銀行は即日NG!学生がお金を借りるなら親にバレにくいカードローン

今月遊びたいのにバイト代が少なくて金欠…
今すぐにお金が必要!学生でも即日お金を借りられるところはあるのかな

学生がお金を借りるなら大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

カードローンには、即日借入が可能なものや、親にバレる可能性が低いものがあります。

この記事では、カードローンの特徴から借入・返済方法まで詳しく説明していきます。

学生がお金を借りるなら大手消費者金融のカードローン

  • 大手消費者金融のカードローンは最短即日で借りられるので、今すぐお金が欲しい人向け
  • Webなら24時間申込OKだから忙しい人でも空いた時間に申し込める
  • 親にバレる可能性が低い
  • 借入から返済までWeb完結できる

しかし、学生は特に審査の際に気を付けるべき注意点が3つあります。
詳しく知りたい人はコチラ

おすすめのカードローン2選

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が20代
  • 最短即日の融資が可能
  • バイト先への電話確認は会社名ではなく個人名でくるので周囲にバレる可能性が低い

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし!カードレスでも借りられるので親バレしにくい
  • Webなら最短1時間融資も可能
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円(※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)

学生がお金を借りる方法4つを比較!カードローンがおすすめな理由

お金を借りたい学生

旅行に行きたいけどお金が足りない!
今月のバイト代はギリギリだし…

学生がお金を借りる主な方法は以下4つです。

  • カードローン
  • 学生ローン
  • 奨学金
  • 親にお金を借りる

この中でおすすめなのはカードローンです。

なぜこの4つの中でカードローンがおすすめなのか一つずつ詳細を見ていきましょう。

おすすめのカードローン

カードローンとは
銀行や消費者金融が発行するカードを利用してローンを組み、現金でお金を借りること
カードローンは保証人なしでお金を借りることができ、借入限度額の範囲で何度でも借入が可能

カードローンの主な特徴は以下の3つです。

  • 使途自由で使える
  • 限度枠内で何度でも借りられる
  • 親ではなく、申し込んだ本人が借りられる

学生にとって”ローン”という言葉はあまり聞きなれず、少し重く感じるかもしれません。

学生向けのローンだったら学生に特化してくれそう…
奨学金はみんな利用しているからなんとなく安心

と思い、カードローンに対して抵抗がある人もいるでしょう。

カードローンと学生ローン、奨学金を必要書類の数や融資までの時間という観点で比べてみました。

必要書類の数と融資時間

必要書類の数 融資までの時間
カードローン 少ない 最短即日
学生ローン 多い 最短即日
奨学金 かなり多い とても遅い

またカードローンは意外と若い世代の利用者が多く、新規利用者は20代、30代が増えてきています

ほかにもカードローンを利用するメリットはあります。

下の表で確認してみましょう。

カードローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 使用用途が自由
  • 担保や保証人が要らない
  • ネットで申し込める
  • 近くのコンビニATMでも利用可能
  • 借入・返済方法が多様
  • 周囲にバレにくい
  • 必要書類は最低2つ
  • 未成年は申し込めない
  • 借入に審査がある
  • 目的別のローンに比べて金利が高い

カードローンならネット申込が可能です。

部活やアルバイトで忙しい学生も空いた時間で申し込むことができます。

このメリットの中で特に大きなポイントは「使途自由」と「周囲にバレにくい」点です。

学生がお金を借りる理由は以下のようなものがあるでしょう。

学生の借入利用目的例

  • バイク・車の購入
  • 学費
  • 旅行
  • PC購入
  • 飲み会等の交通費
  • 運転免許証取得
  • 趣味

カードローンを利用すれば上記のようなことを「お金が足りない」という理由であきらめずに済むかもしれません。

また学生がWebサイトなどでお金を借りたいと思って調べるのですから、なるべく周囲にバレずに借りたいですよね。

カードローンなら郵送物なしで借りられ、Web完結もできるので周囲にバレるリスクは軽減されるでしょう。

カードローンの中でもおすすめはアコムです。

アコムは顧客の55.2%を20代が占めており、条件を満たせば学生でも借りられます。

また初めて利用する人は最大30日間利息0円なので、すぐ返そうと思っている人向けです。

浮いたお金をお小遣いに当てるなどして有効活用しましょう。

おすすめのカードローン

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が20代
  • アルバイト先への電話確認は会社名ではなく担当者の個人名でくるので周囲にバレる可能性が低い
  • 初めて利用する人は最大30日間無利息
  • 最短即日融資も可能

学生ローンとは?学生向けの消費者金融の特徴

学生ローンとは
学生向けの消費者金融のこと

学生ローンで有名な会社は以下の4社です。

  • カレッジ
  • アミーゴ
  • マルイ
  • ニチデン

ではなぜ学生向けのローンがあるにも関わらず、カードローンがおすすめなのでしょうか。

それは、必要書類の数にあります。

学生ローンとカードローンの特徴を比較してみるとよくわかります。

学生ローンとカードローンの特徴比較

学生ローン カードローン
年齢 18歳以上の学生
(高校生不可)
20歳~60代

申込条件
安定した収入がある(アルバイト可) 安定した収入がある(アルバイト可)
学生証 必要 不要
使用目的を示す書類 必要 不要

※学生ローン、カードローンによって異なる場合があります。

他にも学生ローンにはいくつかの特徴があります。

学生ローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 未成年の学生でも申し込める
    (高校生不可)
  • 周囲にバレたくないという思いを尊重してくれる
  • 必要書類が多い
  • 借入・返済方法が少ない
  • 土日祝日が休業になっているところが多い

学生ローンの中には周囲にバレにくくするための対策として、書類の郵送においては社名を伏せて郵送してくれ、アルバイト先への在籍確認の連絡がないところもあります。

しかし、デメリットとして必要書類も多く、全て揃えるにはハードルが高いという点があります。

学生ローンの必要書類

  • 学生証
  • 公共料金の領収書
  • 使用目的を示す書類
  • 身分証のコピー
  • 銀行のキャッシュカードや通帳

※必要書類は学生ローンによって異なります。

使用目的は嘘をつかず正直に書くのがポイントです。

学生ローン側は、周囲にバレたくないという気持ちに十分配慮してくれますが、そもそも公共料金の領収書を持ち出した時点で親にバレてしまうかもしれません。

学生ローンの詳細が知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

学生ローンはデメリットあり!親バレしにくい消費者金融と徹底比較

お金借りる

詳細を見る>

多くの学生が利用する奨学金

奨学金とは
学生の教育機会を保障するためにお金を借したり、給付したりする制度のこと

奨学金を利用すれば経済的に進学が厳しい学生でも、学費のサポートが受けられ、進学を諦めずに済みます

奨学金には、

  • 日本学生支援機構(JASSO)
  • あしなが奨学金
  • 地方自治体の奨学金
  • 技能者育成資金融資制度

など、いくつかの種類があります。

この中でも利子や返済の義務によっても違いがあります。

  • 第一種奨学金(無利息のもの)
  • 第二種(利息が付くもの)
  • 給付型で、返済の義務がないもの

給付型は返済の義務がないので非常に助かりますよね。

奨学金のメリット・デメリットを見てみましょう。

奨学金のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 学費のサポートが受けられ、進学を諦めずに済む
  • 給付型があり返済義務がないものもある
  • 利子がつかない奨学金がある
  • 卒業後に返済する必要がある
  • 審査時に成績がを
    見られる
  • 必要書類が多い
  • 使用目的が学業に
    限られる
  • 希望する奨学金が利用できない可能性が高い
  • 借りるまでの申込手順が長い
  • 保証人が必要

奨学金は今すぐほしいと思っていても即日振込はしてくれません

申込までの流れはこうです。

奨学金の申込までの流れ

  1. 学校の奨学金申込時説明会に出席する
  2. 確認書必要書類を学校へ提出する
  3. JSAS識別番号の交付を受ける
  4. スカラネットによる奨学金申込
  5. 採用者へ採用の通知
  6. 学校の奨学金採用時説明会に出席する
  7. 返還誓約書を学校へ提出する
  8. 奨学金の振込

※日本学生支援機構の場合
※在学採用の場合

親に内緒でお金を借りたいと思っていても、奨学金は保証人が必須であり、採用通知なども家に届きます。

また、成績も関係するため、無利子で借りられるかはわからず、卒業後何年もかけて返済する人がほとんどです。

頼めたら1番楽なのに…親にお金を借りるのがおすすめできない理由

「今すぐお金を借りる」:友人や親

一番身近な借り方として、親や身内にお金を借りるという選択肢があります。
しかし、親に頼めたら苦労しませんよね。

学費を払ってもらっているのに遊びのお金が欲しいなんて言えない
アルバイト代だけで自分でやりくりするように言われているから頼めない

など親バレを気にしていてはなおさら身近な人にお金を貸してほしいなどとは頼みづらいと思います。

親や身内にお金を借りると以下のようなメリット・デメリットがあります。

親にお金を借りるメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 安心して借りられる
  • 借用書を求められることもある
  • 内緒で借りたくても親バレは避けられない

親にお金を借りるとき、注意しなければならないのは贈与税です。

贈与税とは?
個人から財産をもらったときにかかる税金

贈与税がかからないためには、以下のことをする必要があります。

贈与税とみなされないためには

  • 借用書を必ず準備する
  • 金利は1.0%以上に設定する
  • 証拠が残るよう、返済方法は口座振り込みなどを利用する

親にお金を借りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

親にお金を借りると税金で損?金利0円で借りるおすすめの方法

お金借りる

詳細を見る>

学生がお金借りるなら消費者金融という手も!銀行にはない4つのポイント

カードローン選びに悩む人

カードローンは大きく分けて2つあります。

  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融のカードローン

この2つの違いは、消費者金融は貸金業であり、銀行のカードローンは銀行の商品であるということです。

ほかにも大きな違いが4つあります。

  • 融資までのスピード
  • 親へのバレにくさ
  • 申込時間
  • 土日祝日の融資

この4つの条件面で考えると、消費者金融を選ぶという選択肢もあるでしょう

共通点から詳しく説明していきます。

消費者金融と銀行のカードローンの共通点

消費者金融と銀行のカードローンの共通点

  • 申込条件が同じである
  • 申込の流れが同じである
  • 保証人不要である

カードローンを申し込むためには消費者金融、銀行共に以下2つの条件を満たす必要があります。

申込条件

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

19歳以下の未成年は申込条件から外れているため、カードローンに申し込むことはできません

アルバイトをしている学生は、定期的に一定の安定した収入を得ているとみなされるため、申込可能です。

収入なしの無職の状態でカードローンに申し込んだとしても、審査に引っかかってしまいますので注意してください。

またカードローンでお金を借りるまでには以下のような手順があり、必ず審査が入ります。

お金を借りるまでの4ステップ

  1. スマホや電話などで申し込む
  2. 審査結果の連絡が入る
  3. Webや店舗で契約する
  4. ATMで借りる

共通点を挙げましたが、なぜ消費者金融のカードローンがおすすめなのか説明していきます。

消費者金融のカードローンがおすすめな4つの理由

消費者金融のカードローンでお金を借りると、以下のようなメリットがあります。

  • 条件によっては最短即日融資してくれるところがある
  • 親にバレる可能性が低い
  • Webなら24時間申込できる
  • 土日祝日でも融資を受けられる
    ※土日祝日の融資には条件があります。

今すぐお金が必要だけど足りない、親に内緒でお金を借りたいという人におすすめです

しかし、消費者金融に対して、次のような不安を抱く人もいるでしょう。

お金を借りたい学生

消費者金融のカードローンを利用すると、怖い人が取り立てに来るのでは?

しかし、そこまで過度に心配する必要はありません。

消費者金融は国の認可を得て営業しており、賃金業法によって取り立て行為に対する規制は強化されています。

また、消費者金融のカードローンは本人以外に電話をすることはなく、親にバレる可能性も低いといわれています。

何らかの事情で周囲の人に内緒でお金を借りたい人は、消費者金融のカードローンを検討してみるのもいいでしょう。

アコムの在籍確認の電話は会社名ではなく、担当者の個人名で来るのでバイト先に「アコムからの電話とは思われにくいでしょう。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

審査が心配…カードローンの審査を受ける際の3つのポイント

学生がお金を借りるとき、審査時のポイントをまとめました。申込前に必ずチェックしましょう。

審査を受けるときの3つのポイント

  1. 借入限度額は最低金額にする
  2. 単発や不定期のものより、継続して働けるアルバイトをする
  3. 同時に3社以上には申し込まない

詳しく説明していきます。

1.借入限度額は最低金額にする

お金借りたい学生利用限度額

学生の場合、アルバイトでの収入も限られているので、総量規制により借入限度額も限られてしまいます。

総量規制とは?

消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1までしかお金を借りることはできないという制度。

「103万円の壁」という言葉をアルバイトを経験したことのある学生なら一度は耳にしたことがあるかと思います。

年収が103万円以上を超えると親の扶養を抜けることとなり、家族の払うべき税金が高くなるというものです。

2018年から、扶養控除を受ける人の給与年収制限は103万円から150万円に引き上げられました。

扶養内の学生なら150万円までしか稼げません。つまり、最大50万円までしか借りられないのです。

留学や車、バイクの購入などまとまった金額を借りたい学生は、総量規制を考慮して上限の申請を行わなければ、審査に通りません。

借入限度額は最低金額で設定するようにしましょう。

2.単発や不定期のものより、継続して働けるアルバイトをする

学生のアルバイトには、次のようなものがあります。

  • 決まった曜日にシフトに入るもの
  • 登録制の派遣
  • 日給制のもの

カードローンの審査においては、単発や不定期のアルバイトよりも、継続して働けるアルバイトをしている人のほうが信用度が高く、審査のうえで有利になると言われています。

その理由は、申込条件の「安定収入」があることに該当するためです。

アルバイトをしておらず、無職の収入なし状態の学生は仕送りがあっても借入することはできません

3.同時に3社以上には申し込まない

短期間多重申し込み

カードローンの審査では、同時に複数社(3社以上)に申し込んでいる人は、審査に不利であると言えます。 カードローン会社にとって、多重申込者は貸し倒れのリスクが高いと判断されるからです。

また、短期間でいくつものカードローンに申し込むと、その情報が各金融機関に共有され一定期間どこの審査にも通らなくなることもあります。

借入の申し込み先は、慎重に選択しましょう。

さらに詳しく知りたい人は、
お金を借りる時の審査に通らない7つの原因|審査落ちを防ぐ対処法
についてご覧ください。

審査を受けるときのポイントをおさえて、次は借入時の流れを見ていきましょう。

必要なものはスマホ1台!?お金借りるまでの4ステップ

今すぐにお金が欲しいけど申込がめんどくさく、時間がかかりそうなイメージがありませんか?

実は、申込をWebで完結できる方法があるのです。

ここでは、カードローンでお金を借りる時の流れを説明していきます。

お金を借りる学生4ステップ

【STEP1】スマホやアプリ、パソコン、窓口で申し込む

スマホやアプリ、パソコン、店頭窓口でカードローン利用を申し込みます。 一般的な必要書類には、本人確認書類と収入証明書があります。

必要書類を用意しておき、Web申込をするとスピーディーに申込が完了します。

お金借りる学生の必要書類

申込後、一般的に本人確認書類をアプリやメールで送付します。 学生の場合でも、学生証の提出は必要ありません

【一般的な必要書類】

  • 本人確認書類
  • 健康保険証/運転免許証/パスポート/住民票のいずれか
  • ※学生証は不要
  • 収入証明書
  • 源泉徴収票/確定申告書/給与明細書等のいずれか

金融機関からお金を借りる際、50万円を超える借入の場合は収入証明書の提出が必要なところがほとんどです。

収入証明書が必要となる場合

カードローン名 収入証明書が必要となる借入希望額
アコム 50万円を超える場合
プロミス 50万円を超える場合
三菱UFJ銀行カードローン 50万円を超える場合

必要書類をチェックして準備しておきましょう。

【STEP2】審査結果を待つ

カードローン会社が審査を行います。

Webで申込をした場合、一般的にまずメールで仮審査の結果が届きます。

その後、勤務先へ在籍確認、提出した必要書類を確認後に最終的な審査を行います。

消費者金融のキャッシングの場合、審査は最短30分で完了します。

【STEP3】Webまたは店舗で契約

審査に通れば、Webやアプリ、店舗、無人契約機での契約に進みます。

既に口座を持っている場合は口座のカードを利用可能であることもあります。

このときお金を借りるのに必要なカードを受け取ります。

【STEP4】専用またはコンビニATMからお金を借りる

カードまたはインターネットから、カードローン会社の店舗やコンビニATMなどでお金を借ります。忙しい人にとって便利です。

提携ATMでは手数料が無料の場合もあります

アコムの場合、いつでも借入時に発生する手数料が無料になるのはアコムのATMを利用した場合です。

アコム

申し込みは こちら

このようにカードローンには、お金を借りるまでに4つのステップがあります。

時間がなくて店舗に行けなくてもWebで契約できたり、近くのコンビニで引き出せたりと、自分の都合に合わせてお金を借りることができます

学生がお金を借りる時、親バレを避けるポイントとカードローンの特性

カードローン会社の前で周囲バレしたくない人

カードローンに申し込んだ事を、親や周りの人に知られたくないという人は多いと思います。

カードローンには周囲にバレにくくするための2つの特性があります。

カードローンの特性

  • 本人以外に電話連絡をすることはない
  • アルバイト先への在籍確認は非通知で担当者の個人名でかかってくる

また、申込の際に気を付けるポイントを押さえれいれば、周囲にバレる可能性は低くなるでしょう。

気を付けるポイント

  • 郵送物が届かないところに申し込む

1つずつ説明していきます。

カードローン会社から本人以外に電話連絡をすることはない

カードローンの審査では、たとえ学生であっても、本人以外に電話連絡をすることはまずありません

しかし、申込のときに入力する電話番号を自宅や実家の番号にしてしまうと、自宅や実家に電話がかかってくることがあるので要注意です。

とはいえ、プライバシーの観点から本人以外に承諾なく第三者へ契約内容を話すことはありません。

在籍確認が不安な人は
>>在籍確認なしでお金は借りられない?電話なしで即日借りるには?
をご覧ください。

カードローン会社からアルバイト先への在籍確認の電話は個人名でかかってくる

カードローンの審査時には、申込者の勤務先へ電話による在籍確認が行われます。これは学生であっても同じで、アルバイト先に在籍確認の電話がかかってきます。

在籍確認されたらバイト先にバレそう…
在籍確認は絶対に必要なの?

在籍確認は「この人は本当に返済能力があるのか」ということを判断するために必要なものです。

しかし、周囲にバレたくないと思っている人も非通知で担当者の個人名でかかってくるので安心です。

個人名でかかってくるというのは、電話をする際に、カードローン会社は会社名を名乗らず、電話をかけた者が自分の個人名だけを名乗るということです。

ですので、もし本人以外の者が電話を取り次いだとしても、カードローンの在籍確認と分かることはありません。

実際にアコムの公式サイトにも、自宅や勤務先への申し込み確認連絡を行う場合はプライバシーに配慮し、必ず担当者の個人名で連絡するとの旨が記載されています。

【連絡例】

オペレーター 審査担当者(池田)

池田と申しますが、○○さん(申込者名)はいらっしゃいますか?

これなら、お金を借りる審査の電話だとはわからないので安心ですね。

家族にバレたくないなら郵送物が届かないところに申し込む

借入も返済も書類提出もアプリやWeb完結できるものが多く、郵送物が家に届かないようにすることができます。

カードローン別郵送物の有無比較

郵送物が発生しない借入方法 郵送物が発生する借入方法
アコム 「ATMで借入する」を選択
した場合
「指定口座への振込」
を選択した場合
アイフル 「ATMで借入する」を選択
した場合
「指定口座への振込」
を選択した場合
プロミス 無人契約機での
契約でも即日融資も可能で郵送物なし
カード発行希望の場合、
自動契約機もしくは店頭で受け取れない場合
SMBCモビット 三井住友銀行か
三菱UFJ銀行の口座が必要
←左記をクリアすれば
郵送物なし
おすすめのカードローン2選

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が20代
  • バイト先への電話確認は会社名ではなく担当者の個人名でくるので周囲にバレる可能性が低い
  • 初めて利用する人は最大30日間無利息

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし!カードレスでも借りられるので親バレしにくい
  • Webなら最短1時間融資も可能
  • はじめての利用なら最大30日間利息0円※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要

お金を借りる前に金利を確認!4つのカードローンを比較してみた

お金ないし、金利はなるべく低い方がいい…金利で学生は優遇してもらえないのかな?

答えはNOです。学生だからといって返済時の金利を下げてもらえるなんてことはありません。

金利は消費者金融や、借りた回数、返済期間などによって変わります。

お金を借りる際は、金利も含め、自分が返済していける額に設定する必要があります。

自分が申し込む消費者金融の金利はどのくらいなのか、ほかの消費者金融と比較して調べましょう。

カードローン別にみる金利比較

実際、カードローンによって金利はどれほど違うのでしょうか。

業者別に金利を比較してみました。

カードローン別金利比較

カードローン 金利率
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%

大手消費者金融のカードローンの場合、初めての人なら最大30日間金利0円サービスがあるところもあります。

しかし、注意しなければならないのは、実際に最低金利でお金を借りられるケースは少ないということです。

10万円借りた場合の利息例

利息の計算式は以下のようになります。

利息=利用金額×契約利率×利用日数÷365日

10万円を借り入れた場合、それぞれのカードローンで詳しく見ていきましょう。

30日後に一括返済する場合

カードローン 返済金額合計 利息
プロミス 101,463円 1,463円
アコム 101,479円 1,479円
楽天銀行スーパーローン 101,191円 1,191円
三井住友銀行カードローン 101,191円 1,191円

※それぞれ最高金利で計算

1年(12ヵ月)で返済する場合

カードローン 返済金額合計 毎月の返済額
プロミス 109,896円 9,158円
アコム 110,004円 9,167円
楽天銀行スーパーローン 約108,000円 約9,000円
三井住友銀行カードローン 108,024円 9,002円

※それぞれ最高金利で計算
※実際は借入残高に対して利息が発生するので異なる場合があります。
※楽天銀行スーパーローンは返済日によっても異なる場合があります。

返済していけるか不安…お金を借りる前に返済シミュレーションしよう

カードローンには返済シミュレーションサービスがあります。

返済していけるか不安な人は事前に利用してみましょう。

返済シミュレーションサービスのメリット

  • 事前に返済計画を立てられる
  • 毎月の返済金額や返済期間の目安がわかる

公式HPから返済シミュレーションをしてみましょう

またカードローンの返済方法は、多岐にわたっており、自由に選ぶことができます。

カードローン別返済方法

カードローン 返済方法
アコム
  • インターネット返済
  • 店舗窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振込(ネットバンキング以外)
  • 口座振替(自動引き落とし)
プロミス
  • インターネット返済
  • 店舗窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルチ端末メディア)
  • 口フリ(口座振替)

初めての学生向け!お金を借りるならおすすめ大手カードローン2選

カードローン 申込条件

カードローンには申込条件が主に2つあります。

  • 20歳以上の人
  • 安定した収入がある人(アルバイトOK)

申込条件を満たしている人におすすめのカードローンは、アコムとプロミスの2つです。

24時間借入・返済可能なアコムで自分の都合に合わせよう

  • 最短30分で審査回答で最短即日融資もOK
  • 借入・返済方法が多様
  • ネットやATMから24時間借入、返済可能
  • eメールサービスがあり、返済し忘れを防げる
  • 一時的に最小返済金額での返済も可能

アコムは借入・返済方法が多様であり、返済期日は以下の3つの方法で選ぶことができます。

アコムの返済期日

  • 35日ごとの返済
  • 初回は借入日の翌日から、2回目以降は返済した翌日から35日ごとに振り込む
  • メリット:毎月決まった日に返済できなくても5日間の猶予があるので、自分のペースで返済可能・はじめてなら無利息期間サービスが適用される
  • デメリット:返済日を忘れやすい
  • 毎月指定日
  • 希望した指定日にATMなどから振り込む
  • メリット:返済日を忘れにくい
  • デメリット:最大30日間利息0円サービスの利用不可
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 毎月6日に口座から引き落とされる
  • メリット:振込をする手間がかからない
  • デメリット:通帳の履歴に残る・最大30日間利息0円サービスの利用不可

また、返済し忘れそうになっても、返済日の3日前と当日の2回リマインドメールが送信されます。

もし万が一返済期日を過ぎてしまったとしても、返済期日経過後にも「うっかり忘れ」のメールが届くので、返済忘れを防げます。

また、契約内容によって異なりますが、返済期日が自分の都合で選べるものもあるので、バイトの給料日に合わせて返済が可能です。

さらに、ネットやATMから24時間借入、返済が可能なので、部活やバイトで忙しい学生にも向いているでしょう。

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が20代
  • バイト先への電話確認は会社名ではなく担当者の個人名でくるので周囲にバレる可能性が低い
  • 初めて利用する人は30日間無利息
  • 最短即日融資も可能

1000円単位で無駄なく借入!最短1時間融資も可能なプロミス

  • Webなら最短1時間融資も可能!
  • 1000円単位で借り入れが可能
  • 郵送物なしのカードレスでも借りられるので、親にバレにくい
  • Web完結もできるから忙しくても自宅でできる

プロミスは、簡単3ステップで、借り入れが完了します。

  1. インターネットなら24時間365日いつでも申し込み可能
  2. 最短30分審査回答
  3. 最短10秒借り入れ

プロミスはWebなら以上の3ステップで、最短1時間融資も可能です。

今週飲み会があるけどお金がない…
旅費を早く払わなければ

など、すぐにお金が必要な人は24時間いつでも申込が可能です。

また、カンタン入力で申し込みの場合、あとで確認の電話が来ますが、電話が来るのは9:00~21:00の間となります。

プロミスでの借り入れでは、1000円単位での借り入れが可能です。

万単位での借入しかできないと余裕をもって借りてしまうため、自分のお金が増えたような錯覚に陥りやすいです。
その結果、

  • 余分な買い物をしてしまう
  • 外食をしてしまう

など、ついつい使いすぎてしまう人も少なくないでしょう。

これにより、また新たに借り入れ、どんどん借金を増やしてしまうケースも少なくありません。

プロミスは、余分な借り入れをせずに1000円単位で借りられるので、自分の必要な額だけ借りることが出来ます。

しかし注意しておきたいことは、ATMの機種によっては1000円単位での取り扱いが出来ないものもあるということです。

1000円単位の取り扱いOKなATMを事前に調べておきましょう。

さらにプロミスは、郵送物なしでカードレスでも借りらます。インターネットの環境さえあれば、いつでもどこでも便利で、家にいる家族に書類を見られてバレる可能性は低いと言えるでしょう。

ただし、それにはWebで申し込み、口フリ(口座振替)による返済を選択しなければなりません。

今すぐお金が必要な人や親にバレたくない人はプロミスを検討してみましょう。

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし!カードレスでも借りられるので、親バレしにくい
  • Webなら最短1時間融資も可能
  • はじめての利用なら最大30日間利息0円※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要

学生がお金を借りるならカ-ドローンがおすすめ

  • 大手消費者金融のカードローンは、条件によっては最短即日で借りられる
  • Webなら24時間申込OKだから忙しい人でも空いた時間に申し込める
  • 親にバレる可能性が低い
  • 借入から返済までWeb完結できるので部活やアルバイトで忙しい学生でも手間にならない

関連記事

学生ローンはデメリットあり!親バレしにくい消費者金融と徹底比較

「バイクを買いたい」「旅行に行きたいけどお金が…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

派遣社員・バイトが電話確認なしで即日お金を借りる2つのコツ

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」 「

銀行からお金を借りるなら?各ローンの金利・審査などの特徴まとめ

「個人でも銀行からお金を借りることってできるのかな?」「

バレずに即日お金を借りるなら?在籍確認なしのカードローンはない?

「会社にバレたくないんだけど在籍確認ないところないかな?」「

学生ローンは親バレしない?バレずに済むサービスを各社比較してみた

「学生ローンって親にバレるのかな?」 「親にバレ…