残価設定型ローンは本当にお得?デメリットは?リース車との違いは?

最近ではテレビCMなどでも目にする機会が増えた「残価設定型ローン」ですが、この制度は本当にお得なのでしょうか?

通常のマイカーローンなどと比較しながら、残価設定型ローンについて紹介していきたいと思います。

合わせてリース車との違いや、どんな人にオススメなのかも見ていきましょう。

ネットDEマイカーローン

  • 中古車・新車、借り換えもOK
  • 事前審査結果は最短即日回答!本審査結果は最短翌営業日に連絡
  • 保証料不要
  • 金利キャンペーン中!

(1)残価設定型ローンとは

新車を購入するとき、銀行のマイカーローンやディーラーローンを利用する人が多いと思いますが、最近はこの残価設定型ローンを利用する人が増加傾向にあるようです。

残価設定型ローンとは、新車購入時に3年後または5年後に下取りすることを想定し、

新車価格から下取り時の査定額を差し引いた金額のみを期限内で支払うという方法です。

《残価設定ローンの具体例》

200万円の新車を購入し、3年後に下取りに出す時の査定額を120万円とした場合。

購入者は下取りに出すまでの3年間で80万円(200万円-120万円=80万円)を分割して毎月支払うことになります。

つまり新車を半額ほどで購入できるという考え方ができ、つねに新しい車種に乗りたい人や車検費を節約したい人などに支持されています。

(2)残価設定型ローンとリースの違い

残価設定型ローンとリースの違いを一言で説明するなら、残価設定はあくまでも新車購入の一つの方法なのに対し、リースというのはレンタカーの延長のような商品だと思ってください。

レンタカーを借りていて、バッテリーがあがってしまったり、エアコンが故障しても修理をするのは当然レンタカー会社ですよね。このリースという商品も同じです。

車検費用、オイル交換費用、タイヤ交換などの費用はすべてリースしている会社が負担することになります。もちろん、自動車税などの税金も同じです。

これだけ聞けば残価設定型よりもリースのほうが良いのでは?と思うかもしれませんが、当然それらの費用まで込みとなっている訳ですから、車の代金も割高に設定されています。

本来は会社の営業車などに利用されていた制度なのですが、それを個人単位で利用できるというのがリース車だと思ってください。

《プチコラム》

いまでこそ残価設定型ローンの知名度があがり、多くのディーラーなども取り入れるようになったのですが、実は10年以上前から残価設定型ローンはありました。

当時は残価設定型とリース型の2つが比較されることも多かったのですが、今では新車リースを扱うお店はずいぶんと少なくなりました。

それでも一部の自動車販売店やガソリンスタンドなどでは、今でもリース型の商品を扱っているケースもあります。

(3)残価設定型ローンのメリット・デメリット

残価設定型ローンは、一見すると新車を半額で乗れるように思われがちですが、デメリットとなる部分はないのでしょうか?ココでは残価設定型ローンのメリットやデメリットを紹介しておきたいと思います。

残価設定型ローン
メリット デメリット
新車を半額ほどで購入できる 走行距離が制限される
月々の支払費用を安くできる 傷み次第では追加料金を請求される場合がある
車検費がかからない カスタマイズすると査定が下がる
まとまった頭金が必要ない 3年後乗換しなければメリットがない
3年後に新車に乗換できる 終了後乗り続ける場合は、残金を一括もしくは分割払いする必要がある
マイカーローンより金利が安い 終了後乗り続ける場合は、金利が高くなる可能性が高い

上記の中で特に注目して欲しいのが、メリット部分の「月々の支払い費用が安くなる」ところと、デメリット部分の「追加料金が請求される可能性がある」です。

月々の支払いを安く抑えたい人には、この残価設定型ローンは有効です。

新車価格を半分ほどに抑えることができるので、当然月々の支払額も半分ほどに減る可能性があります。

《新車価格200万円の3年払い(ボーナス払い無し)下取価格100万円で想定》

  • 通常のマイカーローン・・・59,941円/月々の支払い(金利5%)
  • 残価設定型ローン・・・29,970円/月々の支払い(金利5%)

ここでのポイントは、3年後の下取り査定額が高い車種を選ぶことです。

次にデメリット部分の追加料金についてですが、新車購入時に下取り時の査定もするので、当然想定以上に状態が悪かったり、想定以上の走行距離を走っていると、返却時に差額分の費用を徴収されることがあるのです。

(4)残価設定型ローンがオススメなのはこんな人

普通に新車を買いたいのであれば、残価設定型ローンでわざわざ購入する必要もなく、通常のマイカーローンでよいでしょう。

新車志向が強い人ご年配であと3年か5年しか車に乗らない人であれば、残価設定型ローンは有効ですが、デメリットも多いのも覚えておきましょう

月々の支払い額を減らしたいという人も、残価設定型ローンを利用しなくても、通常のマイカーローンを利用し、返済期間を長くするという方法もあります。

残価設定型ローンとリースを同じ商品だと思っている人がいるようですが、この2つは全く別物なので、勘違いしないように注意してください。

(5)リースがオススメなのはこんな人

オイルやタイヤ交換などのメンテナンスを面倒だと思っている人だったり、ご年配で車のことは良くわからないという人はリースがおすすめです。

とくにご年配の方が一人暮らしをしている場合など、車のメンテナンスや故障時の対応に不安があると思います。

このような人には、すべてのメンテナンスが込みになっているリースを利用しましょう。

とくにコスモ石油がテレビCMしているように、最寄のガソリンスタンドでリースを利用すれば、ちょっとしたことでも電話一本でスタンドの人が駆けつけてくれます。

スマホ利用に不便を感じないのであればカーシェアリングなどを検討してみるのも悪くありません。

<関連記事>

15分206円!カーシェアに注目!

ネットDEマイカーローン

  • 中古車・新車、借り換えもOK
  • 事前審査結果は最短即日回答!本審査結果は最短翌営業日に連絡
  • 保証料不要
  • 金利キャンペーン中!

この記事のまとめ

残価設定型ローンやリース車など、色々な車の買い方がありますが、やはり一番良いのは金利が低い銀行や信用金庫などでマイカーローンを組み、普通に購入することだと思います。

実際に私も最近新車を購入したのですが、信用金庫のマイカーローンとディーラーローンを比較したら、支払総額で50万円以上の差が出ました。

残価設定などの買い方も検討材料にはなると思いますが、金利だけで数十万円という違いが出るのであれば、なにも無理して残価設定型ローンやリース車を利用する必要はないと思います。

<関連記事はこちら>

マイカーローンのオススメはココ!金利が低いマイカーローンの探し方は?

銀行マイカーローンVSディーラーローンVSクレジットローンを徹底検証

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

総量規制で自動車ローンが借りられないって本当?総量規制の対象外…

2010年6月に施行された「総量規制」ですが、少し勘違いしている人もいるようなので、今回「総量規制と…

知らなくて年10万円損した…低金利なおすすめマイカーローンの探し方

人生でする大きな買い物といえば、数百万円~数千万円する家や車などでしょう。 住宅ローンの…

【体験談】自己破産者がマイカーローンを組むまでの体験談

2004年2月に自己破産を申請しました。理由は多重債務です。 そんな私が、2014年になってようや…

東京で格安レンタカーならコレ!15分206円!カーシェアに注目!

レンタカー業界が今大きく変わろうとしています。 これまでのレンタカーと言えば少し敷居が高…

車の個人売買でマイカーローンは組めない…クレジットカードやカード…

「ヤフオクで車を落札したけどお金が足りない…」 「