【体験談】自己破産者がマイカーローンを組むまでの体験談

2004年2月に自己破産を申請しました。理由は多重債務です。

そんな私が、2014年になってようやく新車を購入するに至ったのですが、マイカーローンを組むまでに相当苦労しました…。

「自己破産しても5年~10年経てば普通にローンを組める」と言っているサイトは多くありますが、実際はそう簡単にいきません。

この記事には、自己破産者であった私が新車を購入するまで、様々な審査に落ち続けた体験をまとめています。興味がある人の参考になれば嬉しいです。

2004年に自己破産

この頃の私は、恥ずかしながら、若気の至りで多重債務を抱えており、毎月の返済もままならない状態でした。

自己破産当時の状況は以下の通りです。

  • 当時の年齢=27歳
  • 月収(給与)=22万円
  • 預貯金=10万円ほど
  • 財産=無し(10年落ちの高級車1台所有)

借入れ金内訳

  • クレジットカードキャッシングA=月々の返済額 10,000円(総額50万円)
  • クレジットカードキャッシングB=月々の返済額 12,000円(総額50万円)
  • クレジットカードキャッシングC=月々の返済額 10,000円(総額30万円)
  • 消費者金融A=月々の返済額 30,000円(総額105万円)
  • 消費者金融B=月々の返済額 18,000円(総額50万円)
  • 消費者金融C=月々の返済額 8,000円(総額30万円)
  • 銀行のカードローンA=月々の返済額 10,000円(総額50万円)
  • 銀行のカードローンB=月々の返済額 10,000円(総額60万円)

トータルすると、月々の返済だけでも10万円を超えていました。

実際は毎月13万円ほど返済していたので、上記であげたものよりさらに借入先が多かったと思います。

それに家賃や光熱費、クルマの維持費、食費が掛かるのですから当然満足に暮らしていけるはずもありません。

当時勤めていた会社の社長に弁護士を紹介してもらい、なんとか自己破産することができました。 当時の私は自己破産という制度のこともあまり理解しておらず、とにかく弁護士の先生の言うとおりに書類を準備しました。

その弁護士先生から、自己破産をすると5年~10年間くらいはクレジットカードも銀行のローンなども利用できなくなることは説明を受けていました。

5年後にクレジットカードを申し込んだ結果

自己破産をしてからは、借金をすることもなく人並みの生活を送っていたのですが、インターネットの買い物で使用するためにクレジットカードに申し込んでみることにしました。

ネットなどで比較的審査が通りやすいと紹介されていたクレジットカード2社に申し込んでみましたが、結果はいずれも審査の段階で不可。

このときはまだ自己破産の個人データが残っているのだろうと思い、クレジットカードを作るのは諦めました。

そしてそれから2年がたち、自己破産をしてから7年が過ぎていたので、同じように審査が甘いと言われているコンビニ系やデパート系のクレジットカードに申し込んでみましたが、やはり審査の段階で不可の通知が届いてしまいました。

自己破産から10年が経過

2014年の2月で自己破産から10年が経過したので、これを機に新車を購入しようと思い、銀行のマイカーローンにネットから予算250万円で申込をしました。

自己破産したときに働いていた会社から転職していましたが、今の会社に在籍して6年が過ぎていたし、年収も400万円ほど。 なので、車のローン審査は通るだろうと予想していたのですが、結果はダメでした。

もちろん自己破産時に利用していた銀行には申し込んでいませんし、保証会社なども調べて、被らないよう注意を払って申し込みました。3社に申込みをしましたが、すべて審査落ち。

しかも、通らなかったのはマイカーローンだけではありません。 なんとクレジットカード(2社)すら審査に通らなかったのです。

これだけ審査落ちが続いたので、一度は新車購入も諦めかけました。

そんなとき、会社で取引している銀行の担当者が「マイカーローンキャンペーン」というチラシをもって営業にやってきました。その担当者にすすめられ、その銀行で再度マイカーローン申込をすることにしました。

もちろん、過去に自己破産をしていることも、今年他の銀行のマイカーローン審査に落ちたことも、すべて伝えました。

するとその担当者は、こんなことを言いました。 「きっと色々な審査に落ちたのは、自己破産が原因ではなく、クレジットヒステリー(利用履歴)などを総合的に判断した結果ではないでしょうか?」

私は自己破産をしてから10年間、まったくローンを利用しませんでしたし、クレジットカードを使ったこともありません。クレジットヒストリーが真っ白な状態のため、金融機関が警戒したというのです。

そしてその担当者はこうも続けました。 「今回のマイカーローンはネット審査ではなく、私に直接申込書を持ってきてください。そのほうが審査に通る確率は数段高くなりますし、かなりの確率で○○さんのローン審査を通す自信があります」

そしてこの担当者の言ったとおり、数日後には「無事審査に通りました」という連絡がありました。 当初250万円の予算で審査をお願いしたのですが、その担当者いわく「500万円くらいまでなら大丈夫ですよ」というので、以前から欲しかった400万円オーバーの新車を購入することができました。

しかも金利は1.35%です。

この金利にすることを条件に給与の振込み先を変更するのと、クレジットカードを作ることを提示されましたが、それくらいお安い御用です(笑)

この記事のまとめ


自己破産は自分の堕落した生活が招いた結果なので、後悔しても遅いし、その事実を消すことはできません。
5年や10年制裁を受けるだけならという安易な考えで自己破産をしましたが、何度も審査に落ちるのは正直結構つらかったです。

また、弁護士先生や様々なサイトが言うように、事故情報は5年~10年で消滅していたのかもしれませんが、それとは別の理由で長年クレジットカードすら作れない状況になってしまいました。

もし同じような理由で悩んでいる人がいたら、ネット上で審査に申し込むのではなく、金融機関に直接相談に行き、信用できる担当者を作ることが一番確実な方法だと私は思います。

とくに勤めている会社と取引がある銀行などがあれば、そこで相談してみると良いかもしれませんよ。
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

総量規制で自動車ローンが借りられないって本当?総量規制の対象外…

2010年6月に施行された「総量規制」ですが、少し勘違いしている人もいるようなので、今回「総量規制と…

知らなくて年10万円損した…低金利なおすすめマイカーローンの探し方

人生でする大きな買い物といえば、数百万円~数千万円する家や車などでしょう。 住宅ローンの…

残価設定型ローンは本当にお得?デメリットは?リース車との違いは?

最近ではテレビCMなどでも目にする機会が増えた「残価設定型ローン」ですが、この制度は

東京で格安レンタカーならコレ!15分206円!カーシェアに注目!

レンタカー業界が今大きく変わろうとしています。 これまでのレンタカーと言えば少し敷居が高…

車の個人売買でマイカーローンは組めない…クレジットカードやカード…

「ヤフオクで車を落札したけどお金が足りない…」 「