お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

お金を借りる審査

急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。

借入審査基準の甘い金融業者ってどこだろう。

審査が甘いカードローンに申し込むのは極めて危険です。 その理由とそもそも審査に通りづらい人の特徴や、審査に通るためにやるべき対策をまとめました。

審査に通るためにやるべき2つの対策

  1. なぜ審査に通らないかを調べるために信用情報を取り寄せる
  2. 審査情報が共有されていない借入先を選んで申し込む

審査に通らなかった情報が銀行と消費者金融とで共有されていない可能性もあるため審査に通る可能性は十分にあります。

銀行に申し込んだなら消費者金融に、消費者金融に申し込んだなら銀行に、というようにまだ試していない方にトライしてみましょう。

おすすめのカードローン

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 銀行のカードローンに落ちた人はコチラ
  • 24時間申込可能で最短30分で審査結果がわかる
  • 審査が不安な方は事前に融資可能か1秒診断してみると◎
  • 初回利用なら30日間無利息!

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる
  • 多忙な方、すぐ利用したい方はWEB完結申込がおすすめ
  • WEB完結申込なら来店・郵送不要で楽チン♪
  • みずほ銀行ATM時間外手数料も無料

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員の方はここで決まり!
  • 今使っている口座に振込可能
  • 必要書類が少ないから、手続きカンタン
  • コンビニ手数料無料

1.お金を借りる時の審査が甘い、審査無しのローンに手を出してはいけない理由

結論からお伝えします。残念ながら審査無しでお金を貸してくれる所はありません

厳密には、存在はしますが決しておすすめできません

  • 「審査なし」
  • 「ブラックでも安心」
  • 「無職でも大丈夫」

こういった広告を見ることもよくありますが、審査なしでお金を貸す、という行為はそもそも何を意味しているのでしょう。

お金を貸す側の視点に立ってみるとわかりやすいです。「貸したお金を返してくれるかどうか」が何よりも大切ですよね。

これはどこの金融機関でも全く同じで、貸す側が審査で知りたいのはあなたの「返済能力」なんです。

きちんと貸したお金を返せるかどうかを知るために

  1. 安定収入の有無
  2. 勤務先や勤続年数
  3. 年齢、家族構成などの個人情報
  4. 他社でのカードローンの借入状況

などの項目を審査では複合的にチェックされています。

審査をする、ということは、あなたのことをしっかり見てくれているんですね

では逆に審査をせずに無条件にお金を貸せるとしたらそれは何故でしょうか。あなたがどんな人でも、利息を踏まえて回収する方法があるからです。

「審査無しで良いですよ。貸しましょう。ウチは複利だけど大丈夫。というより他に貸してくれる人いないでしょ?」

審査無しの業者に借りた場合、法の抜け道をうまく使ったような、暴利を返済する日々が始まっていくことが多い。

払っても払っても借金は減りません。返済が遅れたら親、奥さん、子供、親戚、友人、職場…あらゆる所に迷惑をかけます。

「やめておけばよかった」そうなってほしくありません。

お金を借りるなら審査を受けましょう。

審査無し、審査に通りやすい、そんな甘い言葉につられるのではなく

審査に通るためには何に気をつけたらよいか」審査に落ちやすい人の特徴と解決策をまとめたので一緒に見ていきましょう。

2.お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴

カードローンを申し込む際に審査がありますが落ちるか落ちないかの審査基準、これは各銀行、消費者金融毎に違います。

A社には通ったがB社には落ちた。ということが起こるのはそのためです。

審査基準は各社毎に異なるものの審査する側は何を見ているんでしょうか。

その観点も踏まえて申込んでから実際に落ちやすい人の特徴をまとめました。

  1. 希望する利用限度額を高めに設定する(年収の3分の1以上)
  2. 支払いの延滞・滞納などの金融事故を起こしている(信用情報に問題あり)
  3. 他社からの借り入れ総額が100万円を超えている
  4. 2社以上のローンに同時申込みしている
  5. 申込時の入力情報の誤り

1.希望する利用限度額を高めに設定する(年収の3分の1以上)

総量規制(※1)により消費者金融からは年収の3分の1以上の借入を行うことができません。

仮に年収360万円だった場合、120万円以上借入を行うことはできません。

この時、10万円の希望融資であれば審査に通りそうですが100万円だと厳しいかもしれません。200万円になればこれは通りません。

審査に通ることを優先する場合、限度額は必要最低限に留めておくのが賢明でしょう。

※1:総量規制…貸金業法によって決められている借入制限の仕組み。貸金業者は必ず総量規制を守ることを義務付けられています。

2.支払いの延滞・滞納などの金融事故を起こしている(信用情報に問題あり)

キャッシングやカードローンの審査では必ず信用情報を確認されます。

信用情報にはあなたの

  • 個人情報(氏名、生年月日、住所、勤務先、配偶者)
  • クレジットカードやキャッシング、携帯電話、奨学金などローンと呼ばれるものの契約内容(いつ契約したか、支払い方法、限度額、終了予定日)
  • 支払い状況(請求日、入金日、残債、返済状況、延滞情報など)

といったものが記されています。

自分のものを開示することができますが、実物を見てみると…かなり丸裸です。

そしてこの信用情報というものを「お金を貸す貸さない」の判断材料にしているわけです。

ではここで問題がある、とは具体的にどんなことを指すのでしょう。

例えば

  • クレジットカードで買い物して延滞したことがある
  • 延滞が何ヶ月も続いたことがある
  • 買い物の料金を支払わず督促の電話なども無視している

などといったお金の貸し借りに関する金融事故(俗にいうブラックリストです)を起こしたことがあるか。

お金を貸す側はこの情報を知るために信用情報機関に確認します。

現在日本に信用情報機関(※2)は3つ。

※2:信用情報機関…個人や消費者の信用情報を管理している第三者機関のこと。

どのクレジットカード会社も消費者金融会社も、いずれかの信用情報機関の会員会社です。

信用情報機関名 会員会社
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融と信販会社
CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関) クレジットカード会社と信販会社
JBA(一般社団法人全国銀行協会) 銀行と銀行系カード会社

個人の信用情報はこれらの信用情報機関を通じて業界内の各社で共有されているため、隠そうと思って隠せるものではありません。

もしこの信用情報に問題があれば高い確率で審査には落ちます

自分の信用情報は有料(どの機関も一律1,000円)で確認することができますので、もし審査に落ちたのであれば確認してみることをおすすめします。

もし金融事故があった場合、それが解消されてから5年~10年は保管されているため、金融事故があると以降5年はローンが組めなくなることがほとんどです。

また

  • 安定収入の有無
  • 勤務先、勤続年数
  • 年齢、結婚しているか、持ち家や住宅ローンといった家庭事情

など生活費の目安になりそうなものも審査対象としてしっかり見られています。

無職や専業主婦、年金受給者の場合審査に通るのが難しくなります。

転職したてで年収が前職と比べて低くなった場合なども当てはまります。

3.他社からの借り入れ総額が100万円を超えている

総量規制、信用情報に紐づいた話にはなりますが、他社からの借り入れ総額も判断材料のひとつです。

年収の3分の1以上は貸付ができない以上、すでに他社で貸付があればその分限度額は落ちます。

3社以上借入が既にある場合から審査に通りづらくなります。

ここは各社毎で審査基準が違う箇所になります。

4.2社以上のローンに同時申込みしている

同じ時期にあれもこれもと何枚も申し込みをすると審査に落ちる可能性が高いです。理由は3.と同じです。

信用情報にはキャッシングやカードローンへの「申込み」情報も残るため、

もし申込み履歴だけが残っていて契約履歴がない場合は必然的に「他社から何かしらの理由で落とされたんだな」と判断されます。

そうなると審査には通りづらいです。

もし既に申し込んでいて、審査に通らなかったのであれば他社でも通らない可能性が高いです。

5.申込時の入力情報の誤り

入力情報に誤りがあるとそれだけで落ちる可能性は意外と高いです。お金の貸し借りは約束事で回っています。

「いくら借ります」

「いつまでに返します」

「その時に利息を○%乗せて返済します」

「守れなかった場合は更に○%延滞料を支払います」

など、約束が前提です。

単純な入力ミスであっても、貸し手側からするとそのミスが故意なのか純粋なミスなのか、判断ができません

そうなると「審査に通さないのが賢明」という判断を下されても仕方がありません。

3.借入審査に通るためにあなたがやるべき2つのこと

1.落ちる理由がないか簡単に整理してみる

上記のように審査では様々な観点から個人の返済能力をチェックしています。

もし一度審査に落ちたことがあるのなら対策を立てた上で再度審査に臨みましょう。

まずは思い当たるものがないかどうか、正直に記憶をたどってみましょう。

そして思い当たるものの有無を問わず信用情報を取り寄せてみて、実際の審査でどんな情報が見られているかをチェックすることから始めましょう。

取り寄せと言っても信用情報はスマホからすぐに閲覧可能です。(JBAは郵送のみにはなります)

諦めるのはまだ早いです。

2.借入先選びのポイントを明確にする

借入先が銀行か、消費者金融かで信用情報機関が異なるため審査基準が違う可能性があります。

また、審査に通らなかった情報が銀行と消費者金融とで共有されていない可能性もあるため審査に通る可能性は十分にあります。

まだ試していない方にトライしてみるのが良いかと思います。

銀行カードローンなら下記のみずほ銀行カードローンか楽天銀行スーパーローンを、消費者金融カードローンならアイフルを試してみましょう。

おすすめのカードローン

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 銀行のカードローンに落ちた人はコチラ
  • 24時間申込可能で最短30分で審査結果がわかる
  • 審査が不安な方は事前に融資可能か1秒診断してみると◎
  • 初回利用なら30日間無利息!

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる
  • 多忙な方、すぐ利用したい方はWEB完結申込がおすすめ
  • WEB完結申込なら来店・郵送不要で楽チン♪
  • みずほ銀行ATM時間外手数料も無料

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 楽天会員の方はここで決まり!
  • 今使っている口座に振込可能
  • 必要書類が少ないから、手続きカンタン
  • コンビニ手数料無料

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

みずほ銀行

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

今日中に5万円借りたいなら絶対NG!カードローン審査3つのタブー

「支払いの期日が迫ってるけど、急に出費の予定が...」 「

みずほ銀行カードローンの審査時間が待てない人が試すべき1つの方法

「みずほ銀行の審査時間ってどのくらいかかるの…?」「

「金利が安い=お得」ではないってホント!?賢くお金を借りる方法

「とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」 消費者金融と…

1万・2万・3万円借りたい!最短で借りる方法2選と知るべきリスク

「断れない飲み会が突然…手持ちが…。1万円借りたい…」 「

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

街金なら審査通る?借金に悩む人へ街金をおすすめしない5つの理由

「お金借りたいけど、キャッシングの審査には通らないだろうな...。」