質屋でお金を借りるには?年利やシステムをカードローンと比較

今すぐ現金がほしい...質屋でお金を借りるのってどうなのかな?

品物を担保に、お金を借りられる質屋は、身近で便利な存在です。
来店から借入まで、15分程度。

安定した収入がなくて申込できなかったり、審査に通らなかったりすると、お金を借りることができないカードローン。そうした余計な心配は質屋ならいりません。

しかし、質屋での借入れはメリットばかりではなく、大きなデメリットもあります。

質屋でお金を借りるデメリット

  • 質屋の金利はカードローンの最大5倍以上
  • 預けた品物の保管期限(3ヵ月)を過ぎると品物の所有権が質屋に移る
  • 持ち込んだ品物の査定金額までしか借りられない

一番のデメリットは、何といっても高い金利です。

質屋は質屋営業法という法律で年利最大109.5%が許されており、消費者金融は貸金業法によって年利最大20.0%と決められています。

10万円を1ヵ月借りた場合で、質屋(東京)と大手消費者金融の1ヵ月の利息を比較してみました。(一般的な利率を採用して比較しています。)

東京の質屋と大手消費者金融金利比較(例)
金利
1ヵ月の利息
東京の某質屋
月7.9%(年96.0%)
7,900円
大手消費者金融
最大年18.0%
1,479円

10万円借りた場合、なんと1ヵ月で利息が約6,400円も高くなってしまいます。
イメージはつかめたでしょうか。質屋で借りると利息がとても高くなってしまうのですね。

それでも「審査申込の手続きが面倒くさい。質入れできる品物がある」という人は、質屋へ出かけるのもいいでしょう。

ただし、金利を抑えて借りるなら、カードローンもぜひ検討してみてください。

金利を抑えて借りたい人におすすめのカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 金利は年4.5%~17.8%
  • Webの「カンタン入力」なら入力項目が少なく最短3分で申込完了
  • 最短1時間で借入可能

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 金利は年3.0%~18.0%
  • はじめての利用なら最大30日間無利息
  • 最短即日で借入可能

大手消費者金融のカードローンなら、はじめての利用であれば無利息期間が利用できるのでおすすめです。最短即日借入れ可能という点も、借入れを急いでいる人にとっては嬉しいですね。

質屋でお金を借りるには?質屋での借入の流れとシステム

最近ではテレビCMで買取の宣伝をしている質屋もあるため、「お金を借りる場所」としてはなじみのない人も多いのではないでしょうか。

質屋でお金を借りることを「質入れ」といいます。

では、質屋でお金を借りるにはどうすればよいのか見ていきましょう。

「質入れ」と「買取」の違い

そもそも、質屋とはどういうものなのでしょうか。

基本的に質屋は、貴金属やブランド品などの品物を預けることでお金を借り、期限までにお金を返済すれば預けた品物が戻ってくるという仕組みになっています(※質入れの場合)。

期限までに返済ができないと「質流れ」となり、預けた品物が質屋のものになります。その代わり、お金を返済する義務もなくなります。

質屋では「質入れ」と「買取」というサービスを提供しています。

「質入れ」は預けたものを担保にお金を借りることで、「買取」は質屋に品物を売ることです。

ただし、通常は質入れのほうが買取と比べて査定額が安くなります。

買取の場合、預けた品物は質屋のものとなります。しかし、質入れの場合には保管期限(3ヵ月後など)までは品物は質屋のものにはならず、それまでに返済をすれば自分のもとに戻ってきます。

質入れと買取の違い
質入れ 買取
品物
担保にして
お金を"借りる"
売却して
お金を"受け取る"
品物

返却
期限内に利息と共に返済すれば戻ってくる
1度売却すると、通常は戻ってこない
査定額
買取よりも安くなる
質入れよりも高くなる

どんな品物を担保にすればいいの?質屋でお金を借りる流れ

質入れをする場合の流れを説明しましょう。質屋でお金を借りるには基本的には「来店必須」です。

具体的には、以下のような流れとなります。

  1. 質屋に担保として預ける品物を持っていく
  2. バイヤーに品物の査定をしてもらう
  3. 書類の記入と身分証の提示する
  4. 査定額の範囲内で希望する金額と質札をもらう

ここまで、早くて15分程度で済むようです。

質札とは、品物の詳細や返済期限が記載された書類です。支払いや品物の受け取り時に必要になります。

また、身分証明書として

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証

などの本人確認用書類を持参しましょう。

買取についても、基本的に質入れとの大きな違いはありません。質屋に売る品物を持っていき、バイヤーに査定をしてもらい、査定額の範囲内で希望する金額を受け取ることになります。

一般に質入れは買取よりも査定額が低くなります。そのため、不要な物を持っている場合は、買取を選ぶほうがお得でしょう。

質屋では、査定額の範囲内でしか借りられません。そのため、まとまったお金を借りるためには、ある程度高額な、状態の良い品物を預ける必要があります。

例えば、次のようなものです。

  • 宝石や貴金属
  • 高級腕時計
  • ブランドもののバッグ
  • スポーツ用品
  • 家電品
  • 楽器
  • 電動工具
  • 絵画

これら以外にも預けることが可能なものもあります。

査定価格は、人気商品やブランドもの、品物の状態がよいものほど高くなります。

例えば、10万円を借り入れたいなら、ロレックスの腕時計やエルメスのバッグなどを査定してもらうとよいでしょう。

返済方法は店舗に現金を持参したり、銀行振込を利用したりします。

審査なしだが高金利!質屋でお金を借りるメリット&デメリット

質屋のシステムが理解できたところで、実際に質屋でお金を借りるとなると、キャッシングやカードローンとの具体的な違いが気になりますよね。

ここでは、質屋で借り入れることも検討してみたいという人のために、質屋でお金を借りることに、どんなメリットとデメリットがあるか解説していきます。

質屋でお金を借りる3つのメリット(審査・ブラックリスト・質流れ )

質屋のメリット

質屋の大きなメリットは、品物を預けさえすれば、審査もなく誰でもお金が借りられるという点にあります。

次に挙げている、質屋の主な3つのメリットを説明しましょう。

  • 審査を受けることはなく、お金が借りられる
  • いわゆる「ブラックリスト」に載ることはない
  • 質流れになったときには、お金を返済する必要はなくなる

(1)審査なしでお金を借りられる!

質屋は品物を持ち込めば、20歳以上の人なら審査を受けることなく、誰でもお金を借りることができます。そのため、多額の借金がある人や無職の人でも利用することができます。

その代わり、お金が返せなくなると、預けた品物を取られてしまいます。

(2)質屋への返済が遅れても信用情報機関に登録されない

質屋は信用情報機関とは関わりがなく、返済が遅れてもブラックリストに載ること(=信用情報に事故情報が載ること)はありません

信用情報機関は、消費者金融や銀行などの金融機関を利用した人の情報を登録・管理しているところです。

そして、ブラックリストに載ると、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンに申し込むことができなくなってしまいます。

質屋にはその心配はないので、自分の信用情報に傷がつくことはありません。

(3)品物の所有権が質屋に移った場合、返済義務がなくなる

通常、質屋では預かった品物を3ヵ月間保管します。そして、3ヵ月以内に返済ができない場合には質流れとなり、預けた品物の所有権が質屋に移ります

もちろん、質屋に所有権が移った品物は売られることになりますが、その代わり借りたお金の返済義務もなくなります。取り立てや督促は一切行われません。

ただし、保管期限の3ヵ月を過ぎることが事前に分かっている場合、利息分を支払えば延長することができます。

質屋でお金を借りる3つのデメリット(高金利・融資額・保管期間)

質屋のデメリット

質屋のデメリットは、次に挙げている3つです。

  • 利息(金利)がかなり高い
  • 査定範囲内でしか借りられない
  • 保管期限の3ヵ月を過ぎると質流れになる

なぜこんなに金利が高いの?質屋の金利が高い理由

質屋でお金を借りる大きなデメリットは、利息(金利)がかなり高いことです。

キャッシングやカードローンを利用した場合でも利息はかかります。貸付金額によって変わりますが、「利息制限法」と「出資法」により最大でも年20.0%までと定められています。

しかし質屋の場合、キャッシングやカードローンサービスを提供する消費者金融や銀行とは違って、「質屋営業法」という法律によって利息が定められています。

その法律により、上限金利は年109.5%と、なんと元金よりもかなり高く定められているのです。

ただし、大手の質屋の場合、実際には年利60.0%〜96.0%に設定していることが多いようです。

質屋の金利は一般に「月利」で表示されています。

仮に金利が月6.0%だとしても、それに12ヵ月分をかければ年72.0%にもなるわけです。
(※ただし質屋の場合、保管期限である3ヵ月ほどの利用が前提)

一方で、銀行や消費者金融の金利は一般的に「年利」で表示されています。

なので、質屋のHPなどで表示されている月の金利は安いように見えますが、年利で考えるとかなり高いですね。

さらに質屋では、銀行や消費者金融のカードローンと利息の計算方法が異なるため、借りた次の日に返したとしても1ヵ月分の利息を払わなければなりません。

預ける品物の査定額以内の金額しか借りられない

借入金額は、質屋に預けた品物の査定額内で自由に決められます。裏を返せば、査定額が必要な金額に満たない可能性もあるということです。

例えば、来週までに30万円必要であったとしても、質屋に預ける品物の査定額が25万円にしかならなかった場合、25万円(-利息分)までしか借りられません。

査定をするのは質屋なので、品物を持ち込むまで査定額は分からないものの、買取の場合よりも低くなることがほとんどです。

そのため、直近でまとまったお金が必要な場合や、高価な物を所有していない場合は不便です。

預けた品物の保管期限(3ヵ月)を過ぎると質流れ・商品にされる

保管期限の3ヵ月を過ぎると、担保として預けた品物の所有権が質屋に移るため、そのまま売られてしまいます。返済期限は3ヵ月と決まっているのです。

手放してもいい物を預けていた場合は問題ありませんが、大事な時計やバッグなど、手放したくない物を預けていた人(取り戻すつもりでいた人)にとっては、かなりの痛手です。

3ヵ月を過ぎても返済ができそうにない場合は、利息分のみ支払えば保管期間を延長することができますが、利息がとても高いため、長期にわたって質屋を利用することはおすすめできません。

質屋でお金を借りるのは損!?消費者金融・銀行のカードローンと比較してみた

【利息最大5倍】カードローンと質屋を比較

10万円を1ヵ月借りる場合で比較してみましょう。

質屋・カードローン
比較表
質屋(東京) 大手消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
最大金利
(実質年率)
年利
96.0%
月利 約
7.9%
年利
18.0%
年利
14.5%
利息額 約7,900円 1,479円 1,191円
返済額 約107,900円 101,479円 101,191円
審査の有無 なし あり あり
借入れまでの早さ 早くて15分程度 最短即日 翌日以降~
融資限度額 査定額まで 最大
500万~800万円程度
最大
500万~800万円程度

質屋で10万円を1ヵ月間(30日間)借りた場合、返済する金額は約107,900円になります。

しかし、カードローンの場合、上限金利は年利14.5%〜18.0%で設定されています。

消費者金融で10万円を1ヵ月間借りた場合、返済する金額は101,479円、銀行のカードローンでは101,191円で済みます。

何と、その差は約6,500円。消費者金融や銀行のカードローンの利息額は、質屋の約5分の1です。

カードローンの利息は日割りで計算されるので、早く返済をすればそれだけ利息を支払わずに済みます。

しかも、大手消費者金融なら、初めて契約する人に対して一定期間の無利息サービスを行っているところも多くあります。そういったサービスを利用すれば、さらに返済額が抑えられます。

今日、今からお金が必要でない限り、たいていの人はキャッシングやカードローンの方がお得に借りることができます。

カードローンについて詳しい説明が見たい人はこちら!
金利安い方がいい!お得にお金借りる裏技3つとおすすめカードローン

おすすめのカードローンはこの2つ

「カードローンで借りたほうがいいのは分かったけれど、たくさんあるので、一体どこがいいのかよく分からない」という人も多いはず。

ここでは、おすすめのカードローンを2つ紹介しましょう。ぜひ、選ぶときの参考にしてください。

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズでおなじみのカードローンです。

三菱UFJフィナンシャル・グループに属しています。

アコムでは、はじめて契約する人なら「最大30日間無利息」サービスが適用されます。ただし、無利息期間の開始日は「契約日の翌日から」となるので注意しましょう。

また、審査は最短30分で完了。申し込む時間帯や審査状況によっては、その日のうちにお金を借りることも可能です。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

プロミス

こちらもCMでおなじみのカードローン。

プロミスはSMBCグループのサービスの1つです。

申込はWEBで24時間受け付けており、審査も最短30分で完了します。

さらに、申込から実際に融資を受けるまで最短1時間なので、急いでいる人にはかなりおすすめです。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

結局、質屋と消費者金融・銀行は何が違う?

最後に、質屋でお金を借りる場合と、消費者金融や銀行のカードローンを利用する場合との比較をまとめておきましょう。


《質屋と消費者金融・銀行の比較例》
質屋 消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
金利(実質年率) 最大60.0%~96.0% 最大18.0% 最大14.5%
審査 なし あり あり
借入限度額 品物の査定額以内 最大800万円程度 最大800万円程度
即時
融資
×
担保 必要 不要 不要
借入
期間
原則
3ヶ月
契約時に
設定可能
契約時に
設定可能

金利を抑えたいなら、カードローンがおすすめです。


不要になった物が手元にあるなら、質屋で買取してもらうのもいいですね。

関連記事

銀行は即日NG!学生がお金を借りるなら親にバレにくいカードローン

「今月遊びたいのにバイト代が少なくて金欠…」 「

主婦がお金借りるには?夫や家族にバレにくい方法と審査の3つのコツ

「夫には相談できないし、子供の貯金は崩せないからお金借りたい...」「

お金借りる人必見!早い借入が可能になる4つの条件で最短30分融資

「とにかく一刻でも早くお金を借りたい…!」「

学生ローンは親バレしない?バレずに済むサービスを各社比較してみた

「学生ローンって親にバレるのかな?」 「親にバレ…

即日キャッシングは難しい!最短で借りる為の条件3つと手続き5つ

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「