自動車担保ローンの仕組みとは?悪徳業者には注意!

乗ったまま融資イメージ

自動車を担保にしてお金を借りることができる自動車担保ローン。質屋に車を預けるようなイメージが近いのですが、あまりいい噂を聞かないのが実情です。詳細を見ていきましょう。

自動車担保ローンは危険がいっぱい!

通常、金融機関での借入を行う際の保証人や担保というものは、

  • 申し込み者の個人保証のみでは十分な信用が得られない場合
  • 返済不能に陥った場合

の補償として求められます。ですから、求められる保証人や担保には返済不能に陥った場合に、十分な代償となるだけの価値がなくてはなりません。

この点において自動車担保ローンは、自動車の査定を元に融資金額が算定されるので、理にかなった融資方法とも言えるでしょう。

しかし、この自動車担保ローンは決して健全な業者が多くないというのが実情なのです。

それはまず、申し込み時の審査で判断することができます。

融資時には申し込み者本人の審査が行われるのが常識です。しかし、自動車担保ローンを行っている業者のほとんどは自動車の査定のみで、申し込み者の審査を行うことはありません

つまり業者は、申込者が高額な借入をしていようと、ブラックリストに載っていようと全く関心がないということなのです。

これって変だとは思いませんか?

金融機関は元利金合わせた全てを確実に回収して、利息による利益を得ることによって利益を生み出しています。ですから返済能力がない人への融資は絶対に行われません

ですので、本来なら申し込み者に「返済能力があるのか?」が一番重要な査定ポイントとなります。

申し込み者の審査なしで融資が行われるなんてことは不自然なことになります。

なのに申し込み者の審査も行わずに、自動車の査定だけで融資を行う自動車担保ローン業者の目的はどこにあるのでしょう?

答えは簡単です。

目的は返済から得る利息ではなく、端から担保である自動車にあるのです。

これはよく考えれば実に簡単に気づく問題なのです。しかし、自動車担保ローンを検討している人は、他からの融資を断られた人が多いです。そのために、結果として安い融資額で自動車を巻き上げられることとなってしまうのです。

それでは自動車担保ローンの実態とはどんなものなのか、詳しく説明していくことにしましょう。

自動車担保ローンの恐るべき実態

「お手持ちのマイカーで簡単融資!」というフレーズの勧誘広告で申し込み者を募っている自動車担保ローン。その甘い勧誘文句とは裏腹に自動車担保ローンは悪徳業者の巣窟ともなっているとも言われています。

悪徳業者の自動車担保ローンの目的はただひとつ。

それはできるだけ安く抑えた融資額で自動車を担保とし、担保割れとなった自動車を高く売りさばいて利益を得ることです。

これが自動車担保ローンの隠された実態なのです。

一般的に自動車担保ローン融資方法は大きく2つに分けることができます。

それは担保である自動車を業者に預けるタイプと、担保にした自動車を乗り続けることができるタイプです。

近年は「乗り続けながら融資OK」という自動車担保ローンの広告をよく目にしますが、乗り続けるということは消耗が進むだけでなく、事故等による破損の恐れもあるために担保価値を維持することが難しいので、普通に考えれば有り得ない話です。

つまり、普通に考えれば乗り続けながら融資がOKなんて話自体がナンセンス>/span>なのです。

これだけでも、この融資自体がおかしいこと思えてきませんか?

しかも、悪徳業者の自動車担保ローンの場合、どちらの融資方法を選んだとしてもちゃんと業者が得する形となっています。

自動車を預ける場合

この場合は、自動車の査定は一般査定よりもやや安めの金額が提示されます。

あまりに安いと借り入れを行うよりも売却を考えることになってしまうので、驚くような安価な査定は行われません。

しかし、融資額とは別に自動車を預かる際の管理費を請求されることとなります。

この管理費は毎月請求されることとなるので、完済するまで発生することになります。

管理費については業者によって違います。毎月の返済額に管理費がプラスされるので、自ずと毎月の支払額は大きなものとなってしまう可能性があります。

乗り続ける場合

自動車は通勤等の足などで利用しているケースが多いので、ほとんどの人が乗り続けたいと考えます。そんな人が選ぶのがこのタイプで、自動車担保ローンを利用する人のほとんどがこちらを選択しています

このタイプは乗り続ける代わりに査定額は通常の半額以下に抑えられ、更に自動車利用に対するリース料を求められます。

査定額が低いということは借入額も低くなることになるのですが、借り入れの利益よりも実用面での利益を選んでしまうために、このタイプを選ぶ確率が高いのです。

この場合の返済も①と同様、返済額とは別にリース料の請求が行われるので、毎月の支払額は大きくなってくる可能性があります。

安心して借入を行うために以下も合わせてご覧くださいね。

お金を借りる方法まとめ

この記事のまとめ

以上が、自動車担保ローンの融資方法の実態です。どちらのケースにしても返済額とは別に費用が請求されることになります

毎月の返済額自体も高額な設定がされることがほとんどです。業者が毎月の返済負担を大きくし、早目に返済遅れ等の状況を作り出そうしている思惑がよく反映されています。結果、すぐさま返済に窮することとなってしまい、アッという間に担保割れとなってしまいます。

つまり自動車担保ローンとは、悪徳業者が一般査定よりも安い金額で自動車を入手し、転売することで高い利益を生み出す詐欺システムだということなのです。

自動車担保ローンの全てが悪徳業者のものとは限りません。しかし、業者のほとんどは悪徳業者と疑ってかかってもいいと断言できるほど、きちんとした業者が少ないのが実情です。このようなリスクを無視した借り入れをするくらいならば、諦めて端から下取りに出した方が安全で確実に現金を手にすることができるでしょう。まず、今回説明した自動車担保ローンの事態を念頭に置いてくださいね。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

「車金融」乗りながら融資の危険性!借りてはいけない理由とは

「キャッシングや銀行のカードローンの審査に落ちた…」 「

サラ金、街金、闇金の違い。消費者金融とは違うの?危険な借り入れ…

「サラ金って危ないの?」 「なんとな~く絵のような人たち、ってイメージだけは持ってる…」…

闇金の見分け方!3つのチェックポイントでしっかり見極めよう!

目次闇金にはこんな特徴が!これさえ知っていれば大丈夫!闇金の見分け方 闇金にはこんな特徴が! 違法な金融業者と聞けば、多くの人が思い浮かべるのは闇金ではないでしょうか。 映画やドラマの役柄でよく登場し ...

090金融など違法業者の対処、対策法は個人では無理!警察や弁護士で

「090金融」の実態とは?手を出してはならない理由や何が恐ろしいのか、詳細をまとめました。

ソフト闇金って何?「優しい闇金業者」の手口に要注意!

「ソフト闇金」とはいったい何なのでしょうか。通常の闇金とは何がどう違うのでしょうか。そんな疑問に…