悪徳なおまとめローン詐欺要注意!回避するためには?

おまとめローンの審査に通らなかった人は要注意!

現在はキャッシングやカードローンなど、借入先や方法が増えました。複数社に借入があるという人も珍しくありません。

そんな人達にとって大きなメリットを生むのが「おまとめローン」と呼ばれるローン商品です。

複数社にまたがる借入を一本化することにより、月々の返済額を減らせる可能性があります。

銀行だけでなく消費者金融など多くの金融機関が「おまとめローン」を用意しています。

しかし、この「おまとめローン」は複数社からの借入を一本化することもあって、借入金額が高額となるのが一般的です。

高額な借入に対する審査なので、キャッシングやカードローンよりもハードルが高くなる可能性があります。 そのため、利用できないという人が少なくないのが現状です。

さらに問題なのは、おまとめローンを悪用した「おまとめローン詐欺」をはたらく悪質な業者がいることです。騙されないように注意してください。

おまとめローン詐欺とは?

おまとめローン詐欺は、 「低金利で審査が通りやすい!」 といった魅力的な表現で、新聞やダイレクトメールなどで勧誘を行います。

手口はというと、申込者に対して入会金や保証金と称した振込を申し込み前に求めます。 そして、入金を行うと一切連絡がつかなくなるというパターンが最も多いです。

また、これ以外にも更に悪質なケースもあります。 信用情報を確認するためにキャッシング会社等への申し込みを求め、その結果を確認するためと称して借り入れ金を振り込ませるものです。

複数社からの借り入れを求められ、入金させられることも少なくありません。

この場合も、入金後には一切連絡が取れなくなってしまいます。

「そんなの普通に考えれば怪しいと思うだろ?」 という人は多いかもしれません。

しかし、申込者は他の審査に落とされた人が多いため、低金利や審査が甘いことを前面に押し出した勧誘が魅力的に見えてしまいます。

さらに契約することしか考えられなくなると、平常時の思考能力が欠如した状態に陥っているケースも少なくありません。 通常時では判断が付きそうなことでさえも、申し込み時には無理なことが多いのです。

つまり、この手の詐欺はそんな心理状態を上手く利用した巧妙な手口です。 「おまとめローン詐欺」の実態をよく把握した状態でなければ、誰でも引っかかってしまう可能性はあります。

おまとめローン詐欺を回避するための必要知識

「おまとめローン詐欺」の特徴とその方法について説明していきます。

「おまとめローン詐欺」は確実な違法行為であり、犯罪行為です。

したがって、法律の合間を上手く利用したグレーゾーン詐欺とは異なり、業者は大手を振って営業しているわけではありません。

被害にあった人が、回収不能となるのも業者の特定が困難だからです。

「おまとめローン」の勧誘広告で、

  • 低金利
  • 他で審査に落ちた人もOK
  • 高額借り換えもOK
  • 簡単審査で最短融資

など過剰な好条件の勧誘広告を行っているところは、要注意です。

基本的に上記のような条件で「まとめローン」を提供している、金融機関は存在しません。

そして、 「怪しいな?」 と思った場合には、次の2点を確認してください。

会社情報の開示

会社名は聞いたことのあるメジャーなところであれば、問題ないと簡単に考えてはいけません。

パッと見は馴染みのある社名だけど、よく確認すると全く違う社名だったというケースが、実に多いのです。

この手の業者は、故意に似た会社名を名乗ることが多いのです。 ですので、社名はしっかりと確認しするようにしましょう。

似た社名が使われている場合はNGです。

「関連会社かな?」 などという考えもやめましょう。

また、住所や電話番号の確認もおこたらないようにしましょう。

特に電話番号が携帯番号の場合は要注意です。住所が記載されていても事務所は存在しない可能性があります。

貸金業登録番号

「おまとめローン」は銀行のものもありますが、相手が銀行であれば社名を確認するのは簡単です。

ですから、詐欺業者が名乗る社名は貸金業者ばかりとなっています。 そこで確認してもらいたいのが貸金業登録番号です。

貸金業を開業するためには国の認可をける必要があり、認可受けると貸金業登録番号が発行されます。

よって正しく登録した会社ならば、この貸金業登録番号を持っています。 貸金業登録番号は、業者のHPの最下部などに記載されています。

キャッシング最大手のアコムを例に挙げればHP最下部に、 登録番号:関東財務局長(12)第00022号 と記載されています。

この貸金業登録番号の記載があるかどうかは、詐欺業者であるかどうかを判断する上で、最も重要なポイントとなってきます。

しかし、番号記載があるからといって安心してはいけません。

相手は違法であること、犯罪であることを分かった上で行っている詐欺業者です。 貸金業登録番号の詐称くらいは平気で行います。

ですので、貸金業登録番号の確認まで行ってください。

番号確認の方法は、貸金業登録番号をネットで検索するだけでOKです。 検索した時点で、違った社名が出てきた場合や、検索に引っかからない場合は詐欺業者である可能性が高いです。

この記事のまとめ

以上が「おまとめローン詐欺」に引っかからないための特徴や方法になります。
しかし、詐欺業者の手口は日々巧妙さを増しています。
上記のポイントを理解していても引っかからないとは断言できません。

過剰な好条件を掲げる業者は、まず詐欺の疑いの高いと考えましょう。
借り入れは、信頼性が高く安心できる金融業者を利用するということを念頭に置くようにしましょう。
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

車金融とは?乗ったまま融資の仕組みがやばい理由と最悪の状況4つ

「車を担保にお金を借りたい…」「車金融を使…

街金とは?絶対審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない理由

「街金なら審査に通りやすいって聞いたけど…」「

クレジットカード現金化は違法?利用すると危険!自己破産もできな…

目次クレジットカード現金化についてクレジットカード現金化は違法か?クレジットカードの現金化って有益?不利益?クレジットカードの現金化に申し込んでしまった時は?クレジットカード現金化で被るペナルティ ク ...

システム金融とは?個人事業主は要注意!完済できない恐ろしい手口

目次システム金融とは?システム金融の恐怖 システム金融とは? 中小企業の事業者ならばご存知だと思いますが、一般の人にはあまり馴染みのない名称かもしれません。 システム金融とは、メールやFAXで融資話を ...

ソフト闇金って何?「優しい闇金業者」の手口に要注意!

「ソフト闇金」とはいったい何なのでしょうか。どのような手口で勧誘してくるのでしょうか。そんな疑問…