「車金融」乗りながら融資の危険性!借りてはいけない理由とは

キャッシングや銀行のカードローンの審査に落ちた…

もうお金を借りられないかな…

そのような気持ちになって「車金融」と調べたかもしれませんが、実は車金融はとてもデメリットが多いんです。

車金融のデメリット

  • 金利が18.0%~20%とキャッシングや銀行のカードローンに比べて高金利
  • 融資限度額は10万円程度と少ない

このように、車金融を利用するととても損します。
車金融で損をする前に「キャッシング」か「銀行のカードローン」に申込んでみませんか?

実は「キャッシング」と「銀行のカードローン」では審査基準が異なるので、落ちてないの方の金融機関に申込むと審査に通過する可能性は十分にあります。

  • キャッシング」に申込んだことがあるなら「銀行のカードローン
  • 銀行のカードローン」に申込んだことがあるなら「キャンシング

車金融に申込む前に是非、あなたが申込んだことのない会社に申込んでください。
以下におすすめの「キャッシング」と「銀行のカードローン」を紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 返済は月1,000円からOK!

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

車金融とは何か

審査が厳しい方たち間で注目されているのが、いわゆる「車金融」と呼ばれる方法です。これは何かというと、簡単に言えば車を担保にしてお金を借りるシステムのこと。

「マイカーローンとなにがちがうの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。マイカーローンの場合、借りたお金はマイカーの購入資金としてしか使うことはできませんが、車金融で借りたお金は原則使い道は自由です。

会社の運転資金に使ってももちろん構いませんので、利用目的が自由というところが大きな違いといえます。

なんか良さそうな感じに聞こえるでしょ? まだ楽観的には考えないでくださいね。車金融は※危険※がいっぱいなんです。

車金融の審査ってどんなもの?

車金融でお金を借りる際、みなさんが気にすることと言えば「審査」

審査が厳しいなら車金融など利用せずに消費者金融などでお金を借りたほうがはるかにいいわけです。その特徴として「審査面」があります。

車金融の大きな特徴としては、審査がないということ。

審査がないということは、ブラックな方にはいいことなのかもしれませんが危険性をはらんでいることだけはお忘れなく。

消費者金融の審査のように、勤務先に電話がかかってくる「在籍確認」をされる必要も全くありません。

まったく審査がないわけではなく、車の残債がみられる

ただし、1つだけみられる部分があります。それは、車の残債です。

車金融では、ローン返済中の車であってもお金を借りることは出来るのですが、あまりにローンの残債が多いようですと業者から借りることができません。

つまり、ローンの残債の審査だけは行われると言うことです。

残債も少ないし、これは借りられそう!と思っている方!危険性についても後ほど触れますのでそちらもご覧になってくださいね。

車金融は2種類「車の預かり」と「乗ったまま融資」

車金融でお金を借りるためには、2つの方法があることをご存知でしょうか。

預かり

まずは「預かり」というものです。

預かりと言うのは、車金融でお金を借りる際、その車を車金融の業者に預けておくシステムのことです。

担保となる車が業者の手元にあり、貸付額が多くなる場合がありますが、返済が遅れると即座に担保の車を売り払われてしまうという危険もありえます。

乗ったまま

もうひとつは「乗ったまま」と言うシステム。

こちらは、車金融でお金を借りている最中も、その車をユーザーが利用することが出来るシステムのこと。

車を仕事で使っている人、手放せない人にとっては「乗ったまま」のシステムは大変に有益です。

一見すると、後者の「乗ったまま」のほうが断然有利なような気がしますが、そんなに甘いものではありません。

車金融では、実際に融資される金額はその車の査定金額によります。

「預かり」であればその査定金額に近い金額が融資されるのに対して、「乗ったまま」では良くても査定額の半額以下という融資金額となります。

また、業者によっては「乗ったまま」を利用する際にはリース料を徴収するところもあります。

一度業者が車を預かり、それをユーザーに貸すと言う形をとっているからです。

後々リース料金が月3万円の支払いなどとなり、借り入れしている人に重くのしかかる可能性があります。

ここはヤバイ!車金融の危険性

そんな車金融ですが、現状ではあまりおすすめできません。

と言うのも、最終的には利息を支払った挙句に車を取られてしまう可能性があるからです。

悪徳な車金融の業者の最終目的というのは、担保である車を回収することです。

車を担保にお金を貸す→利息支払い→厳しい返済要求→返済の滞り→車の没収

返済で厳しい条件を強いることが多いのです。

「乗ったまま」のリース料も結構な金額となりますし、「預かり」の場合には返済プランがかなり厳しいものとなります。

また、少しでも延滞をしようものならば、猶予期間などなく強引に担保である車を回収されてしまいます。

冷静に考えれば、普通に車を買取してもらったほうが手元に残るお金が多かったというケースも少なくはないのです。

  • 車がとられてしまって困る
  • お金もない、車もない
  • 他カードの返済はある
  • 仕事にもいけなくなる

というかなり悲惨な目に会う可能性があります。

このような最悪な事態も考えられるので、車融資の危険性を考えてほしいとお金丸は思うわけです。

危険な借り方はしないで、安心できる銀行カードローンを試してみましょう。

どこが良いの?銀行カードローンを比較

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アイフル

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

サラ金、街金、闇金の違い。消費者金融とは違うの?危険な借り入れ…

「街金って何?」 「サラ金とは違うの?

自動車担保ローンの仕組みとは?悪徳業者には注意!

自動車を担保にしてお金を借りることができる自動車担保ローン。質屋に車を預けるようなイメージが近い…

闇金の見分け方!3つのチェックポイントでしっかり見極めよう!

目次闇金にはこんな特徴が!これさえ知っていれば大丈夫!闇金の見分け方 闇金にはこんな特徴が! 違法な金融業者と聞けば、多くの人が思い浮かべるのは闇金ではないでしょうか。 映画やドラマの役柄でよく登場し ...

090金融など違法業者の対処、対策法は個人では無理!警察や弁護士で

「090金融」の実態とは?手を出してはならない理由や何が恐ろしいのか、詳細をまとめました。

ソフト闇金って何?「優しい闇金業者」の手口に要注意!

「ソフト闇金」とはいったい何なのでしょうか。通常の闇金とは何がどう違うのでしょうか。そんな疑問に…