学生ローンは親バレしない?バレずに済むサービスを各社比較してみた

学生ローンって親にバレるのかな?」 「親にバレるのは絶対に嫌だ…

学費や生活費のために学生ローンを利用する学生さんが増えていますが、「親バレしないかどうか」ってかなり不安ですよね。

結論から言うと、親の承認が必要であったり、学生ローン業者が親に告げたりすることは基本的にはありません

しかし、それ以外にバレてしまう要素がいくつかあるのです。ここでは学生ローンが親バレしてしまうポイントやバレないための対処法をお伝えします。

  • 学生ローンは親の承認は不要、業者から親への連絡もない
  • ただしネット申込がない場合、郵送物が届いて親バレすることがある
  • 絶対にバレないようにするならカードローンの方がおすすめ

学生ローンは親にバレないようにできるだけ考慮してくれますが、学生ローンよりも親にバレにくいのはカードローンだと思います。

カードローンなら

  • webで申込完結できるので来店しなくてよい
  • 本人宛て以外への連絡がない
  • 郵便物が届かないように設定できる
  • カード発行ナシを選べるところもある

など、学生ローンよりもバレにくい仕組みになっています。

《当サイトおすすめ!学生が「誰にもバレずに」お金を借りられるカードローン・キャッシング》

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

        
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 最大利用限度額:800万円
  • 借入可能最低金額:1万円から!
  • 最低返済額:2,000円~OK!
  • スマホ利用時の快適さ◎

おすすめ度

アコム

  • 利用者数は業界No.1の1,000万人超
  • 初めての利用であれば30日間無利息
  • 「Web申込+むじんくんでカード発行」なら最短1時間で借入れ可能
  • 24時間借入れ&返済できる

おすすめ度

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

学生ローンが親バレしないためには?バレるのはこんな時!

学生がローン(借金)を組む理由は様々あると思いますが親にバレたくない、心配をかけたくないという想いは共通ですよね。

先に学生ローンが親にバレる場面を想定してみましょう。

  1. 自宅への契約書、各種お知らせなどの書類郵送
  2. 自宅への電話(主に返済を滞納した場合の督促)
  3. スマホを見られる
  4. 急な金遣いの変化

主に業者からの自宅への郵送物の有無、電話連絡の有無といった申込方法・受け取り方法をまずは気にしながら業者を選ぶ必要があります。

実家暮らしであれば一人暮らしの場合よりもバレる可能性はかなり高いです。

学生ローンが親にバレにくいのは本当でしょうか。実際に比較しながら見ていきましょう。

学生ローンのカレッヂ、マルイ、ベル、アミーゴを親バレするかどうかサービス面で比較

学生ローンのカレッヂ、マルイ、ベル、アミーゴ、イー・キャンパスをそれぞれ比較してみました。

《学生ローン申込時の各社条件比較表》
カレッヂ マルイ(ベル※1) アミーゴ イー・キャンパス
金利 実質年率17.00% 実質年率 15.0%~17.0% 実質年率14.40%~16.80% 実質年率14.5%~16.5%
融資限度額 (極度額)50万円 1~50万円 3万円〜50万円 ・学生時50万円以内
・社会人80万円以内
必要書類 ①学生証
②免許証か保険証(ない場合応相談)
③キャッシュカード
④公共料金の領収書・又は請求書 (現住所記載のもの)
【必須】学生証
+免許証、保険証、住民票等の身分証があれば尚可
学生証+キャッシュカード(+運転免許証、健康保険証等別途1点必要) 学生証、銀行のキャッシュカード+運転免許証、健康保険証等
借入時の親の承認 不要 不要 不要(審査時に連絡が必要な場合は本人の了承を得てからの連絡) 不要(同居人がいる場合、契約書類郵送の際、社名を伏せて郵送可能)
アルバイト先への連絡(在籍確認) 無し 無し 無し 無し

※1マルイとベルは姉妹店関係にあります。ベルは2017年現在、新規及び追加融資受付を中止しています。

家族にバレたくないという想いを尊重してくれるのが学生ローンの特徴と言えます。

書類の郵送においては社名を伏せて郵送してくれたり、職場に在籍しているかの確認連絡もないことが多いです。申込みの段階であらかじめ、連絡しないでほしいことを伝えておくことがポイントとなります。

しかしそれでも親や友達にバレてしまう可能性が残るのが学生ローン。気になる方は下記の記事へ。

学生ローンはリスクあり?

知っておいて損のない学生ローンのデメリット

親バレを防ぎたい気持ちを汲んでくれる学生ローンですが不便を被る場面もあります。少し見ておきましょう。

店舗数の少なさ

まず多くの学生ローンは東京、高田馬場近隣に店舗があることが多く、直接店舗に行き申込を行えば書類郵送は避けられるがネット申込の場合は郵送されることがほとんど。

郵送時に社名を伏せて送ってもらえるサービスはもちろんあるものの、実家住まいであれば自宅への郵送自体をうまくやらない限りバレます。東京近郊に住んでいる学生以外には不便が大きいところです。

振込キャッシングの不便さ

振込キャッシングは意外と不便です。

銀行口座に入金してもらう形だが、銀行の営業時間(基本15時)を過ぎていると口座に振り込まれるのは翌営業日。もし金曜日の17時頃お金が必要となっても振り込みが翌週月曜日になる、ということになります。

学生ローン業者もなるべく早く融資を行おうとしてくれるものの、この部分を手間だと感じてしまう方には不便さが残るかもしれません。

システム回りでの不便さ

学生ローンでは追加融資も可能ですが、「追加融資してほしいんですけど」と再度電話して振込依頼するという流れを踏みます。

返済に関して口座振替やインターネット返済に対応していなかったり、営業時間が短かったりとシステム回りでは不便を被ることも多くなりそうです。

また、先ほどの表からもわかる通り学生ローンの金利は17%前後というのが相場ですがこの金利は一般的なローンである大手消費者金融や銀行カードローンと比べると高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?フラットに比較してみましょう。

《プチコラム~学生ローンは消費者金融?》

学生ローンという名前からイメージしづらいかもしれませんが学生ローンも消費者金融です。CMでよく見るような大手消費者金融と「賃金業者」というくくりでは同じ業者。

初めてお金を借りる場合はわからないことだらけで不安かもしれませんが、だからこそ「どの会社から借り入れるか」は慎重に選んでいきましょう。

大手消費者金融、銀行カードローンを親にバレないサービス面で比較してみた

まずは下記にて、一般的な銀行カードローンや大手消費者金融での金利と、家族や友人、恋人にバレないためにどんなサービスがあるのかを見てみます。

《金利とサービス面でのカードローン比較》
カードローン 特徴 詳細
アコムバナー ・年1.9%~14.5%
・「楽天銀行の口座開設」と説明できる

詳細

アコムバナー ・年3.0%~18.0%
・郵便物には「アコム」ではなく「ACサービスセンター」と記載してある

詳細

プロミスバナー ・年4.5%~18.0%
・カードレスのWeb完結あり

詳細

学生ローンと言えば学生のための消費者金融ですが、だからと言ってびっくりするほどお得な低金利ローンという訳ではないことは注意しておきましょう。

学生ローンが15~17%に対して消費者金融は18%程度、銀行カードローンであれば15%程度といった金利になります。

また、身内にバレないためのサービスとして「何かあっても楽天銀行の口座開設と説明できる」「書類受取り不要のカードレス契約」などは使い勝手がかなり良いですね。

学生にオススメのカードローン2選

これまでの話を踏まえて、学生で親バレせずにお金を借りたい場合にオススメできるカードローンを2つ厳選しました。満20歳以上で、かつ安定収入があるなら学生でも申込条件を満たしていますのでご安心くださいね。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンなら、楽天銀行の口座や楽天IDを持っていれば申し込みが簡単。さらに入会すれば楽天ポイントも1,000ポイントもらえます。

在籍確認でアルバイト先に電話がかかってきても、「楽天銀行の口座を作っている」と言えることは非常に大きなメリット。

また、全国の提携コンビニのATMでお金が借りられるのも便利です。お金を引き出しているところを誰かに見られても、カードローンを利用しているとはわからないでしょう。

楽天銀行スーパーローン

        
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 最大利用限度額:800万円
  • 借入可能最低金額:1万円から!
  • 最低返済額:2,000円~OK!
  • スマホ利用時の快適さ◎
おすすめポイント

プロミス

プロミスの「Web完結」なら、インターネット上で借入まで終わらせることが可能。

一般的にカードローンで借入する場合、自宅にカードが送られてきます。

しかし、プロミスのWeb完結申込みなら、「カード不要」を選択すればカードレスでの契約が可能。指定の口座へ振込をしてもらえば、誰にもバレずにお金を借りられます。

もちろん主婦や学生でも、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入があれば、Web完結の利用が可能です。

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない
おすすめポイント

<関連記事> 学生でも大手消費者金融や銀行カードローンからお金を借りることは可能か?については下記の記事を参考にしてみてください。

学生はカードローン審査に通らない!?

この記事のまとめ

プロミスの「Web完結」なら、インターネット上で借入まで終わらせることが可能。

一般的にカードローンで借入する場合、自宅にカードが送られてきます。

しかし、プロミスのWeb完結申込みなら、「カード不要」を選択すればカードレスでの契約が可能。指定の口座へ振込をしてもらえば、誰にもバレずにお金を借りられます。

もちろん主婦や学生でも、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入があれば、Web完結の利用が可能です。

安心の大手銀行で借りたいなら!

三菱UFJ銀行カードローン

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

楽天会員ランクに応じて審査優遇!楽天ユーザーはこちら!

楽天銀行スーパーローン

限度額最大800万円

楽天カードがあれば申込カンタン

関連記事

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

「バイクを買いたい」 「学費が払えない

お金を今すぐ借りたい学生は必見!親バレなく即日借りられる方法を…

「お金が今すぐ必要だけど、親や友達に借りられない」 「

派遣がお金を借りるときのテクニックとおすすめのカードローン4選

「派遣社員でも金融機関からお金を借りられるのかな?」 「

お金を借りる前に要注意!審査が甘い消費者金融・銀行・闇金の真実

「お金を借りたいけど、なかなか審査に通らない…」「

質屋でお金を借りると損!消費者金融や銀行を選ぶのが賢い選択

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …