審査通らないのはブラックだからではない?3つの解決策でお金借りる

お金を借りたいのに審査に通らない
どうしてもお金借りる審査に通らない…」「審査通らない原因ってわかる方法あるの?

実は、審査に通らなかった原因は、初めて申し込んだか、申込が2回目以上かで異なります。

審査に通らなかった原因を確認して、もう一度借入にトライしてみましょう。


申込回数 審査に通らない原因
1回目orこれから申込
  1. 希望限度額が年収に対して高すぎる
  2. 目的別(住宅・教育・車など)ローンを既に組んでいる
  3. 勤続年数が短すぎる
  4. 5年以内に金融事故を起こした
  5. 申込条件から外れている
2回目以降
  1. 短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる
  2. 希望限度額は年収に対して高すぎる
  3. 記入内容に誤りがあった
  4. 連絡が迷惑メールに入っていて確認できなかった

審査に通らない原因には解決策があります。審査にチャレンジする回数別に審査に通るためにできる解決策を見ていきましょう。

《審査に通る3つの解決策》

  1. 借入先を変更して審査を申し込む
  2. 限度額を下げて申し込む。多くても50万円
  3. 入力内容に誤りがないか再確認する
審査が不安な方におすすめのカードローン

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー
  • 楽天会員ランクがゴールド以上の人は特におすすめ
  • 必要書類が少ないから審査に通らなかった理由を押さえてリベンジも簡単♪

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • WEBで申し込んだ後電話すれば優先して審査開始してもらえるから気になる審査結果がすぐわかる
  • 事前に融資可能か1秒診断できる!申込ブラックリスク低減
  • 誰にも知られずWEB完結で郵送物一切なし

審査申込回数別|審査に通らない理由を必ず確認しよう

ここでは、審査を受ける前に必ず確認しておいたがいい審査申込回数別の審査に通らない理由を詳しく説明していきます。

【申込が初めての方】が審査に通らない5つの理由

カードローンの申込をしても審査に通らないのには、以下の5つの理由が考えられます。

  1. 希望限度額が年収に対して高すぎる
  2. 目的別(住宅・教育・車など)ローンを既に組んでいる
  3. 勤続年数が短すぎる
  4. 5年以内に金融事故を起こした
  5. 申込条件から外れている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.希望限度額は年収に対して高すぎる

他社でカードローンを利用しているからといってキャッシングができないわけ訳ではありませんが、 複数のカードローンの借入額の合計によっては総量規制により審査に通らないことがあります

総量規制とは
消費者金融または信販会社からの借金、もしくはクレジットカードのショッピング枠の利用は年収の3分の1を超える事ができないこと。

年収の3分の1というのは利用しているキャッシングを合算した計算になるため、すでに年収の3分の1近く借りている場合は審査に通らない可能性が高いです。

また、カードローン会社の判断によっては、借りられる枠があっても年収や勤務形態などの状態を加味して審査に通さないこともあります。

解決策

限度額は多くても限度額を50万円にする。

年収に対し借りられる額には限度があります。適切で必要最低限の額を希望してください。

貸す側も貸し倒れのリスクが低い人にお金を貸したいものです。

2.目的別(住宅・教育・車など)ローンを既に組んでいる

住宅ローンやマイカーローン、子供の教育ローン、事業者ローンなどの目的ローンに通るには、毎月の返済を安定して継続できるかどうかを審査で見られています。

安定収入があり、信用情報に異動履歴がない、つまり短期も含む延滞がない人が審査に通ります。

    

そもそも、目的別ローンは一般的に低金利なので審査に通るハードルが高いのです。

目的別ローンの審査に通らないひとには、担保や連帯保証人が不要なカードローンがおすすめです。

カードローンなら、毎月1,000円から返済出来るものや、30日間は無利息サービス有りのものもあります。

何より、公式サイトから借入診断を事前に受けることが出来るのも嬉しいポイント。

アイフル

申し込みは こちら

3.勤続年数が短すぎる

勤続年数が短すぎる場合、継続的に返済できるかわからないという理由で審査に通らないことがあります。

申込み時に記載する勤続年数は、この先申込者が返済していけるかどうかの判断基準の1つだからです。

就職後、あるいは転職後すぐにローンの申込をする場合は要注意。カードローンであれば、できれば1年、 少なくとも半年以上の勤務年数があると安心です。

4.5年以内に金融事故を起こした

金融事故とは
過去にローンやクレジットの支払いの長期滞納や、延滞による強制解約、債務整理、自己破産等のこと。

なんらかの金融事故を起こしたことがあると、審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。※支払いを数回、少しの期間だけ滞納しても、基本的には金融事故にはなりません。

金融事故を起こしたという記録は、各カードローン会社が確認する信用情報機関に少なくとも5~10年は登録されてしまいます。

10年以上も前に起こした金融事故であれば、審査に関わっている可能性は低いですが、5年未満だと記録が残っている場合がほとんどです。

信用情報を参照し、そこに登録が確認できた場合、いわゆるブラックリストに載っている場合は、同じように金融事故を繰り返す可能性があるとして審査に通らないことがあります。

カードローンの利用で金融事故を起こした場合だけでなく、クレジットカードの利用に傷がついている場合も、業者が審査で参照する信用情報機関に登録されています。

5.申込条件から外れている

他にも、カードローン会社などが定める申込条件から外れている場合は審査に通りません。申込条件とは、例えば以下のようなものです。

  • 20歳以上69歳以下
  • 保証会社の保証を受けられるか
  • 安定した収入があるか

未成年はそもそも審査を受ける資格がありません。業者によっては65歳までなど年齢に上限を設けている場合もあります。

また、安定した収入が継続的にあることも重要です。無職などそもそも収入がない場合は審査から外されてしまいます。

【申込が2回目以降の方】が審査に通らない4つの理由

これまでカードローンに申し込んだことがなくても審査に通りにくい原因としては、以下の4つの原因が考えられます。

  1. 短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる
  2. 希望限度額は年収に対して高すぎる
  3. 記入内容に誤りがあった
  4. 連絡が迷惑メールに入っていて確認できなかった

なぜこのようなケースではお金を借りることができないのか、詳細を確認してみましょう。

1.短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる

短期間のうちにキャッシングやカードローン、クレジットカードに複数申込をしていると審査に通らない可能性があります。

信用情報機関では、申込記録も約半年間登録されるため、直近の申込み数が多いとすぐにわかってしまいます。

もし、直近、1~3ヶ月くらいの間に何度も申込を繰り返すと、何らかの問題があるために申込を繰り返している、 あるいは貸し倒れのリスクが高いと判断されてしまうため審査に通りにくいです。

解決策

今まで申し込んだことのない銀行や消費者金融に審査を申し込む。

銀行と消費者金融では、参照する信用情報機関が異なる可能性が高いからです。

カードローン別に加盟している信用情報機関と保証会社をまとめてみたので参考にしてください。

《カードローン別、加盟信用情報機関と保証会社》
カードローン 信用情報機関 保証会社
楽天銀行 CIC・JICC・KSC 楽天カード株式会社
三井住友銀行 CIC・JICC・KSC 三菱UFJ銀行
みずほ銀行 JICC・CIC 株式会社オリエントコーポレーション
アコム JICC・CIC アコム
プロミス JICC・CIC SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
アイフル CIC アイフル

2.希望限度額は年収に対して高すぎる

他社でカードローンを利用しているからといってキャッシングができないわけ訳ではありませんが、 複数のカードローンの借入額の合計によっては総量規制により審査に通らないことがあります

総量規制とは
消費者金融は年収の3分の1を超える貸し付けができないこと。

年収の3分の1というのは利用しているキャッシングを合算した計算になるため、すでに年収の3分の1近く借りている場合は審査に通らない可能性が高いです。

また、カードローン会社の判断によっては、借りられる枠があっても年収や勤務形態などの状態を加味して審査に通さないこともあります。

解決策

限度額は多くても限度額を50万円にする。

借入希望額が50万円以下の場合は、収入証明書が不要ですから、低額の限度額に設定することはすぐに申し込みやすいと言えます。 貸す側も貸し倒れのリスクが低い人にお金を貸したいものです。

3.記入した内容に誤りがあった

基本的なことですが、記入した内容に誤りがある場合、審査には通りません。

  • 故意に年収を大幅に上げて書く
  • 嘘の勤務先を書く
  • 単純な記載ミス

これらは審査に通らない原因となってしまいます。

身分証明書や信用情報から嘘は必ず見破られます。見栄を張って金融機関からの信用を落とすよりも正直に記載するほうが賢明です。

4.連絡が迷惑メールに入っていて確認できなかった

実は、審査には通ったものの、本人のメール設定が原因で審査に通らなかったと思い込んでいるケースがあります。 迷惑メールに振り分けられたことで、連絡が確認できない場合です。

業者によっては審査に通った場合のみ申込者に連絡するところもありますし、審査結果をメールのみで済ます業者も多いです。

審査に通らなかったという思い込みから多重申込につながることがあるので、申込をする場合はメールの設定に問題ないか確認しておきましょう。

どうしても審査に通らない理由が知りたい…信用情報を確認するのが1番

ここまでご紹介したように、カードローンの審査に通らない理由はさまざまです。しかし、実際カードローンの会社は審査基準を公開していませんし、審査に通らない理由も明確には教えてくれません。

どうしても審査に通らない理由がわからない場合は、信用情報を自分で確認して、ブラックリストへの登録がないか確認するのがおすすめです。

信用情報機関とは
信用情報機関は、金融機関や消費者金融、クレジットカード会社など加入している信用情報を管理、または提供している機関のこと。 信用情報には、カードローンやクレジットカードの申込状況、過去の支払い遅延情報、滞納状況などが各信用情報機関で定められた期間の間登録される。 情報開示によって業者による過剰な貸し付けや、返済されない状況を未然に防いでいる。

カードローンに関わるのは3つの信用情報機関

カードローンの情報開示に関わるのは以下の3つがあり、それぞれ加盟している金融機関が異なります。

信用情報機関 加盟している金融機関
CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関) クレジットカードや信販会社
JICC(日本信用情報機構) クレジットカード会社や消費者金融
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や銀行のカードローン等の金融機関

また、信用情報機関によって掲載内容が少し変わったり、登録機関が違ったりなど、ちょっとした違いもあります。

情報の開示を請求しよう

本来、信用情報機関の提供する登録情報は、消費者金融会社などの会員が登録内容を確認して、審査に活かせるように存在しているものです。ただ、登録されている情報は、消費者が望めば開示を請求することができます

開示方法 料金
窓口 500円
郵送またはインターネット 1000円

中でも自宅にいてすぐに登録内容の確認ができるのが、インターネットを利用した開示請求。

どうしてもお金を借りることができない場合は、事故情報が信用情報機関に登録されている場合もあります。 請求開示を利用して、登録がされていないか確認してみましょう。

また、登録内容の変更を申し出ることができます。 内容を確認する場合は、全体的に誤りがないかも確認しておきましょう。

利用されている信用情報機関は3つありますが、それぞれで加入している会社が異なることがあるため、できれば1社ではなく3社で情報開示請求することをおすすめします。

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

絶対NG!危険すぎる審査なしの業者での借り入れ

審査なしでお金を借りることができるキャッシング業者があったとしたら、それは悪徳業者です

以下の広告文句がある業者は闇金です

  • 審査不要
  • ブラックリストに載っていても問題ない
  • 多重債務者でも歓迎
  • 確実に融資できる

仮にこのようなヤミ金でお金が借りられても、法外な金利で後々支払いができなく可能性がある上、支払いが滞ることで執拗な取り立てを受けることになります。

結局自分の首をしめることになるので、審査がない、審査がゆるいからとヤミ金のような怪しい会社は利用しないことが一番です。

あわせて読みたい

街金なら絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない5つの理由

闇金で借りるのはNG

詳細を見る>

審査に通りたい人向け!おすすめ大手消費者金融・カードローン

楽天銀行スーパーローン

1番おすすめしたいのは楽天銀行のカードローンです。

こんな人におすすめ

  • 初めてカードローンに申し込む人
  • 楽天会員の人

楽天銀行スーパーローンは楽天IDを持っていれば、申込の手続きがとても簡単なので、 名前入力などの面倒な手間を省くこともできます。もちろん、持っていなくても申込は可能です。今すぐに申し込みたいという楽天会員の人にはとてもおすすめ。

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK!"今の自分の口座"に振込できます
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天IDを持っている方は特に手続き簡単

アイフル

アイフルは大手消費者金融の一つです。よくCMでも見かけますよね。

こんな人におすすめ

  • 借入可能か事前にすぐ判断したい人
  • 今すぐお金を借りたい人
  • アイフルに申し込んだことがない人

アイフルをおすすめするポイントは、もし他の消費者金融やカードローンに通らないとしても、保証会社が違うため情報が共有されない可能性が高いという点です。

他の大手消費者金融のように銀行グループに属していないため、保証会社は「アイフル株式会社」。

保証会社が独立しているということは、他のキャシングやカードローンに申し込んでいても、保証会社が被る可能性はほとんどないことを意味します。

そのため、全銀協に加盟している銀行には情報共有がなされてはおらず、銀行のカードローンの審査に通らなかった方は アイフルの審査に通る可能性が高いと言えます。

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!今日お金が手に入る可能性高
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

この記事のまとめ

審査に通らない原因には解決策があります。審査にチャレンジする回数別に審査に有利にするためにできる解決策をおさえてトライしましょう。


  1. 借入先を変更して審査を申し込む
  2. 限度額を下げて申し込む。多くても50万円
  3. 入力内容に誤りがないか再確認する

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

1万・2万・3万円借りたい!最短で借りる方法2選と知るべきリスク

「断れない飲み会が突然…手持ちが…。1万円借りたい…」 「

絶対NG|即日キャッシングの注意点3つと即日融資可のおすすめ3社

「1秒でも早く現金を手に入れないと本当にまずい…」 「

派遣社員・バイトがお金を借りる|電話確認無しで即日借りる2つのコツ

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」 「

お金を借りる時、金利が安いだけじゃダメ!借入予定別お得な方法3つ

「借金はできるだけ増やしたくない…。」 「…

今すぐ10万円借りたい…即日キャッシングで間違えやすい3つのポイント

「クレジットカード使いすぎて引き落とし額が高い…」 「