カードローン審査落ちを防ぐ!総量規制の法律、審査をする前に

申し込み時に気をつけなければならない総量規制とは?

キャッシングやカードローンは申し込み条件が低く、すぐに借り入れができるというイメージでいる方も多いでしょう。

大概、普通の収入がある方は問題なく審査通過するのですが、一つだけ知っておいてほしい法律があります。

キャッシングは業種で言うと貸金業という括りに分類されるのですが、この貸金業は「総量規制」という貸金業法によって、貸し付けできる金額にリミットが設けられているのです。

キャッシング申し込みが初めてでなく、既に他社で借り入れしているとか、クレジットカードやローンなどの支払いが残っているという場合には、その金額によっては審査をクリアすることは難しくなってくる場合もありますよ。

総量規制の基礎と審査NGのポイント

総量規制はキャッシング会社などの貸金業者が、個人の年収の3分の1を超える貸し付けを禁じた法律です。

なので他社借り入れ総額やクレジットカードやローンなどの債務の残金が合わせて年収の3分の1になりそうな人は、キャッシングの審査に通ることはありません。

これは法律に定められたことで、破ってしまうと業務停止等の処罰が下されることとなるので、キャッシング会社も慎重に調査します。

例を挙げて説明すると、

年収600万円の場合、キャッシングからの借り入れ可能額 200万円まで(1/3)となります。

年収600万円で借金なしの場合

  • A:借入予定額 190万円
  • B:借入予定額 100万円
  • C:借入予定額 20万円

一見200万円まで借りれるんだからあまり気にしなくてもいいじゃない?と思われる方もいるかもしれませんがすこし注意が必要です。

Aの場合、総量規制の枠から10万円の余力がありますから、利用上限額を10万円として審査OKと考える方が多いとは思いますが、

現実的には初回からいきなりの多額の借金の審査には枠がそこまで多く出ない可能性があります。

審査落ちとまではいかないとは思いますがいきなり大口のローンはそれなりの交渉や信用力が必要でしょう。

公務員など信用レベルが高い職業など返済能力の裏付けがほしい部分です。

またBの場合は基本的には審査に関しては問題ないパターンが多いと思います。

ローンの種類によっては収入証明書の提出を求められるようになりますので、手元にすぐに出せる収入証明を用意しましょう。

Cの場合は安心して申し込めるでしょう。

もし現在借金が他社にある場合

ご自身の借り入れ状況は、審査時に信用調査会社から取り寄せられる信用情報ですべて明らかになります。

申し込み時の質問事項で他社の借金の虚偽の申告をしたとしても意味はなく、デメリットしかありません。

もし嘘をついて申告しても、すぐ虚偽とバレてしまい条件が悪くなるだけなので絶対に行ってはならないNG行為です。

現在の借り入れ額が総量規制に引っかかるようなら、まずは借り入れ残高を減らしてから申し込むか、総量規制外の銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

ブラックリスト入りでも審査なしで作れるカードはデビットカード

【デビットカード】審査不要で作れるカードの概要 過去に自己破産などの債務整理をしたことがある人、すでに複数の金融機関から借金をしている人などは、カードを作りたくても審査の段階で不可と判断されてしまうこ ...

お金を借りられるかどうかの審査基準は「属性スコアリング」と「信…

目次キャッシングやカードローンの審査基準は「属性」「信用情報」審査で調べられていることとは?過去の履歴や虚偽はすぐに発覚します キャッシングやカードローンの審査基準は「属性」「信用情報」 最近では消費 ...

主婦がお金借りるには?夫や家族にバレにくい方法と審査の3つのコツ

「夫には相談できないし、子供の貯金は崩せないからお金借りたい...」「

どうにかして借りたい…無職でもお金を借りる方法7選

「失業して無職に…どうにかしてお金を借りられないかな」 無職に…

審査甘い借入先でお金を借りたい…意外な2つの事実と審査通過のコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…