「住宅ローン」ペアローン、親子ローンとは?メリットよりもデメリットが多い?

夫婦それぞれが住宅ローンを組んだり、親子で住宅ローンを組むことをペアローンと言います。

最近は金融機関がペアローンを薦めるケースが増えているそうなので、このペアローンのメリットやデメリットについて少し考えてみたいと思います。

ペアローンはメリットよりもデメリットが多い?

なぜ金融機関がペアローンを薦めると思いますか?
理由は単純で、他の記事にも書いたように、住宅ローンの審査が厳しくなり、夫単独での借入れが難しくなっているからです。

たしかにペアローンだと借入れ額が多くなるなどのメリットもありますが、わたしはそれ以上にデメリットが多いように感じます。

ペアローンという言い方は最近なのかもしれませんが、わたしが住宅メーカーで働いていたときから、夫婦ローンや親子ローンはありました。
しかし、そのときはほとんどペアローンを薦められることはありませんでしたし、実際にわたしのお客様でもペアローンを使った人はいませんでした。

ペアローンのメリットとデメリット

ペアローンのメリットは、夫婦や親子で収入を合算できるので融資額が多くなります。
さらに、それぞれが住宅ローン控除を受けることができるので、夫婦共働きなどでは、ペアローンを薦められることが多いように思います。
この2つの理由が金融機関がペアローンを薦める大きな理由になっています。

しかし、デメリットと言われる部分もあり、例えば離婚の可能性です。
現在は3組に1組が離婚をするというデータがあるように、離婚をする夫婦は決して珍しくありません。
さらにどちらか一方が仕事を辞めると住宅ローン控除も受けれなくなります。

それと少し話しづらいのですが、団信も同じです。
妻や親とペアでローンを組むのですから、どちらか片方が無くなっても団信で保証されるのは、その人のローン分だけで、もう片方はそのまま住宅ローンが残ってしまいます。

もう少し細かい話をすると、ペアローンの組み方ひとつで贈与とみなされることだってあるのです。
3000万円の住宅ローンを夫婦で申込み、夫が2000万、妻が1000万を借りたとします。
しかし、その住宅の持分は夫と妻で同等にした場合、差額分を贈与とみなされ課税の対象になる可能性があります。

ペアローンはなるべく使わない方が良い

これはわたしの個人的な意見として書きますが、夫単独で住宅ローンを組めるのであれば、わざわざペアローンにする必要は一切無いと思います。
金融機関は返済リスクを分散するために、ペアローンを薦めることがありますが、気にする必要はありません。

どうしても夫単独でのローンが難しいというのであれば、ペアローンも検討して構いませんが、そうでなければ夫単独でローンを組むことをおすすめします。

それと仕方なくペアローンを利用する場合、万が一離婚となった場合について明確に方向性を決めておくことをおすすめします。
間違ってもペアローンのままどちらか一方が住み続けるという選択だけはしないようにしましょう。
このように名義を変えないまま離婚後も住み続ける夫婦が多いようですが、かなりの確率で後々トラブルになりますし、いつまで経ってもその相手と縁を切ることができなくなってしまうからです。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

住宅ローン滞納後どうなる?差し押さえ・競売までの期間と4つの対策

「住宅ローンを滞納した…どうなる?」 「競…

住宅ローン借り換えに関する相談・質問にお答えします!Q&A・知恵…

周囲には聞きづらい住宅ローン借り換えに関する疑問や回答をまとめました。目次から知りたい項目をチェ…

家族にブラックリスト者がいる場合、住宅ローン審査が通らない?

両親や兄弟、または妻や子供に自己破産などによるブラックリスト者がいると、住宅ローンの審査に影響で…

クレジットカードや消費者金融を利用していると住宅ローンの審査は…

「消費者金融を利用していると住宅ローンの審査が通りづらいって本当?」…

2.銀行から「督促状」や「催告状」が届いた

督促状が届いた 住宅ローン滞納をして1ヶ月~2ヶ月ほどすると、「督促状」や「催告状」と書かれたハガキや封書が金融機関より届きます。 これらのハガキや封書が届いてしまうと、金融機関はあなたの支払い能力に ...