住宅ローンの借り換えを実際にした4人の体験談口コミを紹介!

住宅ローンの借り換えを実際にした人の体験談口コミ

金利削減のための借り換え体験談

体験談投稿者:42歳(男性)

自分は27歳のとき、新築分譲マンションを購入しました。 頭金で370万をいれ、3300万円を某都市銀行の住宅ローンで融資を受けることにしました。

当時は今と比べ金利も高かったのですが、将来的な金利上昇の不安もあり、住宅金融公庫(今のフラット35)で1300万、残りの2000万を銀行から融資を受ける形にし、すべて固定金利にしていました。そのため、金利は2.90%でした。

当時は、この2.90%という金利でも凄く低金利というイメージがありましたが、今はもっと魅力的なローン商品がいくらでもあります。

ずっと借り換えを視野にいれていましたが、なかなか踏ん切りがつかずにいました。 しかし昨年ごろからアベノミクスの影響なのか、住宅ローン金利が上昇傾向にあるというニュースを頻繁に目にするようになり、今が最後のチャンスだと思い借り換えをすることに決心しました。

私が当初借入をした15年前なら、ネット銀行など視野にもいれていませんでしたし、仮にあったのだとしても信用的な問題で検討もしなかったと思います。 でも今はネット銀行が主流となっており、信用度という面でも不安はありませんでした。

なので、借り換えはネット系の銀行を中心にピックアップをして、最終候補に選んだのが「ソニー銀行」と「イオン銀行」です。この2社は金利面でも常にトップ5に入るほどの低金利ですし、他にメインの企業を抱えているのが安心できました。

他にも「SBI」なども候補でしたが、ネット銀行オンリーよりも、母体をもっている企業のほうが安心度で勝ったというのが本音です。 最終的にはオペレーターの対応だったり、保証金、団信などを総合的に判断して、ソニー銀行さんで借り換えをすることに成功しました。

細かな数字を出しと長くなりそうなので、結果だけ報告すると月の支払で12000円ほど減額でき、完済時の返済総額だと290万円ほど減額することが出来ました。 緒費用などを差し引いても250万円ほど減額できていますので、やっぱり借り換えして大成功だったと思っています。

離婚に伴う借り換え体験談

体験談投稿者:30代主婦(女性)

私は離婚を機に借り換えを検討するようになりました。 住宅ローンは夫と私の合算でしたが、離婚を機に家は私と子供が貰い受けることになりました。

夫は私が支払いを続けていくのであれば、このままでも構わないといっていましたが、そうすると家の名義もローン完済するまでは、半分は夫のままになります。 そこに不安を感じたので、思い切って借り換えすると同時に名義なども自分に変更しました。

私の収入だけで審査が通るか不安だったけど、銀行の方が年収や勤務先、勤続年数などを総合的に判断してくださり、この条件なら大丈夫でしょう!と言ってくれたのでお任せすることにしました。

借り換えってローンの返済額を減らすためにするものだと思っていましたが、今回の借り換えで返済額も減らすことができたし、名義などの煩わしい点もスッキリさせることができたので本当に満足しています。

私と同じように離婚を機に借り換えを考えている人の参考にしてもらえるかなと思ったので、こちらに投稿しました。

銀行の人のお話では、今は年収が少なくても、女性専用の住宅ローン商品もあるようで、審査もずいぶん緩和されていると話しておられましたので、縁起でもないですが、離婚などでマイホームのことで悩んでいる人は借り換えを含めて検討してみてはどうでしょうか。

親と同居によるリフォームを機に親子ローンへの借り換え体験談

体験談投稿者:20代後半(女性)

昨年、実家の祖母が他界したことで、急遽わたしの実家で親と同居するプランが浮上しました。 祖母が使っていた部屋をリフォームして親の寝室にし、二階部分を私たち家族が使わせてもらうという計画でした。

そこで議題となったのが住宅ローンの問題です。 これまでの住宅ローンは金利が高いから借り替えたほうが将来的にも良いと父が言い出したのです。

たしかにネットで調べてみると、今は金利が安く借り換えには絶好の時期だということが解りました。 そこで、リフォームを含めて借り換えを検討したのですが、相談に行った銀行さんで「リフォーム費用は借り換えに含むことはできません」と教えられました。

今の家のローンは私たち夫婦が新たに借入し、リフォーム分を父にローンで組んでもらうなど色んな案も出ましたが、それだと税金の問題などが絡んでくるので現実的ではないといわれました。

まったくお金に関してというか、住宅ローンに関しては素人同然な私たちだったので途方にくれていましたが、ネット系の銀行に電話相談したときに、親子ローンという商品を案内され、詳しく話しを聞きに出かけることにしました。

結局は、私の夫と父が親子ローンを組む形になり、それとは別にリフォームローンも組むことにしました。 今でもぶっちゃけあんまり理解できていませんが、父がいうにはこれまでの住宅ローンで完済したときの金額と、今回の借り換え+リフォーム分をプラスしても、ずいぶん得になったみたいです。

結局は借り換えで浮いたお金でリフォームをしたような形だと父に言われて少し納得しましたが、そんなに良い話だったのなら、もっと早くに借り換えしておけば良かったのにというのが私の感想です(笑)

リフォーム費用を実質0円にするための借り換え体験談

体験談投稿者:30代主婦(女性)

2ヶ月くらい前の話ですが、突然家にリフォーム会社の営業の人が訪ねてきました。 それそろリフォームというか、外壁の塗装を考えていたし、地元では名の知れた会社だったので、少し話を聞いてみることにしました。

そのリフォーム会社の営業さんが教えてくれたのが、「住宅ローンの借り換えでリフォーム費用をタダにする裏技」でした(^_^) 夜、旦那に話しをすると「そんな美味しい話あるわけないだろ!騙されているんだよ」と言われてしまったので、次の休みの日に旦那と一緒にそのリフォーム会社のモデルルームを見学に行くことにしました。

そして旦那と一緒に話しを聞くと、旦那もカラクリが理解できたらしく、住宅ローンの借り換えとリフォームに乗り気になってくれました。カラクリと言っても難しいことはありません。

単純に住宅ローンの借り換えをすれば、うちの場合だと返済総額で220万円も得をすることがわかり、その220万円以内でリフォームをすれば、実質無料でリフォームしたことになるという話です。

月々の返済額も1万円以上安くなるので、その分をリフォーム工事で組むローン返済に充当すれば今と何も変わることなく、綺麗なお家に住めるという嘘のような本当の話です。

この方法で、我が家は外壁の塗り替えと壁紙の張替え、そして駐車場を屋根付きのルーフ型駐車場にすることが出来ました。それとリフォームとは関係ありませんが、思い切って前から欲しかった高級なマッサージチェアも購入しちゃいました(^_^)

訪問営業って普段は絶対に警戒して話も聞かないのに、今回はたまたま話しを聞いたけど、それが結果として大正解だったと自分でも運の良さに驚いています。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

家族にブラックリスト者がいる場合、住宅ローン審査が通らない?

両親や兄弟、または妻や子供に自己破産などによるブラックリスト者がいると、住宅ローンの審査に影響で…

住宅ローンの滞納で差し押さえ?自宅を手放さないための唯一の方法

「住宅ローンを滞納しちゃったけど大丈夫かな…」 「

クレジットカードや消費者金融を利用していると住宅ローンの審査は…

「消費者金融を利用していると住宅ローンの審査が通りづらいって本当?」…

2.銀行から「督促状」や「催告状」が届いた

督促状が届いた 住宅ローン滞納をして1ヶ月~2ヶ月ほどすると、「督促状」や「催告状」と書かれたハガキや封書が金融機関より届きます。 これらのハガキや封書が届いてしまうと、金融機関はあなたの支払い能力に ...

若年層であれば、団体信用生命保険で節約が可能

多くの金融機関では、住宅ローンの融資条件として「団体信用生命保険」への加入を義務としています。