若年層であれば、団体信用生命保険で節約が可能

多くの金融機関では、住宅ローンの融資条件として「団体信用生命保険」への加入を義務としています。
しかし、フラット35などでは「団体信用生命保険」への加入は任意となっていますので、自身で生命保険会社対応することで保険料を節約することができます。

団体信用生命保険料を節約する方法

一般的に「団信(だんしん)」と呼ばれることが多い「団体信用生命保険」ですが、保険料って以外に高いんですよね。
この保険料を節約する方法について説明していきたいと思います。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険(以下=団信)とは、住宅ローンの返済中に債務者が死亡または、重度の障害を負ってしまい、住宅ローンの返済が困難になったときの保険だと思ってください。

簡単にいってしまうと、住宅ローンを借りている本人が死亡してしまったときなど、残りの住宅ローンは生命保険から支払われることになり、残された家族なども安心して生活することができるという内容です。

最近では死亡や重度障害だけでなく、三大疾病と診断された時点で団信から保険が降り、それ以降の住宅ローン支払いを免除されるという疾病付き団信というのも多く見かけるようになりました。

団信へ加入できないと住宅ローンは借りれない

団信への加入を条件としている住宅ローン商品を利用する場合、団信へ加入できなければ、その住宅ローンを借りることは困難だと思ってください。

団信というのは生命保険だという説明をしまたが、保険である以上は当然申込者の健康面でのチェックがあります。

持病を抱えていたり、過去に大病を患っていた人など、生命保険に加入できないことがありますが、団信も同じように保険への加入を断れることになります。
健康面で団信への加入を断られ、住宅ローンも借入れできないという場合には、団信加入を条件としていない住宅ローンなどで再検討することをおすすめします。

団信の仕組み

団信を難しく考える必要はありません。あなたが借りている住宅ローン金額に応じて、あなたに生命保険が掛けられるというだけの話です。
一応住宅ローン融資の条件としている金融機関が多いのですが、銀行が保険を請け負っているわけではありません。
その銀行と提携している保険会社があり、その提携先の保険に入るという仕組みなっています。

もちろん、ご自身でも生命保険に加入している人も多いと思いますが、いくら個人で高額な生命保険に入っていたとしても、住宅ローンを組む際には別途団信に加入する必要があります。

ただし、先にも話したようにフラット35など、一部の住宅ローン商品では団信への加入を条件としていない商品もあります。

フラット35では、団信への加入を任意としていますので、団信に加入することもできますが、団信へ加入しなくても住宅ローンを組むことができます。

団信の保険料を節約する

団信の保険料って以外に高いのをご存知でしょうか?

金融機関によって団信保険料は融資側が負担してくれることもありますが、基本的には融資を受ける本人が負担することになっています。

団信保険料だけで218万円!

フラット35で団信に加入する場合の保険料を紹介してみたいと思います。
生命保険といえば、月々5000円や1万円という金額で考えがちですが、団信の場合は借入れ期間分を最初に一括支払いすることになります。

つまり35年ローンであれば、35年分の保険料を最初に一括支払いしなければなりません。
フラット35で3000万円の35年ローンを組んだとしましょう。
このときフラット35の団信に加入するのであれば、保険料は約218万円、これに三大疾病特約を付加した場合、保険料は334万円にもなるのです。

もちろんこの金額を現金で支払うわけではなく、住宅ローンの借入れに組みことができます。
しかし、保険料だけで200万や300万って、なんだか必死に低金利時代を待ちわびて住宅ローンを組んだのがバカらしくなる金額ですよね。

でも残される家族のことを思えば、やはり団信に加入する人の割合が圧倒しており、フラット35を利用する人の91%が団信特約に加入しているという結果が出ています。

自分で3000万円の保険に加入する

フラット35で3000万円借りるとき、団信保険料だけでも218万、三大疾病を付加すると334万という驚きの金額が掛かることは理解頂けたと思います。
それではココからが本題です。この団信保険料を節約する方法を提案したいと思います。

まずネットなどを使い、生命保険会社のHPにアクセスして、保険料のシュミレーションをしてみてください。

このときのポイントは、35年定期で計算しないことです。
基本は10年定期で、その都度更新するという考え方になります。

例えばオリックス生命で試算すると、25歳男性が同じく3000万円をカバーする保険商品に加入すると、支払い総額はフラット35の218万円を大きく下回り、150万から160万円ほどになります。
ザックリ計算しただけでも、50万円以上節約できることになり大変お得です。
さらに、団信では年末調整の保険料控除に適用されませんが、個人で生命保険に加入しているのであれば、保険控除の対象にもなります。

男性であれば年齢34歳くらいまで、個人で生命保険に加入したほうが節約になると言われており、年齢が若ければ若いほど、得をする金額も大きくなります。

最近では保険会社にも、ファイナンシャルプランナーと呼ばれるプロがいて、このような相談にも素早く応じてくれます。時間があるときにでも、少し話を聞きに出かけると思わぬ節約術が見つかるかもしれませんね。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

家族にブラックリスト者がいる場合、住宅ローン審査が通らない?

両親や兄弟、または妻や子供に自己破産などによるブラックリスト者がいると、住宅ローンの審査に影響で…

住宅ローンの滞納で差し押さえ?自宅を手放さないための唯一の方法

「住宅ローンを滞納しちゃったけど大丈夫かな…」 「

お金がない時どうする?みんなどうしてる?90人分体験談集めてみた

「お金がない…どうしよう…」生きていれば誰しもに起こりえます。そんな時…

クレジットカードや消費者金融を利用していると住宅ローンの審査は…

「消費者金融を利用していると住宅ローンの審査が通りづらいって本当?」…

2.銀行から「督促状」や「催告状」が届いた

督促状が届いた 住宅ローン滞納をして1ヶ月~2ヶ月ほどすると、「督促状」や「催告状」と書かれたハガキや封書が金融機関より届きます。 これらのハガキや封書が届いてしまうと、金融機関はあなたの支払い能力に ...