更新日:2020-06-29

今日中にお金を借りたい!即日融資を受ける方法

大変だ!今日のうちに絶対、お金が必要だぞ…
今日中にお金を借りられるところなんてあるのかな?

期日がある支払いや借金の返済日までにお金を工面できず、「どうしても今日中にお金を借りられないと困る」ということがあります。銀行にお願いしても、その日のうちに融資を受けられるということは、まずありません。

知人や親戚を頼っても、その日のうちにお金を用意してもらえるとは限りません。それでも、「今日お金がないと大変だ」ということも起こり得ます。そんなピンチを切り抜ける方法を紹介します。

カードローンやキャッシングであれば今日お金を借りられる可能性がある

  • 消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用すれば、その日のうちに融資を受けられる可能性がある。
  • 消費者金融のカードローンなら、申込は24時間365日でき、最短1時間で融資される
  • カードローンでお金を借りるには消費者金融の審査を受ける必要がある。安定した収入があることと、総量規制に引っかからないことが、審査に通るポイント。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

即日融資を受ける方法は「消費者金融のカードローン」と「クレジットカード」の2通り

「今日中にどうしてもお金を借りたい」となった場合、主に2つの方法が考えられます。それは、「消費者金融のカードローン」を利用する方法と、「カード会社が発行するクレジットカードのキャッシング」を利用する方法です。

カードローンを利用する方法とクレジットカードのキャッシングには、以下のような違いがあります。

カードローンとクレジットカードの違い

キャッシング方法 カードローン クレジットカード
年会費 無料 カード会社によって異なる
ショッピング ×
キャッシング
借入限度額:800万円など

借入限度額:100万円など
付帯サービス なし
  • 付帯保険
  • ETCカード  など
申込条件
  • 年齢:20歳以上
  • 安定した収入がある
  • 年齢:18歳以上
  • カードによって学生可
  • 本人または配偶者に安定した収入がある

クレジットカードでキャッシングを利用したい人は、ATMなどから、限度額までならすぐにお金を借りることができます。ただし、クレジットカードでもキャッシング枠がついていないものは、利用することはできません。

カードローンでお金を借りたい人の場合、初めて利用する場合は消費者金融に申し込み、契約する必要があります。契約時には審査がありこれに通過する必要があります

担保不要でWebで申込完結!消費者金融のカードローンに申し込むには?

消費者金融のカードローンを使ってその日のうちに融資を申し込む場合の流れを、プロミスの例にして解説していきます。

プロミスの公式ホームページからは24時間365日、融資の申込ができ、全てをWeb上で完結できます。お店への来店はもちろん、ローンカードそのものの発行も不要。担保も必要ありません。

なお、「今日中にお金が借りたい」という場合は、申込のタイミングにも注意しましょう。プロミスの場合、申込は24時間可能ですが、営業時間は9:00~21:00です。審査回答が最短30分かかることを考えると、遅くとも20:30までには申し込む必要があります。審査に時間がかかる可能性もあるので、できるだけ早い時間に連絡しましょう。

  1. 申込

    プロミスの公式ホームページの申込画面に「お客様情報」を入力します。「お客様情報」は、氏名や生年月日、家族構成など個人情報のほか、自宅に関する情報(住所、持ち家か賃貸かなど)、勤務先の情報(勤務先の名前、雇用形態、業種、入社年月、税込年収など)などです。

  2. 審査

    「お客様情報」をもとに、プロミスが融資可能かどうかを審査。審査の内容は後で説明します。

  3. 審査結果の連絡

    最短30分で、審査結果をメールや電話で知らせてもらえます。審査に通らなかった場合は、残念ながら融資を受けることができません。

  4. 契約

    審査で融資可能になった場合、Webでの契約なら契約内容を確認後、振込によって最短10秒で融資を受けることができます。

プロミス

  • 原則24時間振込も可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので、家族などに知られることなく、借り入れが可能です。

コンビニATMから借入可能!クレジットカードのキャッシングサービスとは?

ほとんどのカード会社のクレジットカードには、その日のうちにコンビニATMや銀行のATMから現金を引き出せるキャッシングサービス機能が備わっています。

キャッシングの支払方法は、指定日に一括で口座引き落としがされる「一括払い」と、同じ口座引き落としでも毎月の返済額が一定となる「リボ払い」があります。いずれも返済には金利手数料が発生します。

今日中に審査に通りたい!カードローンの審査の仕組みとポイント

消費者金融のカードローンで融資を受けるためには、融資審査に通過する必要があります。審査はどのように行われるのか、また審査で重要視されるポイントについて説明します。

消費者金融のカードローンの審査の仕組み

消費者金融のカードローン審査には、「自動審査」と「手動審査」の2つがあり、その両方に通過しないと審査に合格できません。

●自動審査とは

先に述べたプロミスの「お客様情報」のような申込者の申告した情報をもとに、機械が初期審査するものです。
自動審査をする機械は、申込者が申告した情報を項目ごとに点数化し、その点数を合算して申込者の合計点を出します。申込者の合計点が審査合格の基準点数よりも高くなれば、自動審査に通過できます。
どのような項目が何点になるか、基準点数がどれくらいかなどは、消費者金融各社によって異なり、公表もされていません。ただし、情報は総合的に判断されるので、1つの項目の評価が悪いからといって自動審査に落ちることはないといえます。

●手動審査とは

自動審査を通過した申込者に対して行われる審査で、申込者が自社から借りたお金を返済する能力があるかどうかを、審査担当者が判断するものです。
手動審査には、カードローンやクレジットカードなどの申込履歴や現在の借入・返済状況、過去の返済事故情報(債務整理や長期延滞情報など)などの記録である「信用情報」、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確認する「在籍確認」、そして「他の消費者金融からの借入額」などの審査があります。
また、申込者の1社の利用限度額が50万円を超える場合と、複数の消費者金融からの借入額の合計が100万円を超える場合は、貸金業法により、消費者金融会社は申込者の収入証明書(源泉徴収票や課税証明書など)を確認することが義務付けられています。

消費者金融のカードローンの審査難易度は?重視されるポイント

上に述べたように、消費者金融の審査項目はいくつかあるのですが、その上で審査難易度を左右するポイントが、「安定した収入があるか」と「総量規制」です。この2つについて問題ないと判断されれば、融資が受けられるかどうかを過度に心配することはありません。

審査における「安定した収入がある」とは「毎月1回以上の収入がある」こと

消費者金融のカードローンでは、安定した収入とは「毎月1回以上収入がある」ことと判断しています。毎月1回以上の収入があれば、申込者に返済能力があるとみなされるのです。非正規雇用やフリーターでも、毎月1回以上収入があれば、審査に通る可能性が高くなります。

総量規制とは

貸金業法に、申込者に対して申込者の年収の3分の1を超える融資をすることを禁じた決まり、この決まりを「総量規制」といいます。前に述べた手動審査の説明で、審査項目の1つに「他の消費者金融からの借入額」がありましたが、それを確認するのは、総量規制内かを確認するため。

例えば、年収が210万円の人の場合、消費者金融から借りられる金額は3分の1の70万円。その人がすでに消費者金融A社から30万円を借入していたら、別の消費者金融B社からは40万円までしか借りられないということになります。

たとえ毎月1回以上収入があったとしても、年収の3分の1以上は消費者金融から借りられないということですが、この条件をクリアしていれば、審査に通る可能性が上がるといえます。

銀行のカードローンは金利は抑えることができるが即日融資は不可

銀行でもカードローンのサービスがあります。銀行のカードローンは消費者金融のカードローンは年4.5%~18.0%程度なのに対して、年1.8%~14.6%程度と、利用しやすい設定となっている一方、即日融資は不可能

これは、銀行の審査では、警察庁の反社会勢力データベースを照会することが義務付けられており、照会の回答が得られるまでに最低でも翌営業日までかかるからです。

個人が銀行にカードローンを申し込むと、担当部署や支店は、申込者のデータを銀行本部に送ります。銀行本部は預金保険機構(預保)にそのデータを送り、預保は警察庁の反社会勢力データベースに照会します。これを一次照会といいますが、その回答が来るのが、翌営業日なのです。

銀行のカードローンは、「今日お金を借りたい」という人には選択肢から外れることになります。

事業資金目的で消費者金融の利用NG!個人事業が融資を受けるには?

お金を借りる目的が事業資金調達という人は注意が必要です。個人向けカードローンは、事業資金目的での利用が禁じられているからです。

事業者が事業目的で資金を借りたい場合は、事業者向けのビジネスローンを利用しましょう。ここでいう事業者とは、中小企業を含む法人だけでなく、個人事業主も含まれます。なお、ビジネスローンは総量規制の対象外です。

ビシネスローンとは?

銀行やクレジットカード会社、消費者金融といった金融機関が提供するローン商品のことです。無担保・無保証で利用でき、最短1日で審査結果が出ます。

この記事のまとめ

これまで、今日中にお金を借りるための方法について解説してきました。
改めて、これらの内容について振り返っておきましょう。


  • 消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなら、その日のうちに借入ができることも。
  • 消費者金融のカードローンは24時間365日融資の申込ができ、申込後最短1時間で融資してもらえることもある。
  • 消費者金融のカードローンは、機械による自動審査と人による手動審査に通過する必要がある。
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

関連記事

1・2・3万円借りたい!カードローンで今日借りる2つの方法

「給料日まであと数日…1万円だけでいいから借りたい…」 「

更新日:2020-08-04

審査なしで即日お金を借りる方法はあるか?

「今すぐお金が必要だけどパートやアルバイトしかしていないから審査に落ちるか…

更新日:2020-08-04

審査甘い借入先でお金を借りたい...カードローン審査の3つのコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…

更新日:2020-07-31

これで教育資金を準備できる!母子家庭でお金を借りる制度とは?

「今の給料では、生活費だけで精いっぱい」 「

更新日:2020-07-31

個人間融資「お金を借りる」掲示板が危険な理由

「掲示板で融資のやり取りをしているのを見たことがあって興味がある…」

更新日:2020-07-31