銀行カードローンがお金を借りる時におすすめな理由

銀行カードローンがオススメなわけ

現在はキャッシングの利便性を取り入れたカードローンのサービスを展開している銀行が多くなったことによって、銀行カードローンの利用者は年々増加しています。

では銀行カードローンのメリットにはどんな点があるのでしょう?

まずは銀行という安心感は絶対に見逃せませんよね。

しかし、それだけではないのです。

それではその銀行カードローンのメリットを、分かりやすく紹介していくことにしましょう。

銀行カードローンは低金利

キャッシングと銀行カードローンの違いの一つといえば金利です。

キャッシングといえば高金利というのが一般的な認識ですが、銀行カードローンの場合はキャッシングよりもより安い金利でサービスを利用することができます。

キャッシングの上限金利が17%くらいなのに対して、銀行カードローンの場合だと13%前後となり、4%ほどの金利差が出てきます。

4%くらいと思われる人も多いかと思いますが、借り入れが多くなれば多くなるほど負担が大きくなるのが利息です。

数万円くらいの借り入れなら大したことはないでしょうが、十数万円ともなると金利差は歴然と出てきます。

銀行カードローンは借り入れ上限額が高い

キャッシングの場合、借り入れ上限額が高くても300万円くらいが一般的です。

しかし、銀行カードローンなら500~700万円、中には1,000万円というところもあるので、キャッシングよりも幅広く、利用スタイルに合った利用額を選ぶことが可能です

銀行カードローンは総量規制外で審査が安心!

銀行は年収にとらわれず審査をしてもらえる点がメリットです!

貸金業者が行っているキャッシングの場合、貸金業法によって定められた総量規制という法律が審査の際に大きなハードルとなります。

総量規制とは、貸金業者に年収の3分の1を超える貸し出しを禁じた法律ですから、申し込み者の借り入れ総額によっては審査に通らないということも少なくないのです。

キャッシングの審査に落ちたのに、審査が厳しいと言われる銀行カードローンの審査に通ったという不思議な話を時折耳にしますが、これは総量規制が大きく影響していると考えられるでしょう。

確かに多額な借り入れをしている人は、していない人よりも返済能力が乏しいと判断されがちですが、それでも返済状況などに全く問題のない優良な申し込み者も少なくありません。

内容が問題がなく、借り入れ額がネックになりそうな場合は、銀行カードローンの方がおススメというわけです。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

銀行からお金を借りる方法4つ|金利が高いカードローンにすべき理由

「お金を借りるならやっぱり銀行かな…」「銀…

今すぐ10万円借りたい…銀行がダメな理由と間違えやすい3つの行動

「クレジットカード使いすぎて引き落とし額が高い…」 「

審査甘い借入先で即日お金借りる方法|元サラ金の人に審査の裏側直撃

「審査甘い借り入れ先ってどこ?」「消費者金融や…

電話なし・在籍確認なしで即日お金を借りる方法|カードローンのコツ

「会社にバレたくないんだけど在籍確認ないところないかな?」「

お金借りる|金利安い借入方法と金利以外でも絶対損しない2つのコツ

「金利を安く借りるにはどこが良い?」 一番金利を安く借りる方…