自営業・個人事業主がカードローンでお金を借りる時の2つの注意点

自営業

自営業を営む方が借入審査に通りづらいのは本当でしょうか。気になるポイントや注意点をお伝えします。

自営業・個人事業主のカードローンなど借り入れするときの注意点

自営業や個人事業主借り入れる際に「審査が厳しくなる」という話をよく耳にしますが、これは本当の話です。

キャッシング・カードローンともに、審査判断の材料とされるのは「申告内容」「信用情報」の2つ。

「申告内容」については、名前や性別、住所、電話番号などの基本的な情報の他に、勤務先や勤続年数、収入、居住環境、借入額などの詳細な内容が含まれていて、これらの各情報を金融業界では「属性」と呼びます。

キャッシングやカードローンは、基本的に本人確認書のみで申し込むことのできる「簡単申し込み」が特徴なのですが、それでも審査に通るためには最低限の必要条件が設けられています。

その条件をクリアしているかどうかを審査するのにこの「属性」を利用するのですが、自営業や個人事業主の「属性」に関する評価ポイントは、残念ながら決していいとはいえないのです。

職業の「属性」はランク付けされている

「属性」には、ランク付けするためのポイントが各社で決められているのですが、パソコンでチェックすれば簡単にスコアリングされ、各社が“利用可能”と判断する数値が比較できるようになっています。

このシステムは「属性スコアリング」と呼ばれ、これが用いられるようになったことで、最近流行りの『最短30分のスピード審査』などが可能になったのです。

職業における「属性」のスコアリングは、一般的に以下のような順序です。

公務員→大企業→中小企業→自営業・個人事業主→パート・アルバイト

これからもお分かりになる通り、自営業や個人事業主はパート・アルバイトよりは良いですが、全体的に見てあまり高くはないですよね。

これが、「自営業や個人事業主は審査に通りにくい」といわれる所です。

実際に銀行のカードローンでは、年収が700万円の自営業者が、信用情報にも問題がなかったにもかかわらず、数社の審査に落ちてしまったということがあります。

消費者金融のキャッシングよりも審査が厳しいとされる銀行のカードローンでは、自営業や個人事業主は大きなマイナスポイントとなることが多いようなのです。

銀行よりも消費者金融の方が借りやすい

けれど、数社の銀行から断られた場合でも、消費者金融のキャッシングでは問題もなくすんなりと通った、ということもあります。

利用は少し下げられることもありますが、それに関しては自営業や個人事業主以外でも上限額が利用できるとは限らないので、あまり問題ではありませんよね。

また、収入証明書などの提出も求められず、「即日融資」が受けやすいことからも、審査に不安な自営業や個人事業主の方が借り入れを申し込むなら、消費者金融のキャッシングの方がおすすめでしょう。

もちろん審査に自信のある方は銀行に申し込むことが良いかと思いますが、たくさんの場所に審査に落ちることは信用上問題もありますので、一社銀行を試してダメな場合は消費者金融系のチャレンジがよいでしょう。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

関連記事

審査甘い借入先で即日お金借りる方法|元サラ金の人に審査の裏側直撃

「審査甘い借り入れ先ってどこ?」「消費者金融や…

派遣社員・バイトがお金を借りる|電話確認無しで即日借りる2つのコツ

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」 「

【要確認】キャッシングの必要書類は2つだけ!審査申込3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

学生が即日お金を借りる方法ってある?親にバレないカードローン2選

「お金が今すぐ必要だけど、親や友達に借りられない」 「

女性専用キャッシングって一般借入より金利低い?メリットと特徴4つ

「レディースローンって一般のキャッシングと何が違うの…?」