お金を借りる審査基準は「属性スコアリング」と過去の「信用情報」を見てる!

キャッシングやカードローンの審査基準は「属性」「信用情報」

最近では消費者金融のキャッシングだけでなく、銀行のカードローンでも「スピード審査」が導入されたため、利用者は多くの選択肢の中から現状のご自身の状況から最適な借り先を選べるようになってきました。

ですが、いくら簡単でスピーディーな融資が可能になったとはいえ、審査に通るかどうかが心配ですよね。

キャッシングやカードローンに申し込んではみたものの、審査に通らずに利用できなかったということも実は少なくありません。

審査が通らなかった理由に見当がつく場合は納得できるかもしれませんが、中には理由が全く分からない、なんてこともあります。

著者も某カードローンに審査の基準などについて突っ込んで電話取材してみたことはありますが、審査の詳細については教えてもらえませんでした。

審査基準については各社とも非公開のため、なぜ通らなかったのかは問い合わせたところで最後まで分からずじまいとなってしまうことになるでしょう。

では実際のところ、キャッシング審査とは何をどう審査されているのでしょうか?

金融会社によって若干の違いはあるものの、基本的に審査時に調べられるポイントはほぼ同じなのです。

審査で調べられていることとは?

どの会社でも審査時に必ず調べられることは、「属性」のスコアリングと「信用情報」の2点です。

「属性」とは申し込み者の情報で、名前性別年齢住所電話番号勤務先など基本的な個人情報の他に、収入勤続年数居住環境現在の借り入れ総額といった詳細な情報の開示が求められます。

各社では、独自にこの「属性」にポイントを付けて評価しています。
その人がスコアーとなってスコアリングされます。

勤務先を例に挙げると、ポイントの低い順から、

パート・アルバイト→自営業・個人事業主→中小企業→大企業→公務員

となっています。

このような「属性」の評価を基準に申し込み者の合計ポイントが計算され、それが審査通過基準数に満たない場合は、不合格となります。

この評価方法を『属性スコアリングシステム』と呼ぶのですが、これがコンピュータによって迅速に評価計算できるようになったため、現在の「スピード審査」が可能になったのです。

もう一方の「信用情報」についてですが、これは申し込み者が利用したクレジットや借り入れなどの利用履歴情報によるものです。

この情報は3社の信用情報機関が管理していて、各社でデータを共有しています。

つまり、これまでの返済状況や借入残高、債務整理の有無など、申し込み者の取引履歴を詳細に把握できるというわけです。

過去の履歴や虚偽はすぐに発覚します

債務整理においては審査通過条件として最もNGとなる事項であり、再三に渡る返済の遅延や滞納も、審査通過の妨げになるでしょう。

こうして個人情報の隅々まで確認されるため、申し込み時に虚偽があればすぐに発覚します。

虚偽記載は信用を著しく低くさせるだけなので、絶対にしないようにしましょう。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

自営業・個人事業主がカードローンでお金を借りる時の2つの注意点

自営業を営む方が借入審査に通りづらいのは本当でしょうか。気になるポイントや注意点をお伝えします。…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

派遣がお金を借りるときのテクニックとおすすめのカードローン4選

「派遣社員でも金融機関からお金を借りられるのかな?」 「

キャッシングのための必要な書類は2つだけ!書類提出時の3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……