学生が即日お金を借りる方法ってある?親にバレないカードローン2選

お金借りる学生

お金が今すぐ必要だけど、親や友達に借りられない」 「学生がお金を借りる方法ってどんなものがあるんだろう

この記事では、学生が親にバレずにお金を即日借りられる方法と審査の際に必ず気を付けるべき注意点3つをご紹介します。

《学生が今すぐにお金を借りたいなら、カードローン》

  • カードローンなら学生でもお金を借りられる
  • ただし、アルバイトによる安定した収入が必要
  • バイト先への電話連絡は個人名でくるから親や職場にバレず安心
  • 最短1時間融資可能なカードローンもあり!
学生におすすめのカードローン2選

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が29歳以下だから学生も安心♪
  • バイト先への電話確認は個人名でくるのでバレる心配なし
  • 始めて利用する人は30日間無利息だから非常にお得!

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし!カードレスだから親バレしたくない人におすすめ
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

学生が今すぐお金を借りる方法|学生は銀行でもお金借りられる?

今すぐにお金が必要な方には、カードローンがおすすめです。

「カードローンって何?大丈夫なの?」「怖い人が取り立てに来たらどうしよう。」 心配ですよね。しかし、その心配は無用です。そんなことは決してありません。

カードローンとは?
  • 全国で1,800万人以上と日本人の7人に1人が利用している
  • 銀行や大手消費者金融などが行っているサービス
  • 担保・保証人は不要
  • 利用目的が自由である
  • 借入、返済が繰り越し自由である

学生でもカードローンに申し込むことは可能です。

つまり、学生でも銀行などの金融機関からお金を借りることが出来るのです。

一部の銀行や消費者金融では、学生も申し込みが可能と記載されているところもある程です。

ただし、申し込むには一般的に以下の条件を満たすことが必要です。

  • 20歳以上であること
  • 安定収入があること

つまり、19歳以下の未成年はカードローンに申し込むことができません。

アルバイトやパートをしている学生は、定期的に一定の安定した収入を得ているとみなされるため、申し込み可能です。収入なしの無職状態だと申し込めませんのでご注意ください。

カードローンと奨学金のちがい

奨学金とは?

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度。

奨学金は、カードローンと以下のような違いがあげられます。

  • 「給付」型もあること。
  • 利用目的が学業支援と限られていること
  • 審査結果に成績が加味されること。

カードローンは利用目的を縛られることはありませんし、成績は審査対象外であるところが魅力です。

さらに、カードローンだと保証人や担保、親の同意が不要である点が大きな違いです。

カードローンと学生ローンのちがい

カードローンと学生ローン、、、どちらにもローンという名前はついているけれど、 一体何が違うのかわかりにくいと思われる方は多いと思います。

学生ローンは、学生向けのローン(消費者金融)のことです。 というのも、申込条件は満18歳以上(高校生は不可)なので未成年でも申込OK

ただし、カードローンと比較した際のデメリットは、何といっても親バレの可能性があること。未成年だけど、どうしてもお金を借りたい学生は、下記の記事を是非ご覧ください。

あわせて読みたい

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

お金を借りる方法

詳細を見る>

土日祝日も含め、24時間申し込み可能

平日、日中は学校の授業、夜はアルバイトと学生にはなかなか自由な時間がないものです。 しかし、カードローンは土日祝日も含めWEBなら24時間申し込む事が出来、最短即日でお金を借りることができます

注意しなければならないのは、銀行のカードローンは土日に限らず平日も即日借り入れることはできないということ。

この記事で紹介しているアコムとプロミスはどちらも即日融資可能なのでおすすめです。

アコム

申し込みは こちら

学生がお金借りるなら審査で注意すべき3点!無職、収入なしはOK?

学生がお金を借りる審査を申し込む時に絶対に気を付けるべき注意点をまとめました。申し込み前に必ずチェックしましょう。

学生がお金を借りる審査の注意点3つ

  1. 借入限度額は最低金額にする
  2. 単発や不定期のものより、継続して働けるアルバイトをする
  3. 同時に3社以上には申し込まない

1.借入限度額は最低金額にする

学生の場合、アルで収入も限られているので、総量規制により借入限度額も限られてしまいます。

総量規制とは?

消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1までしかお金を借りることはできないという制度。

「103万円の壁」という言葉をアルバイトを経験したことのある学生さんなら一度は耳にしたことがあるかと思います。年収が103万円以上を超えると親の扶養を抜けることとなり、家族の払うべき税金が高くなるというものです。

2018年から、扶養控除を受ける人の給与年収制限は103万円から150万円に引き上げられることになりました。

扶養内の学生なら150万円までしか稼げません。つまり、最大50万円までしか借りられないのです。

留学や車、バイクの購入などまとまった金額を借りたい学生は、総量規制を考慮して上限の申請を行わなければ、審査に通りません。

借入限度額は最低金額で設定するようにしましょう。

アルバイトをしておらず、無職の収入なし状態の学生は仕送りがあっても借入することはできません。

2.単発や不定期のものより、継続して働けるアルバイトをする

学生がするアルバイトはさまざま。決まった曜日にシフトに入るものや、登録制の派遣、日給制のものなど、生活スタイルに合ったアルバイトをしていると思います。

しかし、カードローンの審査においては、単発や不定期のアルバイトよりも、継続して働けるアルバイトをしている人のほうが信用度が高く、審査のうえで有利になります。

その理由は、申込条件の「安定収入」があることに該当するためです。

3.同時に3社以上には申し込まない

カードローンの審査では、同時に複数社(※3社以上)に申し込んでいる人は、審査に不利であると言えます。 カードローン会社にとって、多重申込者は貸し倒れのリスクが高いと判断されるからです。

また、短期間でいくつものカードローンに申し込むと、その情報が各金融機関に共有され一定期間どこの審査にも通らなくなることもあります。

借入の申し込み先は、慎重に選択しましょう。

学生がお金を借りる時・返す時はどうしたらいい?学生証って必要?

まずは、カードローンでお金を借りる時の流れを説明していきます。

お金を借りる学生4ステップ

【STEP1】パソコンやスマホ・窓口で申し込む

スマホやパソコン、店頭窓口でカードローン利用を申し込みます。 一般的な必要書類には、本人確認書類と収入証明書があります。

必要書類を用意しておくとよりスピーディーに借入が可能です。

お金借りる学生の必要書類

申込後、一般的に本人確認書類をアプリやメールで送付します。学生の場合でも、学生証の提出は必要ありません。

【一般的な必要書類】

  • 本人確認書類
  • 健康保険証/運転免許証/パスポート/住民票のいずれか
  • ※学生証は不要
  • 収入証明書
  • 源泉徴収票/確定申告書/給与明細書等のいずれか

金融機関からお金を借りる際は、基本的に収入証明書が必要です。ただし、希望限度額に応じて収入証明書が不要となるカードローンも存在します。 収入証明書は借入希望額が50万円以下の場合は必要ない場合もあります。

カードローン名 収入証明書が不要となる借入希望額
アコム 50万円以下
プロミス 50万円以下
三菱UFJ銀行 50万円以下

必要書類をチェックして準備しておきましょう。

【STEP2】審査結果を待つ

カードローン会社が審査を行います。消費者金融のキャッシングの場合、審査は最短1時間で完了します。

【STEP3】WEBまたは店舗で契約

審査に通れば、WEBや店舗、無人契約機での契約に進みます。既に口座を持っている場合は口座のカードを利用可能であることもあります。 このときお金を借りるのに必要なカードを受け取ります。

【STEP4】専用またはコンビニATMからお金を借りる

カードまたはインターネットから、カードローン会社の店舗やコンビニATMなどでお金を借ります。忙しい人にとって非常に便利です。

次に、カードローンで借りたお金を返済する方法を見ていきます。

カードローンで借りたお金を返済方法4つ

カードローンの返済方法は、多岐にわたり、自由に選ぶことができます。

店舗窓口・ATM・提携ATMだけでなく、インターネットから24時間いつでもどこからでも返済可能。 銀行が空いている時間は学校やアルバイトで忙しい人や、お昼休みはいつも並んでいる人が多くて面倒だなという人もらくらく返済できます。

一般的なカードローンの返済方法は以下の4つです。

カードローンの返済方法

  • 口座引き落とし
  • 銀行振込
  • 専用ATMやコンビニATMでの振込
  • ネットバンキングでの振込

各カードローン会社の公式サイトには、無料で返済シミュレーションができるサービスがあります。まずは、事前に自分で返済可能か確認してみるのをおすすめします。

返済シミュレーションサービス一覧

カードローン 詳細
アコム
プロミス
三菱UFJ銀行カードローン

アプリで面倒な申込や管理が簡単

「わざわざ銀行やATMへ行って返済や手続きをしたり、電話でやり取りをしたりするのってちょっとめんどくさいなあ」

そんな方々におすすめなのが、カードローンの公式アプリです。

アプリ上でわずらわしい手続きや書類の送付もできるうえ、返済状況の管理もしやすくなります

書類の保管が煩わしい方、契約時に自宅に届く郵送物が気になる方、日中は学校やアルバイトで外出しがちな方にもおすすめです。

アプリ内の便利な機能をご紹介していきます。

アコム プロミス
申込
出金 ×
返済 ×
返済シミュレーション
書類提出

学生がお金を借りる時、親や周囲に絶対バレない2つのポイント

カードローンに申し込んだ事を、親や周りの人に知られたくないという人は多いと思います。 借りる際に気を付けたい周囲にバレないポイントをご紹介していきますね。

親にバレないお金を借りるポイント2つ

  1. 本人以外に電話連絡をすることはない
  2. アルバイト先への在籍確認の電話は個人名でかかってくる

本人以外に電話連絡をすることはない

カードローンの審査では、たとえ学生であっても、本人以外に電話連絡をすることはまずありません

しかし、申し込みのときに入力する電話番号を自宅や実家の番号にしてしまうと、自宅や実家に電話がかかってくることがあるので要注意です。

とはいえ、プライバシーの観点から本人以外に承諾なく第三者へ契約内容を話すことはありません。

アルバイト先への在籍確認の電話は個人名でかかってくる

カードローンの審査時には、申込者の勤務先へ電話による在籍確認が行われます。これは学生であっても同じで、アルバイト先に在籍確認の電話がかかってきます。

しかし、担当者の個人名でかかってくるので安心です。もし本人以外の者が電話を取り次いだとしても、カードローンの在籍確認と分かることはありません。

実際にアコムの公式サイトにも、自宅や勤務先への申し込み確認連絡を行う場合はプライバシーに配慮し必ず担当者の個人名で連絡するとの旨が記載されています。

【連絡例】○○(担当者の個人名)と申しますが、●●さん(申込者名)いらっしゃいますか?

学生がお金を借りるならおすすめ!カードローン2選

次に、今すぐお金が必要な方におすすめのカードローンをご紹介していきます。

学生におすすめのカードローン2選

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 顧客の55.2%が29歳以下だから学生も安心♪
  • バイト先への電話確認は個人名でくるのでバレる心配なし
  • 始めて利用する人は30日間無利息だから非常にお得!

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし!カードレスだから親バレしたくない人におすすめ
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

この記事のまとめ

  • カードローンなら学生でもお金を借りられる
  • ただし、アルバイトによる安定した収入が必要
  • バイト先への電話連絡は個人名でくるから親や職場にバレず安心
  • 最短1時間融資可能なカードローンもあり!
プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

「バイクを買いたい」「旅行に行きたいけどお金が…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

派遣社員・バイトがお金を借りる|電話確認無しで即日借りる2つのコツ

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」 「

Private: 審査通らないのはブラックだからではない?3つの解決策で…

「どうしてもお金借りる審査に通らない…」「審査通ら…

銀行からお金を借りる方法4つ|金利が高いカードローンにすべき理由

「お金を借りるならやっぱり銀行かな…」「銀…