無審査でお金が借りられる!定期預金担保の自動貸付

定期預金を担保にした借り入れ方法について

「急にまとまったお金が必要になったけれど、定期預金を解約するのはもったいないし…」と困ったことはありませんか?

おそらく家計を預かる主婦の方なら、こういった思いを何度となく経験しているのではないでしょうか。

定期預金は、決められた期間に定額預金を続けることで、普通預金よりも高いが得られるという大きなメリットがあります。

けれど途中解約するとそのメリットも失われるので、解約にはかなり躊躇してしまいますよね。

中にはお金が必要となったために泣く泣く解約した、という方もおられるでしょう。

しかし、定期預金にはそれを担保として融資を受けることができる「定期預金担保貸付」というものがあるのです。

この方法なら定期預金を解約することなく、簡単に借り入れを行うことが可能ですよ。

一般的に利用する銀行口座を「総合口座」と呼ぶのですが、この総合口座には“貸越”という機能が自動的に付いています。

この貸越とは、預金残高を超える引き出しを行った場合、「同じ銀行で契約している定期預金」の預入範囲内で、自動的に貸し出しを行ってくれる機能です。

定期預金さえしていれば、面倒な融資手続きを行うこともなく、簡単に借り入れができるというわけなのです。

メリットは申し込みなしで融資が受けられること

「定期預金担保貸付」のメリットは、上記の通り面倒な融資申し込みをすることなく借り入れができる点でしょう。

融資の申し込みには手間だけでなく、時間も必要となってくるので、急にお金が必要となった場合に「定期預金担保貸付」のシステムは大変助かります。

これは「融資」を利点に挙げるキャッシングやカードローンよりも、さらに迅速な対応が可能だといえるでしょう。

また<定期預金+0.5%>が基本のであることも有り難いですね。 このは、どの銀行でも一律に定められていますよ。

低で知られる銀行カードローンのが<15.0%前後>であることからも、「定期預金担保貸付」の方がメリットとしては高いというわけです。

デメリットは自覚のない貸し付け

けれどこの「定期預金担保貸付」で一番注意しなければならないのは、「自動貸し付け」が行われることです。

これは、自覚のない貸し付けが発生してしまう原因となってしまいます。

例えば、総合口座からは公共料金などの引き落としが行われることが多いですが、残高不足の場合には自動で足りない分の貸し付けがなされます。

こんな風に、「ついうっかり」によって「定期預金担保貸付」が行われてしまうこともあるというわけですね。

毎月の引き落とし額と残高に注意しながら、こまめに通帳記入するなどして、無用な借り入れが発生しないように気をつけてくださいね。

また、返済期日は定期預金の満期日までとなっています。

その時点で返済が完了していない場合には、その差額が定期預金の満期額から相殺されることとなるので、定期預金のメリットを減らさないためにも、できるだけ早期返済を心がけて、余分な利息が発生しないようにしたいですね。

「定期預金担保貸付」は定期預金額内での借り入れが何度でも可能なのですが、その手軽さにも注意が必要です。

その上、自分の口座からの引き出しという形をとるため、借り入れしているという感覚が麻痺してしまいます。

口座のお金はしっかり把握しておきましょう!

利用しやすさで選ぶなら!

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

関連記事

有価証券・株を担保にお金を借りる方法と注意すべき担保割れについて

投資を生業とする人の中には「有価証券」などの資産を持ってはいるけれど、時期的に今手放すことができ…

「金利が安い=お得」ではないってホント!?賢くお金を借りる方法

「とにかくお得にお金を借りる方法が知りたい。」 消費者金融と…

キャッシングの審査に落ちた…いつでも借入れが出来る3つの環境作り

「クレジットカードのキャッシング審査に申し込んだけど審査落ち…」「消費…

<フリーターのお金借りる体験記>フリーターで車をぶつけて突然の…

とあるフリーターの方の体験談と、フリーターが借入可能かどうか、についてまとめました。

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

「バイクを買いたい」「旅行に行きたいけどお金が…