個人間融資※『お金貸します』掲示板が危険なたった1つの理由

個人間融資って実際どうなんだろう?」「お金借りたいんだけど…

個人間融資は、個人を装った闇金業者であることが多いので大変危険です。借入れに合意していないのに突然お金が振り込まれて押し貸しが行われることもあります。

この記事では個人間融資を検討している方のために、特徴や危険性をお伝えします。

《個人間融資の特徴と危険性》

  • 一般の金融機関からの借り入れよりも低い金利と謳っているケースが多い
  • しかし個人を装った闇金業者であることがほとんど
  • さらに「信用情報ブラックでもOK」「審査無し」などの広告文句は闇金業者が管理している可能性大
  • 闇金業者であれば法外な金利を要求されるだけでなく、他の闇金業者にも情報を売られ、借金地獄に陥る可能性もある

「個人間融資って低金利みたいだし、楽そうでいいな…」なんて思ったら大間違いです。闇金業者が管理している可能性が高く、あなたの今後の生活が危険なものになりかねません。

資金源の不明な個人間融資より、銀行や消費者金融のサービスを利用しましょう。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

申込

詳細

キャレント

  • インターネット専用キャッシングならネットで完結できる
  • 大手と比較して対応が柔軟
  • 申込フォームの入力内容が少なく、手続きも簡単

申込

詳細

個人間融資には要注意!

近年の欧米では、もはや定番となったソーシャルレンディング。日本でも導入されるようになったことから、融資先を見つける手段は金融機関のみでなくなっています。

ソーシャルレンディングは、インターネットを利用した新しい融資サービスです。別名、個人間融資とも呼ばれています。

そう呼ばれるのは、インターネット上でお金を借りたい人がお金を貸したい人を見つけ、融資が行われるサービス形態が取られているためです。

このサービスの特徴は、一般の金融機関からの借り入れよりも低い金利のケースが多いだけでなく、多くの投資家と取引を行うことで高額な借り入れも可能な点です。

ですから、企業における融資方法として利用するところも多くなっており、新しい融資方法として現在注目が集まっています。

しかし、同じ名のついた個人間融資サイトには注意が必要です。

ソーシャルレンディングとインターネットサイトでよく見かける個人間融資サイトは全くの別物なのです。

ソーシャルレンディングは、認可を受けた仲立ちを行う会社が用意した専用サイトに融資希望者と投資家が登録を行うことで利用可能となります。

そして、ソーシャルレンディングの利用規約に同意した上での利用となっており、その取引は仲立ち業者によって管理されています。

仲立ち業者による法律的問題をクリアした健全な運営が行われているので、法律で定められた範囲での取引となっています

ソーシャルレンディングの解説ページはこちら

しかし個人間融資サイトは、ソーシャルレンディングのように金融庁の認可を受けた企業が仲立ちして、融資を成立させているサービスではありません。

個人間融資サイトは、ソーシャルレンディングとは異なり、「お金に困っているので誰か貸してくれませんか?」という人と、

「お金に困っている人がいれば貸しますよ!」という人が集まっているインターネット上の単なる掲示板サイトです。

ですから、トラブルが発生する可能性が高い上、利用して貸借関係になった際のトラブルは、全て自己責任となってくるという危険性が非常に高いです。

個人間融資サイトの危険性

闇金業者ネットワーク

個人間融資サイトを利用して借り入れを考えている人のほとんどが、「金融機関にお金を借りるわけじゃないから、安く借りられるんじゃないか?」と思っています。しかし実際のところ、この考え方は大間違いです。

こういったサイトは、個人を装った闇金業者であることがほとんどです。

中には、本当に個人から借り入れできたという人もいます。しかしそれは、宝くじにでも当たるよりも珍しいといっても過言ではありません。

ですから、そんなケースはまずないと考えておいた方がいいでしょう。

個人間融資サイトでは、闇金業者が個人になりすまして、いかにも心配しているかのような態度で連絡してきます。

しかし、相手は闇金業者ですから最終的には借り入れに合意していないのに、突然口座にお金が振込まれて押し貸しが行われることもあります。

また、合意した借り入れの場合でも、約束とは違う法外な利息を請求されることがあります。

さらには、個人情報だけの収集目的に近づいてくることもあり、氏名や電話番号・住所などの個人情報を知らせると突然連絡が取れなくなることもしばしばです。これは金融業者への個人情報販売を目的としているか、ちょうど詐欺業者として摘発されたかのどちらかでしょう。

個人融資では安全性を確立するのは難しいことがお分かりいただければと思います。インターネットの個人間融資サイトはの利用は絶対にするべきではありません。

絶対に利用してはならない個人間融資サイトの特徴

個人間融資サイトは、利用は完全無料です。

しかし、その広告文句には、

  • 信用ブラックでもOK
  • 審査無し
  • 保証金・保証人不要
  • 債務整理者OK
  • 自己破産者OK
  • 超過借り入れ者OK

といった、大手消費者金融や銀行カードローンでは借り入れが不可能な人を呼び込むための謳い文句が並べられています。

サイト言い分としては、金融機関では無理でも個人間で相談し合えばOKと言うわけです。要は、他での借り入れが困難な多重債務者を募集しているだけです。

利用するのに全く費用が発生しないのも、できるだけ多くの募集を集めるための手段です。

ですから、このような謳い文句を前面に出している個人間融資サイトは、闇金業者が管理者であると考えられます。

よく考えてみてください。

金融機関でも危ないと判断して融資を行わないような条件の人に、一体どこの誰が融資してくれるのでしょうか?

多重債務者は「とにかく何とかしたい。」という思いが強いために、冷静に判断できなくなってしまいがちです。

魅力的に思える勧誘文句は、闇金業者の甘いワナであるということを理解しておいてくださいね。

掲示板を利用する前にちゃんとした業者に申し込んでみよう

キャレント

  • インターネット専用キャッシングならネットで完結できる
  • 大手と比較して対応が柔軟
  • 申込フォームの入力内容が少なく、手続きも簡単

生活福祉資金など市区町村に頼ることはできないか確認しよう!

個人間融資に手を出す前に、他にできることはないか考えてみませんか?

例えば全国社会福祉強化議会の生活福祉資金を考えてみる。生活保護のように受給するものではなく、借入になるため返済義務はありますが、自立のための支援や相談にも乗ってくれます。

どうしようもなくなってしまう前に、是非、落ち着いて考えて頂ければと思います。

生活福祉資金についての解説ページはこちら

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

車金融とは?乗ったまま融資の仕組みがやばい理由と最悪の状況4つ

「車を担保にお金を借りたい…」「車金融を使…

街金とは?絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない理由

「街金なら審査に通りやすいって聞いたけど…」「

クレジットカード現金化は違法?利用すると危険!自己破産もできな…

目次クレジットカード現金化についてクレジットカード現金化は違法か?クレジットカードの現金化って有益?不利益?クレジットカードの現金化に申し込んでしまった時は?クレジットカード現金化で被るペナルティ ク ...

システム金融とは?個人事業主は要注意!完済できない恐ろしい手口

目次システム金融とは?システム金融の恐怖 システム金融とは? 中小企業の事業者ならばご存知だと思いますが、一般の人にはあまり馴染みのない名称かもしれません。 システム金融とは、メールやFAXで融資話を ...

ソフト闇金って何?「優しい闇金業者」の手口に要注意!

「ソフト闇金」とはいったい何なのでしょうか。どのような手口で勧誘してくるのでしょうか。そんな疑問…