 借入全額30日間無利息/借入額5万円まで180日間無利息
  • 最短即日融資可能!

長期的(1年以上)に借り入れ予定:銀行のカードローンがおすすめ

銀行のカードローンは消費者金融より低金利のため、長期的な借入予定なら銀行のカードローンの利用を検討してみてもいいでしょう。

銀行のカードローンの中でも特におすすめなのは、みずほ銀行カードローンです。

一番お得に借りたいならみずほ銀行カードローンがおすすめ

銀行のカードローンの中でも特におすすめなのが、みずほ銀行カードローンです。

一般的な銀行のカードローンの上限金利が年14.5%となっている中、みずほ銀行カードローンの上限金利は年14.0%となっています。

またそれだけでなく、みずほ銀行の住宅ローンとカードローンを併用すれば、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げることも可能です。(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

他にも、コンビニでもATM時間外手数料が無料であったり、みずほ銀行のキャッシュカードにローン機能をつけることもできたりと、様々なメリットがあるのも特徴です。

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

この記事のまとめ

クレジットカードでお金を借りようと考えているなら、無利息期間のある消費者金融のカードローンや、クレジットカードよりも低金利な銀行のカードローンを選ぶ方が、より利息を抑えてお金を借りることができる可能性があります。

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

即日キャッシングは難しい!最短で借りる為の条件3つと手続き5つ

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「

有価証券・株を担保にお金を借りる方法と注意すべき担保割れについて

投資を生業とする人の中には「有価証券」などの資産を持ってはいるけれど、時期的に今手放すことができ…

「ソーシャルレンディング」でお金を借りる方法

目次「ソーシャルレンディング」でお金を借りる方法「ソーシャルレンディング」のサービス内容とは?■マーケット型■オークション型 「ソーシャルレンディング」でお金を借りる方法 皆さんは「ソーシャルレンディ ...

主婦がお金借りるには?夫や家族にバレにくい方法と審査の3つのコツ

「夫には相談できないし、子供の貯金は崩せないからお金借りたい...」「

質屋でお金を借りるには?年利やシステムをカードローンと比較

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …