年金受給者がお金を借りる方法2パターン~65歳以上OKの融資も!

年金をもらって生活しているけど、お金を借りることってできるの...?

年金受給者でも、他に収入があればカードローンを利用してお金を借りることができます。

  • カードローンの申し込み条件の年齢条件を見ること
  • 65歳までしか申し込めないカードローンもあるので注意
  • 年金以外の安定収入は必須です

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 69歳まで申込可能
  • ネットが苦手でも大丈夫!少ない入力項目で電話確認も可能!
  • 簡単入力で借入できるかシミュレーション可能

申込

詳細

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 69歳まで申込可能
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • 融資可能か事前に試せる「1秒診断」が可能

申込

詳細

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 69歳まで申込可能
  • 利用者数は業界No.1の1,000万人超
  • 借入可能か3秒で診断できる

申込

詳細

年金受給者がお金を借りる方法2パターン

年金受給者の方がお金を借りる方法は、大きく2つあります。

  1. 年金以外の収入がある場合カードローンを利用する方法。ただし年齢制限アリ
  2. 年金しか収入がない場合:年金担保型の融資制度を利用する方法

「年金担保型」とは、どのようなものを指すのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

年金を担保にした借り入れについて

キャッシングやカードローンを申し込む際、年金受給者だと断られるケースがあります。これは年金を担保とする借り入れが、法律で禁じられているからです。

では、年金しか収入源のない高齢者は、お金を借りることはできないのでしょうか?

実は、そのような年金受給者が利用できる融資制度があります。独立行政法人福祉医療機構がおこなっている「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」と呼ばれる融資制度です。

年金担保貸付事業と労災年金担保貸付事業の2つを総称して「年金担保融資制度」と呼びます。これは、厚生年金保険や労働災害補償保といった年金を担保にして融資を受けられる、法律で唯一認められた方法なのです。

ただしこの融資を受けるためには、保険や医療、介護、福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需品の物品購入など、「通常生活を営んでいくうえで、年金だけではまかなえない状況」に陥っていることが条件です。

つまり、年金受給者であれば誰でも申し込めるのではなく、申し込むためにはいろいろな条件をクリアする必要があるのです。

『年金担保融資制度』の利用条件

年金担保融資制度に申し込めるのは、次の年金を受給している方です。

  1. 厚生年金保険
  2. 船員保険
  3. 国民年金(老人福祉年金をのぞく)
  4. 労働者災害補償保険の年金

「年金を受給する権利」を担保としているので、年金受給を停止している場合は申し込むことができません。

また、次のような方も申し込めないため注意しましょう。

  1. 生活保護を受けている方
  2. 利用目的が正当ではない方
  3. 年金担保による借り入れ残金がある方
  4. 現状届が未提出の方 など

また、申し込みには連帯保証人が必須です。

連帯保証人は、信用保証期間である「公益財団法人年金融資福祉サービス協会」に保証料を支払い、信用保証を利用すれば必要ありません。

基本的には無保証での申し込みは不可能と考えたほうがよいでしょう。

『年金担保融資制度』の融資条件

では、年金担保融資制度の融資条件はどのようなものなのでしょうか?

融資金額は、次の3つの条件を満たす範囲内です。

  1. 10万円~200万円の範囲内
  2. 年間の年金総額の0.8倍以内
  3. 1回の返済額の15倍以内

これらの条件を考慮すれば、最高200万円の融資が可能ですが、年金額と返済額が少ない場合は高額の融資は受けられないしくみとなっています。

収益を求める金融機関のサービスとは異なり、無理のない返済を基本とした融資額が設定されているのです。

『年金担保融資制度』の金利

お金を借りるからには、金利というものが存在します。

年金担保融資制度の金利は、受給している年金の種類によって異なります。

《年金担保融資制度の金利》

  1. 年金担保融資:1.4%
  2. 労災年金担保融資:2.1%

※平成29年9月1日現在。最新の情報は公式サイトでご覧ください。

金利は変動する可能性もありますが、金融機関からの借り入れと比べれば、格段に低金利ですよね。

昨今、年金受給者も利用できるキャッシングやカードローンも登場し始めていますが、金利の面だけを見ると年金担保融資制度は好条件だと言えます。

どうしても借り入れが必要な年金受給者は、無理にキャッシングやカードローンを利用するのではなく、まずは年金担保融資制度を検討してみましょう。

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

有価証券・株を担保にお金を借りる方法と注意すべき担保割れについて

投資を生業とする人の中には「有価証券」などの資産を持ってはいるけれど、時期的に今手放すことができ…

「金利が安い=お得」ではないってホント!?賢くお金を借りる方法

「とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」 消費者金融と…

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

<フリーターのお金借りる体験記>フリーターで車をぶつけて突然の…

とあるフリーターの方の体験談と、フリーターが借入可能かどうか、についてまとめました。

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

「バイクを買いたい」「旅行に行きたいけどお金が…