審査なしの即日融資は危険?安全なカードローンでお金借りる方法

即日審査なしでお金借りるなら闇金?安全な即日融資を受けるコツ

今すぐお金借りたいけど審査は大丈夫かな…
審査なしで即日借りられるところってあるの?

残念ながら、審査なしで即日お金を貸してくれるところはありません。一般的な金融業者は、審査をすることで「この人にお金を貸しても大丈夫か」を判断します。

「審査なし」で即日融資できるのは、違法な闇金業者だけ。危険な目にあいたくなければ、甘い言葉に誘われるまま闇金を利用してはいけません。

安全なところで即日お金を借りたいなら、大手消費者金融のカードローンを利用する方法があります。

「即日審査なし」より大手消費者金融カードローンが利用した方がよい理由

  • 最短即日融資のカードローンが多数。最短1時間融資のところもある
  • 大手消費者金融は「約10人に1人は利用経験アリ(※)」「金融庁の貸金業者登録済み」「大手銀行の傘下」と社会的な信用がある
  • 申込者の半数近くが審査通過している
  • 「電話なし」で完結できるなど、申込に手間のかからないカードローンもある

(※)出典:一般社団法人全国銀行協会「銀行カードローンに関する消費者意識調査 に関する報告」より

この記事では、「即日審査なし」でお金を借りたい人へ向けて、なぜあえて審査のある大手カードローンの検討がよいというのか、審査に自信がない場合はどうすればいいのかなどを紹介していきます。

安全なところで借りるならこちら

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 原則24時間いつでも振込融資可能。夜間・土日OK
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間

おすすめ度

SMBCモビット

SMBCモビットバナー
  • 電話連絡なしで審査が進むWeb完結申込が利用できる。書類の電子化で郵送物なし。

    (※)Web完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ利用可能
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
融資時間 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 「はじめて」のCMでおなじみ、三菱UFJ銀行グループのカードローン
  • 利用者数約154万人の業界大手
    (2019年3月期決算資料より)
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短即日

「即日審査なし」より大手消費者金融のカードローンを利用した方がよい理由

大手消費者金融を利用した方がよい理由は3つ。

  1. 大手銀行の傘下など社会的な信用がある大企業であること
  2. 最短即日融資も可能であること
  3. 大手消費者金融の審査通過人数は申込人数の半数近くであること

順に見ていきましょう。

(1)大手消費者金融は社会的に信用のある大企業で安心

「消費者金融」と聞くと、ひと昔前の「高金利・取り立てが厳しい・法律スレスレの経営をしている」といったイメージを持っている人も、未だにいるのではないでしょうか。

残念ながら、「消費者金融」という大きなくくりの中で見れば、未だにそういった企業は一部存在します。

しかし、“大手”消費者金融であれば、そんな不安を抱えることなくお金を借りることができるのです。

大手消費者金融が安心な3つの証

  • 約10人に1人は利用経験あり(※)
  • 多くの人が利用できるほど身近な存在である証
  • 金融庁に貸金業者登録をしている
  • 公官庁も認めた正規の企業である証
  • 大手銀行傘下のカードローン会社が多数
  • クリーンなイメージを気にする銀行が傘下にできるほど公正な経営を行っている証


※)出典:一般社団法人全国銀行協会「銀行カードローンに関する消費者意識調査 に関する報告」より

中小の消費者金融はあまり知名度が無い分、闇金との見分けがつきにくいところが難点です。

安心してお金を借りるなら、やはり大手企業が提供しているカードローンを選ぶ方が無難かもしれませんね。

(2)最短即日融資も可能

実際に、最短即日融資も可能な大手消費者金融のカードローン4つ(プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビット)の「審査時間」「融資時間」を比べてみましょう。

カードローンの審査・融資時間

カードローン 審査時間 融資時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

どのカードローンも非常に早く借りることができるんですね!

(3)大手消費者金融の審査通過率は5割近く!

大手消費者金融3社の審査通過率を計算してみると、以下の通りになりました。

大手消費者金融3社の審査通過率
アコム 44.0%
プロミス 45.2%
アイフル 45.3%

[出典]
アコム「DATABOOK Monthly Report 2019年3月末」より
SMBCコンシューマーファイナンス「2019年3月期 決算資料」より
アイフル「2019年3月期 決算短信」より

3社の審査通過率はどれも45%ほどです。つまり申し込んだ人の約半数が審査に通過している計算になります。

半々くらいの確率で審査に通ると思えば、申込のハードルは下がるのではないでしょうか。

申込のハードルが下がる要素は他にも!審査の不安をカバーできる大手消費者金融のカードローン

また、大手消費者金融のカードローンなら、審査の際に誰もが不安に思うこともカバーできますよ。

カードローン審査の不安要素

不安要素 大手消費者金融なら
職場にバレる 職場への電話なしのカードローンあり
収入が低い 安定した収入があればOK
すでに他社でキャッシング契約済み 全ての借入契約枠の合計年収の3分の1を超えなければ可能性はある

カードローン審査について不安を抱く人も多いですが、ポイントをきちんと押さえれば、審査に通る可能性を上げることはできるんですよ。

【審査についてさらに詳しくはコチラ→】(ページ内リンク)

即日でお金を借りたいなら、即日融資も可能な大手消費者金融を検討してみてくださいね。

大手消費者金融を検討した方がよい理由まとめ

  1. 大手銀行の傘下など社会的な信用がある大企業
  2. 最短即日融資も可能
  3. 大手消費者金融の審査通過率は5割近く

実際にカードローンを利用したい、と思っても、何を基準に選んだらよいか迷う人も多いでしょう。

次の章では、そんなカードローンの特長についてまとめてみました。カードローン選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

即日審査なしを望む人へ!最短即日融資の可能なカードローン3つ

ここでは、当サイトでおすすめしている大手消費者金融カードローン3つを紹介していきます。

それぞれ特長が違うため、自分の状況と照らし合わせて選んでみてください。

当サイトおすすめのカードローン

カードローン こんな人向き
プロミス とにかく急いで借りたい人
SMBCモビット 職場の人にバレないか不安な人
アコム はじめてカードローンを利用する人

一つずつ見ていきましょう。

とにかく早く借りたいならココ!最短1時間融資の「プロミス」

とにかく早さを求めるなら、プロミスです。

プロミスで借りるメリット

  • 最短1時間融資が可能
  • 原則24時間365日振込融資可能

プロミスは「とにかく早く借りたい」というユーザーの希望に応えてくれるカードローンです。

とにかく今すぐ借りたい人に

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 原則24時間いつでも振込融資可能。夜間・土日OK
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間

電話連絡、郵送物なしにできる「SMBCモビット」

SMBCモビットのWeb完結申込を利用すれば、「職場への電話連絡」も「家族にバレやすい郵送物」も無しにすることができます。

ただし以下のものを持っていることが条件なので、注意が必要です。

SMBCモビットのWeb完結申込に必要な書類

  1. ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行の口座のうちいずれか1つ
  2. 社会保険証または組合保険証のどちらか

また、SMBCモビットには10秒で結果がわかる簡易審査申込があります。

審査が通るか不安なまま待つこともなく、最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)でお金を借りることができますよ。

職場への電話が気になる人に

おすすめ度

SMBCモビット

SMBCモビットバナー
  • 電話連絡なしで審査が進むWeb完結申込が利用できる。書類の電子化で郵送物なし。

    (※)Web完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ利用可能
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
融資時間 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

はじめて借りるなら!CMでおなじみの「アコム」

はじめてのCMでおなじみのアコム。CMの通り、アコムはカードローンの利用自体がはじめての人向きです。

アコムで借りるメリット

  • 最短即日融資
  • 大手カードローンの中でも新規顧客数・累積利用者数ともに最多(2019年3月時点)

即日融資カードローンの利用者数

カードローン 新規顧客数 総利用者数
アコム 約26万人 約154万人
プロミス 約25万人 約140万人
アイフル 約20万人 約126万人
SMBCモビット 約11万人 約47万人

※千の位を四捨五入

[出典]
アコム「2019年3月期 決算データブック」より
アイフル「2019年3月期 決算データブック」より
SMBCコンシューマーファイナンス「2019年3月期 決算資料」より

多くの人に選ばれているということは、はじめての人でも利用しやすいということが推測できます。

カードローン選びに迷っているなら、アコムを選ぶのも一つの選択肢でしょう

はじめての人向き

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 「はじめて」のCMでおなじみ、三菱UFJ銀行グループのカードローン
  • 利用者数約154万人の業界大手
    (2019年3月期決算資料より)
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短即日

即日融資も可能という共通点以外にも、それぞれ特長があることが分かりましたね。

しかし、せっかく自分に合った即日融資のカードローンが見つかっても、審査に落ちてしまってはいけません。

次からは、カードローン審査で見られるポイントや、審査に落ちる理由、審査に有利になる方法などを紹介していきます。

カードローンの審査とは?必要性や重要視されるポイントをまとめてみた

「即日審査なし」でお金を借りたい人の中には、

審査が不安な男性

どうして審査なんてめんどうな手続きをとらなきゃいけないの?

と、不満に思う人もいるのではないでしょうか。

実は、見方を変えれば、審査はお金を借りる人を守るためにあるともいえるのです。

審査は借りすぎを防ぐセーフティネット。「審査なし」には危険がいっぱい

お金を貸す金融機関が、審査の際に重要視するといわれているのが「返済能力」。これは、お金を借りた人がきちんと返していけるだろうか?という視点で見られています。

これはもちろん、金融機関側の都合もあります。貸したお金は、返してもらわなければ経営していけませんよね。

しかし、審査は金融機関の利益のためだけにあるわけでもありません。審査は、貸金業法という法律によって義務付けられているのです。

貸金業法とは?消費者が多重債務にならないための法律

貸金業法とは?
貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。
近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。

出典:「貸金業法のキホン」金融庁

つまり、審査を義務付けている貸金業法は、消費者が多重債務にならないよう守る目的で作られたもの。

こうした法律を守らない業者でお金を借りてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

「審査なし」は違法な闇金!危ない目にあいたくなければ避けるべき

審査なしで即日お金を貸してくれるところは、まず「闇金」と呼ばれる違法な業者で間違いありません。

闇金の人 闇金業者

「即日・審査なしOK」「ブラックOK」

甘い言葉で勧誘してくる闇金は、審査なしで誰にでもお金を貸してくれる代わりに、とてつもなく高い利息を上乗せしてきます。

利用者がお金を返せなくなっても関係ありません。はじめから法律を守る気がありませんから、力尽くで返済させることも平気なのです。

闇金の厳しい取り立て例

  • 職場に嫌がらせの電話を毎日かける(退職に追い込まれることも)
  • 同じ闇金グループから強制的に借りさせ返済させる(高額な手数料を請求)
  • 嫌がらせのようにポストを督促状で埋め尽くす

闇金でお金を借りるくらいなら、たとえ審査があっても、きちんとしたカードローンを選んだ方がのちのち後悔しないといえます。

そんなカードローンの審査について、詳しい内容を見てみましょう。

カードローンの審査って何を見られるの?

カードローン審査の内容は、以下の5つといわれています。

  1. 年収・雇用形態・勤続年数といった属性
  2. 提出書類の内容(本人確認書類・収入証明書)
  3. 在籍確認
  4. 信用情報
  5. 他社での借入状況

(1)年収・雇用形態・勤続年数といった属性

カードローン申込の際には、下記のような情報の提出を求められます。※カードローンによって異なります。

  • 名前
  • 性別
  • 住所
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住環境(一人暮らし・親と同居・世帯持ちなど)
  • 既婚or未婚

※カードローンによって異なります

この中でも、特に審査で重要視されると言われているのが、「雇用形態」「年収」「勤続年数」の3つ。

カードローンは、たいてい月々の分割払いで返済を行っていくので、「毎月きちんと返してもらえるか=安定した収入がありそうか」が重視されます。

申込の際に「年収が低い」ことを気にする人もいますが、どちらかといえば「安定した収入がある」ことの方が大切なようです。

(2)提出書類の内容

カードローン審査の前には、以下のような書類の提出を求められます。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
    など
  • 収入証明書(借入希望限度額が50万円以上の場合)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
    など

提出書類をもとに、申込者が確かに本人か、申告された年収に間違いはないかなどがチェックされます。

(3)在籍確認

在籍確認は、申込者が本当にその職場で働いているかどうかを、電話で確認するというものです。

在籍確認のポイントは、“勤務先に本人が間違いなく在籍している”とカードローン会社に伝わること。

本人が電話に出られなくても、上司や同僚から「今日は休み」「席を外している」などの情報が得られれば、勤務先に在籍していることが確認できるので、問題ありません。

困る20代男性

でも、会社に電話がかかってくるって少し不安だな…お金を借りることが職場の人にバレないかな?

心配しなくても大丈夫です。在籍確認の電話では、消費者金融は会社名を言わず、担当者個人の名前を伝えます。プライバシーについて十分配慮されているので、安心してくださいね。

(4)信用情報

信用情報とは?
クレジットカードやカードローンといった信用取引に関係する情報。契約内容・支払い状況・利用残高・滞納履歴など、取引に関するすべての情報が記録されている。

信用情報の審査では、「滞納履歴」と「事故情報」が重視されます。

いままで利用したクレジットカードやカードローンの支払いに問題がなければ、「返済能力がある」と判断されるようです。

万が一、支払い遅れや滞納の事実がある場合は、審査で不利となります。

(5)他社での借入状況

他社での借入状況も審査の判断材料となります。

ここで見られるのが

  • 現在契約している「クレジットカードのキャッシング枠・カードローンの契約枠などを合計した」総額
  • 他に何社カードローン契約をしているか

の2点です。

一つ目の合計金額。これには総量規制という決まりが関わっています。

総量規制とは?
クレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードローンを使って借りられる金額の上限規制。すべての契約枠の合計金額を、年収の3分の1までに抑えなければならない

この総量規制に違反してしまった場合、貸金業者は営業停止や罰金といった重い罰が与えられます。そのため、審査でも他社での借入状況は重く見られるんですね。

二つ目は他社でのカードローン契約数です。複数の契約がある場合、「ウチでまた借りて本当に返せるのかな?」と思われて審査に不利になると言われています。

すでに3社以上カードローンを契約している場合、新たに審査に通るのは非常に困難と考えてください。

カードローン審査のポイントまとめ

  1. 年収・雇用形態・勤続年数といった属性
  2. 提出書類の内容(本人確認書類・収入証明書)
  3. 在籍確認
  4. 信用情報
  5. 他社での借入状況
当サイトおすすめのカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 原則24時間いつでも振込融資可能。夜間・土日OK
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間

おすすめ度

SMBCモビット

SMBCモビットバナー
  • 電話連絡なしで審査が進むWeb完結申込が利用できる。書類の電子化で郵送物なし。

    (※)Web完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ利用可能
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
融資時間 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 「はじめて」のCMでおなじみ、三菱UFJ銀行グループのカードローン
  • 利用者数約154万人の業界大手
    (2019年3月期決算資料より)
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短即日

審査のポイントは確認できましたか?ですがこれだけでは、具体的にどんな人が審査に通らないのかわからないですよね。

次の章では、審査に落ちる原因について見ていきましょう。

審査に落ちるのは無職だから?カードローン審査に落ちる理由

審査に通らない人の特徴

実は、審査に落ちるのには理由があります。あなたは当てはまっていませんか?

審査に落ちる理由

  1. 申込条件から外れている
  2. 金融ブラックの状態にある
  3. 他社での契約額がすでに年収の3分の1に達している

このうちの1つでも当てはまっている人は、残念ながらカードローンでお金を借りることができません。

なぜ借りることができないのか、一つずつ解説していきます。

(1)申込条件2つを“両方”満たしていなければ、申込自体ダメ!

カードローンの申込には以下の2つの条件があります。

  • 満20歳以上であること
  • 安定した収入があること

これらを満たしていなければ、審査以前にそもそも申込自体できないのです。

未成年では借りられない!大学生でも18歳・19歳はNG

未成年が審査に通ることはありません。

社会人として働いていたり、大学生であったりしても、18歳・19歳はカードローンでお金を借りることはできないのです。

未成年者でどうしてもお金が必要な人は、親や友人を頼った方がいいでしょう。

安定した収入はマスト!無職はNG。パート・アルバイトはOK

カードローンの申込には安定した収入が必須です。安定した収入とは、「申し込んだ本人が自分で働いて得たお金」が毎月あることを指します。

つまり「無職」「自身に収入のない専業主婦」「生活保護受給者」といった人々は、申込条件から外れるため、カードローンでお金を借りることはできないのです。

毎月の給料がある人は、年収が少なくてもカードローン審査に通る可能性があります。

カードローンに申し込めるのはどんな人?

無職 ✖ 安定した収入がないためNG
自身に収入のない専業主婦
生活保護受給者
学生 〇 パートやバイトなどの収入があればOK
主婦
派遣社員 ◎ 登録だけでなくきちんと働いていればOK
年金受給者 △ 不動産収入等があればOKの可能性アリ
詳細はカードローン会社に要問合せ

※この表は横にスクロールできます。(スマホのみ)

無職・自身に収入のない専業主婦・生活保護受給者などで、今すぐ働くことが難しい場合、お金を用意する方法として以下のようなものも考えられます。

  • 総合支援資金制度を利用する
  • 家族や友人に借りる
  • 自身に収入のない専業主婦なら配偶者貸付を利用する

パート・アルバイト・派遣社員などは、バイト先・派遣元の勤続年数(登録年数)で安定した収入があるかどうかが見られます

複数の職場でかけもちで働いている場合は、いちばん長く勤めているところを勤務先として登録すると、審査に通る可能性が上がるでしょう。

(2)金融ブラックとは?審査に落ちる最大の原因

金融ブラックとは?
クレジットカードやカードローンなどの信用取引について、過去の返済実績の状況などから信用を失っている状態のこと。異動情報の記録や多重債務がこれに当てはまる。いわゆる「ブラックリスト」

すでに以下のような状況にある人は、もしかすると「金融ブラック」と呼ばれる状態にあるかもしれません。

  • 多重債務をしている
  • カードローンやキャッシングを利用した履歴は信用情報機関で共有されています。すでにたくさんのところから借りている人は、返済能力が怪しまれて審査に落ちてしまいます。
  • クレジットカードや他のローンの支払いを何度も滞納した
  • 滞納履歴ももちろん共有されます。滞納している状態が61日以上続いたことのある人は、いわゆる金融ブラックにあたるので、審査に落ちてしまいます。
  • 過去に自己破産などの債務整理を行った
  • 債務整理を行い確定した借金を完済してから5年以内の出来事であれば、確実に審査に落ちるでしょう。

※こうした異動情報は、少なくとも5~10年のあいだは信用情報機関に保存されます。

ただし、以下のような場合は「金融ブラック」に当てはまっていない可能性があります。

  • クレカやカードローンの返済を1・2度滞納した
  • すぐに滞納を解消できていればOKである可能性が高いため
  • 金融事故から5年以上経過している
  • 事故情報の保存期間は信用情報期間ごとに異なり、最も短いところで5年間であるため

「金融ブラック」となってしまった場合、新しい借入は不可能です。

もし「お金がなくて生活できない!」という場合は、まず自治体や役所、民生委員などに相談してみましょう。

相談すると、以下のような制度が受けられるかもしれません。

  • 生活保護制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付制度
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援制度

自分に合った制度で生活を立て直しましょう。

(3)借りすぎ注意!借入枠の合計が年収の3分の1を超えている

個人の借金額は、貸金業法によって定められた「総量規制」という規制によって上限が決まっています。

総量規制とは?
個人が貸金業者からお金を借りられる上限は、原則として年収の3分の1までという規制のこと。貸金業法という法律によって定められている。

この「年収の3分の1」には、すでに他社で契約しているカードローンの借入枠も含まれます。

つまり、「他社で契約している借入枠」と「新しく希望する借入枠」の合計金額が年収の3分の1を超えていると、審査に落ちてしまう原因となってしまうのです。

すでに上限いっぱいまで借入枠の契約をしている人は、新規で契約することはできません。

返済に困っている場合は、弁護士に相談したり債務整理を検討したりするのも手でしょう。

今までいくら借入枠を契約したかわからなくなってしまった人は、契約した覚えのあるカードローンに一度問い合わせをしてみてくださいね。

審査に落ちる理由まとめ

  1. 申込条件から外れている
  2. 金融ブラックの状態にある
  3. 他社での契約額ですでに年収の3分の1に達している

こうした審査に落ちる理由にあてはまっていなければ、審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、何も考えずに申し込んでしまってはもったいない。実は、普通に申し込むよりも、審査に通過する可能性を高める方法があるんですよ。

即日審査なしでお金を借りたい人がカードローン審査を通過する可能性を高める3つの方法

審査が不安な人は、「審査なし」の業者を探すよりも「審査で可能性を高める方法を押さえましょう

審査で可能性を高める3つの方法

  • 申込時の希望借入額を必要最低限にする
  • 個人情報を間違いなく記入する
  • 今まで申し込んだことのないカードローンを選ぶ

それぞれ説明していきます。

(1)申込時の「希望借入額」は10万円など必要最低限の少額で

審査で有利になるには希望限度額を最小限に抑えよう

はじめて申し込む業者の場合、いきなり100万円借りたいと希望するのと、10万円を希望するのとでは審査の厳しさが全く違います

本当に高額を返せる人かどうか判断が慎重になるため、審査に時間がかかってしまい、すぐに借入できない可能性があるのです。

そのため、自分が今本当に必要な金額ギリギリで希望を出してみましょう

一度その金額で借りて返済実績を作っていけば、後から借入上限額を増やすことも可能です。

まずは審査に通ることを優先して、今必要な最低金額を申請してください。

(2)申込の個人情報は正確に!少しの記入ミスが審査時間に影響する

審査の際には、個人情報の入力が必要になります。

入力に間違いがあった場合、本人確認が取れず審査に影響が出てしまうのです。

間違いがちな個人情報をチェック

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤続年数

また、虚偽の申告もNGです。収入証明書の提示が不要な場合、年収を多く見積もって書くこともできてしまいますが、絶対にバレます

大手消費者金融の中には、カードローン審査をコンピューターが自動で行っているところがあります。

審査を行うコンピューターには、何万人という膨大な利用者のデータが蓄積されているため、入力された個人情報からある程度の年収を予想できるのです。

その予想と実際に申請された収入に大きな差があれば、追加で収入証明書などの提出を求められる場合もあり、嘘をついたことが必ずバレてしまいます。

そうすると審査に落ちる可能性が高まるので、年収に不安があっても正直に書きましょう。

(3)今まで申し込んだことのないカードローンを選ぶ

先ほど、カードローン審査で見られるポイントについてお話ししました。

実は、そのポイントのどこをどれくらい重視するか、つまり審査基準はカードローン各社によって異なるのです。

カードローン会社Aの審査基準は満たしていなくとも、カードローン会社Bの審査基準を満たしていることはあります。

ですので、今まで申し込んだことのないカードローンを選んで申込をすれば、お金を借りることはできるかもしれません。

カードローン審査で可能性を高める3つの方法

  1. 申込時の希望借入額を必要最低限の少額にする
  2. 個人情報を間違いなく記入する
  3. 今まで申し込んだことのないカードローンを選ぶ
当サイトおすすめのカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 原則24時間いつでも振込融資可能。夜間・土日OK
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間

おすすめ度

SMBCモビット

SMBCモビットバナー
  • 電話連絡なしで審査が進むWeb完結申込が利用できる。書類の電子化で郵送物なし。

    (※)Web完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ利用可能
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
融資時間 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 「はじめて」のCMでおなじみ、三菱UFJ銀行グループのカードローン
  • 利用者数約154万人の業界大手
    (2019年3月期決算資料より)
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短即日

ここまでカードローン審査について、詳しく紹介してきました。

ですが、お金を借りることで長い間苦労している人は、審査通過率を上げるよりも、次のような行動を取るといいかもしれません。

お金を借りるのに苦労している人へ!審査なしを探すより先に取るべき行動

お金を借りたいだけなのに、何度も申し込んで審査落ちしたり、新しい借入先を探し回ったりと、何かと苦労している人もいるでしょう。

困っている人は、次の3つの行動を取ると解決できるかもしれませんよ。

  • 申込ブラックを疑う
  • おまとめローンを利用する
  • 債務整理をする

(1)「申込ブラック」とは?申し込みすぎると審査に通らなくなる!

即日借りたいのに審査に通らない男性

どうしてもお金を借りたくていろんなカードローンに申し込んだのに、一つも審査に通らなかった…

それは「申込ブラック」と呼ばれる状態に陥っているかもしれません。

申込ブラックとは?
短期間(1~2ヵ月)で複数社(3社以上)のカードローンやクレジットカードに申し込み、審査に不利な状況になること。信用情報には申込だけの情報も記録されるために起こる。

短期間に複数カードローンの申込をすると、業者からは「審査に通らなくて困ってる?返済能力がないのかな?」と警戒されてしまうのです。

申込情報は、6ヵ月間信用情報機関に保存されます。申込ブラックの疑いがある人は、最後の申込から半年以上空けて再度申し込んでみてください 。

(2)おまとめローンなら利息が減る?まずは窓口に相談しよう

あちこちから借りて困っている男性

いろんなカードローンで契約してるから、もう申し込めそうなところが無い…どこで借りたか把握するのさえ大変

いろんなところから少しずつお金を借りている人は、おまとめローンを考えるのもいいでしょう。上手くいけば払う利息が減るかもしれません。

おまとめローンとは?
複数の金融機関から少しずつ借りたお金を、借り換えによってひとつの金融機関にまとめること。返済先がひとつに絞られるため、返済計画の見直しや返済期日の把握が容易になる。また、借金をまとめることでひとつの金融機関での契約額が上がり、全体で見ると金利が下がる場合がある。

ただし、おまとめローンは計画的に行わなければ、逆に利息が増えてしまうケースもあります。

個人の安易な判断で行うより、まずはカードローンの窓口などで相談してくださいね。

(3)借金返済が終わらない…債務整理も検討しよう

困る20代男性

もう何年も返済してるのに借金が全然減らない…返すためにまた他のところから借金しなきゃ

もしこのような状況に置かれているなら、無理にお金を借りるよりも債務整理を検討しましょう。

債務整理のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 今より負担が軽くなる
  • 金融業者からの支払いの催促が止まる
  • 元金が減る可能性もある
  • 「ブラックリスト」に載る
  • ローンを組めなくなる
  • 債務整理に応じてもらえない場合もある
  • 弁護士費用がかかる

債務整理は良いことばかりではありません。デメリットもついてくるので慎重に検討してください。

以上で「審査に通らない人」や「お金を借りるのに苦労している人」についての解説は終わりです。


さて、ここまで“どうにかして審査を乗り越えてお金を借りる”話をしました。それは筆者が、「安全にお金を借りるためには審査が必要不可欠である」と考えているからです。

でも、審査には気を付けるポイントやタブーが多くて、「やっぱり面倒くさい…」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな人のために、最後に番外編として「即日審査なし」でお金を借りる方法を紹介しておきます。

[番外編]即日審査なしでお金を借りる方法がある!?様々な借り方を紹介

実は、カードローンでなくとも即日でお金を借りる方法はあります。

カードローン以外の即日お金を借りる方法

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • 中小消費者金融
  • 闇金

利用する前には、カードローンの基本情報と比較して、メリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

カードローンの基本情報
金利 約3.0~18.0%
即日融資 即日融資も可能
(申込の時間帯による)
審査 あり

他お金を借りる方法のメリット・デメリット

方法 メリット デメリット
クレジットカードの
キャッシング枠
(枠があれば)即日で借りることもできる 返済のタイミングによっては
ショッピング枠が減る
質屋 「即日審査なし」で借りることができる 金利が年70.0~100.0%と割高
中小消費者金融 審査が甘いという噂がある カードローンより金利が高い傾向にある
闇金がまぎれている可能性がある
闇金 「即日審査なし」で借りられる? トラブルに巻き込まれる可能性が高い

※この表は横にスクロールできます。

一つずつ見ていきましょう。

クレジットカードキャッシングでお金を借りるメリット・デメリット

クレカキャッシングの基本情報
金利 年約15.0~18.0%
即日融資 キャッシング枠があれば可能
審査 あり(キャッシング枠を追加する場合)

クレカキャッシングでお金を借りるメリット

  • キャッシング枠があれば即日でお金を借りることができる

クレカキャッシングでお金を借りるデメリット

  • キャッシング枠がない場合、枠の追加に審査が必要(所要期間1~2週間ほど)
  • ショッピング枠が減る

「キャッシング枠0でクレカを作っていた場合」もしくは「カード会社の判断でキャッシング枠が付与されなかった場合」は即日でお金を借りることはできません。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用すると、ショッピング枠で使える金額が減ってしまうというデメリットもあります。

キャッシング枠とショッピング枠は別々に設定されているわけではないのです。

質屋でお金を借りるメリット・デメリット

質屋の基本情報
金利 年約70.0~100.0%
即日融資 可能
審査 なし

質屋でお金を借りるメリット

  • 「即日審査なし」でお金を借りることができる(早ければ15分ほど)

質屋でお金を借りるデメリット

  • 借りたい金額に見合う品が必要
  • カードローンなどに比べ金利が割高

店舗も多く、意外と身近なところにある「質屋」。確かに審査なしですぐにお金を借りられますが、時計やブランド物のバッグなどを査定してもらい、それらの査定額までしか借りられないので注意が必要です。

また、金利は年率約100.0%とかなり割高です。(大手消費者金融は高くても年率18.0%)

実際に、質屋と大手消費者金融で同じ期間お金を借りたときにかかる利息を比較してみました。

30日間借りたときの利息比較

質屋 大手消費者金融
5万円 4,500円 739円
10万円 9,000円 1,479円
20万円 18,000円 2,958円
30万円 27,000円 4,438円

※質屋は年109.5%、大手消費者金融は年18.0%で金利を計算

さらに、3ヵ月以内に返済ができなければ、質流れとなって預けた品物の所有権が質屋に移ってしまいます。

利息分を払えば保管期間を延長することもできますが、とにかく利息が高いため、一度返済が滞るだけで品物を取り戻す難易度がはね上がるでしょう。

こうしたデメリットを踏まえても、「即日審査なし」でお金を借りることができるのは魅力的かもしれません。

利用の前によくよく検討してみてくださいね。

あわせて読みたい

質屋でお金を借りるには?年利やシステムをカードローンと比較

お金を借りる方法

詳細を見る>

中小の消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

中小消費者金融の基本情報
金利 約7.0~20.0%
即日融資 業者による
審査 大手よりも柔軟?

中小消費者金融でお金を借りるのメリット

  • 大手の審査に通らなかった人でも通る可能性がある

中小消費者金融でお金を借りるデメリット

  • 金利が大手消費者金融よりも高い傾向にある
  • 知名度が低いため闇金がまぎれている可能性がある

アコムやプロミスといった、全国的に展開している大手消費者金融に対して、地域に密着した中小の消費者金融もあります。これがいわゆる「街金」です。

大手消費者金融と街金の特徴を比較

大手 街金
審査 あり あり
大手よりも柔軟?
即日 できる 業者による
金利 年3.0%~18.0%程度 年7.0%~20.0%程度

ポイントは金利です。通常はじめての借入の場合、たいてい最高金利が適用されます。これは大手・街金共通です。

つまり、街金で借りると大手よりも高い利息を払わなければならない可能性があるのです。

さらに街金の不安点として、中には街金を装った闇金が混じっていることも挙げられます。街金は知名度が低いため、違法業者が装いやすいのです。

近年は、法律が厳しくなってきたこともあり、闇金の数も減りました。しかし、未だに毎年闇金の逮捕者が出ています。

街金の利用を検討する際は、十分に気を付けてくださいね。

街金が気になる男性

街金って、審査が大手より柔軟かもしれないんだ!ちょっと申し込んでみたいな…

そんな人には、銀行にはない柔軟な審査を行っているキャレントを利用する選択肢もあります。

インターネット専用キャッシングなので、来店・ローンカードも不要。14時までに申込手続きを完了させれば、即日お金を借りることも可能です。

キャレント

  • インターネット専用キャッシングならネットで完結できる
  • 大手と比較して対応が柔軟
  • 申込フォームの入力内容が少なく、手続きも簡単

あわせて読みたい

街金とは?絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない理由

闇金で借りるのはNG

詳細を見る>

闇金で借りるのは危険!

闇金の基本情報
金利 未知数
即日融資 できる?
審査 なし

「即日審査なし」をうたう金融業者は違法な闇金です

もし、闇金でお金を借りてしまうと、

  • 超高利息を上乗せされ、借金が雪だるま式に増えていく
  • 取り立てで周りに迷惑がかかる
  • 新たな違法業者に個人情報が売られる

などの事態に陥ってしまいます。

これがどれくらい恐ろしいものか、超高利息を例にとってみましょう。
闇金を題材にした有名なマンガ「闇金ウシジマくん」には、10日で1割(いわゆるトイチ)といった悪質な金利が登場します。

例)10日1割の闇金から、現金30万円を1年間借りると?

利息だけで109万5000円の支払いに。

一度闇金から借りてしまっただけで、借金地獄が始まるんですね。

実際、2003年には、こうした闇金からの借金に苦しんだ家族が一家心中するという事件も発生しました。

闇金で借りるのは危険

闇金からの借金は誰も幸せになりません。絶対に利用してはいけませんよ。

【結論】「急いでるけど審査が不安な人」は、審査対策を十分にしてカードローンでお金を借りよう

「即日審査なし」を求める人は、やはり大手消費者金融のカードローンを検討した方がよいです。

大手消費者金融のカードローンを検討した方がよい理由

  • 即日融資も可能なカードローンが多数あるから
  • 半数近い人が審査を通過しており、審査の不安点もカバーしているから
  • 利用者数も多く、公官庁や銀行からも認められているから
  • 対策をすれば、審査に通過する可能性も上がるから

そして何より、審査なしで即日お金を借りることができるからといって、危険な闇金を選ぶのはおすすめできません。

しっかりと対策をして、カードローン審査に臨んでくださいね。

カードローン審査の3つの対策

  1. 申込時の希望借入額を必要最低限な少額にする
  2. 個人情報を間違いなく記入する
  3. 今まで申し込んだことのないカードローンを選ぶ
当サイトおすすめのカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 原則24時間いつでも振込融資可能。夜間・土日OK
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間

おすすめ度

SMBCモビット

SMBCモビットバナー
  • 電話連絡なしで審査が進むWeb完結申込が利用できる。書類の電子化で郵送物なし。

    (※)Web完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人のみ利用可能
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)
融資時間 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 「はじめて」のCMでおなじみ、三菱UFJ銀行グループのカードローン
  • 利用者数約154万人の業界大手
    (2019年3月期決算資料より)
金利 年3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短即日

この記事のまとめ

  • 安心して即日お金を借りたいなら大手消費者金融のカードローンを検討しよう
  • 対策をすれば、審査に通る可能性は上がる
  • どうしても審査に通らない場合は、審査に落ちる理由を確認しよう
  • お金を借りるときは、その方法のメリット・デメリットを把握しておこう

関連記事

今すぐ10万円借りたい!カードローン審査でしてはいけない行動4つ

「今月は支払いが重なってお金が足りない…とりあえず10万円くらい借りられないか…

即日安心してお金借りるならどこ?大手消費者金融を選ぶべき理由2つ

「今すぐお金が必要だけど、消費者金融で借りて大丈夫かな…?」「

即日キャッシングは難しい!最短で借りる為の条件3つと手続き5つ

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「

銀行は即日NG!学生がお金を借りるなら親にバレにくいカードローン

「今月遊びたいのにバイト代が少なくて金欠…」 「

審査は21時まで⁉土日にお金を借りるための3つの条件と5つの手順

「急ぎでお金が必要!土日のうちに借…

街金とは?絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない理由

「街金なら審査に通りやすいって聞いたけど…」