闇金で借りてしまった!個人で対処しないで、警察に相談して解決して!

闇金に関わってしまった場合の解決法

昔は、見た目からヤバイと感じられた闇金業者も、最近はその様相を変えて一目見ただけで判断することはできません。

また、勧誘の手口も多様化しており、闇金業者から借り入れしたつもりはなくても、その実、借り入れしたのが闇金業者だったという話は珍しいことではないのです。

また多重債務者の場合、一般の貸金業者からの借り入れが難しいこともあって、闇金業者のカモとなるケースも多く、注意が必要です。

ですから、 「危険なところからは借り入れしてはいけない。」 と頭では思っていても、知らないうちに危険な状況に陥ってしまうこともあります。

闇金業者から借り入れした場合には、法定以上の金利設定が行われているため、その利息は高額なものになり、簡単に返済できるものではありません。

しかも、危害を受けることを恐れたり、家族や職場に迷惑をかけたくないという思いから返済を続けて、生活が苦しくなってしまう人が実に多いのです。

そうなると利息返済でいっぱいになるどころか、闇金業者からはどんどんつけ込まれることとなり、更に高額な借り入れを強いられることにもなりかねません。

つまり、許可を受けた大手金融業者からの借り入れ以外では、このような最悪な闇金業者を利用してしまう可能性は誰にでもあるということなのです。

それでは闇金業者からの借り入れで陥ってしまった場合の対処はどうすればいいのでしょうか?

簡単な話です。

それは警察への相談です。

闇金業者に捕まってしまった場合は、まず自分一人の力で解決することは不可能です。

ですから、まずは警察へその旨を相談して、指示を仰ぐ必要があるのです。

闇金業者は違法業者!

闇金業者は、貸金業としての認可を受けていないことが多いだけでなく、法外な利息を請求する違法業者です。

この事実だけでも立派な犯罪となるわけです。

貸金業者からの認可を受けず、法定利息外の利息請求が行われた場合には、利息だけでなく元金に関しても返済義務は生じません。

ですから、今後支払う意思がないことを闇金業者に通達すれば、返済の必要はないと考えてよいのです。

闇金融だと分かっていれば、警察に申し出る。

そんなことは言われなくてもお分かりのことかと思います。 しかし、それができずにいる人が多いのも事実なのです。

闇金業者への対処として大切なのは、恐れずに断固として返済意思がないことを示すことです。

その為にも、何かあった時のための防御策としても警察への相談は必ず必要となってくるのです。

これができるかできないかが闇金業者から逃れるかどうかの第一歩というわけです。

警察はなかなか動いてくれない

闇金業者は、その数が多く実態を掴みにくいこともあり、摘発するまでに時間がかかるため、警察の迅速な動きに期待できないのも事実です。

ですから警察へ行くときには、できるだけこれまでの闇金業者との取引を明確にしておく必要があります。

借り入れ日や返済日、返済方法、振込銀行口座など相手業者を断定できる証拠は全て準備しておきましょう。

また、中には警察に相談しても、 「初めから分かっていて借りたんでしょう?」とか 「警察は民事不介入だから」 といったニュアンスで断られる場合もあります。

そこで、その場合の対応方法も覚えておきましょう。

注意して欲しいのは支払っている利息です。

現在、貸金業者が貸し出しを行う場合の金利は、利息制限法で上限20%に定められています。 以前はこの利息制限法の他に、事業法において上限金利が29.2%に設定されていたことから29.2%以下での金利設定も可能とされていました。

この利息上限法20%と、事業法の上限金利29.2%間で設定された金利をグレーゾーン金利と呼びます。 このグレーゾーン金利が2006年の最高裁判所の判決で不当とされたことによって、現在では出資法の上限利息が20%に引き下げられました。

ですから、現在は貸金業者が20%を超える金利を設定することは完全な違法となっているわけです。

そして、ここで注目してもらいたいのが利息上限法と出資法の性質です。

それは罰則の問題です。

利息制限法は民事事件として、事業法は刑事事件として裁かれます。

ですから、20%を超える違法金利は事業法違反となり、立派な刑事事件と成立します。

つまり、民事不介入を掲げる警察であっても刑事事件となるために捜査を行わなくてはならないわけです。

よって、「警察は民事不介入だから」という言い訳は通用しませんし、警察は事件として捜査しなければならない義務があるというわけです。

この点はよく分かっていない人が多いので、シッカリと理解しておくようにしましょう。

関連記事

システム金融とは?個人事業主は要注意!完済できない恐ろしい手口

目次システム金融とは?システム金融の恐怖 システム金融とは? 中小企業の事業者ならばご存知だと思いますが、一般の人にはあまり馴染みのない名称かもしれません。 システム金融とは、メールやFAXで融資話を ...

街金とは?絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない理由

「街金なら審査に通りやすいって聞いたけど…」

おまとめローンでお金を借りるには?毎月の返済額を減らす方法

「複数社から借りていて口座管理が大変…返済日もバラバラだから返すのを忘れそう」 ローンをい…

クレジットカード現金化は違法?利用すると危険!自己破産もできな…

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。 目次クレジットカード現金化についてクレジットカード現金化は違法か?クレジットカードの現金化って有益?不利益?クレジットカードの現金化に申し込んでしまった時は ...

自動車担保ローンの仕組みとは?悪徳業者には注意!

自動車を担保にしてお金を借りることができる自動車担保ローン。質屋に車を預けるようなイメージが近い…