「金融円滑化法」の終了により、住宅ローン滞納者が急増するって本当?

金融円滑化法が終了してしまうと・・・

2013年3月末で金融円滑化法は終了してしまうことが決定しています。

金融庁としては、法案が終了しても引き続き金融機関には、
積極的に相談に乗るよう指導していくということなのですが、もちろん何の保証もありません。

すでに昨年の12月頃に金融機関より、「金融円滑化法」の終了に伴い、
軽減していた住宅ローン返済額を当初の返済金額に戻すという通知が届いているケースも少なくないようです。

この「金融円滑化法」により、住宅ローンの軽減処置を受けている人は、全国で23万人~25万人と言われています。

この状況を受け、当然ですが今後住宅ローンの滞納を余儀なくされ、
最終的にマイホームを手放す人が増えてくるのは容易に想像ができてしまいます。

どうしても住宅ローンの返済目途が立たないという方は、
現実をしっかり見据えて最善の対策を取ることをお薦めします。

払えないからといって、逃げ回っていても何の解決にもなりませんし、
強制執行による「差し押さえ」や「競売」という最悪の結果を招くことになります。

売却という選択をするのであれば、差し押さえや競売となる前に、
任意売却の専門家に相談するのが一番得策だと思います。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

住宅ローン滞納後どうなる?差し押さえ・競売までの期間と4つの対策

「住宅ローンを滞納した…どうなる?」 「競…

住宅ローン借り換えに関する相談・質問にお答えします!Q&A・知恵…

周囲には聞きづらい住宅ローン借り換えに関する疑問や回答をまとめました。目次から知りたい項目をチェ…

家族にブラックリスト者がいる場合、住宅ローン審査が通らない?

両親や兄弟、または妻や子供に自己破産などによるブラックリスト者がいると、住宅ローンの審査に影響で…

クレジットカードや消費者金融を利用していると住宅ローンの審査は…

「消費者金融を利用していると住宅ローンの審査が通りづらいって本当?」…

2.銀行から「督促状」や「催告状」が届いた

督促状が届いた 住宅ローン滞納をして1ヶ月~2ヶ月ほどすると、「督促状」や「催告状」と書かれたハガキや封書が金融機関より届きます。 これらのハガキや封書が届いてしまうと、金融機関はあなたの支払い能力に ...