お金を借りる前に要注意!審査が甘い消費者金融・銀行・闇金の真実

審査甘い所でお金を借りてはならない

お金を借りたいけど、なかなか審査に通らない…」「審査が甘いところはどこ?

消費者金融や銀行の審査に落ちてしまっても、お金がどうしても必要な場面もありますよね。そんなときに探すのは、審査が甘い金融機関です。

しかし本当に、審査が甘い消費者金融や銀行などあるのでしょうか?この記事では、審査が甘いと言われる業者の実態に迫ります。

お金を借りるときの審査など知りたい方はコチラ

審査が甘い消費者金融を探す前に…これ以上の借り入れは危険

本当に返済できる?お金を借りる前に考えたいこと

すでに複数社からお金を借りていても、さらにお金が必要になることもありますよね。

でも、ちょっと待ってください。

今あなたは、消費者金融や銀行からいくら借りていますか?これ以上借入額を増やしたとして、本当に返済できるのでしょうか?

お金を借りること自体は、決して悪いことではありません。ただし、「お金を借りて返さないこと」は社会的な信用を失うことにつながります。

信用を失う

信用を失ってしまうと、住宅ローンやマイカーローンを組めなかったり、クレジットカードを作れなかったりとさまざまなデメリットがあります。身近なところで言うと、スマートフォン本体の分割払いの審査にも通らなくなってしまいます。

お金を借りるときは、収支のバランスを確認して、計画的に返済することを忘れないでくださいね。

止めるなら今!お金を借りる前に考えたいこと

 苦悩する男性

いくつもの消費者金融や銀行からお金を借りている方は、ここから先の記事を読むことはおすすめしません。

なぜなら、これ以上借りると借金地獄におちいってしまう可能性があるからです。

たとえばA社から借りたお金を返済できず、B社から借りる。B社にも返済できず、次はC社から借りる…。

この悪循環が続いてしまうと、あなたの信用情報はガタ落ち。信用力が低下してしまうと、消費者金融や銀行ではお金を貸してもらえず、最終的には高い利息でお金を貸しつける「闇金」を利用する、なんてことになりかねません。

そんな状況になってしまうと、自己破産せざるを得ない可能性も…。

最悪の事態を避けるためにも、まずは今借りているお金を返済するところから始めましょう。

お金を借りるとき、審査が甘いなんてウソ?衝撃の2つの真実

ネットで「審査 甘い」などと検索すると、審査の甘さがウリの消費者金融の情報がたくさん並んでいますよね。しかし「審査が甘い」といった宣伝文句は本当なのでしょうか?

ここからは、お金を借りるときの「審査」にまつわる意外な事実をお伝えします。

お金を借りる前に、必ずチェックしてくださいね。

真実1.審査は信用情報機関と各社の基準で決まる

 

まずはお金を借りるときの「審査」の意味を、改めて確認してみましょう。

◆ 審査とは?

お金を貸す側が利用者の信用情報を調べ、期日内に返済してくれる人物か確認すること

たとえば、知らない人から「お金を貸して」と言われたら、誰でも「あなたはどこの誰?本当に返してくれるの?」と思いますよね。それは消費者金融や銀行も同じこと。

「本当に返済してくれるのかな?」「本人が返済できなかった場合、家族が返済してくれるのかな?」など、その人がお金を貸すに値する人物か見定めるのです。

審査にあたって、消費者金融や銀行は審査基準を設けています。審査基準は、次の図のように「信用情報機関の情報」と「各社が独自で設けた審査基準」の2本柱からなります。

審査基準について

信用情報機関とは、個人の信用情報のデータを収集する機関のこと。各業者は、信用情報機関に登録された信用情報を参考に、利用者が信用できる人物かどうか判断するのです。

たとえば、「消費者金融A社で借りたお金を何ヵ月も滞納している」といった信用情報があるとしたら、消費者金融B社も銀行C社も「この人は信用できないな。審査では落そう」などと判断するのです。

各社独自の基準は一般には公開されていませんが、どの企業も基準には大差ないと言われています。

もし審査が甘い業者があるとしたら、その会社が独自で新規利用者獲得キャンペーンを行っている場合です。お金を貸す側も商売なので、なるべく多くの人に借りてもらいたいと考えています。そのため、新規の方を優遇するようなキャンペーンを実施している場合もあります。

【参考】大手消費者金融の審査通過率は?

各社の審査に大差がないことを裏付けるデータがあります。

大手消費者金融3社の公式データを調べると、いずれも審査通過率は45%~47%という結果に。平均すると46%ほどです。つまり、100人申し込めば46人が審査に通るというわけです。

各社の審査通過率

  • アイフル…45.3% ※1
  • アコム …47.8% ※2
  • プロミス…45.5% ※3

※1)2017年3月期決算短信より

※2)2018年3月期第3四半期決算データブックの2017年12月のデータより

※3)2018年3月期第3四半期決算資料の2018年3月のデータより

真実2.「審査が甘い」という宣伝は貸金業法で禁止されている

でも、WEBサイトを見たら審査が甘いって書いてあるよ?

審査が甘い消費者金融も存在するのでは?

そう思う方もいるかもしれません。正しくは、「安心して利用できて、審査が甘い消費者金融」は存在しないということです。

なぜなら、本来「審査が甘い」「誰でも借りられる」といった誇大広告は貸金業法で禁止されているから。これらの宣伝文句で借り入れをすすめているところは、信用できない消費者金融である可能性が高いのです。

ダメ絶対。

甘い言葉につられて借り入れを申し込んでしまうと、多重債務(複数社からの借金を抱えている状態)におちいるリスクも…。

お金を借りたいのなら、信用を積み重ねていくしかありません。返せる見込みがないのに借りても、困るのは未来の自分です。

WEBサイト上の「審査が甘い」といった言葉に惑わされないことが大切です。

どうしてもお金を借りたい方へ。審査通過率アップの4つの秘訣

とは言っても、この場を何とかしのぎたい人もいるはず。

ここから先は「どうしてもお金を借りたい!」という方に向けて、情報をお届けします。

消費者金融や銀行の審査に通るためには、いくつかコツがあります。

コツをおさえたら必ず審査に通る、というわけではありませんが、審査通過率が上がる可能性はあります。

◆審査通過の4つの秘訣

  1. 自分の借入限度額を把握する
  2. 現在の借入件数を把握する
  3. 申込時の希望借入額は少額にする
  4. 銀行に断られたら消費者金融へ、消費者金融に断られたのなら銀行に申し込む

それぞれのポイントを解説していきます。

1.自分の借入限度額を把握する

消費者金融や銀行からならいくらでもお金を借りられる、というのは大きな間違い。

実は「貸金業法」という法律で、お金を借りられる限度額は年収の3分の1までと決められています。つまり、利用者は返済能力を超える借り入れができないのです。この仕組みのことを「総量規制」と呼びます。

お金を借りる側からすると、借りすぎを防げるというメリットでもあるでしょう。

なお、銀行は総量規制の対象外ですが、自主規制というかたちをとっています。具体例でみてみましょう。

  • Aさん(30歳・男性)
  • 年収:300万円
  • 他社からの借入額:50万
  •   

    新たに借りられる限度額:50万円まで

  • Bさん(30歳・男性)
  • 年収:300万円
  • 他社からの借入額:なし(過去に借入実績あり)
  •   

    借りられる限度額:100万円まで

    ※実際の限度額は異なる場合があります。
    ※年収とは、源泉徴収票や給与明細などからわかる年収を指します。

このように、他社からの借入額も踏まえて限度額が決まります。

ちなみに、年収300万円の方が初めて借り入れをする場合、過去の取引実績がないことを理由に高額の借り入れは認められない可能性があります。

この場合、借り入れと返済を繰り返して実績を積むことが大切。優良顧客だと判断されれば「融資限度額を上げませんか?」と連絡がくることもあります。

2.申込時の希望借入額は少額にする

 10万円

申込時の希望借入額をなるべく少額にすることも、審査に通過しやすくするためのコツです。希望借入額は10~30万円を目安に申し込むのがベストでしょう。

3.現在の借入件数を把握する

 

現在の借入件数も見逃せないポイントです。

他社からの借入社数が少ない方が、審査に通りやすいと言われています。

たとえば、4社から合計100万円借りているAさんと、2社から合計100万円借りているBさん。どちらも借入合計額は100万円ですが、どちらが審査に通りやすいでしょうか?

Aさん(22歳・女性)
  • A社から20万
  • B社から20万
  • C社から30万
  • D社から30万

合計100万借りている

Bさん(45歳・女性)
  • A社から50万
  • B社から50万

合計100万万借りている

答えは「Bさんのほうが審査に通る可能性が高い」です。

ポイントは、Aさんが4社から借り入れをしている点です。金融機関側は、「なぜわざわざ4社から借入したの?」と考えます。つまり、4社が限度額を低めに設定せざるを得ないような、信用できない人物なのではと判断するのです。

もしあなたが複数社からお金を借りているのであれば、新規での申し込みはなるべく控えたほうが賢明でしょう。

借りたい気持ちをグッとこらえて、まずは返済に目を向けることが大切です。

4.銀行に断られたら消費者金融へ、消費者金融に断られたのなら銀行に申し込む

最後のコツは、今まで申し込んだことがない貸金業者や銀行を利用するということ。

具体的には、銀行に断られたのなら消費者金融へ、消費者金融に断られたのなら銀行に申し込むのです。

なぜなら銀行と消費者金融とでは、参照する信用情報機関が一部異なる可能性があるためです。

ただし、これはあくまで可能性の話。金融機関がチェックする信用情報機関が、以前申し込んで断られた信用情報機関と同じである場合は、審査に落ちることもあります。

【厳選】どうしてもお金を借りるなら…消費者金融&銀行まとめ

最後に、どうしてもお金を借りたい方に向けて信頼できる消費者金融と銀行をご紹介します。

まだ一度も申し込んだことがないところを中心に、申し込んでみるのがオススメです。

きちんと収入と支出を考えたうえで、計画的に利用してくださいね。家計簿アプリなどで収支を管理するのもオススメです。

 

消費者金融のカードローン

消費者金融から厳選3社。

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 利用者数業界No.1の大手消費者金融
  • 「Web申込+むじんくんでカード発行」なら最短1時間で借入可能
  • 24時間借入&返済できる
  • 初めての利用であれば30日間無利息

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 1秒診断で事前に融資可能か確認できる
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • 初めての利用なら最大30日間金利ゼロ円

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • Web申し込みなら最短最短1時間で借りられる
  • 郵送物なし、カードレスのWeb完結で周りにばれない
  • 初めてなら最大30日間無利息

銀行のカードローン

銀行から厳選4社。

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

  • 楽天会員ならココで決まり。手続きも簡単
  • パートやアルバイトも申し込みOK
  • 1万円から融資可。どうしても足りない時の救世主
  • 入会すれば楽天ポイントも1,000ポイントGET

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 三菱UFJ銀行の新規口座開設不要
  • 返済は月1,000円からOK
  • 提携コンビニATM・時間外手数料無料
  • 多彩な返済方法で使い勝手◎

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

  • 来店・郵送不要。Web申込のみで完結。
  • コンビニATM時間外手数料がタダ
  • みずほ銀行のカードを持っている方はすぐに利用できる

おすすめ度

じぶん銀行カードローン

  • auユーザーの方は最大年0.5%金利優遇
  • 書類はスマホで送信すればOK
  • 毎月の返済額は1,000円から
  • ネット銀行ならではの安心金利

この記事のまとめ

  • 安心して利用できる、審査が甘い消費者金融は存在しない
  • すでに他社からお金を借りている方は、これ以上の借り入れは避けよう
  • どうしてもお金を借りる必要がある方は、収入と支出のバランスを考えた上で消費者金融や銀行のカードローンに申し込みを

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アイフル

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

今日中に5万円借りたいなら絶対NG!カードローン審査3つのタブー

「支払いの期日が迫ってるけど、急に出費の予定が...」 「

派遣社員でも借入可能!在籍確認を乗り越える2つのコツとは

「派遣社員でも銀行や消費者金融から借入できるかな?」 「

今すぐ10万円借りたい…即日キャッシングで間違えやすい3つのポイント

「クレジットカード使いすぎて引き落とし額が高い…」 「

銀行からお金を借りるには?3種類のローンと借り方を確認しよう

「やばい…今月お金足りない…」「銀行からお金借…

年金受給者がお金を借りる方法2パターン~65歳以上OKの融資も!

「年金をもらって生活しているけど、お金を借りることってできるの...?…