ネットバンクでお金を借りる方法!銀行よりお得・便利に借りられる?

「ネットバンクって銀行より簡単に借入できるって本当?」

「金利は銀行で借りるよりお得になる?」

ネットバンクのカードローンは、窓口へ足を運ばなくても、パソコンやスマートフォンから申込できて便利ですよね。

また、店舗を構えていない分、利用者にとっても得することが多いような気がします。

しかし、ネットバンクでお金を借りることは、店舗を構える他の銀行より必ずしも得であるとは限りません。ネットバンクのカードローンの方が、金利が高くなることもあるのです。

この記事では、ネットバンクでお金を借りる方法と、そのメリット・デメリットについて紹介します。

ネットバンクのカードローンの特徴

  • Web上で申込が完結できるものが多い
  • 口座があれば24時間いつでも融資してもらえる
  • 口座を開設せずに利用できるカードローンもある
  • コンビニATM手数料が無料
  • 大手銀行や地方銀行より金利が高い場合がある
  • 即日融資が受けられない
  • 返済には振込手数料がかかることがある

ネットバンクでお金を借りる利点は?ネット・アプリでの使い勝手がいい!

ネットバンクでお金を借りるとき、どういった点が魅力なのでしょうか。

ネットバンク(ネット銀行)とは?店舗を持つ銀行との違いを解説

ネットバンク(ネット銀行)とは、実店舗を持たず、インターネット上でサービスを提供する銀行のことです。

店舗のランニングコストを抑えることができるので、その分、金利や手数料も比較的安く設定できるというわけです。

店舗を持つ銀行とネットバンクの違いを見てみましょう。

店舗を持つ銀行とネットバンクの違い

店舗を持つ銀行 ネットバンク
キャッシュカード ある ある
通帳 ある ない
入出金 おもに銀行ATMから行う おもにコンビニATMから行う
取引履歴 通帳に記帳して確認 ネット上で確認
振込 銀行ATMから行う ネット上で行う

店舗を持つ銀行は、記帳や振込を行う際、ATMまで行く必要があります。ネットバンクなら、ATMまで行かなくても、パソコンやスマートフォンからいつでも取引履歴の確認や振込ができます。

ネットバンクでお金を借りるメリット!スマホ上での使いやすさに特化

ネットバンクのカードローンを利用するメリットは、おもに以下の6つです。

【メリット】ネットバンクのカードローン

  1. 口座開設やカードローン契約がすべてWeb上でできる
  2. ネットバンクの口座があれば24時間振込融資可能
  3. 返済をWeb上で行うことができる
  4. 口座を開設せずに利用できるものもある
  5. コンビニATM手数料が無料
  6. 日本全国どこでも申込可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

口座開設やカードローン契約がすべてWeb上でできる

ネットバンクは、口座開設やカードローンの手続きなどが、Webやアプリ上で完結できます。

店舗を持つ銀行でカードローンを利用する場合、口座開設のため来店が必要だったり、書類を郵送したりしなければらないこともあります。また、専用のローンカードを受け取るまでは、借入ができないかもしれません。

ネットバンクなら、手続きはすべてパソコンやスマートフォンで行うことができます。早ければ1~3日ほどで利用できるでしょう。

ネットバンクの口座があれば24時間振込融資可能

ネットバンクのカードローンを契約した後は、24時間いつでも融資を受けることができます。

融資を受けたいときは、Webやアプリ上で申請すればネットの口座に振り込まれます。わざわざATMまで行く必要はありません。

借入専用のローンカードも必要ないので、カードの発行を待たずに借りることが可能です。店舗を持つ銀行の場合は、申込後、借入専用のローンカードが発行されるまで時間がかかりますが、ネットバンクではそこを短縮できます。

返済もアプリやWeb上でできる

カードローンの返済方法には、毎月決まった額が引き落とされる「約定返済」と、利用残高を早く減らすための「繰上返済(臨時返済または任意返済)」があります。

店舗を持つ銀行のカードローンの場合、繰上返済をする場合は、銀行ATMまで出向き入金しなければなりません。ネットバンクであれば、Webやアプリでの繰上返済が可能です。

口座を開設する必要がないカードローンもある

ネットバンクのカードローンの中には、利用するネットバンクの口座を開設しなくても利用できるものがあります。

店舗を持つ銀行の場合、ローンの利用前に口座開設をしなければならないことが場合が多く、手間がかかります。中には、口座開設のため窓口に出向かなければならない場合もあります。

コンビニATM利用手数料が無料

ネットバンクの多くは、コンビニATMを利用手数料無料で使うことができます。

条件はネットバンクによって異なるものの、大抵は入出金の金額や回数などで、厳しい条件はありません。

日本全国どこでも申込可能

日本全国どこでも申込可能ということは、店舗を持たないネットバンクならではのメリットです。

店舗を持つ銀行のカードローンの場合、金利やサービス面で気に入ったカードローンがあっても、申込地域の制限があったり、その銀行窓口で手続をしなければいけなかったりする場合があります。しかしネットバンクのカードローンなら全国どこからでも申込ができます。

ネットバンクで借りてもお得とは限らない?銀行より金利が高い場合も

ネットバンクを利用する際は、金利に注意が必要です。実は、店舗を持つ銀行より金利が高いこともあるので、しっかりと比較しましょう。

大手消費者金融と大手銀行カードローン、ネットバンクのカードローンの金利を比較してみます。

各カードローンの金利比較

カードローン 金利
大手消費者金融 アコム 年3.0%~18.0%
大手銀行 みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
ネットバンク 楽天銀行スーパーローン

年1.9%~14.5%

住信SBIネット銀行カードローン(※) スタンダードコース
年8.99%~14.79%

プレミアムコース年1.59%~7.99%
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン 年15.0%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング
じぶん銀行カードローン 年2.2%~年17.5%

※auユーザー限定の誰でもコースなら年2.1%~17.4%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%

(※)住信SBIネット銀行カードローンの金利コースは審査の結果により決定される。希望通りにならないこともあるため注意が必要。

ネットバンクのカードローンの中には、大手銀行のカードローンの上限金利よりも高いものがありますね。また、大手消費者金融とネットバンクのカードローンと比べてみると、上限金利がほとんど変わらないものもあります。

カードローンの利用がはじめてであれば、上限金利が設定される可能性が高いので、大手銀行よりもネットバンクの方が金利が高くなる可能性があります。借入先を決める際の、一つの目安にしてください。

ネットバンクでお金を借りる注意点!即日融資は不可能

急いでお金を借りたい人にとって、Webやアプリを使っていつでも借入できるネットバンクのカードローンは大変魅力的ですよね。契約をして口座を作っておけば、24時間いつでも借入できるので助かります。

ただし、はじめて利用する際、申込には少し時間がかかってしまいます。ネットバンクでも店舗を持つ銀行でも、即日融資を受けることはできません。

なぜなら、ネットバンクに限らず、ローンを申し込むには審査に通らなければならないからです。審査には数日~1週間程度、中には2週間ほどかかってしまうカードローンもあります。

ネットバンクと店舗を持つ銀行であれば、ネットバンクの審査の方がスムーズに進むと考えられます。それは、店舗を持つ銀行の場合、口座開設のために窓口まで出向いたり、ローンカードが郵送されてくるのを待つ時間があったりするからです。

なるべく早く借りたいなら、ネットバンクのカードローンの方に申し込むといいでしょう。

ネットバンクのカードローンを6つのポイントで比較!

ここでネットバンクのカードローンを比較してみましょう。

比較するのは、次の6つのポイントです。

  1. 金利
  2. Webで完結可能か
  3. 融資限度額
  4. 口座開設の要否
  5. コンビニATM手数料
  6. Web・アプリ上で借入・返済ができるか

それぞれ、ネットバンクのカードローンを比較してみましょう。

ネットバンクのカードローン比較

金利 Web完結で借入まで可能か 融資限度額 口座開設の要否 コンビニATM手数料 Web・アプリ上で返済ができるか
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 1万円~800万円 不要 無料
住信SBIネット銀行カードローン スタンダードコース
年8.99%~14.79%
プレミアムコース
年1.59%~7.99%
不可 スタンダードコース
10万円~300万円
プレミアムコース
10万円~1200万円
必要 無料
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8% 10万円~800万円 必要 無料
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 10万円~800万円 不要 無料
セブン銀行カードローン 年15.0% 10万円~50万円 必要 無料
ジャパンネット銀行ネットキャッシング ネットキャッシング
2.5万円~~1,000万円 必要 無料
じぶん銀行カードローン 年2.2%~年17.5%
au限定割 誰でもコース
年2.1%~17.4%
10万円~800万円 不要 無料 可 
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 0.1万円~800万円 不要 無料

金利や借入限度額以外にも、さまざまな角度から、ネットバンク特有のメリットについて確認してみるといいでしょう。

【ネットバンク1】楽天銀行スーパーローン【手続きが簡単&大手銀行並みの金利】

ここからは、ネットバンクのカードローンを2つ紹介します。

まずは楽天銀行スーパーローンについて見てみましょう。

楽天銀行スーパーローンのメリット

  • 年1.9%~14.5%と大手銀行のカードローン並の金利
  • 申込がWeb上で完結
  • 口座開設不要。すでにある口座に振込融資OK
  • 借入・返済の手続がWeb上で可能
  • 楽天銀行の口座を持っていれば24時間即時に振り込まれる

楽天銀行スーパーローンは、金利が年1.9%~14.5%と大手銀行のカードローン並である点が魅力です。Web上で申込が完了でき、必要書類はアプリからアップロードして提出します。

また、カードローンに申し込むときには、楽天銀行の口座開設は不要です。契約後には指定の口座に入金されます。

返済については、楽天銀行の口座や他のネットバンクの口座があれば、インターネット上で行うことが可能です。

ネットバンクの口座を持っていない人は、カードローンの契約時に、楽天銀行の口座を作るとよいかもしれません。楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日、振込融資を受けることができますよ。

このように、メリットがある楽天銀行スーパーローンですが、デメリットもあります。

楽天銀行スーパーローンのデメリット

  • 口座振込で返済する場合は手数料を負担する必要がある

楽天銀行スーパーローンでは、毎月預金口座から自動引き落としで返済をする他、余裕があるときに追加で返済ができます(随時返済)。この随時返済のうち、口座に振り込む場合は、手数料がかかってしまうので注意が必要です。

随時返済で手数料無料にするには、提携ATMを利用するといいですよ。また、インターネットの会員サービス「メンバーズデスク」に登録し、インターネットバンキングを利用すると手数料がかかりません。

【ネットバンク2】住信SBIネット銀行のカードローン【最高融資限度額は1200万円】

次に、住信SBIネット銀行のカードローンについて見ていきましょう。

住信SBIネット銀行のカードローンのメリット

  • プレミアムコースは利用限度額が10万円~1200万円と、ネットバンク・店舗を持つ銀行・消費者金融の中でも最高融資限度額が高め
  • プレミアムコースでは金利が大幅に下がる場合がある
  • 条件に当てはまれば、さらに金利を下げることができる

住信SBIネット銀行のカードローンは、利用限度額が10万円~1200万円です。他のネットバンク・店舗を持つ銀行・消費者金融のカードローン全般と比較すると、最高融資限度額が高めであることがわかりますね。

また、住信SBIネット銀行のカードローンには、プレミアムコースとスタンダードコースがあり、審査結果によってコースが決まります。プレミアムコースだと、スタンダードコースに比べて金利が大幅に下がります。

例えば、10万円~100万円の借入の場合、スタンダードコースの基準金利が年14.79%であるのに対して、プレミアムコースでは年7.99%となります。プレミアムコースだと、金利が半分近くになりますね。

また、どちらのコースの場合も、金利が下がる条件が設定されています。

  • ミライノカード(JCB)を持っていて、住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定すると、金利を年0.1%の引き下げ
  • SBI証券口座保有登録済み、または住信SBIネット銀行が取り扱う住宅ローンに残高があれば、金利を年0.5%引き下げ

両方の条件を満たせば、金利が合計年0.6%も下がるので、ぜひ検討したいですね。

では、デメリットはどうでしょうか。

住信SBIネット銀行のカードローンのデメリット

  • コースの適用・利用限度額は審査によって決まるため、希望通りになるとは限らない
  • 口座開設が必要で融資までに時間がかかることがある

住信SBIネット銀行のカードローンは、プレミアムコースとスタンダードコースを自分で選ぶことができません。プレミアムコースの金利に魅力を感じても、審査の結果スタンダードコースになってしまうこともあります。

どうしても納得できない場合、再審査を申し込むこともできるので、チャレンジしてみるのもいいですね。

また、住信SBIネット銀行では、カードローンの申込にあたり口座開設が必要です。そのため、実際に融資を受ける時間がかかってしまう可能性があります。

急ぎでお金を借りたいなら消費者金融のカードローンも検討しよう

ネットバンクのカードローンなら、手続きのため窓口まで出向く必要もなく、店舗を持つ銀行より早く融資を受けられそうです。

ただし、残念ながら、最短即日融資には対応していません。急ぎでお金が必要なら、消費者金融のカードローンを検討するのもいいでしょう。

ネットバンクのカードローンと同じく、Webで申込が完結できるものとして、プロミスがあります。

プロミスのメリット

  • 最短1時間での融資も可能
  • Web完結申込が可能
  • 今持っている口座に振り込んでもらえる
  • Web上で借入・返済ができる
  • はじめての利用なら最大30日間無利息

プロミスの最大のメリットは、最短1時間での融資が可能な点です。24時間いつでもWebで申込ができるので、申込時間や審査内容によってはスムーズに借入できます。

Webで済ませることができるのは、申込だけではありません。契約の際に口座振替で「カード不要」を選択すると、Webでの借入・返済が可能になります。

このように、申込から返済までWeb完結、最短1時間融資も可能なプロミスですが、デメリットもあるので注意しましょう。

プロミスのデメリット

  • ネットバンクに比べると金利が高め
  • コンビニATMの利用手数料がかかる

プロミスの金利は年4.5%~17.8%と、ネットバンクに比べると高めです。毎月の返済だけでなく、余裕があるときに積極的に繰上返済を行い、早めに完済できるよう心がけましょう。

また、借入・返済の際にコンビニATMを利用すると手数料がかかってしまいます。ただし、プロミスATM、三井住友銀行ATMなら手数料が無料になるので、近くにあるか調べておくといいですね。

ネットバンクと店舗を持つ銀行、消費者金融それぞれの特徴を知り、自分に合ったカードローンを選びましょう。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

この記事のまとめ

  • ネットバンクのカードローンは申込から契約までWeb完結ができ、24時間振込融資も可能で、店舗を持つ銀行にはないメリットがある。
  • ネットバンクのカードローンは店舗を持つ銀行より金利が高い場合もある
  • 楽天銀行のカードローンと住信SBIネット銀行のカードローンは低金利で使いやすい
  • ネットバンクは即日融資不可。すぐに融資を受けたい場合は消費者金融のカードローンを検討するのも手

関連記事

きらぼし銀行のカードローン「プラスユーネクスト」の審査について

きらぼし銀行のカードローン「プラスユーネクスト」は、東京都を中心に千葉…

栃木銀行(とちぎん)カードローンの審査は厳しい?特徴やメリットも

栃木銀行営業エリア内の人に向いている栃木銀行カードローン。幅広い使い道…

宮崎銀行のカードローン「おまかせくん」の審査・融資についてまと…

冠婚葬祭などの急な出費が続くと、「給料日までにお金が足りない」と困ってしまうことがあります。「お…

福井銀行のカードローンの審査・融資についてまとめてみた

福井銀行は、福井県福井市順化に本店があり、福井県内を中心に石川県や滋賀県などに支店を展開していま…

徳島銀行「SaSaっとカードローン」の審査って?Web完結型が便利

徳島銀行のカードローン「SaSaっとカードローン」には、四国島内および淡路…