キャッシングのための必要な書類は2つだけ!書類提出時の3つの注意点

キャッシングに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明証」の2つ

キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

その答えは「YES」です。 消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申し込むとき、「本人確認書類」と「収入証明証」の2つの書類が必要になります。

これらは、具体的にどのような書類を指すのでしょうか。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つだけ!

「お金を借りたい」と思ったら、今は消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申し込めば、すぐお金を借りることができます。

ただし、何も提出することなく借りられるわけではありません。

キャッシングやカードローンに申し込むとき、提出すべき必要書類というものがあるのです。しかし、それは権利証などといったものではありません。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つだけです。それでは、これらは一体どのようなものを指すのでしょうか。

本人確認書類は申込時に提出しなければならない 本人確認書類とは、顔写真と現住所が記載されている書類のことです。代表的なものとして、運転免許証が挙げられます。

一般に本人確認書類として使えるものは、以下になります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

希望する借入額が50万円以上なら、収入証明書の提出は必須

基本的に、キャッシングやカードローンの申し込みは、本人確認書類の提出だけで可能です。

ただし、「希望する借入額(希望限度額)が50万円以上」や「希望する借入額と他社との借入総額が100万円以上」という場合には、収入証明書の提出も必要になります。

  • 希望する借入額(希望限度額)が50万円以上
  • 希望する借入額と他社との借入総額が100万円以上

なお、申込者の借入状況によっては、これらに該当しなくても提出が必要になります。

また、会社勤めの給与所得者と個人事業主では、提出する収入証明書が異なります。

提出する書類は「直近1ヶ月」など最新のものという場合が多いです。ただし、最大では6ヶ月分までの提出を求められるケースもあります。

給与所得者の収入証明書になる3つの書類

給与所得者が消費者金融や銀行に提出する収入証明書としては、以下の3つが挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書/納税通知書
  • 所得(課税)証明書

上記のうちのいずれか1つについて、最新のものを用意しましょう。

これらを用意することが難しい場合、給与明細書でも提出できる消費者金融もあるものの、「本人の氏名」「発行年月(支給年月)」「勤務先名(発行元)」「支払い総額(月収)」が明記されていることが必要です。

ただし、ケースによっては賞与明細書が必要になる場合もあり、しかも銀行では給与明細書の提出は認められないところが多いと言えます。

個人事業主の収入証明書になる4つの書類

個人事業主が消費者金融や銀行に提出する収入証明書としては、以下の4つが挙げられます。

  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告書(収受日付印のあるもの)
  • 青色申告決算書(前年度のもの)
  • 白色申告の収支内訳書

上記のうち、いずれか1つを用意しましょう。

給与所得者と違い、「確定申告書」や「青色申告決算書」などの書類の提出を求められます。

用意するのが難しい場合、給与明細書でも提出できる消費者金融もあるものの(※銀行では認められないところが多い)、給与所得者と同じく「本人の氏名」「発行年月(支給年月)」「勤務先名(発行元)」「支払い総額(月収)」が明記されていることが必要です。

キャッシング会社や銀行への必要書類の提出方法

必要書類は、キャッシングやカードローンの申し込み方法によって提出の仕方が変わります。

Web上(パソコンやスマートフォン)で申し込む場合には、カメラやスキャンを使い、画像データにしてメールで送信する、またはフォームにアップロードすることになります。

店頭窓口や自動契約機で申し込む場合には、必要書類を持参することになります。

郵送で申し込みをするときは、必要書類のコピーを郵便で送ることになります。

提出方法 詳細
Web(パソコンやスマートフォン) 画像データにしてメールで送信するかアップロードする
店頭窓口や自動契約機 必要書類を持参する
郵送 必要書類のコピーを郵送する

キャッシングやカードローンで提出する必要書類のまとめ

ここでは、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン別に、申し込みで提出する必要書類(本人確認書類・収入証明書)をまとめています。申し込むときの参考にしてください。

カードローン 本人確認書類 詳細
アコム
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

詳細

アイフル
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類(住所・氏名・生年月日・顔写真あり)
  • 住民基本台帳
  • マイナンバーカード
  • 在留カード(外国籍の人)
  • 特別永住者証明書(外国籍の人)

詳細

プロミス
    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • 在留カード(外国籍の人)
    • 特別永住者証明書(外国籍の人)
    ※運転免許証がない場合、「住民票」などが別途必要

詳細

楽天銀行スーパーローン
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳の写
  • マイナンバーカード

詳細

なお、顔写真がない書類を提出する場合、別途書類を求められることがあります。

  
カードローン 本人確認書類 詳細
アコム
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(直近分)
  • 所得証明書(直近分)

詳細

アイフル
  • 源泉徴収票(直近分)
  • 住民税決定通知書(直近分)
  • 確定申告書(直近分)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分
  • 所得証明書(直近分)

詳細

プロミス
  • 源泉徴収票(直近分)
  • 確定申告書(直近分)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

詳細

楽天銀行スーパーローン
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 確定申告書

詳細

キャッシングやカードローンで必要な書類の3つの注意点

キャッシングやカードローンの申込時に、気をつけるべき注意点があります。

それは以下の3つです。

  • 本人確認書類に顔写真がない場合、別の書類が必要
  • 外国籍の人は在留カードなどが必要
  • 主婦が申し込む場合でも、必要な書類は同じ

1.本人確認書類に顔写真がない場合、住所が違う場合、別の書類が必要

一般にキャッシングやカードローンの申し込みでは、顔写真つきの本人確認書類を提出します。

また、書類に記載されている住所と、現在住んでいる住所が同じであることが必要です。

しかし、顔写真つきの本人確認書類を持っていないが、キャッシングやカードローンに申し込みたい。

また、引っ越しなどの事情により、本人確認書類に記載された住所と現住所が違う。そのような人もいるはず。

そういう人でも、以下の書類のうちいずれかを提出すれば、申し込みが可能です。

  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 電気やガス、水道、固定電話(※携帯電話を除く)などの公共料金の領収書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書

2.外国籍の人は在留カードなどが必要

外国籍の人が申し込むとき、「本人確認書類」に加えて以下の書類が必要な場合もあります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

消費者金融や銀行によって用意すべき必要書類はさまざまなので、詳細は各ホームページで確認しましょう。

3.主婦が申し込む場合でも、提出する必要書類は同じ

パートをしているなど、安定した収入があれば、主婦でもキャッシングやカードローンに申し込めます。

しかし、必要書類は会社員の場合と同様、「本人確認書類」「収入証明書」の提出を求められます。

この記事のまとめ

キャッシングやカードローンに申し込む際に必要な書類は何か、理解できましたか?

必要書類をしっかり準備してから、申し込むようにしましょう。

また、金利や無利息期間、あるいは以下に記載しているようななどおすすめポイントもチェックしたうえで、自分に合ったキャッシングやカードローンを選びましょう。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アコム

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

お金借りる時に「金利が安い=お得」ではない!損せず借りる方法2つ

「とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」 金利を安く借…

年金受給者がお金を借りる方法2パターン~65歳以上OKの融資も!

「年金をもらって生活しているけど、お金を借りることってできるの...?…

銀行からお金を借りる4つの方法と絶対に見落とせない審査条件4つ

「銀行からお金を借りたいけど、どうやって借りたらいいのかな…」 …

クレジットカードでお金を借りるには|損せず借りる方法2つ

「クレジットカードでお金って借りられるの…?」 「申し込み方法ってどうやるの…?金利って高…

質屋でお金を借りると損!消費者金融や銀行を選ぶのが賢い選択

「今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?」 …